« mugenオメガルガールの面白動画その21 | トップページ | NEWスーパーマリオブラザーズUを今更ながらレビュー »

2017/12/09

2018年以降に持ち越される「とてもとても大きな火種」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171209-00050045-yom-int

エルサレム「首都」認定でデモ拡大、2人が死亡

12/9(土) 12:39配信    

    

読売新聞

 【エルサレム=金子靖志】トランプ米大統領が、エルサレムをイスラエルの首都と認定したことに対する抗議デモは8日、エルサレムやパレスチナ自治区ラマッラなど約30か所で衝突に発展し、パレスチナ赤新月社(赤十字社に相当)などによると男性2人が死亡したほか、1100人以上のけが人が出るなど被害が拡大した。

 この日は、イスラム教の集団礼拝が行われる金曜日で、多くのパレスチナ人がモスク(礼拝所)で礼拝を終えた後、抗議デモに参加した。地元メディアによると、エルサレムの旧市街では、ユダヤ教とイスラム教双方の聖地「神殿の丘」にあるアルアクサ・モスクを数万人が訪れ、礼拝を終えたパレスチナ人らが、米国やイスラエルに対する抗議デモを行った。一部でイスラエル治安部隊との小競り合いに発展し、複数のけが人が出た。

そう言えば、中学校の社会科世界地図帳にも書いてありましたね。「エルサレムは国際的に(イスラエルの)首都と認められていません。」と。自分達の本土に被害の及ばない遠い所で紛争の種を蒔いて、軍需産業とか思い切り利益を得るのがアメリカの「オーソドックスな手口」だから今回も、特にトランプ大統領にとってはキャッチフレーズ(アメリカファースト)通りだったのでしょうが、「ついにやっちまったな」ですね。エルサレムの首都承認・・・・・・・

ノーベル平和賞の受賞式が行われる直前にやった事でもあるから、強烈な当てつけみたいだ。今回のこの核廃絶への努力を否定するつもりはないし、トランプ氏のやった事まで彼に責任があるわけではないけど、オバマ氏がノーベル平和賞受賞したのも何だったんだろうねですね。

wikiで受賞者一覧ざっと見ても、実際90年代まではまだしも(アウンサンスーチー氏もロヒンギャ問題で特にミソをつけたけど、一番悪いのはイギリスだよ)、2000年代以降なんて微妙な人達ばっかじゃん。最近学研の伝記でも取り上げられた人もいて、偏見かもしれない事は自覚した上で言うけど、特に女性受賞者なんて女だから活動内容がもっと過大評価されて貰えた様なものだと正直私からは見えます。日本だって、そうして女性を変に特別視して、能力不相応のポストにつけたからダメな女性政治家達(小林よしのり氏もミョーにガソリーヌを必死こいて擁護しているけど、噂の真相でも散々批判されてた頃よりもっと迷走している。AKBが好きなだけなら「あなた既婚者でしょ」と突っ込みたくもなりながらもまだしも・・・・・だけど)が粗製乱造されているじゃないかですが、マララ・ユスフザイ氏もそうだけど、その他にも近親者の汚職が発覚したり、結局内戦が起こって長く権力を保持していた前大統領が殺されたりとその後の成果にも疑問が残るし・・・・・・・・・・・・

いや、勿論決して女性受賞者達も、これまでの活動自体決して否定しているわけじゃないです。自分達の価値観こそが絶対な、そうした独善的な体質も今日まで世界に紛争をまき散らしている大きな要因なのに、グローバルスタンダードとして押し付けようとする欧米の政治的プロパガンダみたいになっているから特にノーベル平和賞にはスゲー強い違和感あって、否定的なのです。

核兵器国際廃絶キャンペーンとやらも、金正恩氏にせめて10パーでも核軍縮させるまでは受賞する資格なんて無いよ(ネットでも「金正恩が核開発止めたら今度は彼がノーベル平和賞貰えるのか?」なんて皮肉っていたある発言も目にしたけど)とも正直思うけど、トランプ氏やその取り巻き連中はアラブ人とかイラン人とかインドネシア人とかイスラム教徒達の自分の中に占めるイスラム教の重さがどれほどのものか、分かってなさすぎです。私の地元、茨城でも悪魔の詩を翻訳しただけで殺されてしまった某有名国立大学教授いたし、ジョジョだって3部OVAでディオがコーラン手にしながらホルホースにジョースター一行の始末を煽ったシーンが見られただけで集英社が回収して謝罪する事になった騒動が起きた。

