« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018/05/29

日大アメフト反則事件×安倍政権長期化による日本の右傾化?

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180529-00000146-spnannex-spo

日大・内田前監督、井上コーチを「除名」処分 永久追放に相当

5/29(火) 20:19配信    

    

スポニチアネックス

 日大アメリカンフットボール部の守備選手による悪質なタックル問題で、関東学生連盟が29日に臨時理事会を開いた。日大の内田正人前監督(62)と井上奨(つとむ)前コーチ(30)について、永久追放に相当する「除名」処分にしたことが分かった。

【写真】日大アメフット部が発表した選手一同の声明文

 関東学連の理事会は日本協会の国吉誠会長や清水裕司専務理事ら学連所属の各大学関係者で構成される。罰則規定には重い処分から(1)除名(2)資格剥奪(3)団体活動の一時的または無期限停止(4)公式試合の出場停止――などがある。

 この問題を調査していた関東学連の規律委員会は反則をした宮川泰介選手(20)や内田前監督ら指導陣に聞き取り調査を実施。宮川選手は指導陣の指示に従って危険なタックルをしたと話したが、内田、井上両氏は反則指示を否定していた。

最近の日本のスポーツって、どちらかしかないですよね。そうですよ。野球(大谷翔平選手)、フィギュアスケート(羽生結弦選手、それと宇野昌磨選手もか?)、カーリング(「そだね」とかもうええっちゅうのだったけど)みたいにちょっと海外で日本人選手が活躍しただけで過剰にバカ騒ぎし、ファンも応援と崇拝の区別もついていない有様か相撲、レスリング、そしてこのアメフトとかみたいに体育会系とか前時代的な悪習を放置し、改善してこなかったのが露呈して、監督を代えたサッカー共々ホントに責任取るべき人がマトモに責任を取らないかのどちらかじゃないですか。

池坊保子氏や杉村太蔵氏もこのアメフト反則事件について発言していた様だけど、前者は「あなたに褒められたって加害者学生はうれしく思わないから。」だし、後者も正直、「あなたが何もどや顔で発言しなくても、実際やってしまった彼も、刑事責任が免れない事ぐらい大半の人達は分かっている。あなたが彼の立場だったら逃げ回っていたばかりだっただろうに・・・・・・・・・」で、太田光氏も母校だからかばいたくなる気持ちも分からなくもないけど、この人ってどうしていつも変に他人と違う事言おうとしてカッコつけるのかね?お笑いセンスはあるのだから、中二病こじらせて余計なことはしない方が良いよだけど、サンジャポって無能なくせに賢人ぶる等するダメ人間達の姥捨て山みたいだよね。サンモ二も、張本氏が今度はイエニスタ選手についての発言で反発買ってもコメンテーター務まる程度なら私でも出来るわ、詳しくないスポーツの方が圧倒的に多いけど、張本氏よりはどのスポーツでもマトモにコメントできる自信あるわですが、TBSもホントダメだわ。爆報THEフライデーだけはほぼ毎週見ているけど。赤木智弘氏も「この加害者が賞賛されている様で、それはおかしい。」とか言っていた様だけど、それだけ大学側の対応が酷かったという事じゃないの?維新所属の市議会議員でもある被害者の親父も一部売名だとか叩く声も聞かれますが、なおさら彼も出てこなければいけなかった面もあったのではないですか?

http://www.asyura2.com/18/senkyo245/msg/381.html


大関昇進が決まった栃ノ心の奮闘等僅かな救いも見いだせはしますが、最近いくつものスポーツでこれだけ悪いニュースが世間を騒がせているという事は、日本人全体がスポーツの在り方とか真剣に考えて、よその国の人達からも笑われない様に、軽蔑されない様に自己改善していかなければならないという事じゃないの?あと2年少ししかない東京五輪までの宿題がてらにでもでありますが、アメフトについて言えば、日大はまた危機管理学部があって、この種の学部は他には疑惑の総合商社の一角となっている加計学園系の大学(2校)しかないらしい。

そして、この阿修羅というHPに載っていて、掲示板でのコメントでもその誤りも指摘されていたけど、その日大危機管理部の上位組織である、危機管理学会の名誉職に安倍総理が就いているらしい。他にも和田政宗氏とか佐藤正久氏とか安倍総理同様右寄りな現職議員達も名を連ねている様だ。

理事長は佐藤氏同様自衛隊OBでもある二見宣氏で、このHPにも載っている彼の挨拶は自尊史観的右派愛国者のテンプレ的な主張で、いい加減耳に胼胝ができるというものですが、「アフリカが実質的な植民地」ってね・・・・・・・・・・


百田尚樹氏とかもそうだけど、右巻きって何でそういう変な自民族優越主義に浸って、自国と特に確執あるわけでもないオセアニアとかアフリカとかの国々も平気で見下す発言するのかね?明治150年とも言っていて、ほぼ丁度バブル絶頂期の頃だったけど、100歳になったばかりの中曽根元総理や名誉顧問でもある熊手の親父が黒人をバカにした発言した頃から「日本スゲー」なまま半ば思考停止しているのだろうね。

明治150年も、西郷どんだって視聴率が低落傾向で、疑惑の渦中にある某副総理兼財務大臣の高祖父を演じている某役者も別の某共演俳優とトラブルって何の笑えないブラックジョークだよですが、日本人はアフリカ諸国の事も実質的な植民地とかバカにする事なんか出来る立場じゃないだろうに。たとえ5000歩譲って、ホントに大東亜戦争で日本が東南アジア諸国を「解放」しても、その日本がアメリカの属国みたいになっては本末転倒で、それもあなたも美化している明治の時代に既に伏線が敷かれていた大失敗の結果なんだよ?

北方領土をその戦争終戦直後も火事場泥棒したロシアだって、そんな日本の姿を見て、プーチン大統領が「日本は日米同盟に縛られている。それは分かるが、独立国家でありたいという気持ちを少しでも持っているのかね。どうやら、持っていないみたいだけど、そういう国とは真面目に話が出来ない。」と以前言っていた。勿論二見氏は知らないだろうけど、どう思うのかね?是非ご感想をお聞きしたいものだが?外相会談時、たまたま誕生日という事でラブロフ外相にケーキプレゼントした(この時点で河野外相には総理やらせちゃダメだ。まだ石破氏や岸田氏の方がマシだと確信した)のも、おそらく内心バカにしているんだぞ?余計「これなら日本に北方領土返さなくて良いや。」とか絶対思っているぞ?

外遊が多いのも、過去の政策等を検証されるのが嫌で目をそらしたいからだと指摘していたある有識者もいたけど、こんな有様で安倍総理が訪露したって何の意味がある?だけど、現役自衛官時代、陸上幕僚長にまでなったある人がソ連軍人に「自衛官は軍人ではない。」と侮辱された事も当然知っているのであろう、愛国者な二見氏は当然日露共同経済活動も、アメリカの自動車部品関税に日本も対象になっている事等共々反対だよね?亀井静香氏みたいに安倍総理に「アメリカのポチになっちゃダメだ。」(実際既にポチだけど)とも諫言できるよね?それぐらいの事も出来なければ愛国者を名乗る資格なんて無いですよでありますが、他地域およびそこに暮らす人まで見下す自尊史観って、反知性主義も蔓延する等日本が衰退している裏返しなのでしょう。沖縄ヘリ事故でのデマを目にした時も思ったけど、そんな他人に軽蔑もされかねない様な愛国心に何の価値があるのか?何の価値もない、DIO様風に言えば便所のネズミのクソにも劣る代物でしかないですよ。私からは。


アメリカに頼らなくても自分で自分の国を守れる様にするのは独立国として当然の権利だし、その必要性自体は否定しないけど、こんな右傾化していて、反知性主義が蔓延して、愛国心も歪んだ形でしか示せないネトウヨや右派文化人、右派有識者がいる様では憲法改正なんかしない方が良い、まず出来るだけでも現実を少しでも憲法に合わせる努力をした方が良い、明治以降、途中第二次世界大戦という大失敗をしても決別できないでいる悪癖だけど、いい加減日本人はもう変に背伸びしないで、もう少しありのままの自分達を受け入れるべきだと強く思います。強く思うのですが、リベラル(と言われているか自称している)人達も最近のエントリーで言及した通りですからね・・・・・・・・・・・ミョーに好戦・攻撃的で差別主義、安倍総理とか嫌いな人達を叩くためならどんな酷い罵倒だってして良いとか平気で思っているものね。

もうコメント欄でも政治の話はしない事にしているけど、niftyニュースでも全く関係ない話題でも安倍総理の事、出身大学の偏差値まで馬鹿にする等人格そのものまで全否定している困った御人達いるものね。「お前らどれだけ安倍総理大好きなんだよ?」だよ。まあ一番安倍総理大好きなのは、自分達の偏ったイデオロギーを押し付けるためなら高畑勲氏や岸井成格氏等亡くなったばかりの人達も平気で利用する(私が遺族の立場ならマジで「止めてくれ・・・・・・」だけど)リテラだろうけど、私が度々チェックしていて、you tubeでも最近チャンネル開設した某ツイッターも安倍総理の病気(解離性大腸炎)を揶揄したり、意見が異なる相手のツイッターに必要以上に喧嘩腰だったり、「安倍を支持する国民はバカだ。」とか罵倒していた。また、前述の、この日大アメフト反則事件被害者の父も、所属政党が維新というだけで「この事件とは別で」との前置きした上でだったけど、「名前も売れたし、どうせ次の選挙で出馬しなくてもさらにその上を目指せるだろうが、維新所属な時点でアウト。」とかという様な、半ば人格そのもの否定した発言もしていた。

悪口ばかり言っているけど、この人のツイートは共感させられたものも決して少なくはないです。だからこそ度々チェックしていて、前述の直近エントリーでも強調したけど、「あなた達のそういう所もダメなんだ。そういうダメな所もその安倍政権を支持しているバカを産んでいる大きな温床となっているのだ。」と突っ込みたくなるようなツイートも少なからず見られます。新潟県前知事が女性問題で辞職を余儀なくされた話も辞めるほどではないと言っていたけど、正直これも、「あんた自公擁立知事が同じ事やっても同じ事言えるの?クソみそに叩いてたんじゃないの?」と突っ込まざるを得なかったですしね・・・・・・・・・


Photo


もう一度あるHPで政治的立ち位置を診断したら、この結果となった。やはり私は世界基準ではリベラル(アメリカ国民だったら民主党支持者になっていただろうが、死刑制度廃止には反対である)なのだろうし、どちらもその主張とか全否定するわけでもないですが、ネトウヨとも当然ならば、この国のリベラルとも正直相容れないなあと、緒方恵美氏のツイート炎上の件や私自身のniftyニュースコメント欄でのトラブルの件からも痛感せざるを得ません。

確かに安倍政権は特に第4次以降は民主党政権の事も笑えないほど酷いかもしれない。こんな有様で憲法改正なんかももっての外だ、安倍政権には絶対やらせたくないとも強く思って、私ごときが偉そうに言う事ではないとも自覚した上で強調しますが、「安倍ガーーーー」とかの前にリベラル・左派の人達も、自分達も国や国民をダメにした共犯者であると認識し、ダメな所は真摯に自己改革していかない事にはどうしようもないとも強く思います。明日は久々の党首討論が開催される予定で、あれだけ安倍政権がダメダメぶりをさらけ出して、他の民主主義が機能している国からレームダックからの政権交代となってもおかしくないのに一向に支持率が上がらない野党が自分達の株を上げるチャンスですが、まあモリカケ問題でもどうも上手く追及できていない様だし、新潟県知事選挙では野党統一候補が勝っても、国政ではまだまだ当分は自民の天下が続くでしょう。

| | トラックバック (0)

2018/05/27

ファイティングEXレイヤーの始動ももうすぐ!!

https://www.youtube.com/watch?v=V2wO-fqprHg&t=387s

https://www.youtube.com/watch?v=EnB8XfCzT6E
https://www.youtube.com/watch?v=_wQy8RSiHtQ&t=2s
https://www.youtube.com/watch?v=HKOlLgKstSo

前にも触れたけど、ファイティングEXレイヤー、もうすぐ発売な様ですね。アリカもyou tubeでもチャンネル持っていて、対戦動画も何本か公開している様ですが、私も見て見ました。


