« 旧甲州街道?走行レポートと墨田川の夜桜 | トップページ | 西郷どん特別編も確かに「?」だったが、そもそも大河自体がもう制度疲労状態なのである »

2018/04/22

ダーリンインザフランキス4/22(第16話)感想-ヒロとゼロツー、しばし別れの時?そして新たなる実力者参上!!

0422

さあ、ついにゼロツーとコンビを組んだが故の(?)身体の変調をゴローに知られてしまったヒロ、コドモはオトナ達を叫竜から守る為の「道具」に過ぎず、それを超えた人格は否定されている(アニメ版の方がこの傾向は強く、勿論我々一般人の感覚からそう見えるだけに過ぎないとも言えるのかもしれないだろうけど、やはり普通に「やな感じーーーーー!!」である) この世界では普通に「良い奴」過ぎて、ミツルみたいに他人に心を開かない子(ヒロとのあのエピソードが拍車をかけてしまったらしいが)もいても不思議ではないのですが、友の熱い諌言を胸に秘めて何を想うのか・・・・・・・・・・・

0422_2
そしてゼロツーと共に住んでいたのもつかの間、「オトナの事情」で元の住処に戻る事になったけど、自由奔放なゼロツーが容易に首を縦に振るわけがなかった。

0422_3
ところが、付き合いは彼女より長いゴローの諌言はやはり響くものがあったのか、ヒロもゼロツーの誘いに首を縦に振る事は出来なかった。

0422_4
一時は抵抗するも・・・・・・・何故叫竜を倒し続けなければならないのか?それは自らの生い立ちと大いに関係がありそうだけど、結局諦めて元の住処に戻る事になった様です。

0422_5
そしてコミカライズ版でも第26部隊がついに登場、リーダーはコード090と言うらしいけど、叫竜との戦いは第26部隊がメインで、イチゴら第13部隊は後方支援にとどまる事になった。この090もゼロツーの所為でパートナーを失った過去があるという設定ながらも、話しぶりにはそんな暗さとかは感じられないけど、叫竜を倒してオトナを守る事しか考えなくていいロボット故にもそうなっているとも言えるのでしょう。

0422_6
当然中には不満をあらわにしたメンバーもいたけど、それを打ち消すにはこれからも自分達で実績を作っていかなければいけない。今回はエロシーンは控えめでしたが、アニメ版と違ってまだヒロとの確執の理由が描かれていないミツルと相性の良くない様であるイクノは今度こそ活躍できるのだろうか?

0422_7
9'αは特殊親衛部隊ナインズのメンバーという設定らしいけど、新たなメンバーが最後の最後で登場した。wikiでのページから察するに、佐倉綾音氏が声優である9'δか?彼女は?そしておそらく謹慎処分を受けて、暴れたくても暴れられないゼロツーはどうなるのか・・・・・・・・・・・・・


と言うか、ナインズのメンバーは他にも何人か判明しているらしいけど、アニメ版にも最近登場したのか?いや、ヒロ×ゼロツーの過去におけるボーイミーツガールな話が他の深夜アニメやラノベとかでも見た様な、テンプレ的で凡庸な話だったから愛想が尽きてアニメ版はもう見るの止めたんで、それ以降の話、私は知らないのですが。

確かに、矢吹先生によるコミカライズがなされなければアニメ版を見る事は無かっただろうなあですが、円盤売り上げはどんなものなのですかね?アニメって、制作するのに金だけじゃなくて時間も半年はかかって、円盤売り上げも1巻当たり3000~4000枚売れて漸く採算プラマイゼロになるらしいですが・・・・・・・・・・・・・・

ジョジョ四部ダイヤモンドは砕けないは平均(1巻当たり)約7400枚売れたらしいから、五部ももうすぐ制作・放送されるのかな?(でも、ジョルノ役に浪川大輔氏を起用するのは止めた方が良いと思う。いや、浪川氏も好きな声優さんの一人だけど、オールスターバトルでの演技は決して褒められたものではなかった)ですが、菅田将暉&土屋太鳳両氏ダブル主演のとなりの怪物くんは平均約1400枚だったらしい。大赤字だろと言うか、確かにこれではアニメ第2期はないなですが、アニメでその様な爆死してしまったのに、ホントに実写化までする価値なんかあるのか?土屋氏もやはりゴリ押し認定せざるを得ない(例えばヒロインの友人とか頑張ってせいぜい二番手、三番手程度であり、それを超えた器ではないと断言できる)だけにそういう悪い疑問が大きくなっていくばかりですが、いずれにせよこのダリフラも2期もやってほしいとは思えないです。しかし、コミカライズ版はもうここまで来たら最後まで感想書き続けます。そしてその次は矢吹先生にはまたアニメ化までされる様な完全新作を発表いただきたいものですが・・・・・・・・・・

|

« 旧甲州街道?走行レポートと墨田川の夜桜 | トップページ | 西郷どん特別編も確かに「?」だったが、そもそも大河自体がもう制度疲労状態なのである »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/73349889

この記事へのトラックバック一覧です: ダーリンインザフランキス4/22(第16話)感想-ヒロとゼロツー、しばし別れの時?そして新たなる実力者参上!!:

« 旧甲州街道?走行レポートと墨田川の夜桜 | トップページ | 西郷どん特別編も確かに「?」だったが、そもそも大河自体がもう制度疲労状態なのである »