« 邦画「湯を沸かすほどの熱い愛」感想 | トップページ | NewスーパールイージUも今更ながらレビュー »

2018/01/08

三橋貴明が逮捕されても何故かそんな驚かない

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180107-00000521-san-soci

三橋貴明容疑者「近い将来、私にスキャンダルが出るか、痴漢冤罪で捕まるか…」 事件の3週間前、自身のブログで「予言」?

1/7(日) 19:46配信    

    

産経新聞

 10代の妻に対する傷害容疑で警視庁に逮捕された経済評論家の三橋貴明(本名・中村貴司)容疑者(48)。三橋容疑者は事件を起こす約3週間前の昨年12月13日の自身のブログで「安倍晋三内閣総理大臣との会食」と題して「近い将来、わたくしに何らかの『スキャンダル』が出るか、痴漢冤罪で捕まるか、弊社(三橋容疑者が社長を務める経世論研究所のことか)に国税が来るのは避けられないでしょう」と書いていた。

 三橋容疑者は安倍晋三首相と会食した事実をブログで公開。その席で自著の「『財務省が日本を滅ぼす』を進呈」したことを明かした。その上で(1)この席をオープンで、と決めたのは官邸であること(2)何をやるにしても、PB(プライマリーバランス)の黒字化目標が壁になり、何もできないという現実を総理は認識していること(3)だからといって「総理は分かっている。大丈夫だ」などと思ってはいけないこと、を「和やかに」議論したとしている。

 三橋容疑者は現在の日本を財政拡大に転換させるのは自分が総理の座にいても無理だと記し、財務省のプロパガンダが奏功し、「政治家」「世論」「空気」が緊縮歓迎になっていると主張。

 年収850万円超の会社員への増税、たばこ税、出国税…と増税が次々に決まっていることに関し、「高齢化により社会保障支出が増加する以上、この『増税路線』は既定路線となる。その理由は『PB黒字化目標』のためである」と主張。一例として農産物の輸出補助金をアメリカのように付けなければならないという点で安倍首相と意見が一致したが、「PB黒字化目標があるからできない」と記した。

 その上で「痴漢冤罪を防ぐため、電車移動もしないため、やはり『国税』による攻撃が最も可能性が高いと思います」とし、まるで財務省の「陰謀」に巻き込まれるかのような表現で自身の将来を「予言」した。

 最後は「中国の属国民として生きるという悪夢の未来を避けるため、現代を生きる日本国民として責任を果たすため」ブログのこの項を締めくくった。

 三橋容疑者が経営する会社に東京国税局の税務調査が入ったか否かは、国税の「二重、三重の守秘義務」が壁になり、確認できないが、逮捕容疑が脱税でも痴漢冤罪でもなく、DV(ドメスティック・バイオレンス)だったとは、意外なところに陥穽が口を開けて待っていたようだ。(WEB編集チーム)

この人が逮捕された事よりも名前が本名じゃない方が驚きだったのはおそらく私だけではないでしょう。

http://blog.livedoor.jp/googleyoutube/archives/51914471.html

しかも、他にも出ている面々が面々だから自発的に見る事は無い(と言うか、最近のTVで自発的に見る番組なんかせいぜい爆報THEフライデーぐらいですが)ですが、TVタックルにも出ていたのにね・・・・・・・・あるツイッターは「逮捕されてもネトウヨでさえ『彼がそんな事するはずない』とか擁護しないのが凄い。」という様な事言っていたけど、どうやらヤフコメに限っては少なくともそうではない様です。

右翼・保守の人達が大好きな田母神俊雄氏も引き合いに出して「財務省にハメられた」とか陰謀論も交えながら、「主張は正しかった」とか「まともな事言ってる」とか「経済観はものすごく為になる」とか擁護しているけど、正直「はあっ?どこが?」ですね。この2ch(当時)のスレでも散々突っ込まれていたけど、中国・韓国の悪口もしょっちゅう言っていて、しかも全然その悪口の通りになっていないのにどこにマトモな見識などあるのですか?

