« おんな城主直虎第46回-「信康の悲劇も超えて!!そして賢妻賢母は悪女になった・・・・・・・」 | トップページ | 迷惑かけなければどういう趣味持とうが勝手だが・・・・・ »

2017/11/21

チョー今更だけどシンゴジラの感想(※個人的な評価低いんでそこん所注意!!)

先日いよいよ地上波放送されたシンゴジラで、私も見てみましたが・・・・・・・・今や大ブレイクした高橋一生氏も出ていましたが、結論から言って正直「普通に微妙」、総合評価は100点満点なら35点でした。

ここ数年何作か見てみる機会がありましたが、そもそもゴジラシリーズってその時代時代必要な事を訴え続けてきて、だからこそ現在に至るまで根強い人気を誇っていると思われます。例えば1970年代時には「対ヘドラ」等高度経済成長の一方で社会問題化していた公害をテーマとしていましたが、今回は東日本大震災(=ゴジラだったのであろう)という未曽有の災害が引き起こした放射能汚染及び政府や大企業の危機管理をテーマとした政治映画の様相を呈していました。今までのシリーズ、人間はいても何だか頼りない、だらしない印象があったのが今回は殆どの閣僚が死んで内閣官房副長官の指揮の下、事態収拾に尽力していましたが、そういう時代を映す鏡なシリーズの本質は全くブレてなかったと思われます。

しかし・・・・・・・・・・・・・・・愛妻を放射能で失った博士もいましたが、思ったよりも全然そういう放射能汚染の悲惨さやそれも乗り越えていく強さとかユルくて、真に迫るものがなくて、結局右寄りの人達の「日本や日本人はこうであってほしい、こうであるべきだ。」な願望を反映し、満たしただけの薄っぺらい「なんちゃって政治劇」なまま終わってしまった様に私からは見えました。

官房副長官と言えば、本来副大臣(2000年以前は政務次官)と同格な筈が、小沢一郎氏等閣僚経験者の就任も珍しくはなく、安倍総理も当選回数3回(副大臣は当選4回で大体なれる様だからどちらかと言えば早い出世な方)で神の国解散、総選挙の後次の小泉政権前半期まで務めましたが、同じく経験者でもある側近の萩生田幹事長代行もドヤ顔で3人の官房副長官に「あの映画を観ろ。」と言ったらしい。まさか彼がそこまでバカだとは思わないけど、同じ様な事態が起きて、自分も長谷川博己氏みたいな陣頭指揮出来るとか思っていたのでしょうかね?

仮にホントにゴジラが日本を荒らしたとしても防衛出動ではなく災害出動になるだろうとの指摘もある様ですが、長谷川氏も、自衛隊(でしたっけ?)に対する訓示も他の人でも言えそうな事をあたかも上手く言ったかの様に見せた表層的なもので、そうした東日本大震災や原発についての「ユルさ」と例外ではなかったです。居酒屋で酒をしこたま飲んで酔っ払ってぶちまけた様だと言うか、言い方は良くなかったし、正直この人の作品も「?」な映画いくつもありますが、園子温氏が「二度と怪獣映画のリメイクごときで現代の311を語るな、クズども」とか「ちゃんとゴジラを使わず新藤兼人やはだしのゲンや今村昌平見習って金儲けじゃない命張って作れボケ」とかボロクソ言いたくなった気持ちもまあ理解はできます。そして、もう一つ自分がダメだと思った大きな点は石原さとみ氏がミスキャストだった事です。

