« チョー今更だけど「君の名は」感想 | トップページ | このブログでの主なシリーズもの一覧 »

2018/01/25

取りあえず五輪出席だけすれば良いんじゃね?

http://lite-ra.com/2018/01/post-3755.html

安倍首相が「平昌五輪出席」を産経と読売にスクープさせる茶番劇! 二枚舌外交に協力する御用マスコミの醜悪

首相官邸ホームページより

 やっぱりか。韓国の文在寅大統領が慰安婦問題をめぐる日韓合意を見直すアクションを見せ始めたとたん、敵意むき出しで平昌五輪開会式欠席の方針をちらつかせていた安倍首相だが、きょう一転して出席を表明した。

 本サイトはすでに21日配信の記事で「安倍首相自身は欠席を頑なに主張しているが、最終的には出席する。そのときになって、“大人の対応”とかなんとか、ごまかすつもりだろう」との見立てを書いていたが、まさにその通りの展開になった。

 当然だろう。慰安婦問題を理由に五輪を欠席すれば、国際社会から「歴史修正主義」「五輪の政治利用」の誹りを免れない。官邸はなんとか欠席しようと、「国会に専念するため」やら「平昌は寒すぎる」など、トンデモな言い訳アドバルーンを次々にあげて様子見をしていたが、そんなものが通用するはずがない。

 しかし、呆れるのはマスコミだ。この間、五輪に政治を持ち込む安倍首相を批判するどころか、テレビのワイドショーでは「安倍首相は行かなくていい!」の大合唱が響きわたり、コメンテーターらが韓国バッシング、平昌五輪バッシングに明け暮れていた。また、「首相、『平昌』開会式欠席へ 日韓合意、韓国新方針で判断」と11日付一面で報じるなど前のめりになっていた産経新聞をはじめ、保守系メディアは一斉に安倍首相の“欠席方針”を援護射撃しながら「韓国が悪い!」という世論を組み立ててきた。

 ところが、安倍首相が出席の意向を固めると、こちらも一転。その産経と読売新聞が今日の朝刊で報道。とりわけ産経は1面トップだけでなく、2面に「ぎりぎりの決断」と題した関連記事、5面に“安倍首相独占インタビュー”と大スクープ扱い。インタビューは前日23日午後に官邸で収録したものだが、記事では「(日韓合意継続について)大統領に直接伝えるべきだと考えています」「(ソウル大使館前の慰安婦像の撤去は)当然強く主張することになる」などと、安倍首相の言い分を徹底して垂れ流させた。

 とくに「(開会式出席に)反対する世論も強い」と水を向ける産経に対し、安倍首相が「強い批判があるのは事実です。そうした気持ちになることは十分に理解できます」と答えていることからもわかるように、インタビューの目的がもっぱら政権支持層である国内右派、あるいは「欠席派」に対する“ガス抜き”であることは自明。産経と安倍首相の息のぴったりさには、さしずめ「ペアで金メダルでも狙うのか?」と皮肉の一つでも言いたくなる。

引用は途中だけどここまでです。まあリテラは安倍総理を親の仇以上に憎んでいるから何をやっても叩く事しかしないだろうし。噂の真相時代は最後の5・6年間程度に過ぎなかったながらも愛読していた(2002年2月号での女系天皇の正当性の無さを説いた特集とかは特にぐう正論であり、思想が違う筈なネトウヨ系サイト「国民が知らない反日の実態」でも評価されたほどだったし)けど、何でこんなダメになってしまったのだろうか?その他反戦的な文化人達の活動も安倍叩きに利用(だから彼らのそれ自体は立派だとしても却って共感とかが出来なくなってしまう)しているリテラも産経・読売とはまた別の性質で醜悪なのですが・・・・・・・・・・

そんなリテラの安倍叩きも犬の遠吠えと言わんばかりに若い世代の人達が特に安倍総理を支持している中、私のこの慰安婦問題についての意見は多くの賛同を得るとかは無いだろうけど・・・・・・・・・・もはや強制性の有無とかはホントに大事な問題じゃないのに、カンポス市議からは「恥を知りなさい。」とまで言われて慰安婦像を建てられるなど却って自分達の立場を悪くするだけな歴史戦やっていて、さらに恥の上塗りする事になるのだからたとえまたアメリカの言う事聞いて決断したとしても五輪出席を決意したのは正解だったと思います。

そもそも日韓合意自体、日本だってホントにそういう不幸な歴史に対する真摯な反省とかあったわけじゃなくて金さえもう1回払えば相手もいい加減黙るとかな意識だったんだろ?であり、ホントに自分達の希望を韓国側も理解した上で同意に至る事が出来たか理解できていたとは思えない、そういう意識だったら無視してた方がまだ傷口は広がらないよであり、もう一回、必要あらば首脳会談までやってお互い納得するまで話し合ったらどうです?とも最近のエントリーでも言ったけど、まあ取りあえず今回は五輪出席だけして、日韓首脳会談は平昌五輪が終わった後にお互い都合のつく日程組んでやれば良いんじゃないですか?韓国側に五輪をも政治利用される恐れがある(南北対話も必要性は否定しないながらも北朝鮮に気遣いし過ぎなのはいささか理解に苦しむが・・・・・・・・)というのもあるけど、日本側も安倍総理、昭和末期以降の歴代総理では国会出席率はブービー(在任期間が長いがらしょうがないだろな擁護していた某ネトウヨもいたけど、5年5か月在任した小泉氏だって60パーは超えている)な一方で自分をヨイショしてくれる芸能人達と会食したり、バラエティ番組でトークできるほどの時間はある様だからそれなり以上に融通は利くでしょう。訪韓が二度手間な形になっても。