紛争に宗教が絡むともっと厄介です。日本でも仏教信仰をめぐって蘇我氏と物部氏が親子2代にわたって対立した事や、明日の直虎はいよいよ本能寺の変だけど、信長が石山本願寺と10年戦争やった事あったけど、欧州や中東ではもっと血みどろの戦いが繰り広げられてきた。そう言えばまた、昨日で太平洋戦争が起きて76年経って、「結果論でも日本は東南アジア諸国を欧米の植民地支配から解放させたじゃないか。」な耳に胼胝ができるほど聞いた戦争を美化・正当化したくなる気持ちも分からないでもない(確かに日本にもそういう選択に追い込まれた面もあったけど、身の丈不相応な思い上がりだし、絶対に同意は出来ない)どうしてもっとそういう今までの歴史から学ばないのかなあですが・・・・・・・・・・・・・・・・

さすがに日本政府も大使館移転までもすぐ追従するほどの盲目的なポチではない様で、前のオバマ氏にあまり気に入られなかった事もあってか、「強固な日米同盟」アピールしているけど、もういい加減こんなパンドラの箱も開いてしまったアメリカとの付き合い方を真剣に考え直す時期に来ていると思います。「強固な日米同盟」と言っても、実際はアメリカでもワシントンポストなんか安倍総理の事を「トランプの忠実な従属的助手」と評した等海外のメディアは日本国内のそれとは見方は違う様ですが、北朝鮮の核開発問題も実際に脅威じゃないわけではないだろうし、巡航ミサイルの導入を決めたのもやむを得ない選択肢かもしれない。

しかし、無条件に崇拝している祖父が戦犯指定免れて恩義も感じているかどうか知らんけど、安倍総理をはじめとした日本政府の対米追従は却って日本国民を必要以上に危険にさらしているみたいで、ホントに米朝戦争が起きて、日本でも100万人以上死者が出るかどうかはともかくとして正直改めて強い疑問があります。アメリカとは付かず離れずで必要最小限の連携だけ取って、あとは核開発資金が流れない様(ホントにパチンコもそうなっているのなら当然禁止する)に自分達で出来る事だけやって自滅を待てば良いのではないかです。中国とも尖閣問題あるし、繰り返し言う様に巡航ミサイル導入するのも反対はしませんが、それは集団的自衛権等共々もう最後の方の切り札であって、その導入の為に(教育無償化もその範囲とか議論が全く不十分に見えますが)国民生活が苦しくなっちゃ本末転倒だし、一番にそういう切り札をなるべく使わない様努力するのも政治家先生達の大事な仕事です。それも絶対忘れてはいけないと思います。そういう意味では日米地位協定を見直して、米軍基地を可能な範囲でも縮小していく事も大事ですが、これも何度も何度も言う様に憲法、特に9条改正はそれとセットでなされるべきであって、現実は色々厳しいものがあるけど、あくまで平和主義の理念はこれからも堅持される様にしなければなりません。そもそも私から見れば安倍晋三らは憲法改正を行うのに必要な条件を何一つクリアしていないし、なのに自民がリベラルで護憲に凝り固まっている共産や社民の方が実は保守なんてなのもチャンチャラおかしい話(あくまで西本幸雄=悲運の名将とかもそうだけど、そういう一面もあるんだな程度の話、奥さんに先立たれた野村氏や道徳教科書でも信仰を押し付けられている長嶋氏のそれほど目立たないけど、西本氏にも一部過剰に信仰している変な信者がいる)ですが、そこまでの確固したビジョンが無いのなら憲法9条はいじらない方が良いです。まだ河野洋平元衆議院議長とかが言う通り現実を憲法に合わせる努力を試みた方が良いです。この様な人物を大統領にしてしまったアメリカも何を言おうがです。

|

« mugenオメガルガールの面白動画その21 | トップページ | NEWスーパーマリオブラザーズUを今更ながらレビュー »

国際」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年以降に持ち越される「とてもとても大きな火種」:

« mugenオメガルガールの面白動画その21 | トップページ | NEWスーパーマリオブラザーズUを今更ながらレビュー »