« 再注目されている海道東征から感じられる一種の「胡散臭さ」 | トップページ | ダーリンインザフランキス1/21(第3話)感想-少年はゼロツーに出会ってもう一度飛べるその日を信じる・・・・・・・・ »

2018/01/20

これじゃあトランプに槍玉に挙げられたのも無理ないわ

https://news.nifty.com/article/sports/athletic/12156-41474/

NYタイムズに皮肉を書かれた羽生結弦

 

右足首の靱帯を損傷し、長期欠場中だったフィギュアスケート羽生結弦が、「1週間ほど前から、練習を再開させた」という。平昌五輪記念コインの発表イベントに参加した、バンクーバー五輪銅メダリストの高橋大輔氏が打ち明けた。

「高橋氏が羽生の情報を教えてくれる直前まで、日本スケート連盟(JSF)の要人も、大会関係者も『本当に分からない』と羽生の回復具合について話していました。JSF内でも羽生の状況はごく一部しか知らされていなかったんでしょう。情報漏洩を防ぐ異常な警戒ぶりと、今回の高橋発言を合わせて考えると、単に再開した程度ではなく、かなり本格的な練習を始めたのではないでしょうか」(テレビ局スポーツ部員)


?


羽生の「精神的な支え」を批判

海外のメディアも羽生の回復具合を気に掛けていた。アメリカの『ニューヨーク・タイムズ』は『本当に大丈夫か?』というタイトルで羽生の特集記事が組まれており、最後は《4回転を飛ばなくても金メダルが獲れる》と締めくくられていた。その記事中には次のような一文もあった。


《羽生に“精神的安心”をもたらすプーさんは持ち込めない。プーさん関連のものは、スポンサーやブランドに関する五輪ルールに違反する》


羽生はディズニーキャラクターのくまのプーさんがお気に入りなので、その一面を“攻撃”したのだ。


「アメリカの平昌五輪代表はジャンプ技を多用して得点を稼くネイサン・チェンです。芸術点で勝負してきたら、羽生のほうが有利だとされています。羽生はチェンに合わせると自滅するでしょう。しかし羽生本人は、ジャンプでもライバルを圧倒しようとしています」(体協詰め記者)


ジャンプと芸術性の両方を求めるのは、羽生の向上心でもある。しかし、その思いが強過ぎて、今回の故障につながったという見方もある。羽生はわずかな調整期間でぶっつけ本番のまま平昌五輪に臨まなければならない。しかし、羽生が五輪の主役ということに間違いはないようだ。

特にNYタイムズは当時の小渕恵三総理も「冷めたピザ」(だったら近年の政治劣化甚だしい時ならともかく、まだあの当時、派閥のボス、総理大臣になれるわけねーだろうつうの)と中傷した「前科」あるし、有色人種だから猶更見下しているのかどうかは知らんけど、驚く事でも何でもないですね。言葉悪いけど、まあアメリカのマスコミも日本のそれに勝るとも劣らない「クソ」だという事でしょう。イチロー選手がピート・ローズ氏の世界最多安打記録を抜いたとされた事とトランプ政権の誕生でそのクソぶりが改めて露呈されたってだけで。

イチロー選手も、実際はそれぞれ2軍・マイナーでの安打数を足したらまだローズ氏にプロでの安打数及んでないよであり、先日紹介した衰え知らずな選手ランキングも2位だったら何でキャンプももうすぐなのに浪人中なんだよ、野球やっている子供にも突っ込まれるぞと言うか、ホントにそこまで今も凄いなら引く手あまたでヤンキースやドジャースの様な金持ち球団だって欲しがるし、マリナーズも多少金銭面とか度外視してもグリフィー氏みたいに最後の花道を飾らせてやろうな気になるでしょ、ジャイアンツと地元の中日が移籍先として最近浮上してきた様で、実際はそれ前後までプレーしてきた選手(ジャック・クイン氏とかなんて絶対マスコミやイチロー信者なんか知らないし、興味も無いだろうけど)は他にも何人もいるのに、50まで現役挑戦してもしそれがホントに実現したらそれもあたかも空前絶後と言わんばかりだもんね。大本営発表万歳!!ですね。

今日でおそらく成立してちょうど1年経ったトランプ政権も、まだ小学生の息子(今秋から中学生か)が家族共々週末の休暇先からホワイトハウスに戻ってきた時(何か特別な行事の時じゃなくて)の服装にまでケチつけていたのも「バカみたい」だったけど、有権者を見下して自分達の思い通りに世論をリードできるその傲慢な姿勢も彼を大統領にしてしまって、その結果アメリカ国内だけが混乱するのならまだしも世界にも散々迷惑かけているじゃん。でも、羽生選手に対する大人げない皮肉からはそんな現状認識とか全くできてない事が改めて伺えますね。別にファンではないし、トランプファミリーも問題大有りだけど、確かにフェイクニュース認定されたのも無理ないわですね。こんな有様で次の大統領もマトモな人出てくるのか?だけど、まあ羽生選手、その一瞬一瞬を大切にして悔いの残らない様に過ぎない程度で頑張って下さい。

|

« 再注目されている海道東征から感じられる一種の「胡散臭さ」 | トップページ | ダーリンインザフランキス1/21(第3話)感想-少年はゼロツーに出会ってもう一度飛べるその日を信じる・・・・・・・・ »

スポーツ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/72734017

この記事へのトラックバック一覧です: これじゃあトランプに槍玉に挙げられたのも無理ないわ:

« 再注目されている海道東征から感じられる一種の「胡散臭さ」 | トップページ | ダーリンインザフランキス1/21(第3話)感想-少年はゼロツーに出会ってもう一度飛べるその日を信じる・・・・・・・・ »