確かにこの両国とも日本人に嫌われてもしょうがない要素は普通にある(覇権または事大主義や反日教育の他にも、韓国について言えば正直またTWICEを紅白でゴリ押ししたのはメンバーに日本人や台湾人も混ぜただけに小賢しさも感じた。人気があるのは確からしいけど、まだこれからのグループでしょ?今年秋までに今ぐらいの勢いを保って今年選ばれるのなら国や国民への好悪関係なく納得はしますが、まあ紅白の選考がおかしいのは近年ずっとそうだしね)し、そういう崩壊論は特にネトウヨを含む右翼・保守の人達にとっては耳障りが良かったのだろうけど、特に中国の景気悪くなったら日本も困るのですが。だって、今長く続いているとされる好景気(もっとも、株価や有効求人倍率の上昇とかはアベノミクスとは関係ない指摘も決して少なくはない)だって、中国への輸出が好調なのがその大きな理由の一つでしょ?韓国とは一人当たりGDPだってドル換算だろうが購買力平価換算だろうがもうそこまでの大きな差はなく、日本がバブル崩壊して以降もアメリカと同ペースかそれ以上に伸ばしている様だけど、中韓よりも全然お先に日本が終了とならないかマジで危機感持たなければならないでしょう。

なんせ、沖縄米軍ヘリ事故が起きても代表作が数度実写化されている某作家までがネトウヨらと一緒になって被害者を中傷したり、デマを拡散したりして、「こいつらの何処が愛国者だよ?他の何処の国に2000億強も金貰っている駐留国軍を擁護する愛国者がいるんだよ?」だったけど、総理大臣ご本人は沖縄県知事が官邸まで来ても芸人達との会食を優先して、「あなたの言う国難とやらは何処に行ったのですか?」だし、そうかと思えばいつまでも貴ノ岩暴行事件(池坊氏が貴乃花親方のファンを公言したのも世間からの反感に狼狽したからか?)で大騒ぎして、藤井四段もそんなエネルギーがあるぐらいならば、もっと対戦相手の事も将棋なんか良く知らない人にも詳しくクローズアップすべきなのがやれ「今度は何を食べた」とかひふみん先生共々ズレたアイドル的報道されていて、挙句の果てに、その芸人の一人がレギュラーな某バラエティ番組の年末特番での相方のあのコスプレは繰り返し言う通り自分も黒人たちの苦難の歴史について無知で認識不足だったけど、それだけでなく、これが某ジャニタレ(しかも前の夫との結婚式にも出席してた)とゴールインする事になった宮崎あおい氏や自身の所属事務所がバーニング系なマギー氏だったら絶対こんな事しなかっただろうに、てめーらにとっては別に加害者でも何でもないベッキー氏の不倫もいつまでもネタにして、全く笑えない公開罰ゲームしているのだから。

それなのに「日本スゲー!!」番組が粗製乱造されている有様だけど、ここまで来るともはや一種の「麻薬」なのでしょうね。確かに福沢諭吉が脱亜論で言った事は決して間違ってはいなかった。彼は確かに先見の明があった。だからこそ、歴史認識の押し付けにも過剰な反応なんかしないで、謝罪なんかしなくていいから15年戦争という大失敗を忘れず、美化などしないで繰り返さない様にしような姿勢を大前提とした上で、言うべき所では言う必要最小限のお付き合い(これは風と木の詩にまでイチャモン付けた国連が相手でも同じ事が言えるかも)をしていくしかないじゃんであり、前述のあるツイッターもつぶやいてましたが、中韓どころか、その中韓との確執にも囚われている日本よりも先に三橋氏の社会的地位が崩壊してしまったのは全く皮肉でしょう。しかし、別に無理して周辺諸国と仲良くなれとかなんて言うつもりはないと言うか、どこでもたいていの隣国同士なんて過去に何らかしらの喧嘩してきたのだけど、この三橋氏の逮捕も、芸人コンビ相方のコスプレ共々いい加減ヘイトスピーチや差別主義からの「卒業」の契機にもしていかなければならないのではであります。日本終了とどっちが良いか?もう答えは明らかでしょう。

|

« 邦画「湯を沸かすほどの熱い愛」感想 | トップページ | NewスーパールイージUも今更ながらレビュー »

国内・世界経済」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/72641103

この記事へのトラックバック一覧です: 三橋貴明が逮捕されても何故かそんな驚かない:

« 邦画「湯を沸かすほどの熱い愛」感想 | トップページ | NewスーパールイージUも今更ながらレビュー »