Ex1
Ex2
Ex3
Ex4

ストリートファイターEXシリーズも、当初はカイリが主人公、アレンがかそのライバルという設定にするつもりだったらしいですが、ホントにそれで行った方が良かったでしょう。アレンとブレアはファイティングレイヤー(以降FRと呼称)に参戦したためか、EXシリーズではその後豪鬼(まあガルダとポジションが被ったからだろうな。本田もとうとうバイソン共々参戦無かったけど、パワーキャラは既にザンギエフとダランで満員だったという事か)共々再登場は無いまま、EX3の評判が芳しくなく、対戦2D格ゲー自体衰退傾向となってしまった事もあって、もう15年以上続編製作が途絶えてしまっていましたが、EXシリーズやFRの流れを汲みながらもそれらとはパラレルワールドの物語として仕切りなおしたと言う事ですか。

https://twitter.com/Megumi_Ogata/status/980213174044512256

女子大生という設定な紗波音は間違いなくEXシリーズの七瀬に相当するのだろうけど、声優も緒方恵美氏が引き続き担当!!緒方氏と言えば、スターグラディエイターでもジューン役(初代)を演じられた事があって、可愛い少女系のキャラまで演じられるその演技力の高さを改めて認識した次第でしたが、実際ツイッターでもそのオファーが来た時の心境を語っておられた。


もう一人のキーキャラはハヤテと思われ、ガルダと強い関連性を持っていた筈が、EX2PLUSでは家庭用のみの隠しキャラで、EX3では出番自体無かったと勿体なかったと言うか、扱いきれなかった感が否めなかったけど、カプコンキャラには無い個性が強い面々の中でも剣士風な姿が浮いてしまったからか。今回はその意思を継いではいるけど、剣士ではなく、大学生という設定で、紗波音も彼との戦いをきっかけに自分の生い立ちに疑問を抱いた・・・・・・・という設定らしいけど、動画を見たらEXシリーズでは硬直があり、気軽に使えたわけではなかった朧月(おそらく弱版であろう)を使ったラッシュが強そうですね。まあ製品版ではこの技に限らずいくらか調整されている可能性もあるかもですが・・・・・・・

声優は緒方氏以外にもスカロマニア役の二又一成氏やD・ダーク役の高木渉氏等大半のキャストが交代となっているKOFシリーズ(ギース役のコング桑田氏等続投している人もいるが)とかとは違って、初代EXの発売から20年以上経っても続投しているキャストも少なくない様だ。カイリも残念ながらもはやこの世の人ではない塩沢兼人氏がご健在だったらオファーが来たのかな?ですが、ハヤテ役の寺島拓篤氏は普通にカッコ良いし、ガルダ役の狭川尚紀氏はアクティブな演技(「せぇやー!!」の掛け声等)で魅せていた細井治氏(ダンやアレンも演じられたが)と比べると狂気と不気味さを前面に押し出した演技でまた違った魅力を感じます。シラセ(ほくと)役の五十嵐由佳氏も特に違和感なかったのですが、残念なのが下山吉光氏演ずるジャックです。

どうも言動がややチンピラじみていて、銀河(万丈)ジャックから感じられた洗練された苦みも噛み分けた様な渋さとかカッコ良さとかが感じられず、他の面々と比べて劣化している印象を受けました。ジャックも特にEXPLUSαまでは良く使っていたキャラだったので猶更残念だと言うか、下山氏には酷な言い方ですが、ミスキャストなのは否めず、これから彼も銀河氏に引き続き演じていただきたかったです。

シャドルーとも関わりが深い(しかし、本人の性格故に暗さとかは感じられないが)プルム・プルナ、緒方氏がEX2のみ演じられたシャロン、明らかに花京院がモデルであろうロッソ、最近成長した姿も公開されたエリアの4人はまだ登場が明らかにされていませんが、隠しキャラとしてもしくはヒットした場合に制作されるのであろう続編に登場するのかな?PS4は持ってなくて、しかし、ロックマン11もプレイしてみたくてニンテンドースイッチも欲しいから、私がこのゲームをプレイする事になるかどうかは分からないですが、是非本作がヒットし、餓狼伝説や龍虎の拳等その他ストーリー進展が途絶えている他の対戦格闘ゲームも続編が制作される流れになっていければ・・・・・・・・であります。

| | トラックバック (0)

2018/05/26

うぐいすライン等走行レポート

日大アメフト部反則タックル事件とかブログネタもないわけではないけど、もうGWが終わってから3週間近く経つし、その期間後半に走ってきた、千葉県市原市内のうぐいすラインについて・・・・・・・・

Photo

Photo_2

走ってきたのは5月5~6日にかけてで、入り始めはそれなりに見通しの良い二車線道路と言った感じで周りには建物もあまり無かったですが、夜はちょっと怖いかも?実際幽霊スポット扱いしているサイトもある様ですが・・・・・・・・・


Photo_3
同じ千葉県内の御成街道を前通った時も道を示す看板立ってたけど、うぐいすラインも同様で、しっかり立ってました。


Photo_4

Photo_5
5枚目は乱れているけど、しばらく進むと、廃棄物処理(?)工場とか周りには建物もまばらながら見られる様になりました。

Photo_6
この後多少勾配もあるカーブな道も進みながら、終点まで真っすぐ進むかと思いきや、途中で曲がるポイントもありました。しかし、うぐいすラインをこのまま進むにはどちらを曲がればいいか、しっかり案内表示もされていたので、迷う事は無いでしょう。


Photo_7
またしばらく進むと、県道13号との交点に差し掛かり、ここで終点と勘違いしそうになったけど、実際はもう少し続きます。

Photo_8
ゴルフ場の間を突き通ってたどり着いた国道409号との交点で終点な様ですが、思ったよりも道に起伏があり、走っていてそれなりに楽しめた道でした。




409 

409_2
この後ただ通った事のある道を通って終わり・・・・・・ではなく、前述の交点をそのまま真っすぐ進みました。この道は途中で県道284号となりますが、国道409号の旧道かと思われます。2枚目の画像は国道297号との交点を過ぎた直後の、小湊鉄道線の踏切前で撮影したものです。


297_2
297_3

牛久三叉路を過ぎて、また国道297号との交点にぶつかったら、続いてそのまま真っすぐ進んだけど、この道は297号の旧道かと思われます。しばらくは学校や住宅等が見える風景でしたが、進むうちに田んぼ等が見られるだけとなり、そんな内に297号と合流してお終いでした。


143
143_2
その後はしばらく国道297号を走りましたが、駅入口交差点から県道143号に入りました。道は普通乗用車同士のすれ違いも困難な程の狭隘路で、2枚目の画像では案内表示が見えるけど、真っすぐ行って、さらに郵便局の先を進むと小湊鉄道馬立駅です。


この後は、さらにそのまま県道143号を進み、同145号から旧国道16号である県道287号(2011年5月6日に富津岬に行った時に走った事あり)に出て、そこから館山自動車道市原ICに入って帰るつもりだったけど、既にこの時点で5月6日となっていて、時間に余裕が無かったので、小湊鉄道の踏切をまた超えた直後、道を右に曲がってそのまま真っすぐ行って、すると道は途中で国道297号市原バイパスに変わっていたけど、そこから市原ICに入って、途中変わった京葉道路の穴川ICまで走って、あとは知っている道通って帰りました。千葉県と言えば、今日昼前にテレビをたまたま目にしたら、鋸山の石仏等の名所が紹介されていたけど、そこまではちょっと遠すぎるかなあ・・・・・・・・・・・

| | トラックバック (0)

2018/05/23

安倍政権支持率を下げるにはどうすれば良いかって?難しくないよ、まずリベラルが自分達の「ダメぶり」を良く認識する事だ

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180522-00000032-sasahi-pol

田原総一朗「麻生舌禍、柳瀬虚偽でも安倍支持率が下がらない理由」〈週刊朝日〉

5/23(水) 7:00配信    

    

AERA dot.

 柳瀬唯夫元首相秘書官の国会招致、麻生財務相のセクハラ問題発言などに揺れた安倍政権。ジャーナリストの田原総一朗氏は、そうした問題が続出しても支持率が下がらない背景を語る。

*  *  *
 前回、私は5月10日の衆参両院の予算委員会に参考人として出席した柳瀬唯夫元首相秘書官の答弁について、国民の誰もが虚言だと捉えているのではないか、と書いた。中村時広愛媛県知事の怒りの抗議が、ますますその思いを強くさせ、柳瀬氏批判が高まっているが、私はむしろ柳瀬氏に同情している、とも書いた。彼はひたすら安倍首相を守るために、虚言を繰り返していたからである。

 その批判について安倍首相は、柳瀬氏は正直に語っていると全面的に認め、彼が首相に報告しないのは当然で、途中段階でそのような説明を受けることはほとんどない、と言い切った。獣医学部新設を政府に申請している加計学園の願いを聞くことを“そんなヒマはない”と言い切る安倍首相の言葉が事実だとすれば、安倍首相の判断力は相当おかしくなっているのではないか。

 さらに森友学園疑惑だが、財務省が国有地売却についての決裁文書改ざんを認めたとき、私は当然、麻生財務相は責任を取って辞任するものと思っていた。自民党の何人かの幹部たちに確かめたが、誰もがそう思うと答えた。

 ところが、麻生財務相は辞任しなかった。それどころか、最近「文書改ざんは一部の人間が勝手にやったことだ。こういうことはよくある話である。だから、組織としての財務省はまったく責任がない」という、理解しがたい発言をした。とんでもない発言だ。それだけではない。麻生財務相はこのところ、福田淳一前事務次官のセクハラ問題でも、わざわざ国民の反発を呼ぶような発言を繰り返している。こんな失言を繰り返している麻生財務相を、なぜ安倍首相は擁護し続けているのか。

 とにかく、安倍内閣では国民の不信を買う問題が続出している。

だから私は、当然支持率が大きく落ちるだろうと予測していた。ところが、4月29日に日経新聞が発表した安倍内閣の支持率は、なんと43%とあった。もっとも、日経新聞はアベノミクスに肯定的なので、こういうこともあるのか、と捉えたが、5月12、13日に実施された共同通信の世論調査では、前回の4月の調査よりも、安倍内閣の支持率が上がっているのである。前回は37%であったのが、今回は38.9%となっている。そして、自民党の支持率も前回よりも微増ではあるが上がって、37.1%である。

 これはどういうことなのか。こんなに問題が続出しているのに、なぜ支持率が上がっているのか。

 野党6党は、麻生財務相の辞任など4項目を政府に要求して、国会の審議を拒否し続けてきた。ところが、要求は何一つかなえられていないのに国会に出席することになった。これ以上拒否し続けると、国民の反感を買うのではないかと自信を失ったのだろう。野党には政権奪取の意欲が感じられない。

 そして、何より問題は自民党だ。

 かつて自民党には主流派、反主流派、非主流派などがあり、主流派と反主流派の間で激しく、リアリティーのあるダイナミックな論争が繰り返された。その意味で自民党は、自由で民主的な政党であった。選挙制度が変わったためもあり、現在ではほとんどの自民党議員が安倍首相のイエスマンとなり、論争の類はほとんどなくなった。自由でも民主的でもなくなってしまったのである。

 これをどのように捉えればよいのだろうか。

まず最初に言っておきたい事があります。今回のエントリーは愚痴話になってしまうので、そういうのが嫌な人はスルーして読まない事を勧めます。

https://news.nifty.com/topics/yomiuri/180523243842/

そういう注意した上で話しますが、私は今年に入ってからは態々このブログで話すまでも無い事はniftyニュースのコメント欄で一言コメして、今日はこの安室ちゃんが沖縄県民栄誉賞を受賞した話等についてコメントしましたが、先々週12日の事ですね。

立憲民主の枝野代表が「自民に会期中に踏み絵を踏ませる。」と発言したニュースについて、私は「まず辻本氏を役職から外しましょう。それだけでもいくらかは違います。決して安倍政権を擁護するわけではないですが、モリカケ追及ばかりに力を入れていても支持は得られません。」とコメントしました。すると、反論のコメントがきて、ただ事実誤認であると反論しただけならまだしも、「お前は中立ぶって、政権支持に誘導しようとしているクズだ。」とまで罵倒されちゃったんですね。