韓国政府が納得しても慰安婦団体がそうしない可能性が高いし、そもそも韓国は残念ながら反日がアイデンティティみたいになっていて、日本統治世代の人達が高齢化している近年では猶更の事だから容易ではないのだろうけど・・・・・・・・・・・相手が反日であるか否かに関係なく、謝罪しなくても良いから過去の過ちを忘れず、二度と繰り返さない姿勢を見せれば良いとも言ったけど、ホントに元慰安婦の人達がそれで納得するのなら、木村幹氏とかが言う通り河野談話も加藤談話の時の日韓二国間ではなく戦後処理の問題に関わるものとなってしまって、もうそれは日本がどんな言い訳しても変えられるわけではなく、強制性が無かったとしても無実になるわけでもないのだから直接謝罪した方が良いんじゃないか?とも思う様になってきましたね。

勿論それは、朝日新聞が1992年1月に慰安所の軍関与を報じた直後に当時の宮澤総理がした時みたいに取りあえずやれば丸く収まるだろうな意識じゃなくて、繰り返し言う通り歴史は今まで地球に生きていた無数の生物達が築いてきたものであり、当然犯した過ちだっていくつもあって、今後それを繰り返さない為にもあるのだから、そうした存在意義についての理解もした上でしなければいけない。韓国がまた謝罪しろと言ってきても、ただ黙って自分達の未来に対する姿勢は変わっていない事を示し続ければ良いんですよ。今度は某町議がヘイト発言して、あげく拙劣な言い訳もして辞職に追い込まれた事件も起きて、正直「またかよ」だけど、そうした方がブログやツイッターでも中国・韓国の悪口ばっか言って、沖縄米軍ヘリ問題でも事実よりもイデオロギーを優先してデマを流し、自国民を中傷するよりも何倍も何十倍も尊敬されるよ。軽くだけど、そう断言する。何だかミョーな使命感があるけど、自分達が大嫌いな連中以上に日本を貶めていて、しかもそれに全く気付いていないネトウヨを含む右翼・保守の人達には理解できないだろうし、明治を中心とした戦前日本を美化している安倍総理には絶対出来ないだろうけど。(どこのパラレルワールドでの日本だ?と言うか、明治が彼が言う様な時代ならば、むつ利之先生の漫画に出てきた坂田は先生をいじめていた奴をモデルにしたらしいけど、野口英世だって2度も血脇守之助に大金出してもらってまでアメリカに行くわけないじゃん)

一方でまた、領土・主権展示館を開館したのは別に反対はしないです。彼らの様な反知性を象徴する連中が出てきたのも、近隣諸国に配慮しすぎて舐められてしまっていた反動とも言えなくもないのだろうし、真実を発信して世界の世論も味方につける事は悪い事では無いですが、慰安婦や南京大虐殺(何度も言う通り個人的には30万人説には疑問だけど)とか日本国内では騙せても世界には通用しない歴史戦やっている様ではたとえそういう効果があるとしても半減だし、何よりまた北方領土は含まれていないのは不可解で中途半端です。中国の領海侵犯や漁民も殺害した韓国の竹島占拠(だから最近は露出が減っている様で、正直彼は好きじゃないし、あと5年か10年経てば「あの人は今」状態に高い確率でなるだろうけど、りゅうちぇるの「日韓両国分割統治案」にもとてもじゃないが賛成できない)よりも当時のソ連がやった事はもっと非道だったのですが。(なお、私はロシアもロシア人も嫌いではなく、寧ろロシア文化は好きです)しかも、スターリンは北海道まで欲しがっていたらしく、、安倍総理は5月に訪露したがっているらしいけど、プーチン大統領の機嫌を損ねるのが怖いからか?そうでなければロシアに都合の良い様に利用されるのなんてわかり切っている経済協力もしないだろうし、韓国の閉館要求にもこの話ではガツンと言ってやればよろしではあるけど、これじゃあ全面的な賛成なんかできません。事務所がロクに守ってくれないベッキー氏には公開処刑なタイキックまでやるけど、ジャニーズやバーニングタレントの不倫は叩かず、寧ろ祝福してしまうマスコミや芸人達とも重なり合うものがあるけど、中途半端な愛国心を煽るぐらいならさっさと閉館した方が良いです。

安倍総理はこの慰安婦問題といい、オリンピックといい、北方領土といい、憲法改正といい、どうも自分の功績も残したくて焦って、却って墓穴を掘っている様に見えて、野党がもっとダメだからそれでも彼を支持している人達には名宰相に見えるのだろうけど、もういい加減そういう背伸びなんかやめて、近隣諸国との確執にも囚われない、もっと広い視野を持ってありのままの日本を一人一人受け入れた方が良いです。戦前だって安倍総理らがどんなに美化しようが、現実大日本主義は朝鮮統治ですら大赤字で、世界恐慌に直面した不運もありながらも今度は下手に満州、その次は華北、中国大陸、東南アジアと憲法の不備も手伝って大局観もないままどんどん手を出して最終的に破綻をきたしたではないですかだけど、さもなければ解決できる問題もできないです。いつまで経っても。残るのは次の世代の人達が払わなければいけないさらに重いツケだけです。

|

« チョー今更だけど「君の名は」感想 | トップページ | このブログでの主なシリーズもの一覧 »

国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/72773421

この記事へのトラックバック一覧です: 取りあえず五輪出席だけすれば良いんじゃね?:

« チョー今更だけど「君の名は」感想 | トップページ | このブログでの主なシリーズもの一覧 »