« スイス軍の2018年組織改編 | トップページ | 入閣待機組の顔ぶれの移り変わり(後編) »

2017/12/30

入閣待機組の顔ぶれの移り変わり(前編)

http://kokkai.sugawarataku.net/index.html

今年も明日で終わりで、秋の衆議院総選挙直前に安倍政権は内閣改造を行ったけど、その際衆議院当選5回、参議院当選3回、または両院議員歴13年以上だが未入閣である人達の事を言うらしい入閣待機組の多さが改めて注目されました。60人以上いるらしいけど、昔はどれぐらいいたのかこの国会議員白書というサイトをもとに調べてみました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     
衆議院27期(1955/2~58/5)・・・83人中のち入閣は39人(内27期中は21人)※赤表記が27期中に入閣した人、緑表記がその後に入閣した人です。
逢沢寛
池田正之輔 1960年に入閣
石井光次郎
石坂繁 政務次官止まり
石田博英
伊東岩男
伊藤郷一 政務次官止まり
今井耕 政務次官止まり
内海安吉 政務次官止まり
江崎真澄 1960年に入閣
太田正孝
小笠原八十美 27期中に死去
小川半次
川崎秀二
川島正二郎 のち自民党副総裁
川野芳満
川村善八郎
北れい吉 北一輝の弟
北村徳太郎
清瀬一郎
小泉純也 1964年に入閣
河野金昇 27期中に死去
小島徹三 1960年に入閣
小平久雄 1961年に入閣
小西寅松 日興連汚職事件で逮捕される。
小林かなえ 当選者死去による繰り上げ当選
佐伯宗義 政務次官すら経験なし
坂田道太 1959年に入閣
椎熊三郎 衆議院副議長を短期間務める
志賀健次郎 1962年に入閣
島村一郎
杉浦武雄 のち参議院議員に転ずる
鈴木善幸 1960年に入閣、のち総理大臣に
砂田重政 27期中に死去
関谷勝利
世耕耕一 1958年6月に入閣
園田直 1967年に入閣、衆議院副議長も務める
高岡大輔
高瀬伝 政務次官止まり
竹尾弌 政務次官止まり、27期中に死去
田中伊三次
田中角栄 30代で初入閣、のち総理大臣に
田中久雄 政務次官ほか自民党青年局局長等も務める
内藤友明 入閣は果たせなかったが、新湊市長を3期務める
長井源
中島茂喜
中曽根康弘 1959年に入閣、のち総理大臣に
中村梅吉
中村三之丞
中山マサ 1960年に入閣、初の女性大臣
永山忠則 1964年に入閣、亀井静香が地盤を継ぐ
夏堀源三郎
並木芳雄
南条徳雄
浜地文平
早川崇 1963年に入閣
原健三郎 入閣前に衆議院副議長を務める
馬場元春
古島義英 政務次官止まり
堀川恭平 政務次官止まり
前田正男 1976年に入閣、角栄らと同期
牧野良三
松浦周太郎
松浦東介
松田竹千代
松永東 衆議院議長経験者
松野頼三
松本滝蔵 官房副長官等を歴任
真鍋儀十 売春汚職事件で有罪となる
三木武吉 自由・日本民主の保守合同の立役者
水田三喜男
宮沢胤勇
村上勇
村松久義
粟山博
森下国雄
山口好一
山村新治郎 10代目。11代目は息子
山本粂吉 茨城(旧小幡村、現石岡市)出身
横川重次
早稲田柳右衛門 保全経済会事件が響いたか
渡邊良夫
亘四郎 入閣は果たせなかったが、新潟県知事を務める