そこまで言われたら私も聞き捨てならないと言うか、「私は自民批判の受け皿になってほしくて改善案を述べただけです。それも理解できないで過剰にかみついた貴方こそクズだ。ネトウヨとかと同じだよ。」という様な反論しました。そしたら、そいつストーカーみたいになって、猪狩ともか氏とか香取慎吾氏とか別の政治とは全く関係ないニュースのコメント欄でもモリカケ追及云々の話を蒸し返して、再び私をクズだと罵倒し、他にも私が皇室関連ニュースで小室圭氏を批判した事共々告げ口もしたんですね。その後他の政治ニュースコメント欄でも数回コメントしたのですが、こいつ以外の数人の匿名にエセ中立だとか非難されましたね。確かに「モリカケの追及ばかり」は事実誤認だったかもしれない。私にも落ち度がなかったとは言いません。しかし、パワハラもセクハラもしたわけでもなければ、その他相手の名誉を著しく傷つける様なデマを飛ばしたわけでもないのに、何でそこまで言われなければならないのかなあと。最初にクズだと罵倒した奴には「私だって安倍総理なんかさっさと辞めてほしいとか思っているんだ。」とか「自民支持者ではなく、選挙ではしょうがないから大抵共産党に票を入れているんだ。」(特に参議院選は2007年以外は全て共産党に入れている)とか何度も政権寄りの人間じゃないとか説明しても分かってもらえなかったですね。もう自分の歪んだ解釈をして、思いこんだ事だけが絶対的に正しいと言った感じで。

https://togetter.com/li/1222872

これは、彼女は私の好きな声優さんの一人でもあるけど、緒方恵美氏のGW前半の、国会審議を拒否する野党の姿勢を疑問視するツイートに対する他の、リベラルだと思われるツイッター達の反応及びその反応についてのネットでの意見をまとめたページですが、まさに「これはひどい」ですね。

なにがひどかったのかと言うと、緒方氏に対するツイッター達のバッシングです。まあ緒方氏も炎上後のあの言い訳はちょっと拙かった。緒方氏らしくなかったけど、特にアカウント@so6287の反応ですね。この人はちょっと前には表現の自由の大切さとかを訴えていたくせに「声優風情が知識人ぶって政治の話をするな。」とか「どうせ彼女は高卒かFラン大学卒だから」(実際は東海大学中退)とか平然と職業・学歴差別発言していたのには噴飯もの(本来はそういう意味じゃないらしいから語弊のある言い方だけど)でしたね。

職業や学歴にも関係なく、政治でも各々言いたい事が言えるのが民主主義なのではないですか?ですが、この人は会社員で法務担当らしい。勿論法務もその分野での高い専門性とかがないと出来ない仕事なのだろうけど、この人がノーマルかハードモードでプレイしているのなら、緒方氏ら一般的にその分野で一流と評価されている声優さん達はベリーベリーハードモードでプレイしているのですよ?しかも解雇される可能性も低いであろうこの人と違って、ギャラは低く、同年代のサラリーマンより低年収な人だって珍しくなく、またどんなに一流でも10年後、20年後も同じ様に売れている保証なんか無い。緒方氏同様常に第一線で活躍されている大塚明夫氏だって、自著(私も買って読みましたが)で「声優だけはやめておけ」と謳っていたほどだ。別にファン止めるのもアニメを見る見ないも勝手だけど、この人は声優という仕事に対してあまりに無知・無理解すぎますよ。過去1ヶ月分のツイートをざっと見て見たら、それほど政治的な話は多くなく、専門的知識について語っているブログもやっているらしいけど、小林よしのり氏のゴーマニズム宣言の画像をまじえながら「立憲民主はネトウヨと繋がっているから、票は入れない。」とか嘯いていたほどだったから政治的スタンスはおそらく左派または極左なのであり、私も彼から見たら間違いなく右派なのでしょう。(立憲民主だって、枝野氏とかは中道かもしれないけど、辻本氏みたいな左派だって少なくないだろうに)

https://www.change.org/p/%e5%ae%89%e5%80%8d%e6%99%8b%e4%b8%89%e5%86%85%e9%96%a3%e7%b7%8f%e7%90%86%e5%a4%a7%e8%87%a3-%e9%81%8e%e5%8a%b4%e6%ad%bb%e5%90%88%e6%b3%95%e5%8c%96-%e6%ae%8b%e6%a5%ad%e4%bb%a3%e8%b8%8f%e3%81%bf%e3%81%9f%e3%81%8a%e3%81%97%e6%b3%95%e6%a1%88-%e9%ab%98%e3%83%97%e3%83%ad-%e3%81%ae%e6%92%a4%e5%9b%9e%e3%82%92%e6%b1%82%e3%82%81%e3%81%be%e3%81%99?utm_medium=email&utm_source=petition_signer_receipt&utm_campaign=triggered&j=319113&sfmc_sub=379144541&l=32_HTML&u=57423153&mid=7233052&jb=421694

別に緒方氏のこのツイートに強く同意するわけでもないです。だからやって良いわけでもないけど、自民だって野党時代に審議拒否した事あったし、自分達の要求が通るほどの実力とかあれば、いくらでもしたって良いでしょう。しかし、現実は野党の要求は何一つ通らないで18連休とかネットでも揶揄されて、再開に応じる羽目になったのではないですか?野党もアテにならないから、この高度プロフェッショナル制度撤回運動にも今日署名して、お金もわずか1000円ながらも寄付しましたが、政治的スタンスが右派だろうが左派だろうが国会運営に疑問を呈する事自体もそんないけない事なんですか?私はハッキリ言ってネトウヨなんてこの世でも最も嫌いな人種の一つですが、このツイートをもって、緒方氏もネトウヨだとか、悪の手先だとか、安倍昭恵と顔も思想も似ている(これは@so6287の5月3日付のツイートによる)とか飛躍し過ぎだろですよ。彼女はその後の言い訳はやや拙劣でも、ツイート自体はそんな叩かれる様なものじゃなかったでしょ。違うかね?

http://www.mag2.com/p/news/327377
http://www.mag2.com/p/news/327377/2
http://www.mag2.com/p/news/327377/3
http://www.mag2.com/p/news/327377/4


これは昨秋の衆議院総選挙直後に投稿した、宮脇睦という人のいかに日本のリベラルとされる人達がダメなのかを指摘した記事です。宮脇氏も正論とか右派・保守系雑誌で主張している人だから100パー鵜呑みにするつもりはないですが、概ね「ああその通りだよなあ。」と納得させられた記事ですね。

まず立憲民主に寛容性がないのがその通りですね。今日も職場食堂のTVをつけて、昼食取ろうとしたら、福山幹事長の怒りドアップの顔が映っていて、亡くなったばかりの人(高畑勲氏とか岸井成格氏とか)も自分達の偏った主張を押し付ける為に利用するリテラ等共々安倍政権を親の仇よりも憎いと言わんばかりに非難していたけど、辻本氏とは別の性質でウンザリさせられて、飯も不味くなりそうでした。(苦笑)

こういう人もいる党なのに自民批判の受け皿になってほしいとまだマジで思っていた私はつくづく優しい人間なのだろうとかはまあ自惚れというものなのでしょうが、「彼らに耳の痛い言葉には即座に罵倒と中傷が投げかけられます。」とか「言論の多様性などそこにありません。対立意見への寛容性も、都合の悪い指摘にたいして目をつぶると言うことをせずに攻撃してきます。反論のつもりが論拠を示さず、罵倒語だけを投げつけます。」とかリベラルまたは左派であると自覚しているか否かは別として、前述の、私をクズ扱いまでしたniftyニュースコメント欄での匿名投稿者とかにほぼ見事当てはまるし、緒方氏の、ただ国会運営のあり方に疑問を呈したに過ぎないツイート(繰り返し言う通り私自身は審議拒否するなと言うつもりは無いが)に鬼の首を取った様に嚙み付いてきたツイッター達にも当てはまるでしょう。

今度発売されるファイティングEXレイヤーでもストリートファイターEXシリーズの七瀬に相当するのであろう紗波音を演じられた緒方氏も災難だったなあ、薙刀で蹴散らすわけにもいかないからなあ~としみじみ思ったけど、自分も実際この緒方氏と似た様な目に遭って、いかに日本のリベラル・左派とされる人達が嫌われていてダメなのかを改めて認識せざるを得なかったです。


もうniftyニュースコメント欄で政治の話をするのは止めるつもりで、もしまた関係ない分野でのコメント欄で蒸し返されたら、「あなたがそこまで言うなら、全く不本意ながら『モリカケ追及ばかり』は事実誤認だったと認める。しかし、それだけじゃない、他にも色々与党の暴走を食い止めているのであろう野党がホントに有能だったら、どうして野党の支持率上がらないんだい?無党派層が自民の支持者よりも多いんだい?こんな事実誤認した見識の無い私にも分かりやすく納得のいくような説明してよ、マスコミの偏向報道のせいとかは無しでね!!」とか反論するつもりですが、そういう悪い意味で日本特有なリベラル・左派の人達のダメぶりが、ネトウヨやネトウヨを中心にウケている右派文化人とかもっとダメな人達を生み出す大きな温床の一つになっているんだよ。あなた達はそうやって自国を良くしようとしているつもりなのだろうけど、実際は逆の事をしている。(そう言えばまた、先週18日には少し前には「みんなに愛される」とか頓珍漢な事言っていた吉川社民党幹事長がペヤングの異物混入事件及びその後の再発防止策を引き合いに出して、働き方改革関連法案成立の為の労働時間調査の杜撰さとかを批判していた様だけど、あなたら政治家先生なんてペヤングなんか普段食わないだろ(苦笑)、私も腹に大してたまらない割にはカロリー高いからあまり食べた事は無いけど、職員をリストラした
だけでなく、拉致問題とか痛恨の失策に対しても真正面から向き合わず、清算しないおたくらが社会的弱者の味方面しても説得力なんかない。何でこの様な人が社民の4人しかいない国会議員の1人なのだろうかとも思いましたが・・・・・・・・・・・)

https://twitter.com/sharenewsjapan/status/990830515098812418

別のある人のツイッターでは、緒方氏の発言について擁護している人が殆どなのはまだ救いも感じたけど、確かに特に第四次以降の安倍政権は色々酷いよ。下手すれば民主党政権の事も笑えないレベルだろう。モリカケ追及もするなとは決して言わない。寧ろドンドン悪い膿を出して、嘘ばかりついている安倍総理その人にもさっさと辞めてほしい。そしてその次は保守は保守でももっと穏健な保守である人に総理やってほしいけど、そんなリベラル・左派の人達も安倍政権がどうだこうだよりもまずそういう自分達の何がダメなのかを正しく認識して、それを直して、どんなに思想が違う相手の主張でも良い点は認められる「大人」にならない事にはどうしようもない。まあでも無理だろうな。緒方氏を叩いたツイッター達も日大アメフト部の前監督ら共々反省の念なんてこれっぽっちもないだろうしね。

| | トラックバック (0)

2018/05/20

ダーリンインザフランキス5/20(第19話)感想-ついに決断!?ヒロとゼロツーのコンビ再結成と行方を阻むもの!!

まあ休出や葬式とかではなかったのですが、ある事情により遅ればせながらダリフラ矢吹コミカライズ版第19話感想です。


0520

0520_2

一時はゼロツーを庇う事なく、半ば見捨ててしまったヒロでしたが、もう彼はナオミに叱咤されていた頃の翼を失った鳥みたいなかっての彼ではなかった!!相手大学の読みもマトモに覚えていなかったのも某庭球漫画の某ライバルキャラの事も笑えないけど、相手大学の選手を、下手すれば後遺症が残るほどの怪我までさせて、自分が反則行為を指示したのかもはっきり答えられず、めんどくさいから取りあえず監督の方は(常務理事でもある)辞めて建前でも謝罪してやれば良いんだろと顔にも書いてあったけど、自分の言葉で話していない某大学のアメフト部監督と違って、器用ではないながらもしっかり熱い想い、生きる意味を伝えていた!!やはり主人公はこうでなければ!!


0520_3
ゼロツーも当然その想いに応えた!!見よ!!このしなやかで均整の取れた身体のポーズを!!さすがに今回は乳首の露出とかこそなかったものの、どんな時でも矢吹先生はお色気で魅せる事も忘れていない!!矢吹先生もまた真のプロフェッショナルなのだけど・・・・・・・・・・・

0520_4
0520_5 
0520_6

再びヒロは熱い想いをゼロツーに伝えて、5枚目の画像に見えるダンスポーズは前にも見た様な気がするけど、それはともかく、もう一度飛んで、強力な叫竜と戦っているイチゴやゴローらに加勢するかに思われた。一番最後に登場するのが真の主役だとも言わんばかりに・・・・・・・・・・・


0520_7
しかし、やはりそうは簡単に問屋は降ろされない。エリートである親衛隊の一角、9’αがコンビ再結成したヒロ×ゼロツーの前に立ちはだかる!!それでもゼロツーはウォーミングアップだと言わんばかりにこの邪魔者の登場も全く楽しんでいたフシがあったけど、さあどうなる?



