« 芳賀町の名所巡り前編 | トップページ | ダーリンインザフランキス5/13(第18話)感想-ミツル達の奮闘!!そしてゼロツーと別れたヒロの決断!! »

2018/05/12

チョー今更だけど「帝一の國」感想

Photo

折角の休日だけど、これといったブログネタが無い(niftyニュースでは一言コメいくつか投稿しましたが)ので、チョー今更だけど、GW前に地上波放送されていた帝一の國の感想を・・・・・・・・・・・

ジャンプスクエアに連載されていた原作も、まあ同じ原作者の漫画の幻覚ピカソ共々目を通してはいたけど、まず世界観ですね。昭和初期っぽい雰囲気もあるかと思いきや、帝一のライバルの一人だった氷室ローランドの様な父親がアメリカ人な兄ちゃんもいて・・・・・・原作者の古谷兎丸先生も明言していない様ですが、まあ1960~70年代に昭和初期の雰囲気も幾分折衷した様なパラレルワールド的昭和な世界観と見るのが妥当な所でしょう。


特に生徒会選挙をめぐる帝一ら生徒達の権力闘争及び中盤での帝一の父、譲介の逮捕劇は史実での大福三角らによる自民党内の熾烈な派閥抗争及びその最中でのロッキード事件を彷彿とさせるものがありましたね。しかし、高校生は当選し続ければ死ぬまで現役の国会議員やれる政治家とは違って、たとえ生徒会長になっても留年とかしない限りは3年で卒業となるし、そんな暇があるぐらいなら例えば東大とか一流大学に合格できる様もっと前向きにやるべき事(実際それも怠っていなかったのだろうけど)があるし、真面目に見れば帝一らによる権力闘争はどうしてそこまで必死になるか分からない、ハッキリ言って自分とは価値観はまるで違うのですが、まあそういう馬鹿馬鹿しさがウリなのだろうと言うか、その馬鹿馬鹿しさ、シュールさを笑って楽しむべきなのでしょう。


原作も、そういう帝一達の、一時期しかない若さゆえの情熱も感じられた古谷先生の芸術美あふれるタッチに唸らされた事はしばしばありましたが、今回のこの実写映画版も、そんな原作の世界観を壊さない、寧ろ良く再現したキャスティングがされていたのが絶妙だったとも思いました。竹内涼真氏も、一時期ミョーにゴリ押しされていた感じで、正直ちょっと印象悪くなっていて、本作では曲者ぞろいな生徒達面々ではあまり毒っ気とかはない良い意味でどこにでも良そうなイケメンの兄ちゃんな役柄でしたが、要所ではしっかり存在感を示した演技を見せていたと思います。陸王でも同じイケメン枠の山﨑賢人氏(彼も売り出し始めよりは演技上手くなったと思う)共々演技良くて、仮面ライダードライブの頃から彼の演技も見てきているけど、少なくとも凡庸ではなかったです。あとはもうちょっと考えて発言しようなと言うか、色気がどうのこうのとかとも言っていた様だけど、まあ今年も頑張ってくれよ。


最終盤の生徒会長選挙もやはりと言うか、そんな竹内氏演ずるに帝一が勝ちを譲ってあげたのも決して単なる友情心からではなく、彼なりの計算があった様だけど、その一方で好きで、才能もあったピアノを思う様に弾けなかった事について葛藤を抱えていて、譲介が逮捕された直後、その葛藤をぶちまけたり、親同士もライバルだった菊馬とも終盤少年漫画みたいな、熱い男同士のガチ対決を披露(ヒロイン格だった美美子にも美味しい所を持ってかれたけど)したりと違った一面も尺が限られた中で良く描かれていたと思いました。そう言えば、帝一らが褌いっちょで太鼓叩くシーンもあって、特に菅田将暉氏は直虎共々ミョーにそういう褌にも縁があるなあと苦笑させられもしたけど、まあこれも実際原作でもあった描写だから非難される様なものではないでしょう。

VCOMICでは福山潤氏主演で、舞台化もされたらしいけど、まあ最近やけに多い、こういう漫画を原作とした実写映画が陥りがちな悪弊とかとは無縁で、普通に良作だったんじゃないですか。菅田氏もとなりの怪物くんはyahoo映画レビューでは帝一の國より一回り以上も平均評価悪いけど、まあアニメ版も爆死したらしいし、原作知らないでこんな事言うのはアレだけど、元々実写化までする様な作品じゃなかったのでしょう。土屋太鳳氏がミョーに「私こんなに頑張っているんです!!」アピールしているのも普通に「?」と言うか、冷ややかな目でしか見れないしね・・・・・・・・・・・まあそれはともあれ、100点満点なら80点ぐらいだろうと言うか、これからも菅田氏をはじめとした若手イケメン俳優方々の活躍をもっと見たいとも改めて思いました。

|

« 芳賀町の名所巡り前編 | トップページ | ダーリンインザフランキス5/13(第18話)感想-ミツル達の奮闘!!そしてゼロツーと別れたヒロの決断!! »

邦画」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/73472960

この記事へのトラックバック一覧です: チョー今更だけど「帝一の國」感想:

« 芳賀町の名所巡り前編 | トップページ | ダーリンインザフランキス5/13(第18話)感想-ミツル達の奮闘!!そしてゼロツーと別れたヒロの決断!! »