« 今度金田一37歳の事件場が連載開始されるらしいが | トップページ | もし民進・希望政権ならば慰安婦問題に果たしてどう対応していたか »

2018/01/14

ダーリンインザフランキス1/14感想-ついに再始動!!いつも極限まで挑戦するエロの伝道師!!

Photo

Photo_2
Photo_3

スクエア12月(2017年)掲載の、TO LOVEる番外編でも短い話しながらもこんな斜め上なエロ展開を見せてくれた矢吹健太朗先生でしたが、今度は活躍の場を少年ジャンプ+に移した!!

0114
0114_2

と言うか、ジャンプ+の存在自体、昨年末の告知を目にするまで知らず、ウェブでただで見れるなんてそれで採算成り立つのか?だけど、矢吹先生の今度の作品はロボットSF群像劇なダーリン・イン・ザ・フランキスのコミカライズ版だ!! 

01140
0114_4
0114_5
0114_6
0114_7
0114_8
0114_9
0114_10
この主人公の少年、ヒロはかっては高い潜在能力を有していた期待のパイロットだったが、能力を失ってしまい、パートナーの娘にも迷惑をかけてしまって傷心の日々を過ごしていた様です。一方でゼロツーというらしいヒロインはヒロインで、博士の目を盗んで何処へ行ったかと思いきや・・・・・・・・・・・・・・・・・味フェチでもあった様だけど、いやあ、矢吹先生はしょっぱなから期待を裏切らなかったですね~先生ってホントエライねえ~!!

ヒロが飛べなくなった鳥と自らを重ね合わせていた所のボーイミーツガールでしたが、 バランスの良い体つきしている裸体を堂々と晒しながらお魚さんをパクッ!!ともう男性の本能をくすぐるものがあった!!勿論乳首もあった!!乳首も描かない矢吹先生なんて、炭酸の抜けたコーラ、秒針の無い時計、衣の無いトンカツみたいなものだもんね!!味フェチかと思いきや、天然な所もあったけど、「キミはえっちな人だ!!」って、そりゃ全裸姿でいきなり自分の目の前に姿現れたら誰だってビックリすると言うか、子供なヒロにはなおさら刺激強すぎるでしょうwwwそして着替えても今度はヒロに抱き着いた等全く理想的なボーイミーツガールを果たしたヒロ&ゼロツーでした。

0114_2_3
0114_11
0114_12

しかし、そんなサービスショットを拝めても、読者は喜んでもヒロが直視なければいけない辛い現実が変わるわけではありません。パートナーだったらしいナオミからもその無気力ぶりを指摘されながらも、パートナーだったからこその愛情も打ち明けられたけど、何だか黒猫でのトレイン×サヤの関係を彷彿とさせられたものもありましたね。

0114_13
0114_14

最初の波乱を予感させて第一話はここで終わり。次は第二話に移ります。

0114_15
0114_17
0114_18

叫竜というのが、この世界での敵らしく、 その叫竜との戦いがヒロら名前が無いらしい子供達の価値観の大半を占めている様ですが、悪く言えば手垢がついていながらも無気力な生活を送っていたヒロは漸く自分を取り戻していった様です。カッコいいぞ!!

0114_19
0114_20


そしてヒロとゼロツーは契りを結んだ!!さあここから愛の戦い始まる!!


0114_21


0114_22

すっかり疲れて寝てしまったヒロですが、草野マサムネさんだって「空も飛べるはず」とか歌っていたし、絶対ホントにもう一度飛べるはず!!ここで今週の話はお終いですが、二話合わせて120ページ以上!!TO LOVEるは迷い猫オーバーランのコミカライズをはさみながら昨年までで12年間発表していて、今年で38歳になられる先生は実に人生の約3割をディープなエロラブコメでいかに読者を楽しませるか尽力されていたのですが、ひとまずの区切りをつけ、元嫁の悪行にもめげなかった漫画家人生の新章に入られた矢吹先生の並々ならぬ意気込みは確かに伝わりました。

アニメ版もそのTO LOVEるのララちゃん等で有名な戸松遥氏が声優(だから、今回のコミカライズも実現したのか?)だし、追い追いチェックしていきたいと言うか、何クールでやるつもりかは知らないけど、円盤も順調に売り上げて次は第2期制作・放送といきたい所です。とらぶるダークネスは新テニプリもあったからそこまでのエネルギーは正直なかったけど、今回は当然少なくともコミカライズ版はこのブログでも画像も交えながら感想書いていきますよ。今こそ新たなる伝説を創る時!!我々は今日2018年1月14日からその新たな伝説の目撃者となるのです!!これは間違いない!!

|

« 今度金田一37歳の事件場が連載開始されるらしいが | トップページ | もし民進・希望政権ならば慰安婦問題に果たしてどう対応していたか »

矢吹健太朗」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/72689205

この記事へのトラックバック一覧です: ダーリンインザフランキス1/14感想-ついに再始動!!いつも極限まで挑戦するエロの伝道師!!:

« 今度金田一37歳の事件場が連載開始されるらしいが | トップページ | もし民進・希望政権ならば慰安婦問題に果たしてどう対応していたか »