もうアニメ版は視聴打ち切ったからどういう展開になっているのか知らない(090は前回も触れた通り戦死してしまったらしいが・・・・・・・)し、まずはゆっくり確実に療養してくださいだけど、残念ながら不幸にも療養を余儀なくされてしまった梅原裕一郎氏、情報は100パー確かではないけど、療養発表時点で今月分までの収録は既に済ませたらしい。でも、まだ1ヶ月は残っているし、良い奴なんだから戦死させないでくれよで、ゼロツーも早く人間になりたくて焦っていた様だから猶更そういう暗い展開になりはしないか不安だけど、矢吹コミカライズ版はコドモ達はパイロットしてオトナ達を叫竜から守れば良いのであって、余計な自我を持つ事は認められていない柵や暗さは変わらないながらも、尖った描写はある程度抑えている様だから、そういう意味ではまあ安心して読めるのですが、この9’αとの戦いもガチな殺し合いとかにはならず、アクシデントとかあって成り行きで休戦とかになって、取りあえずまた叫竜を倒した後再びゼロツーの過去に焦点が当てられる事になるのか?コミカライズ版もアニメ版と同時に終了となればあと5話だけど、さあどうなる事やら。しかし、矢吹先生は少なくとももう一度は我々の予想を超えた脚色を見せてくれる筈!!そう信じたいです。

| | トラックバック (0)

2018/05/17

イチローから大谷翔平へ・・・・・・MLB日本人選手の過剰な礼賛にはただただ違和感

https://news.nifty.com/article/sports/gendai/12136-028862/

エンゼルス大谷翔平がツインズ戦で11奪三振もモロさ露呈か 「160km棒球」が弱点とも

記事まとめ

  • エンゼルス大谷翔平はツインズ戦に先発し、6回3分の1を投げ、11奪三振をマークした
  • この11奪三振で大谷のMLBデビューからの奪三振数は43となり、チーム新記録となった
  • 大谷のストレートは棒球だといい、他球団は特徴のないストレートを狙い始めているそう

11Kに隠されたアキレス腱 大谷翔平の“160km棒球”が狙われる

 
 

「試合に勝ったことがすごく良かった」(C)共同通信社

「ストレート(フォーシーム)で封じ、変化球を振らせていた。その結果、三振が多くなった」

 ツインズのモリター監督がこう言った。

 エンゼルス大谷翔平(23)が、13日(日本時間14日)のツインズ戦に先発、6回3分の1を投げて11奪三振をマークしたことに関してだ。

 この日の11奪三振によって、メジャーデビューからの6試合で奪った三振は43に。これは62年に当時25歳でデビューしたボー・べリンスキーの38奪三振を上回るチーム新記録。大谷はまだ規定投球回数に達していないものの、9回あたりの三振数を示す奪三振率11・85はメジャー5番目の数字になる。

 奪三振数の多さが全米で注目される一方で、しかし、モロさも改めて浮き彫りになった。「ストレートで封じ、変化球を振らせた」とモリター監督が言うように、大谷が空振りを奪ったのはほとんどが変化球。この日の11三振のうち9個は変化球によるもの。19個の空振りのうち実に16個は変化球で、ストレートは3個しかない。大谷は160キロ超のストレートが最大の武器のようにいわれるが、どれだけ速くても当てられているのだ。

■平均を下回るスピンレート

 原因はストレートの質にあるといわれる。平均球速の157キロはメジャー平均の149キロを大きく上回るどころかメジャー全体でもトップクラスなのに対し、スピンレート(1分間に換算した回転数)の2183はメジャー平均の2264を下回る。

 一般的に回転数の多いストレートほど、打者には浮き上がるように見えるそうだから、大谷のストレートはほとんど動かない、いわゆる棒球ということになる。だから速くても当てられてしまうのだ。

 その傾向は日本のプロ野球にいたときと変わらない。大谷は一昨年のCS(対ソフトバンク)で日本記録となる165キロを3球投げ、そのうち2球はバットに当てられてファウルになった。

 大谷は160キロを投げても当てられることに関して以前、本紙にこう言っている。

「当てられても構わないといえば構わない。軽打しに、コツコツコツコツくれば、速くても当たるかなと。(打者の)タイミングさえ押し込めていれば、ファウルになるので。それで2ストライクまで追い込めれば、フォークなり、スライダーなり、真っすぐなりで、三振は取れると思う」

 プロ野球の野手は「軽打」だったかもしれないが、いまの相手はメジャーリーガーだ。

■160キロは見せ球、勝負球は変化球

 この日のツインズ戦は変化球に比べて、ストレートの制球がいまひとつだった。高めに抜けたりワンバウンドしたりもした。ストレートが暴れ、結果として見せ球になっていたからこそ大ケガにつながらなかったが、さるネット裏のスカウトによれば「データ分析を進めている各球団はすでに特徴のない大谷のストレートを狙い始めている」そうだ。

 実際、ツインズ打線に許した3安打のうち、2本はストレートをはじき返されたもの。160キロを見せ球として使っているうちはいいが、勝負球にするようだと危ない。

 何しろメジャーの野手のパワーはケタ違い。バットの芯を外しても軽々とスタンドに運ぶ打者がゴロゴロいる。空振りを取りづらいストレートが、少しでも甘いコースに入れば致命傷になりかねない。

 スプリットとカーブに加え、ここ2試合はスライダーの制球も安定している。大きく滑りやすいメジャー公認球がようやく手の内に入ってきただけに、今後も変化球で勝負すべきだ。

MLBでも投打ともに活躍を続けているエンゼルスの大谷翔平選手、正直あのオープン戦での苦戦ぶり(某所でアリゾナの気候が合わなかったからだろうと言っていた人がいたけど、確かにそれも理由の一つかもしれない)も見ていただけに予想外だと言うか、勿論活躍していて憎く思う筈がない、大谷選手その人の人柄も自分を客観的に見ていて、フィーバーに溺れないしっかりとした意志があり、それ以上に賞賛されるべきではあるでしょう。しかし・・・・・・・・・・


フルカウントとかも、元々外人なんてお世辞上手いし、人気ある選手に喧嘩売る様な事なんか言うわけないじゃん(ゲーリー・シェフィールド氏みたいに、当時シーズン最多安打記録を塗り替えようとしていたイチロー選手について「200本のシングルヒット?おいおい、そんなのはグレイトな記録ではないぜ。」とか言ってた人もいたが)ですが、アストロズ監督の絶賛とか他人の褌も借りてヨイショする事しか能が無くて、つくづくマトモに読む価値ないわですが、メジャー実力者トップ100またはMLBスーパースタートップ10にランクインもね・・・・・・・・・・・・・・・・

ツッコんでもほしくてそんなランキングもしたのか?アホだろ!!
ですね。前者は、勿論トータルの働きを否定するわけではないけど、短期決戦に弱く、怪我による長期離脱も皆無でなく、今年もやっとカブスと契約結んだけど、給料泥棒と罵倒されても文句言えない体たらくなダルビッシュ有投手もランク入っているその時点で全くアテにならないのはちょっと野球見ていれば誰にでも分かるし、後者も、同じくランクインされたイチロー選手もキャリアとしてならまだ分からなくもないけど、「今季の」?勿論マスコミも信者もそんなのスルーだけど、このブログでも何度も指摘した通り、イチロー選手はMLBでも殿堂入りも議論の余地はないレジェンドな一方で、各種セイバーメトリクス(しかし、信者は大抵WARとか比較的高い指標しか言及しない)は中の中か中の上が殆どで突出しているわけではなく、既に2011年から衰えが顕著になってもいる、やはり全くアテにならないけど、大谷選手なんかMLBで1シーズンフルに過ごした経験すらないじゃないですか。何そんな頓珍漢なランキングしてるんだよ、お前ら他にやる事ないのかですよ。

トランプ大統領について、まだ小学生の息子に対しても別に公式な行事の時じゃなくて、週末の休暇からホワイトハウスに戻ってきた時のだったのに服装について重箱突っついた様な報道したのも、「たとえ親父がごじゃっぺでもまだ何も分からない子供に罪は無いだろ。お前らそんな事してて恥ずかしくないのかよ。」だったけど、アメリカのマスコミも日本のそれと大差のないのだなあとこの過剰で気持ち悪い大谷礼賛報道も見て改めて思いましたね。たとえは汚いけど、袋に包まれているウンコと野ざらしにされているウンコの違いしかないんだよな。私が以前大谷選手がMLBでは通用しないと言ったのも、あくまで日本でもあまり例を見ない活躍をした一方で他所でも指摘されている欠点を克服し、若さゆえにもっと進化する可能性や人柄の良さもしっかり認めた上での主張でしたが、(引用した)ゲンダイもクソな記事も多いけど、マトモな記事もたまには書くよね。

そういう所は西郷どんもちょっと視聴率が下がっただけで鬼の首取った様に必死こいて叩くサイゾーや、もう「いい加減にしろよ!!」だけど、ゲンダイ以上に安倍総理を親の仇のごとく憎み、高畑勲氏や岸井成格氏等亡くなったばかりの人も政権叩きに利用するリテラ(これもサイゾー系でもあるけど、愛読していた噂の真相にはこういう下劣さは無かった)とかとは違うよねでもあるけど、MLB1年目の今年も大谷選手、そういう欠点や不安を完全に克服したのかと言うと、ちょっと違うとも思います。

確かに短期的な爆発力はある。いくつもの劇的なドラマを作る演出家としては特に優秀だ。しかし、勿論二刀流である事も考慮されるべきですが、同じレベルで長く維持する持続力にはやや欠けるとも思います。だから繰り返し言う様に確かに彼は今の所はしっかり結果を残している。二刀流なのも決して否定しているわけではなく、寧ろ出来る所までやり遂げてほしいと思っている。さすがにアストロズの某エース投手には抑えられてしまった様だけど、今年は特に打者としての働きを考慮されて高い確率で新人王となるでしょう。しかし、私は技術的な話には疎いですが、「今のままでは」今年は絶好調でも来年以降は同じ様な、またはそれに近い成績など残せない、下手すれば今の大谷フィーバーも一過性な線香花火にしかならないと自信を持って断言します。

と言うかまた、日本スゲーバラエティ番組等共々、こういう海外でも活躍している日本人スポーツ選手についての過剰礼賛報道も日本が衰退してきているあまり認めたがらないであろう現実の裏返しであるとも言えるのだろうけど、野茂フィーバーの時はこんな異常なムードなんかなかったぞ?野茂氏もまあ確かに前述の某所の「ヌシ」が言っていた通り、ステロイド全盛期なのを考慮してもMLB通算防御率は良いとは言えず、特に晩年はボロボロだったのも事実ではあったけど・・・・・・・・・・これも何度も言う通り大谷選手は人柄も良いし、彼本人には恨みはないけど、こんな報道ばかりして日本もアメリカも大丈夫なのか?両国国民もますますバカになっていく一方だ、もうお先真っ暗じゃないのか?色々悪い予感をせずにはいられません。

| | トラックバック (0)

2018/05/13

百人一首の歌人達(22)-18番藤原敏行朝臣

「すみの江の岸による浪よるさへや夢のかよひぢ人目よくらむ
(18番藤原敏行朝臣)


1年弱ぶりのこのシリーズ、今日外出しようと思ったらあいにくの雨だったので久々に更新しますが、第22弾は18番藤原敏行朝臣です。


「すみの江」とは今の大阪府大阪市住吉区にあった海岸の事で、今でこそ埋め立て地になっていますが、当時は砂浜だった様です。夢も平安貴族にとっては単なる縁起の良さだけでなく、想いの人との恋の深さを占うバロメーターでもあったらしいですが、なかなか会う事が出来ないもどかしさを感傷的に歌った名歌だと言えるでしょう。

https://news.nifty.com/topics/mdpr/180513241649/

なぜ今回そんな歌を歌った彼を取り上げたのかと言うと、これは小野妹子の子孫と称する某タレントについての記事で、織田信成氏同様正直ホントに子孫なのか疑っているし、この記事ではまた一言コメントも残しましたが・・・・・・・・小野氏と言えば、小野篁も著名な出身者ですが、敏行は在原業平の妻の姉妹だけでなく、この篁の妹も妻にしていたのです。業平の妻の姉妹は紀有常の娘で、紀貫之とも縁戚という事になるから、何気に(?)他の百人一首歌人何人とも縁戚になっているという事ですが、そもそも彼の出自はと言うと・・・・・・・・・

