« 政党座標テストも受けてみたが | トップページ | ダーリンインザフランキス3/4(第9話)感想-叫竜を倒すよりも大事?ヒロとミツル、出撃したのは・・・・・・・・・・ »

2018/03/03

新テニスの王子様第236・237話-「羽生結弦も目じゃない!!勝つだけじゃダメ!!ポーズでも魅せる笑劇のフランス戦序章!!」

今日の昼前まで体調不良になってしまっていたので更新が遅れましたが、4月号の新テニプリ感想です。

残念ながら今頃一緒に連載していた筈のるろ剣の和月先生も罰金刑が確定してしまった様ですが、我らが許斐剛大先生は今回表紙を飾った青の祓魔師の加藤和恵先生共々和月先生の分まで頑張らなければならない。

201804_2
201804_3 
勿論そんな事ぐらい何も私に言われなくなって分かっているでしょうが、まずはイチロー(君島)が知性も感じられるこのポーズwwを決めた!!そして次はサンダース(ティモテ)がこの均整取れた肉体美を押し出したポーズ!!どんなポーズを決めてもカッコいい!!

201804_4
でも、ここまで最もカッコ良かったのは、何サウジアラビアのあの人の設定パクってんだよwwwだけど、ブリジット(トリスタン)のこのポーズだ!!wwwww見よ!!本来戦場である筈のこのテニスコートでお座りになったこのクールさと余裕ぶりを!!wwww

201804
201804_2

特にブリジットはまたこんな決めポーズwwwwまで披露してくれたけど、もうカッコ良すぎるwwwと言うか、テニスできなくなっても俳優とかに転向できるねであり、この面々で一番期待しているのは、あのバルログ・アトーベ様をも上回るほどのナルシスト、カミュだけど、ブリジットも俺たちが真似できない事を完璧にやってのけるッ!!そこにメチャしびれるッ!!メチャあこがれるッ!!

一方で誰かさんはこの体たらくだよ・・・・・・・・・

201804_3

「未だポージング0」ってwww、そういう問題じゃねーだろwwwwてめーようwwwwだけど、サンダース×ブリジットのコンビに翻弄され、全く精彩を欠いていた有様。相手の戦力とか分析に長けているのは良い事であり、非難とかされるいわれはないけど、それが戦いに活かせていない。ここでイチローが交渉を持ちかけてきた。

挙動不審なwwwwなポーズばかり目立つ印象もあるサンダースがマトモに喋ったシーンもあったかと思えば、ブリジットも優勢でチョーシこいていたからか見た目よりも多弁にも感じられたけど、そんな交渉が通じるほど甘い相手ではないかに見えた。

しかし・・・・・・・・・・・・・・・・・

201804_4

この様なパワーショットを決めて、ついにチョーシこいていたブリジットを吹き飛ばし、カッコ良くない姿も観客にさらしてやった!!そして更にイチローの頭越しからジャンプショットを決めた!!最後の最後でだけど、さあ今月のテニプリ語録だ!!



「んんーーーーっ 絶頂!」wwwww


201804_5

見よ!!www今まで散々チョーシこいていたイケメンコンビに一泡吹かせた、伝家の宝刀大ゴマwwwwをここぞで用いたこのドヤ顔を!!wwwww誰が真の笑撃バトルの主人公かこれでハッキリしたではないですか!!wwwwさあ、ここから映画で全裸も披露して幾多の男達もヌカせてきたヘディ・ラマ―さんも吃驚なノスケの大逆襲、「春の調べ」が始まるぞ!!


最近立海はあまり目立った活躍しておらず、あの忍者のコスプレしている、日本の文化を勘違いしている様な(そう言えば某社のゲームにもそんなキャラいたが)兄ちゃんと晴信(真田)のボケ・ツッコミコンビもそれなりに笑える程度な印象ですが、今回のミュージカル出演者インタビューはそれぞれフーセンガム(丸井)と和真(ジャッカルの事だが、そう言えば声優の桧山氏は飛影も演じた事あったな)を演じている大薮丘さんと川崎優作さんだ。

大薮さんは目立ちたがり屋で、陸上8競技もやっていた典型的なスポーツ少年でもあった様だけど、役者こそがまさに天職であり、役者をやらないで何をやるんだ!!な感じですね。もしホントにテニプリキャラがいて、その家に行くとすれば、アトーベ様の豪邸に行ってみたいとの事だけど、確かにいくつも私達を驚かせてくれる様な発見も確かにあるかもしれないですね。

川崎さんは蝉が苦手という意外な(?)弱点がある様ですが、家の前に蝉がいたら帰れないって、そんなに怖いのか・・・・・・・・・・・ゴキブリとかよりはまだ全然マシだとも思うが・・・・・・・・・キャンプが趣味の一つでもあるらしいけど、確かに特に秩父良さそうだよね。許斐大先生直々の質問、「何でも願いが叶うなら?」ではロナウド選手になる事と答えたけど、役者業を頑張っていればホントに彼を演じる日がやってくるかも?ビーアンビシャス!!しかしですね、旦那、今回私が最も狂喜乱舞したニュースはこれですよ、これ。


201804_6

そうですよ!!これですよ!!これ!!ファンブックもGWの谷間の日(ちなみに旧ソ連は5月2日もメーデーの5月1日共々休日だった)に発売って中途半端やなあ、4月27日じゃダメだったのかですが、我らが許斐大先生が世界にも誇れる港の大都市、横浜でパーフェクトライブを披露されるとの事なのですよ!!全く別の意味でwww大のテニプリファンな私が感激しない筈がないじゃないですか!!

大先生の事だから、期待を裏切らず、予想を上回るパフォーマンスを見せてくれるに違いないと信じて疑わないのだけど、のび太も欲しがっていたほどの祝日の無い6月に開催予定って、大先生はどれだけファンやキャラ達の事を考えてるんだよ!!もう感激ものだよね!!こんな大先生なのだから、漫画本編でも私達の度肝を抜く様な最強の笑劇を見せてくれるかもしれない!!ジャンプ+でダリフラを連載中の矢吹健太朗先生もオチオチしていられないよね!!だけど、2018年こそ大先生とテニプリの偉大な夢を叶える時だ!!YES!!HE CAN!!YES!!!WE CAN!!
 

|

« 政党座標テストも受けてみたが | トップページ | ダーリンインザフランキス3/4(第9話)感想-叫竜を倒すよりも大事?ヒロとミツル、出撃したのは・・・・・・・・・・ »

テニプリ・許斐剛」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/73029578

この記事へのトラックバック一覧です: 新テニスの王子様第236・237話-「羽生結弦も目じゃない!!勝つだけじゃダメ!!ポーズでも魅せる笑劇のフランス戦序章!!」:

« 政党座標テストも受けてみたが | トップページ | ダーリンインザフランキス3/4(第9話)感想-叫竜を倒すよりも大事?ヒロとミツル、出撃したのは・・・・・・・・・・ »