参議院議員の方は調べてなくて、もう少しいるかもしれないけど、衆議院だけでも80人強と今よりも全然多いですね。しかし、戦後は今以上に解散が頻発していて、衆議院なら10年少しで入閣の条件を満たしてしまった事、この当時自由党と日本民主党の保守合同で自由民主党(自民党)が誕生したかしないかだった事等も考慮されるべきでしょう。その立役者だった三木武吉がついに入閣できなかった一方で、角栄・中曽根・鈴木善と後に総理大臣となった面々もこのリストに上がる様になりました。逢沢寛は息子や孫も閣僚入りを果たせてなくて、孫の一郎氏も既に当選回数2桁いっているけど、まあ加計学園問題にも関与しているから無理でしょうね。北一輝の弟が戦後国会議員になっていた事は調べて初めて知りました。山本粂吉は同じ当時の茨城3区を地盤とした自民議員に赤城宗徳や丹羽喬四郎(丹羽雄哉氏の父)、佐藤洋之助とかいてが競争が激しかった為かこの27期以降は当選できないまま引退しています。前田正男は角栄らと同期でしたが、入閣したのは三木武夫が総理大臣になってからの事で、直後の総選挙では落選。大平正芳が直前に急死した1980年の総選挙で返り咲くも目立った活躍はないまま、同じ同期の中曽根も角栄や鈴木善に続いて総理大臣になったのを見届けた直後引退しています。次の(衆議院)選挙まで入閣できたのは4人に1人と狭き門だったのも変わりなかった様ですね。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 
衆議院32期(1969/12~72/12)・・・89人中のち入閣36人(内32期中は16人)※赤表記が32期中に入閣した人、緑表記がその後に入閣した人です。
秋田大介
足立篤郎
天野公義 1976年に入閣ながらも直後の総選挙で落選
池田清志
稲葉修
井原岸高 田中派旗揚げに関わるも入閣できず
宇都宮徳馬 のち自民党を離党、参議院議員に転ずる
大石武一
大久保武雄
大坪保雄
大野市郎 角栄と同じ選挙区だったのが運の尽きだったか
岡崎英城 警察官僚出身、政務次官止まりだった
小川半次
鍛冶良作 入閣は果たせなかったが、引退後も弁護士として活動
加藤常太郎
金子岩三
金丸信 角栄脳梗塞後、政界のキングメーカーに
鹿野彦吉
亀山孝一
鴨田宗一 政務次官止まり
菅太郎
菊池義郎 あと2か月生きていれば享年100歳だった
北沢直吉 筑波研究学園都市産みの親
木村俊夫
草野一郎平
久野忠治 当選14回も・・・・・息子の統一郎も3期で引退
藏内修治
倉成正 息子の正和は1回しか当選できず
小峰柳多
斎藤邦吉
佐伯宗義
佐々木秀世
笹山茂太郎
始関伊平
島村一郎
白浜仁吉
砂原格 32期中に死去
高橋英吉
高橋清一郎
高見三郎
竹下登 のち総理大臣に
田中正巳
田村元
中馬辰猪
辻寛一 名古屋市長選にも出馬も落選
渡海元三郎
中川俊思 娘婿、孫も下半身が緩かったが、自身も入閣できず
中島茂喜
永田亮一
中野四郎
中村庸一郎
西岡武夫 政界渡り鳥の一人
丹羽喬四郎
丹羽兵助 奥田瑛二を秘書としていたが・・・・・・
野原正勝 農林族議員として活動
長谷川峻
八田貞義
浜野清吾 日中平和友好条約締結に尽力
広瀬正雄
福井勇 103歳まで生きた
福田繁芳 日興連汚職事件に関与では・・・・・・・・
福永一臣 ロッキードの為かついに入閣できず
藤田義光
古川丈吉
本名武
前田正男
松沢雄蔵
三池信
森下国雄
森田重次郎 50年代に3回連続落選したのが痛かったか
森山欽司 夫人の眞弓は女性初の官房長官に
八木徹雄
山口シヅエ 鈴木善幸と並ぶ社会党在籍経験者の自民議員
山中貞則
吉田重延
早稲田柳右衛門 保全経済会事件が響いたか
(参議院議員)(衆議院議員32期開始時点で当選3回以上)
大竹平八郎
大谷藤之助
木島義夫
小山邦太郎 戦前は衆議院議員6期務める
後藤義隆
柴田栄
白井勇
平島敏夫 大東文化大学学長も務める
堀本宣実
前田佳都男
森八三一 参議院副議長等を歴任
吉江勝保
米田正文