名前通り藤原氏ではあるけど、主流の北家ではなく、南家巨勢麻呂流です。巨勢麻呂は敏行の高祖父に当たる人物ですが、兄だった藤原仲麻呂の乱で、兄に味方してしまった為に殺されてしまった。一方で、その直前に死んだ異説もあるのですが、いずれにせよ、兄の権勢のおこぼれに預かっていた事は確かだったので、子供達の立場が良くなるはずは無かった。

巨勢麻呂は子沢山で、男の子だけでも13人いたけど、その様に野球だけでなく、サッカーも出来るほどいながら公卿になったのは貞嗣だけでしたが、彼にしても60過ぎまで生きたからこそとも言えます。

叙爵し、貴族(五位以上)となったのは35歳の時で、同年代で北家嫡流だった藤原内麻呂の25歳と比べると10年も遅かったけど、他の兄弟達も30代後半から40代前半で漸く叙爵し、河主に至っては、叙爵の時期はハッキリ分からず、豊前守に任ぜられた799年(延暦18)直前だとすれば生年は760年前後と思われますが、従五位上に上がったのはそれから約四半世紀後の823年(弘仁14)の事。少なくとも正五位下に上がった829年(天長6)までの生存は確認でき、この時70歳前後だったかと思われますが、貞嗣以上に長生きしてもそこまでが精いっぱいだった様です。

敏行の曽祖父は真作で、貞嗣・河主らの兄にあたり、彼も生年は不明ですが、784年(延暦3)に叙爵された事から745年前後だと推定できます。娘の美都子が内麻呂の次男で、嵯峨朝以降朝廷の実力者となった冬嗣に嫁ぎましたが、長良・良房らの外祖父、清和天皇の高祖父でもあります。しかし、三守は嵯峨天皇の側近、冬嗣の義弟として右大臣まで出世(同母弟の三成もあと10年生きていたら公卿になれたかもしれない)しましたが、真作自身は娘婿の出世を見る事無く、桓武朝期に亡くなったと思われます。享年は50代半ば前後でしょう。祖父は村田で、816年(弘仁7)に叙爵されたので、生年は780年前後と推定できますが、三守と同じ冬嗣の義弟(義兄?)だったのに正五位下止まりとパッとしませんでした。父は富士麻呂でしたが、最終官位は従四位下で、祖父や曽祖父よりは出世しています。

そして敏行ですが・・・・・・・・・・・・・父もスタートは皇太子の家政一般をつかさどる職員の一角な春宮小進だった様で、この役職は従六位下相当だったらしいですが、敏行は866年(貞観8)に少内記となっており、これは平城朝以降は正七位上相当だったらしいのでさらに低い官位からのキャリアスタートとなった様です。生年は845年頃だろうと、在原行平の回で軽く触れたけど、実際はもっと前でしょう。と言うのも、舅の一人である小野岑守は830年(天長7)に亡くなっているので、妻となった娘は遅くともその前後には生まれている筈です。敏行の生年は835~840年頃と思われますが、それでも岑守の娘は彼より10歳程度も年上な「姉さん女房」だったし、義兄の篁とは親子ほどの年齢差で父の富士麻呂とも同年代です。

キャリア前半は文官職を歴任していたのが、後半は武官職を歴任する様になって、宇多朝期の895年(寛平7)には蔵人頭となった。公卿昇進も目前かと思われましたが、残念ながら間もなく病により辞職を余儀なくされた様です。運が悪かったけど、この時点で50代後半から60代前半となっていたと思われるのでまあしょうがなかったのでしょう。直後、醍醐天皇が即位した祝いという事で、従四位上・右兵衛督に昇進したけど、右兵衛督は本来五位相当職であり、これが彼のキャリアハイとなった様です。没年もハッキリせず、901年(昌泰4)説と907年(延喜7)説がありますが、前者の方が可能性高いでしょう。もしホントにそうならば享年は60代で当時としては決して短命ではないですが、菅原道真が左遷された昌泰の変前後に没した事になります。晩年に従四位上に昇進したのも、春宮坊の中・上級職員として皇太子時代の醍醐天皇に仕えた功績を評価されての事でしたが、その醍醐天皇を藤原時平共々支える筈だった道真の左遷を見て何を思ったか・・・・・・・・醍醐天皇の立太子・即位を進言したのも道真だったし、共に宇多・醍醐両天皇を支えた同志として何か複雑な感情があったかもしれません。(一方で友人だった筈の紀長谷雄は内裏に駆け込もうとした宇多法皇を敏行と同じ南家巨勢麻呂流の菅根らと共に阻止していたのだけど、三善清行の事も落第させたり、酷評したりと天才肌にありがちと言うか、道真は他人を見下していた悪癖もいくらかはあったのだろう)敏行にはまた、奇妙な逸話があり、死んだはずがやり残したことがあったと言わんばかりに一時的に生き返って自分のお経を書いて今度こそホントに死んだのそれとかです。義兄の孫でもある小野道風からも一流の能書家とも評価されていたけど、自分の特技に病的にまでこだわるとかの一面もあったのか。

残念ながら公卿昇進は果たせなかった敏行でしたが、醍醐天皇も自分に仕えてくれた事を後々まで忘れていなかった様で、父と共に仕えてもいた息子の伊衝も醍醐朝で要職を歴任し、皇太子時代の朱雀天皇にも仕え、最終的には父が果たせなかった公卿昇進を果たし、娘も更衣として天皇に入台しました。残念ながら間に生まれた第17皇子の源為明は祖父や曽祖父ほど長命ではなく、30代半ばで亡くなってしまった様ですが・・・・・・・・・・この伊衝にも歌人としての才能も有った様ですが、いずれにせよ、業平らと並ぶ平安前期を代表する歌人である事は少なくとも間違いないでしょう。

| | トラックバック (0)

ダーリンインザフランキス5/13(第18話)感想-ミツル達の奮闘!!そしてゼロツーと別れたヒロの決断!!

0513

2週間ぶりの更新となったけど、ダリフラ第18話の感想です。

0513_2
いつもはクールで、シニカルな一言もしばしば投げかけていた、他人とは常に距離を置いていた様なミツルでしたが、今回は良い意味で彼らしくないと言うか、張り切っている様だ。


0513_3
ゾロメもミツルとこの様になってしまったのはご愛嬌と言った所なのだろうけど、フトシもこの必死ぶり!!アニメ版でもつい怒ってミツルを殴ってしまったシーンがあったけど、ココロがもしいなくなったらともう生き甲斐そのものまで無くしそうな惚れぶりだ。


0513_4
0513_5

イチゴも勿論リーダーらしく存在感を見せていましたが、ミツルのこの頑張りの背景にはやはりヒロへの対抗心があった様で?このメンバーでは一番の人格者なゴローもそんな彼の姿を見て、イチゴに忠告していましたが、イチゴも何を想っているのか・・・・・・・・・・・


0513_6
確かに、この世界はそもそもコドモ達はオトナを叫竜から守る為だけに存在している様なもので、それに関係ない個性や人格は認められていないのだから、彼らから見れば綽名で呼び合っているのは特異に見えるのだろうけど、その中でも この第26都市部隊のリーダー、090はヒロに興味を持っていた様だ、と言うか、wikiでのページによれば彼はアニメ版では戦死してしまったらしいけど、このコミカライズ版ではどうなる?


0513_7

仲間達の奮闘をよそに、ヒロはナナにゼロツーの事を聞いていたけど、何か衝撃的な事実が明らかになったとかではなかった。

0513_8
0513_9
またまたここで乳首も見せてくれた矢吹先生でしたが、まあ人は相手と最初出会った時の事は結構長い間覚えていると言うし、子供なヒロにはあの全裸で水遊びしていた姿は猶更刺激強かったでしょうしね。しかし、今回はそんなエロに夢中になっていられる場合ではないと言うか、普通の人間ではなく、角も生えていたが故に、自由奔放に見えて疎外感も感じていたゼロツーが怖がらなかった自分には心を開いてくれた事もヒロには決して忘れ難かった様だ。


0513_10

だから、ゼロツーをあのままにはしておけない!!もう一度会いたい!!そう思って彼は力強く駆けていった様だけど、余計な自我を持つ事など許されないこの世界のコドモ達、ここで9'αが立ちはだかる・・・・・・・のか?



アニメ版も残り放送あと1か月半あまりだろうけど、ゼロツーの謎はまだほんの少しわかった程度でしたね。この矢吹コミカライズ版でもこれからも少しずつ明かされていくのだろうけど、次回はまさか手垢のついた過去のボーイミーツガールな話ではないでしょうな?まあアニメ版とコミカライズ版も結構違う脚色も見られる様だし、矢吹先生だからそれはないだろうけど、アニメ版と言えば・・・・・・・・・・・・

ゴロー役の梅原裕一郎氏ですね。飛田展男氏も七賢人副主席役で起用されたのは同じ事務所という事でバーター起用だったのだろうけど・・・・・・・・・梅原氏は他にも銀河英雄伝説でのキルヒアイスやキャプテン翼の若島津とかどんどん良い役をもらっている期待のイケメン若手な様ですが、役者として脂が乗り始めた時に病気で休業を余儀なくされた悔しさ、心中察するに余りあります。猪狩ともか氏もそうだけど、何でそんな不運を背負わなければならなかったんだよと。これから一層のご活躍が期待されていただけに誠に残念でならなず、綺麗事かもしれないけど、まずは頑張りすぎなくて良いからゆっくり確実に病気を治してください。諦めなければ必ず道は開きます。

私も梅原氏を応援していますですが、ヒロ達もさあ、これから自分達の運命をどう切り開いていくのか?改めて要注目であります。

| | トラックバック (0)

2018/05/12

チョー今更だけど「帝一の國」感想

Photo

折角の休日だけど、これといったブログネタが無い(niftyニュースでは一言コメいくつか投稿しましたが)ので、チョー今更だけど、GW前に地上波放送されていた帝一の國の感想を・・・・・・・・・・・

ジャンプスクエアに連載されていた原作も、まあ同じ原作者の漫画の幻覚ピカソ共々目を通してはいたけど、まず世界観ですね。昭和初期っぽい雰囲気もあるかと思いきや、帝一のライバルの一人だった氷室ローランドの様な父親がアメリカ人な兄ちゃんもいて・・・・・・原作者の古谷兎丸先生も明言していない様ですが、まあ1960~70年代に昭和初期の雰囲気も幾分折衷した様なパラレルワールド的昭和な世界観と見るのが妥当な所でしょう。


特に生徒会選挙をめぐる帝一ら生徒達の権力闘争及び中盤での帝一の父、譲介の逮捕劇は史実での大福三角らによる自民党内の熾烈な派閥抗争及びその最中でのロッキード事件を彷彿とさせるものがありましたね。しかし、高校生は当選し続ければ死ぬまで現役の国会議員やれる政治家とは違って、たとえ生徒会長になっても留年とかしない限りは3年で卒業となるし、そんな暇があるぐらいなら例えば東大とか一流大学に合格できる様もっと前向きにやるべき事(実際それも怠っていなかったのだろうけど)があるし、真面目に見れば帝一らによる権力闘争はどうしてそこまで必死になるか分からない、ハッキリ言って自分とは価値観はまるで違うのですが、まあそういう馬鹿馬鹿しさがウリなのだろうと言うか、その馬鹿馬鹿しさ、シュールさを笑って楽しむべきなのでしょう。


原作も、そういう帝一達の、一時期しかない若さゆえの情熱も感じられた古谷先生の芸術美あふれるタッチに唸らされた事はしばしばありましたが、今回のこの実写映画版も、そんな原作の世界観を壊さない、寧ろ良く再現したキャスティングがされていたのが絶妙だったとも思いました。竹内涼真氏も、一時期ミョーにゴリ押しされていた感じで、正直ちょっと印象悪くなっていて、本作では曲者ぞろいな生徒達面々ではあまり毒っ気とかはない良い意味でどこにでも良そうなイケメンの兄ちゃんな役柄でしたが、要所ではしっかり存在感を示した演技を見せていたと思います。陸王でも同じイケメン枠の山﨑賢人氏(彼も売り出し始めよりは演技上手くなったと思う)共々演技良くて、仮面ライダードライブの頃から彼の演技も見てきているけど、少なくとも凡庸ではなかったです。あとはもうちょっと考えて発言しようなと言うか、色気がどうのこうのとかとも言っていた様だけど、まあ今年も頑張ってくれよ。