ご本人は演じる際「こんな役出来るのか・・・・・・」と戸惑われていたらしいし、彼女なりに頑張られた努力まで否定するわけではないですが、上手い下手というよりもミョーにカッコつけた様な英語喋りが正直鼻につきました。今まで、彼女の演技見て何か悪い印象を抱いた事なんてなかったのですが・・・・・・・・・・いや、もっとそれ以前に、彼女が演じた役は「将来の女性大統領候補」(私が最も信用できない触れ込みの一つですが、だって現実、分母が多いわけでもないのに世界のいくつかの主要国で女性政治家達のダメぶり目立っているじゃないですか。特に連立離脱で少数与党となってしまったドイツと、90過ぎて、2000年代以降は別人の暗君みたいになっている大統領の嫁も評判悪いジンバブエが記憶に新しく、しかし、この面で日本一番の反面教師はアルゼンチンなのですが)という設定でしたが、彼女には「ホントに将来なってほしいなあ」とかと思えるほどの実力も風格も感じられなかったですね。ハリウッドでも活躍したいと希望するのは勝手で、しかし、石原氏ならアメリカ政府関係者の役ならせいぜい報道官あたりまでだろうですが、それは彼女は大手事務所だから今まで次々良い役貰えているに過ぎず、女優として能力が無いから・・・・・ではないです。製造工場だったら交代勤務の製造班職長までしかやった事ない人にいきなり品質管理課課長をやらせる様なもので、最初から石原氏に演じさせるのは無理があるポジションだったからです。これなら実際市川実日子氏が演じていた、環境省職員役に起用して、実際の市川氏以上に活躍させた方が全然違和感なかったと思います。(市川氏は市川氏で自衛隊隊員あたりを演じさせた方がイメージ通りだと言うか、良かったと思う)

石原氏には罪は無い。起用した人が悪いのだし、その他細かいながら中途半端にあの疑惑も有耶無耶になってしまっている甘利明氏や防衛大臣も短期ですぐ止めて、その後の特に東京都都知事就任後の迷走ぶりも周知の通りな小池百合子氏等実在人物を中途半端にオマージュした様な描写も「蛇足」に見えましたが・・・・・・・・・確かに実際ゴジラはいなくとも、こういう未曽有の事態が起きた時は民主主義的な手続きよりもそういう権力者を縛る柵とか無視した方が円滑な対応が出来る事もあるのも否定はしないです。そうした危機管理とか真剣に考えて、議論していくべきだと思うし、既存の法でも自衛隊法等で対応できるのではないかと指摘していたある弁護士の意見も目にしましたが、リテラも指摘していた通り(「劣化版オンライン噂の真相」認定には変わりはないが、シンゴジラ関連記事は比較的マトモだと思う。あくまでリテラの政治関連記事の中ではですが)、ホントに民主主義のあり方についての間違ったメッセージになってしまいそうなのは怖いし、絶対避けねばなりません。このシンゴジラを単純な右翼映画と見做すのもあまりにも表層的というもので、繰り返し言う通り問題提起にはなってはいました。しかし、日本が右傾化して過去の教訓も忘れてしまっている人が増えているのは事実だと思うし、実際古今東西国民の不満を反らす為に外に無理やりにでも敵を作って、歪んだナショナリズムを煽るのも政治家達が多用しているオーソドックスな手法だからです。憲法改正の必要性は認識(自衛隊を明記するのはOKですが、同時に日米地位協定を見直して、国内の米軍基地を縮小しないとダメ)していますが、9条だけじゃなくて緊急事態条項等シンゴジラも、これからの日本国民の平和と幸福の為の改正ではなく、特定の政治家が歴史に名を残したい名誉欲と押し付け憲法論とか負の歴史も直視せず、嫌いな近隣諸国とかへの私怨を晴らしたい人達(私も朝鮮人慰安婦の強制性や南京30万人虐殺には否定的ですが)の為の改悪への流れにはしていけないと改めて強く思います。

|

« おんな城主直虎第46回-「信康の悲劇も超えて!!そして賢妻賢母は悪女になった・・・・・・・」 | トップページ | 迷惑かけなければどういう趣味持とうが勝手だが・・・・・ »

邦画」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/72270171

この記事へのトラックバック一覧です: チョー今更だけどシンゴジラの感想(※個人的な評価低いんでそこん所注意!!):

« おんな城主直虎第46回-「信康の悲劇も超えて!!そして賢妻賢母は悪女になった・・・・・・・」 | トップページ | 迷惑かけなければどういう趣味持とうが勝手だが・・・・・ »