今度は、その保守合同で自民党が誕生してから5回衆議院総選挙をやった直後の入閣待機組がどれほどいたかを調べてみました。他にも衆参両院在籍経験者いるかもしれないですが、入閣できたのは5人に2人で、衆議院議員の場合次の選挙までに入閣できたのは約5人に1人と大きな傾向の変化はありません。

天野は前田共々閣僚入りしたのもつかの間、落選してしまって以降は再入閣ないまま引退後まもなく亡くなってしまったらしいですが、2人も現役閣僚が落選してしまっては当時の三木総理もなおさら辞職せざるを得なかったでしょう。まあ1976年衆議院総選挙で自民が過半数取れたとしても、三木派は少数派閥だったし、史実と大きな変化はなかったでしょうが・・・・・・・・宇都宮はその三木や石橋湛山共々「何でこの人自民にいるの?」なほどの党内最左派でしたが、今の北朝鮮情勢とか見ていたらどう思った事か・・・・・・・金日成にも「政治家の世襲はダメ」と諌言して、自身も政治の地盤を世襲させなかった一方、製薬会社を立ち上げた実業家でもあり、現在は孫の徳一郎氏が社長と製薬会社の方では世襲となっている様ですが・・・・・・・・・

角栄と同じ選挙区も、角栄の総理・総裁就任後は政敵、福田赳夫の清和会に移った大野も1976年衆議院総選挙落選組でしたが、もし当選していれば入閣できたのでしょうかね。まあその後大平、鈴木、中曽根とまたしばらく角栄がキングメーカーとして政界を支配したので遅かれ早かれ引退するしかなかったでしょうが。金丸信や竹下登等その角栄の子分達の名前も見えてきました。現在の総理大臣の父な安倍晋太郎も彼らと同期ですが、途中1回落選しています。北沢直吉も入閣こそできなかったけど、茨城県民、特に県南住民にとっては地域発展の礎を築いた恩人ですね。梶山大臣もこの人の事も見習って今後も大臣職務まっとうしてほしいものです。倉成正は、息子は政治家には向いてなかった様ですが、父の秘書になる前はアメリカの大学で修士号を取って富士通でも勤務経験があり、引退後は城西大学の客員教授等を経て、現在は教授として活動している様です。

西岡武夫はその倉成正とは従兄弟でもあったけど、このリストでは最年少だったと思われます。当時まだ30代半ばほどでしたが、一度離党して新自由クラブに参加したのが響いたのか、初入閣は当選回数は大差は無い竹下が総理になった後の事です。その後もいくつもの政党を渡り歩き、自民では最左派だった筈が民主党では右派の重鎮となり、最晩年は参議院議長を務めましたが、新自由クラブのメンバーでは河野洋平氏の次に出世した方だったでしょう。松本は大蔵官僚出身でしたが、所属したのは宏池会ではなく清和会で初入閣した時点で既に70を超えていました。伊藤博文とも縁戚になった(妻が伊藤の曽孫)割にはパッとしなかったかもしれない。小山邦太郎は西岡とは逆でこのリストでは最年長だったでしょう。西岡とは下手すれば祖父と孫ぐらいの年齢差だったけど、西岡が生まれる前の昭和1桁から国会議員歴がある長老でした。息子の邦武氏は国政には進出せず、娘婿の井出一太郎氏が衆議院議員となりましたが、自民では岳父同様非主流の三木派に所属し、孫の正一氏はついに自民から新党さきがけに出て行ってしまい、曽孫の庸生氏にいたっては自民在籍経験すらありません。次は1986年の衆参同日選挙で大勝した直後と、2012年の自民が政権奪還した直後の入閣待機組について調べてみたいと思うけど、長くなったのでまた気が向いた時に改めて・・・・・・・・・・

|

« スイス軍の2018年組織改編 | トップページ | 入閣待機組の顔ぶれの移り変わり(後編) »

自民党」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 入閣待機組の顔ぶれの移り変わり(前編):

« スイス軍の2018年組織改編 | トップページ | 入閣待機組の顔ぶれの移り変わり(後編) »