最終盤の生徒会長選挙もやはりと言うか、そんな竹内氏演ずるに帝一が勝ちを譲ってあげたのも決して単なる友情心からではなく、彼なりの計算があった様だけど、その一方で好きで、才能もあったピアノを思う様に弾けなかった事について葛藤を抱えていて、譲介が逮捕された直後、その葛藤をぶちまけたり、親同士もライバルだった菊馬とも終盤少年漫画みたいな、熱い男同士のガチ対決を披露(ヒロイン格だった美美子にも美味しい所を持ってかれたけど)したりと違った一面も尺が限られた中で良く描かれていたと思いました。そう言えば、帝一らが褌いっちょで太鼓叩くシーンもあって、特に菅田将暉氏は直虎共々ミョーにそういう褌にも縁があるなあと苦笑させられもしたけど、まあこれも実際原作でもあった描写だから非難される様なものではないでしょう。

VCOMICでは福山潤氏主演で、舞台化もされたらしいけど、まあ最近やけに多い、こういう漫画を原作とした実写映画が陥りがちな悪弊とかとは無縁で、普通に良作だったんじゃないですか。菅田氏もとなりの怪物くんはyahoo映画レビューでは帝一の國より一回り以上も平均評価悪いけど、まあアニメ版も爆死したらしいし、原作知らないでこんな事言うのはアレだけど、元々実写化までする様な作品じゃなかったのでしょう。土屋太鳳氏がミョーに「私こんなに頑張っているんです!!」アピールしているのも普通に「?」と言うか、冷ややかな目でしか見れないしね・・・・・・・・・・・まあそれはともあれ、100点満点なら80点ぐらいだろうと言うか、これからも菅田氏をはじめとした若手イケメン俳優方々の活躍をもっと見たいとも改めて思いました。

| | トラックバック (0)

2018/05/06

芳賀町の名所巡り前編

http://www.moka-railway.co.jp/kankou01.php#no07

GWも今日で終わりだけど、皆さんは有意義に過ごされましたか?私は4月30日から5月1日にかけても、都道420号とか都内も走ってきたけど、その直後の5月1日日中も、今度は芳賀町の名所を巡ってきました。この真岡鉄道公式HPにも載っている通りのコースを回ろうとして、市塙駅に車を止めてスタートしたのですが・・・・・・・・・・・

69


駅から県道69号バイパスに出て、ずっと歩いて行ったけど、これはその途中に通った川です。

Photo
この時点でHPのコースとは既に違っていたけど、50分弱ほど歩いて漸く芳賀町総合運動公園に着きました。野球やサッカーも出来そうなグラウンドで、私の職場は5月1日も休日ですが、世間一般はGW谷間の平日という事で人はまばらで、真ん中を堂々と(?)歩いて行きました。


Photo_2


Photo_3

次は結果的にここがメインスポットとなってしまったけど、祖母井神社です。この神社は古く、近衛天皇在位時の1145年に創建されたらしい。

Photo_4


Photo_5
川口松太郎という人の記念碑も見えて、この人は小説家、劇作家として名声を博し、映画会社の専務でもあったらしいけど、青少年期に地元の郵便局に勤務していた事もあったらしい。それも短期間に過ぎなかったらしいけど、地元出身者としては大物だったのは間違いない様だ。残念ながら長男の浩氏は父の後を追う様に、石原裕次郎氏や鶴田浩二氏らと同時期に他界してしまったらしいが・・・・・・・・・

Photo_6


Photo_7

松太郎氏は来年10月に生誕120周年を迎えるらしいけど、何か記念のイベントでもやるつもりなのだろうか?それはともかく、神社を後にしてすぐ道の駅はがに着いたけど、その時点でもういい時間だったので、市塙駅に戻る事にしました。

Photo_8
しかし、そのまま戻るのも面白くないし、近くに薬師堂があるのをgoogle mapでスマホから確認したので、そこを目指す事に。その途中で芳賀町民会館の前も通ったけど、ヴァイオニストである高嶋ちさ子氏のコンサートが来る6月24日(日)にここで開催されるらしい。名前からしてまさかと思いきや、いずれも俳優として活躍しているあの高嶋政宏・政伸両氏兄弟とは従兄妹にあたるらしいけど、親戚付き合いは殆ど無いらしい。政伸氏も韓国人と結婚しちゃって回り道を余儀なくされるも、お子さんが生まれたのは普通におめでとうございます!!だったけど、ちさ子氏も40前後の高齢出産ながらも2子に恵まれているらしい。又従兄弟同士でもある子供同士は仲良く付き合えればいいんですけどね。

Photo_9

そうも思っている内にすぐ着いたけど、まあ取り立てて・・・・・・・でした。あとは来た時の道でもある県道69号バイパスをずっと歩いて市塙駅に着いた。自慢じゃないけど、標準では薬師堂から63分かかるのが、52分で着きました。歩いた距離と時間は13キロ程度・2時間15分程度でしたが、まあ良い運動になりました。今回行けなかった名所は、今度は道の駅はがに車を止めてから行ってみます。だからブログのタイトルにも「前編」と付けたけど、まあ6月頃を予定しています。乞うご期待?

| | トラックバック (0)

2018/05/05

NEWスーパーマリオブラザーズも今改めて振り返る

これといったブログネタがないので、今回はこれで・・・・・・・・・

2004年に登場した携帯ゲーム機のニンテンドーDS、翌々年の2006年5月25日にNEWスーパーマリオブラザーズが発売されて、もう少しでその発売から11年経つけど、2Dマリオシリーズとしては当時約4半世紀ぶりの待望の新作でした。

当然期待は大きいものがあり、実際日本国内だけでも600万本強売り上げるメガヒットとなったけど、草原・砂漠・海・ジャングル・雪原・岩山・空・火山の世界観やアイテムが貰えるキノピオの家、コース内に登場する事もあるハンマーブロス(倒すとアイテムを貰える)等スーパーマリオブラザーズ3(とスーパーマリオワールド)をベースとしていましたが、当然新要素もいくつもあって、特に目を引いたのは巨大マリオでしたね。

一定以上の数の敵を倒すと、変身解除後に1UPキノコまで貰えて、この変身中は無敵状態だったからか後発のWiiやUでは実装されなかったけど、当時としては度肝を抜かれました。巨大マリオ以外にもマメマリオや甲羅マリオに変身する事も出来て、これなくしてスターコインを取る、または隠しゴールにたどり着く事が出来ないコースもありましたが、1-4で簡単に入手、そのままクリアできる前者はともかくとして、後者はややめんどくさかったです。1-4以外にも一応ワールドのマップ上をハンマーブロス共々ウロウロしているハテナブロックが止まっているコースに入ればランダムで入手する事も出来ましたが、確率は高くは無いです。

甲羅マリオはまた、踏んでは倒せないキャラ(トゲツムリ等)も滑って倒せる反面、コントロールには慣れが必要で、足場の少ないステージではやや使いづらかった。水中でも素早く泳げるメリットはありましたが、総合的にはウツボ等一部を除いてたいていの敵を倒せるファイアマリオの方が楽で、結局前述した目的以外で変身する意義はあまりなかったかもしれません。Wiiのペンギンマリオはこの無印での甲羅マリオの反省点を踏まえたアイディアだったのでしょうが、今度は同じく新変身のアイスマリオがその下位互換みたいになってしまったジレンマも無視する事は出来なかった様です。

結局攻略は大半はファイアマリオ姿で進む事になって、マントが強かったワールドとは対照的で、その面でも原点回帰だったと言えたのでしょう。宮本茂氏は本作について、「簡単に作りすぎてしまった。」と降り返っていたらしく、実際次回作のWiiは明らかに難易度が上がりましたが、確かに各ワールドの砦及び最終ワールドのクッパ城で何度も戦う事になるクッパJr、私にとっては初めてプレイした、彼が登場したゲームでもあったのですが、ファイアマリオだったらどのワールドだろうが楽勝だったし、ファイアマリオで彼までたどり着く事もそれほどは難しくありませんでした。確かに難易度が低かった面もあったでしょう。

しかし、最初は初心者でも慣れられるほど簡単だけど、少しずつ適度に難しくなっていった絶妙なバランス調整は流石任天堂と言った所で、ワールドでは各コースで全部集めても1UPするぐらいしかメリットが無かった(リメイクのアドバンス2では特典あり)ドラゴンコインを発展させたスターコインは隠しコースやキノピオの家に進んだり、最後の最後で・・・・・・だったりと色々メリットが得られる様になり、プレイヤーの実力を試す指標みたいになっていきました。全部で80コース(隠しゴールも含めれば98ゴールがあり、96のワールドや94のU等を凌いでおそらく2Dマリオでは最多)ありましたが、個人的に取りづらいと感じたコースは以下の通りです。

3-C・・・・3枚目はPスイッチでコインをブロックに変えて足場にしてその上の土管に入って取るのだけど、ノコノコやパタパタが邪魔で余裕ないです。
5-屋敷・・・・3匹目のクラッシャーを上手く誘導しましょう。
6-6・・・・2-Aの応用版と言えますが、スピンジャンプしてノコノコやパタパタを踏むタイミングを合わせづらいです。
7-1・・・・中盤リフトから上か下かの土管に入る地点があるけど、後者に行く為にジャンプするタイミングがこれまた難しい。なお、このコースには隠しゴールは無いですが、どちらにもスターコインあるけど、一方に入るともう一方の土管には入れないので3つ揃えるのは2回クリアする必要があります。
7-城・・・・3枚目は取った瞬間すぐスネークブロックからジャンプ!!これでボスジュゲムで死んだらまたやり直しだけど、直前にパワーアップアイテムがあるのは良心的設計か。
8-2・・・・2枚目はマメマリオならば楽に取れます。その後はもうマメマリオで居続ける必要はないので、3枚目取る為にあらかじめ他のアイテムもストックしておきましょう。
8-4・・・・ガサゴソがとにかくうっとおしい。マメキノコをストックしておいて、スターがあるブロック近くで変身、すぐに無敵状態になり、そのまま3枚目がある土管に入りましょう。
8-城1・・・・3枚目は特定のリフトを出現させないと取る事自体出来ない上に取っても骨クッパの所まで行くのに気が抜けないです。
8-8・・・・マメマリオで土管に入る前に、ブロックに囲まれた方のスターコインをまず必ず取りましょう。土管の中にあるのも取ったら隠しブロックからのスターで無敵になって、出来れば途中の?ブロックでキノコも取りながら一気にゴールまでダッシュ!!

やはり殆ど後半ですね。ちなみに最後の8-城2は前半は斬新な部屋の回転、後半は初期作を意識した部屋のループと新旧織り交ぜた仕掛けが見られたけど、そんな難しくなかったです。ここまで全てのスターコインも集めた上で来れたのならもう完全制覇もしたも同然でしょう。

その他ルイージはスタッフロールの最後の最後でも教えてくれる隠しコマンドで使用可能も、2やUSAみたいなマリオとの性能差別化はされておらず、ちょっとしたおまけ程度に過ぎなかったのですが、いい加減さっさと結論を言えば、今からだとグラフィックも比較的粗く見えるながらも十分良作であり、今プレイしても普通にかなり面白いです。折角ニンテンドースイッチも登場したし、またNEW~シリーズの続編も作ってほしいけど、マンネリ化していたのも否めなかったし、それはまだ当分先の事かなあ。しかし、何年先になろうが、期待してその日を待っています。まあまずはその前にいい加減3Dランドも全クリしなければですが・・・・・・・・・

| | トラックバック (0)

2018/05/04

イチローの決断は尊重すべきだけど、ホントにもう今シーズンは試合出場終了して良かったのか(※5/6追記有り)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00198239-nksports-base

イチロー会見「喪失感ない。野球の研究者でいたい」

5/4(金) 8:27配信    

    

日刊スポーツ

 ベンチ入りメンバーを外れ、会長付特別補佐に就任したマリナーズ・イチロー外野手(44)が3日(日本時間4日)、セーフコフィールドで記者会見を行った。

【写真】イチロー、面識ないのに…ベッキー心配で会いに来た

 イチローはユニホーム姿で会見に臨んだ。

 「マリナーズと契約してから今日まで毎日が僕にとってギフトを贈られたというかハッピーでした。今日もそうですがとにかくハッピー。毎日セーフコフィールドに来る。家からの道のり、帰り道。ユニホームを着ている時間。毎日、かみしめていました。それが終わってしまうのかと考えた時に提案をいただいた。こんな形を取ってくれた。信じられないことですよ」と球団に感謝した。

 「大好きな人たちだったからこの決断ができた」とも話した。

 そして「僕の近くにいる人なら分かると思いますが、野球の研究者でいたい。44歳でアスリートとしてどうなっていくのか見てみたい。プレーしなくても毎日鍛錬していくとどうなっていくのか見てみたい。チームと一緒に練習できる。例えこれで終わりだたっとしても(練習を)続けると思う。喪失感みたいなものはまったくありません」と話した。

 イチロー今季中は試合でプレーできないが、来季以降については未定。今後はチームに同行し、同僚や首脳陣らのサポートを行う。

 マリナーズのディポト・ゼネラルマネジャー(GM)は記者会見で同外野手の今後について「2019年以降に選手として戻る可能性はある。どんな形でもマリナーズに残ってほしいと思っていた」と語った。

来年日本で開幕戦やると聞いたから、少なくとも2019年いっぱいまでは契約ほぼ確定したのかなあと思いましたが・・・・・・・・・・

これといったブログネタがないと思ったらこのニュースで、何だか地元マスコミももっとマリナーズ復帰を歓迎しているのかと思いきや、そうでもない様で、外野のポジション争いも怪我していた同僚がGWには戻る見込みだったからこのタイミングで発表したのでしょう。

イチロー選手については今までも特に3000本安打達成以降一時顕著になっていた神格化についてこのブログでも警鐘を鳴らしてきた。実際セイバーメトリクスでの多くの項目では中の中か中の上程度であり、特に2011年以降衰えが顕著でもあったから遅かれ早かれこういう日が来るのも必然だと言えたのですが・・・・・・・・・・・正直MLB挑戦以降は打撃面では過大評価認定(守備や走塁は相応だと思う)ですが、たとえそうした選手としての欠点や神格化等の悪い風潮もあったとしても、彼がMLBでも新しい歴史の1ページを開き、殿堂入りについても確実で議論の余地など無い稀有なスタープレイヤーである事は否定しようのない事実であります。

19時のNHKニュースでは仲悪いらしいチチローのコメントも報道されていて、あんまり余計な事言うなよでもあり、引退ではない様ですが、まあ取りあえずお疲れ様ですね。マリナーズも今シーズンはアストロズやエンゼルスと地区優勝争いしていて、今年こそワールドシリーズに出場できるか?1番で起用された事も最近会ったハーパー選手(ビッグマウスだけど、個人的には嫌いなタイプではない)らのナショナルズとの「どっちも初出場で、かつどっちが勝っても初めての世界一」な組み合わせも実現するか?ですが、これからは選手としてだけでない、別の立場からも球団に貢献できれば、これに勝る喜びは無いでしょう。世代は変わると言うか、今度は彼がNPBでシーズン200本安打を達成した直前に生まれた大谷翔平選手についての過剰報道にかなり「?」ですが・・・・・・・・・

【以下5月6日追記】

https://news.nifty.com/topics/sirabee/180506240203/

まあこの人も絶対物申すだろうなあと思っていたら・・・・・・・・・まあ今回の張本氏の発言も一理ある所もあります。これでまた変に神格化とかするのはいい加減勘弁してくれですが、たとえ客寄せパンダだとしても、現実球団経営だってボランティアじゃない。やるからには利益だってあげないと困るのだからそういう人だって1人や2人ぐらいは必要な時だってあるでしょう。いずれにせよ、イチロー選手と球団が合意・納得したのだから、もうどうなっても彼らの責任という事で良いじゃないかですが・・・・・・・・・・

それよりも大谷翔平選手の方ですね。MLB選手ランキングも、まだ1年フルに活躍した事すら無いのに100位内にランクインなんてぶっちゃけ阿保だろですね。

確か彼は52位で、43位にはダルビッシュ有選手がランクインしていたけど、彼だって今までのMLBでも活躍を全否定するつもりも毛頭ないけど、怪我も少なくなく、短期決戦にも弱く、今年も5月5日現在で防御率5点台で勝ち星ゼロの、ハッキリ言って給料泥棒状態なのだからいかにこのランキングがアテにならないか良く分かるでしょう。

休暇から帰ってきた時のトランプ大統領の息子の服装にまでケチつけた事もあったのだから、たとえは汚いけど、日本のマスコミとアメリカのマスコミは野ざらしにされているウンコと袋に包まれているウンコ程度の違いしかないのでしょう。だから大谷選手についてもこの様な過剰報道がされているのも当然だと言えるのですが・・・・・・・・・・

二刀流自体は否定するつもりはないです。そういう選手だっていたっていい。少なくとも今の所は、投手としては防御率4点台そこそこだけど、特に野手として十分結果を残している。その一方で、彼はツボにはまった時の爆発力は凄く、日本でも彼無くして2016年のあの逆転優勝は無かったとも断言できるけど、怪我も多く、投手としてのスプリットも負担が大きく、球速も早いけど、コントロールの良し悪しのバラつきが大きい事等の欠点も指摘されています。だから私は開幕前は、まだ若いのだし、そういう欠点も克服できる伸びしろも十分ある可能性も否定しないうえで通用しないんじゃないかと言って、いくら今の所は活躍していてもそうした私見に変わりは無いですが、今のままでも特に野手としての活躍を考慮されて新人王にはなれるでしょう。しかし、少なくとも来年は投打ともに今年以上の成績は高い確率で残せないとも断言します。

希少価値な二刀流なだけに日米両国の野球ファンが期待する気持ちも分かるのですが、イチロー選手と入れ替わり(?)な彼についての過剰報道も正直「気持ち悪い」ですね。公開謝罪した某記者も、「絶対掌返しなんかするなよ。あんたの名前も覚えたからな!!」ですが・・・・・・・・・・大谷選手その人は人柄もよく、周りよりも冷静に自分を見ている事も伺えますが、MLBでも長くプレーする為にももっとご自分の限界を超え続けられる様常に向上心を忘れないでくださいですね。イチロー選手の良い所もお手本として・・・・・・・・・

| | トラックバック (0)

2018/05/03

「ロックマン」は一体いつになったら「2凄い!!」の教条主義とオサラバできるのか

http://www.4gamer.net/games/999/G999905/20180502035/

「ロックマン2」&「ロックマンX」の北米版がカートリッジで復刻。iam8bitが予約受付をスタート

 

 

 ロサンゼルスに拠点を置くゲームグッズのオンラインショップ・iam8bitで,「Mega Man 2 - 30th Anniversary Classic Cartridge」「Mega Man X - 30th Anniversary Classic Cartridge」の予約受付が開始されている。価格はどちらも100ドル。

 これらは,「ロックマン(Mega Man)」シリーズの30周年を記念した製品だ。「Mega Man 2 - 30th Anniversary Classic Cartridge」は,NES(北米版ファミリーコンピュータ)用ソフト「Mega Man 2(ロックマン2 Dr.ワイリーの謎)」の復刻版と,小説家・Salvatore Pane氏の執筆によるブックレットを特製ボックスに同梱したもの。「Mega Man X - 30th Anniversary Classic Cartridge」は,Super NES(北米版スーパーファミコン)用ソフト「Mega Man X(ロックマンX)」の復刻版と,YouTuber・Jirard Khalil氏の執筆によるブックレットを特製ボックスに同梱したものとなっている。

 生産数は各8500本で,それぞれ7500本はオペークライトブルー,1000本は蓄光ダークブルーのシェル(カートリッジの外装)が用いられる。種類の選択はできず,どちらが届くかはランダムだ。なお日本への発送は対応しているが,iam8bitの日本ストアであるiam8bit Japanでは取り扱われていない。
今日5月3日は憲法記念日で、現実には色々醜聞もあって改正も盛り上がりに欠けると言われていますが・・・・・・・・昨秋の衆議院総選挙で希望に勢力伸ばされるぐらいならまだ自公で過半数維持していた方がマシな私の意見は変わりなく、実際今度は民進とまた組んで国民民主党結成と、比例復活当選した地元の選挙区の某議員も今度こそは落選させてやりたいわ(もし、次回の総選挙で自民と国民民主しか候補者がいない場合はホントはどちらにも入れたくないけど、真に不本意ながら小選挙区は自民、比例は立憲民主か共産にするしかないなあ。立憲民主も、辻元・山尾・菅等の各氏は入党はさせても要職に就かせちゃダメだよ!!だけど)ですが、今の安倍政権に憲法改正の主導権を握られてしまっているのはこの国の大きな不幸の一つであると言わざるを得ないです。

フランスなんか、革新政党の筈の社会党ですら徴兵令廃止にも反対していたらしいですが、社民や共産等革新勢力の人達にももっと国防に関しても現実的な対案を出してこなかった責任はあります。特に社民は、福島瑞穂氏はもはや言うに及ばずですが、4人しかいない国会議員の一角な筈の吉川元氏も「もう一度皆に愛される・・・・・」とか全く頓珍漢な事言ってたもんなあ・・・・・・・・

アベマTVではプライベートでは釣りを楽しむ一面も紹介されていたけど、「そんな事言ってる場合じゃないだろ!!おたくは下手すれば近い未来政党要件自体失う可能性あるんだぞ?危機感あるのか?」でしたね。吉川氏は政治家じゃなければ人の良いおじさんなのだろうけど、就く職業を間違えてしまったのではないか?とその素質そのものを疑わずにはいられない。特に9条に関しても教条主義な彼ら左翼・革新勢力のダメだった所もネトウヨや右派文化人等もっとダメな人達も生み出す温床となってしまった。そして主に、そのもっとダメな人達に支持されているのが今の安倍政権なわけで、野党第一党も目指して数合わせなんかもしている場合じゃないのですが、何度も言った通り、日米安保が外敵からの脅威を防いだならば、憲法9条も個人的な肯定・否定に関係なく、愚かな戦争への道を進み、焼け野原からの再スタートを余儀なくされ、内の政治家達(当時の中曽根総理等)の暴走も防ぎ、平和な経済大国として再建した日本人の精神的支柱そのものだったのです。少なくともバブル崩壊までは。

だから左翼・革新勢力の人達には護憲とか教条主義にも囚われないで、改正するにしても、これまでの役割について、特に戦後的価値観も否定する右派的イデオロギーを排除した客観的な再評価がなされた上で、自衛隊を明記するにしても①原則専守防衛であり、第一に国土や国民の良き番人である②自国の防衛の為であっても、侵略戦争は絶対にしないし、他国の侵略にも絶対に加担しない③あくまで隊員たちの生命が優先されるべきだが、安全等を確保した上で世界平和にも貢献する、日米地位協定の見直しもセットで行われるべきですが、これらも絶対明記される様な流れに持っていってほしかったのです。(自衛隊法と被る所もあるかもしれないけど・・・・・・・・)憲法改正の必要性自体は否定はしないけど、安倍政権にはやらせたくないし、もっとヤバい緊急事態条項については報道しないのもまたマスゴミお得意の「報道しない自由」発動か?ですが、今の情勢でホントに改正したって絶対失敗する。これももう自信を持って断言できますよ。

憲法改正の是非をめぐる世論調査でも賛成が反対を若干上回っている状況らしいけど、あの子供をダシにしたポスターも普通に印象悪いと言うか、特に社民はただ教条主義的に護憲とか叫んでいるままならばホントに消滅するぞ?で、長々と引用記事とは関係ない話しているけど、ロックマンも・・・・・・・・・・どんなに出来が良くても、所詮は「自称」最高傑作「2」の亜流に過ぎない「9」を制作した某会社の社長は彼らとは思想も逆な安倍応援団の一員らしいけど、やはりいつまで経っても教条主義とオサラバできない様で、今度はこんな事までやっている有様だ。

いや、こういう復刻カートリッジの発売そのものを否定しているわけではないのです。発売当時生まれてすらいない世代の人達も、中にはだからこそそういういくつもの伝説を生んだ原版みたいなものを所有する事自体が楽しみで生き甲斐な人だっているでしょう。もう何度も何度も言っているけど、「もうすぐで平成も終わるこの期に及んで『2』を特別視し過ぎ。」なのですよ。確かに名作だし、後発シリーズの礎になった点もいくつもあった事は否定しないけど、「X」とのセットで発売するならまず「1」からでしょ。

折角小林由美子氏を主役で起用(イレギュラーハンターXにも出演している)したのだし、またこんなズレた事する様ならば、「ロックマンロックマン」も絶対成功させるべきだったとも思うし、そういう「過去の栄光」も否定するわけではないけど、取りあえずそういうの置いといて、30周年を迎えた今だからこそ、一旦リセットしてでもゼロから新しいロックマンを作るんだ、これで失敗したらもう後は無いかもしれないなぐらいの「覚悟」を持ってやらなければいけないのです。残念ながら成功したとは言い難かった様ですが、「Mighty No.9」だって本来そういうつもりで作ったのではないですか?

「またこいつブーブー文句言ってるよ。」とか「いい加減うるせえなあ。」とか思っている人も当然いるでしょう。そういう反感を買っているであろう事も自覚してはいますが、そういう過去の栄光に囚われた教条主義って、憲法改正問題でも反対だけでもっと説得力のある対案を示せず、却って何のために改正すべきか理解しているのかも甚だ微妙な(もっと言えば、そもそも民主主義とは何なのか?憲法とは何なのか?とか)な安倍政権にその主導権を握らせてしまった革新・左翼勢力の人達ともそうだけど、独り善がりな現実逃避に過ぎない「日本スゲー番組」を制作し、またはそれに出演しているマスコミや芸能人、そして考えなければいけない事を忘れられる、または忘れたい人にとっては心地良いのだろうけど、それを見ている視聴者の人達とも重なり合うものがありますね。

と言うかまた、そもそもこういう復刻カートリッジの発売も含む、シリーズ30周年記念事業の、それ自体が商業面だけじゃない全てひっくるめた最終目的みたいになっている「ミョーな必死さ」にはどうも強い違和感があって、つくづく私は捻くれた人間なのだろうけど、この様な意識で今度の「11」もホントに成功するのか?仮に成功したとしても、「9」の様な一時的な成功に過ぎず、良い流れも2年も持たないのではないか?ますますそう思わざるを得ないですね。違いますよ。少なくとも本家はもうそんな凄くないんですよ。

ホントに凄いのならば、過去の栄光に囚われ、過去の成功を絶対視してストⅡとの、またまた懐古厨に媚びた様なFCグラのクロスオーバーやったり、スマブラとかモンハンとか他の凄いゲームに場違い的に寄生したりなんかしません。本来ならば、カプコンも(一部の)ファンも、まずそうした自分達のダメだった点を直視し、反省しなければならなかったのです。それなくして、たとえ「11」が一時的に成功して、その後の40周年、50周年も迎えて、30周年の時の様に必死こいて祝って、金儲けに走っても何の意味もありません。いつの間に「2」をリアルタイムでプレイした世代の人達も「そして誰もいなくなった。」になる前にいい加減何が大事なのかもう一度真剣に考えてみるべきでしょう。今までもそういう時間は十分にあった筈なのだけど、まだ手遅れではないです。まだ・・・・・・・・・・

| | トラックバック (0)

新テニスの王子様第240・241話-「あいつ」もついに明かされた過去!!そしてイチローと柳田國男の想いは・・・・・・・

昨日雨と強風の所為でインターネットに接続できなかったので、すぐアップできなかったけど、新テニプリ6月号の感想です。


201806

掲載順は下の方な傾向は変わらないながらも、久々の(?)カラー扉を飾った新テニプリ、「今更魅入っても・・・・・・」って、別に容姿もプレーも彼がイケメンばかりなこの世界で凄いずば抜けているほどまでは正直思えないけど、大した自信家ぶりですなww。

201806_2
さすがあのカミュwwwwをはじめとした変態揃いwwwwな面々なだけに フランスは甘くなく、なかなかリードを奪えない有様を見て、赤ちゃん(切原)も苛立ちを隠せなかったけど、柳田國男(遠野)もグーパンひでぇなwwww。全然他愛ないだろと言うか、赤ちゃんだってマジで怒ったら怖いんだからな!!www

201806_3

まあ彼も後に・・・・・・・なのだけど、イチロー(君島)もノスケのこの精神力には感心するほかなかったと言うか、認めた相手には敬意も払える度量もある様だ。

201806_4
対するフランスは、汗だくだくで、羽生結弦選手にも負けない、観客を虜にしたのも何だったんだ?なほどでしたが、サンダースの親父さんも観戦に来たのが見えた所で過去回想シーンに。この親子あまり似てないけど、絵を描くのが三度の飯よりも好きで挙句の果てに結婚生活に失敗って、何だかゴーギャンに似てますね。

201806_5


まあゴーギャンは当初は画家とは別に本業があった、所謂日曜画家だったらしいけど、この頃のサンダースって、ただの普通にカッコいいイケメンな兄ちゃんだったじゃない。今とは雰囲気違うと言うか、テニスもそこまで彼を変えたものだったのか。それはともかくとして、売れっ子画家とは言い難かった彼の父、まあ最終的にそのゴーギャンと喧嘩別れした様なゴッホだって生前はたったの1枚しか売れなかったけど、個展を開けるようにまでなったらしい。やったじゃん!!息子も絶対負けられないよね!!

201806_6

でも革命児カミュはそんなやっと売れる様になった彼の父なんて興味ないのだろうと言うか、ポージング対決忘れているのに気づいていた様だけど、あんたのナルぶりの方がよっぽど可笑しいからwwwwだって、ドイツのマヨネーズ(QP)もそうだけど、まさかあのバルログ・アトーベ様(しかし、彼はああ見えて努力家の一面もある)をも凌駕するナルにまた出会うとは大のテニプリファンな私も予想だにしなかったよwwww

サンダースだけじゃなくて、イチローにもここで過去話が挿入されていましたが、柳田國男に卑劣な事をしたのと同時に、そのテニス観に感服する様になったのを鉄砲(種ヶ島)にいち明けていた様です。

201806

201806_2

日仏イケメンテニス戦士それぞれの想いを秘めながら演出していた熱戦もいよいよクライマックスで、ノスケが必死の・・・・・・・・そう言えば、日本で約12年ぶりに勝利投手になった某投手も所属していた事があったMLB某球団が過去に出場したワールドシリーズでも、殿堂入りも果たした某捕手が入ってくれなジェスチャーしていたら、打った球がスタンドインしてホントにサヨナラ本塁打になってしまった名場面があって、許斐大先生がそれを意識したかどうかは知らないけど、残念ながらもう一歩及ばず初戦はフランスに軍配が上がって、特にサンダースが画家として栄光の一歩を漸く歩む事になるのであろう父にもその勝利をプレゼントする事になった。

201806_3
対する日本も敗れたとは言え、善戦したと言えたけど、イチローが評価を改めながらも柳田國男の弱点でもある膝を負傷して、彼に治療してもらったのは皮肉でした。しかし、当の本人イチローがかっての悪行を告白しても、そんなの知った事じゃないと言わんばかりにさっさと治療してこの誘い・・・・・・・一番そういうのいつまでも根に持ってそうなタイプな印象あったけど、なかなかサバサバした所もあるじゃないですか!!イチロー共々見直しましたね。彼も。

201806_4
しかし、そんな良い余韻に浸る間もなく・・・・・・・・・・・かなり幼く感じられるコンビの子も頭なでられるの嫌がってる感じ(実際そういうのがタブーな国もあるらしい)だったけど、シュトロハイム・ポルナレフ系(後者は実際同郷でもあるが)の髪形しているこの兄ちゃん、名前の由来は間違いなくキオス島の虐殺等が代表作なあのウジェーヌ・ドラクロワだろうけど、見るからにDQN臭がしますねwwww。

201806_5
対する日本は烏丸(柳)と元就(毛利)のコンビが戦う様ですが、流石我らが許斐大先生!!普通に伝わるものがある良い話を描いている時でも笑いで魅せるのも忘れていなかった様です。


201806_6

そんな大先生のパーフェクトライブに向けて、メガネ関西弁(忍足)と黒キテレツ(木手)のVR用三面図も公開されたぞ!!他にも越前王子様やアトーベ様、信繁(幸村)等がゲストとして出演するらしいけど、メディア関連で今回最も狂喜乱舞すべきはこれでしょう!!

201806_7

そうですよ!!これですよ!!これ!!許斐大先生って見るからに超ポジティブそうでもあるけど、どんな悩みもそんな大先生に相談すればすぐ解決しそうだよね!!嫌なニュースも多い昨今、相談してみて絶対損はしない筈!!


ミュージカル出演俳優インタビューは、今回は吉澤翼さんと高田誠さんだ。吉澤さんは甲斐役だけど、5年前にもオーディションを受けて落ちた事があったらしい。しかし、暑さに強く、アミノ酸ゼリードリンクを飲んで、疲労回復等体調管理も怠らない努力が今回実を結んだのでしょう。ゴキブリが苦手という、ありがちな弱点もある様ですが、地元の友人とスケジュールが合わなくてなかなか一緒に遊べない悩みもある様だ。まあ舞台は土日祝日関係ないしね~

高田さんはピザ(田仁志)役で、原作の彼より全然イケメンだけど、彼もカエルが苦手な弱点があるらしい。ゴキブリと比べれば可愛いもんだろとも思いますが、好物のビーフジャーキーは役作りにも役立っているのかな?阿部寛氏が目標の俳優で、映画はスパイダーマンが好きらしいけど、どちらにもない個性も絶対ある筈だからこれからもそれも大事にして!!

GW最終日の6日は矢吹健太朗先生はダリフラ休載だけど、ロリコン趣味にハマりすぎてしまった和月伸宏先生は、実写映画版続編製作という「大人の事情」も見え隠れしながらも思ったより早く連載再開となった。今月号表紙を飾ったのは終わりのセラフの優一郎(アニメ版も第2期実現するのかな?特に2クール目が残念クオリティだったので、汚名挽回と行きたい所だが)で、こじらせ百鬼ドマイナーが連載開始となったけど、先日実写映画版が地上波放送された帝一の國の古屋兎丸先生にも対抗して、これからももっともっと笑わせてほしいものです。一番楽しみにしているカミュVSミスターT(デューク渡邊)のバトルは来年以降の話になりそうだけど・・・・・・・・・ライバルが多いからこそテニプリはこれからも輝き続ける!!YES!!WE CAN!!

| | トラックバック (0)

2018/05/01

東京都道420号鮫洲大山線走行レポート

自分は今年のGWは今日メーデーの5月1日も休日なので、4連休→1日出勤→4連休で、前半が終わるか終わらないかだけど、前日からにかけて東京都道420号鮫洲大山線等を走ってきました。
Photo_2

柏からずっと国道6号を走った後、途中都道319号等を走ったけど、これは信号待ちしていた時に撮影した東京スカイツリーです。
15

これは国道15号との交差点で信号待ちしていた時に撮ったもの。

Photo_3
これは乃木坂トンネルを通過していた時に撮ったものだけど、都道413号に入って、しばらく走った後大山交差点に差し掛かって、いよいよ都道420号線に入りました。

R420

しばらくはやや狭めの2車線道路と言った感じでしたが・・・・・・・・ これは三角橋交差点に差し掛かった時に撮影した画像で、都道420号は本当は右に曲がる・・・・・・はずなのですが、一方通行になっていて、大山交差点からは通過する事は出来ないのです。京王井の頭線池之上駅までの区間がそうで、しょうがないから少し戻って、別の道から池之上駅目指して進みました。

R420_2

真っすぐ進むうちに道路は都道420号になっていったけど、やはり狭い。途中コンビニもあって、買いたいものあったけど、こんなに狭くては車なんか停められない。ところで、この画像左に見えるイラストの男ははなわ氏か?

R420_3

まあそんな冗談はさておいて、まもなく都道423号にぶつかるけど、ここを右に曲がって、すぐ見える狭い道路に入ります。

R420_4

都道423号から別れてもしばらくは狭い道が続いたけど、世田谷区池尻あたりから普通の二車線となって、まもなく国道246号にぶつかった。そのまま246号に入って、皇居前や日本橋などを通って帰ったので、今回通った区間は全区間の半分もなかったけど、東京の、特に400番台の都道って一方通行区間が多いから全部トレースするのは何気に面倒です。多分もう少し後の事になると思うけど、今度はやはりそれぞれ反対方向に一方通行な都道118号と同423号を走ってみたいです。

| | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »