« おんな城主直虎第47回「高天神城攻略戦!!さらば勝頼!!そしてようこそ駿河へ!!」 | トップページ | NEWスーパーマリオブラザーズ2コイン稼ぎ記録 »

2017/11/28

慰安婦問題はどうすれば解決するのか(※11/29追記あり)

https://news.yahoo.co.jp/byline/endohomare/20171128-00078666/

慰安婦カードを使わせる中国――習近平とサンフランシスコ市長の連携プレー

 

「慰安婦の日」 ソウルに500体の慰安婦像(写真:Lee Jae-Won/アフロ)

 

 韓国の国会が「慰安婦の日」を記念日と決定しただけでなく、サンフランシスコ市長が22日、慰安婦像を受け入れた。これらの背景には中韓関係だけでなく、習近平とサンフランシスコ市長との思わぬ結びつきがある。

◆サンフランシスコ市長が慰安婦像設置を承認

 11月22日、アメリカ、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエドウィン・リー市長は、慰安婦像の寄贈を受け入れることを承認した。この慰安婦像はサンフランシスコを中心とした華人華僑の反日団体である「史維会」などが在米コリアン市民団体などと協力しながら建てたもので、3体の像は韓国、中国およびフィリピンの慰安婦を象徴しているのだという。3体の像から少し離れた場所で、1991年に元慰安婦として初めて名乗り出た韓国の金学順さんを現す像が3体の像を見つめているという形になっている。9月に民有地に設置し、10月に土地ごとサンフランシスコ市に寄贈した。

 「史維会」の正式名称は「世界抗日戦争史実維護聯合会」。英語名は“Global Alliance for Preserving the History of WWII in Asia”で、GAという名で知られている。

 2014年7月17日付けの本コラム「なぜサンフランシスコに抗日戦争記念館?――全世界に反日運動を広げる中国の狙いは?」で詳述したように、史維会は1994年12月に設立された。

 もともとは1989年6月4日の天安門事件で民主化を叫ぶ若者たちを武力で鎮圧したことに対する抗議運動から始まったものだったが、1994年に江沢民が愛国主義教育を始める頃には、すっかり中国大陸の巧みな手法によって洗脳されてしまい、中国政府に呼応する形で、同年、史維会を結成するに至る。それというのも、中心となったのが台湾系の在米華人で、中国大陸が80年代末から全世界の華人に向けて張りはじめたキャンペーンである「中国和平統一促進会」(和統会)運動に乗ってしまったからである。和統会が提唱する「以経促統(経済の連携を強めることによって統一を促進する)」戦略に賛同するようになったことが大きなきっかけだった。そのため史維会のメンバーの中には中国政府のために発信することを条件に中国とのビジネスに熱を入れている者もいる。

 「以経促統」は、実質上は「チャイナ・マネーで民心を買う」ということになる。中には主義主張を貫くメンバーもいるが、ほとんどがチャイナ・マネーに心を買われている。北京の顔色を窺いながらでないと行動しない。

 結果、今では中国政府と連携しながら、中国政府のために動いていると言っても過言ではない。

 筆者に送られてくるサンフランシスコ発のメールの中に、突然、慰安婦に関する情報が増え始めたのは、今年10月半ばのことだ。

◆サンフランシスコ市長が貴州省に

 ちょうどそのころ、何が起きていたかというと、サンフランシスコのエドウィン・リー市長が、中国の貴州省を訪問していた。エドウィン・リーは中国名「李孟賢」という在米華人だ。中国の広東省に本籍があるが、アメリカのシアトルで生まれたため、アメリカ国籍を持っている。2011年1月にサンフランシスコ市長に当選。サンフランシスコでは初めての在米華人による市長就任である。

 中国政府の通信社である「新華網」が、大々的に李孟賢市長誕生の祝賀報道を行なった。中国メディアではエドウィン・リーの中国名、李孟賢を用いて報道しているので、以下、李孟賢のみを使用する。

 その李孟賢は2017年10月14日、中国の貴州省を訪問している。

 貴州省は習近平総書記が、第19回党大会(中国共産党全国代表大会)の「代表」選挙に当たって選んだ選挙区だ。

 党大会の代表選挙は2016年10月に開催された中共中央政治局会議で発布された選挙通知に従がって、8カ月間をかけ2017年6月まで行なわれた。全国8900万人の中国共産党党員の中から党大会に参加する約3000名の代表を選出する。党の代表を選ぶので投票権を持っているのは、当然、党員のみである。

 中央にいるチャイナ・セブンは、この政治局会議で、どの選挙区を選ぶかを決定した。それによれば、たとえば習近平は「貴州省」という選挙区に決まり、李克強は広西省に決まった。

 習近平に話を限れば、2017年4月、習近平は貴州省全党員の全ての票を得て満票で貴州省代表に当選している。中共中央総書記が選挙区に選んだとなれば、貴州省の人気は上がるし、選んだからには、その理由がある。

 実は理由は二つあり、一つは貴州省の貧困度が高く経済発展を促さなければならないという側面で、もう一つは習近平子飼いの陳敏爾が貴州省党委員会の書記を務めており、陳敏爾を応援したかったからだ。今年7月に重慶市の書記、孫政才が拘束されたことから、陳敏爾が重慶市の書記に就任し、すわ、「ポスト習近平」かと話題を呼んだことがある。

 そんなことから、李孟賢は中国を訪問するのに、自分の本籍地である広東省ではなく貴州省を選ぶというのは、なかなかに目先が効く御仁(ごじん)ではないか。

 実は2015年9月に習近平が訪米した際、カリフォルニア州とネバダ州の「ロサンゼルス―ラスベガス」高速鉄道敷設に関して中国はカリフォルニア州と意向書を取り交わしている。ところがその後、あまり芳しくない進展しか見せておらず、1年後にはアメリカ側から白紙に戻すと宣言され、頓挫していた。習近平はメンツを失った格好だ。

◆清華大学顧問委員会のイーロン・マスク氏も絡めて

 そこでスペースX社&テスラ・モーターズのCEOイーロン・マスク氏が、「ハイパーループ」という、超ハイテクを駆使した高速移動技術の導入を考案した。「ロサンゼルス―サンフランシスコ」間を30分で移動できるだけでなく、建設費は高速鉄道の10分の1で済む。

 すると習近平は自分の母校である清華大学にある経営管理学院顧問委員会のメンバーに、早速イーロン・マスク氏を招聘し、委員の一人にした。この顧問委員会には数十名に及ぶ米大財閥の名前が並んでいる。そのリストは拙著『習近平vs.トランプ 世界を制するのは誰か』のp.31からp.35に列挙してある。

 「習近平―イーロン・マスク―李孟賢」という、一見何の関係もないようなキーパーソンが一本の線できれいにつながっていることが見えてくる。

 これらの背景の下、貴州省を訪問した李孟賢は、「貴州省にもぜひ、サンフランシスコの高速鉄道建設に参画してほしい」と表明したのだ。

 一方、慰安婦像の受け入れは、前述のとおり、基本的に9月には話が決まっていた。

 なんと賢明ではないか。

 2015年9月27日のコラム<米中首脳会談「西高東低」――米東海岸、習近平を冷遇>など、一連のコラムで述べたように、あのときの習近平訪米は失敗に終わったと言っていい。李孟賢の貴州訪問におけるオファーは、習近平がわざわざ選挙区に貴州を選んだほどに貴州省の経済活性化を望んでいたという現実と、2015年9月の訪米が失敗したという苦々しい現実の両方を救い上げる、実に一挙両得あるいは三得以上の効果があった。

 こうして習近平とサンフランシスコ市長は結びつき、「慰安婦像」に関しても協力関係にあったわけだ。

◆韓国国会で「慰安婦の日」決議

 連続撃ちをするように、24日、韓国の国会で、「8月14日を慰安婦の日とする」ということが決議された。

 中国が慰安婦問題をユネスコの世界記憶遺産に登録すべく申請をしてきたが、資料不十分として、他の国と連携するように命ぜられたのは、まだ記憶に新しい。そこで習近平はパククネ(朴槿恵)元韓国大統領を抱き込み、韓国とともに再挑戦することを試みようとしていたが、2015年末、日韓により「慰安婦問題を国際社会で二度と取り上げないこと」が不可逆的に合意された。

 すると習近平はいきなりパククネを突っぱね、THAAD(サード)の韓国配備もあって、突然韓国に激しい経済報復を始めたのだ。

 ところが、もともと親中派の文在寅が大統領になると、「慰安婦問題に関する日韓合意は韓国民の十分な民意を得ていない」ことを理由に、再び慰安婦問題を表面化させるようになった。中国による経済報復で低迷を続ける韓国経済を何とか回復させようと、11月26日付けのコラム<韓国を操る中国――「三不一限」の要求>など、いくつかのコラムで書いて来たように、韓国は中国にひれ伏し、中国が喜ぶように「反日的言動や決定」を繰り返すようになったのである。

◆中国における「痛快そうな」報道

 中国大陸では、「ほら見たことか!」と言わんばかりの報道が目立つ。

 たとえば、11月24日付の中国共産党系の「環球網」は「日本、ビンタを喰らう!サンフランシスコ市長:慰安婦像問題、議論の余地なし」という見出しで報道し、中国共産党の機関紙「人民日報」の電子版「人民網」や中国政府の通信社の電子版「新華網」などが、一斉に華々しく日本批判を展開した。中国共産党が管轄する中央テレビ局CCTVなどのアナウンサーの声も、心なしか「痛快げ」に聞こえるほどだ。「してやったり!」「さあ、反抗はできまい」と言わんばかりである。

 こんな中国を、「日中友好だ」とか「李克強首相が日本の経済界代表団と会見してくれた」とか「習近平が笑顔で安倍総理と握手してくれた」というトーンで受け止めている日本政府と日本のメディアを見ていると、暗澹たる気持ちになるのを抑えることができない。

まあねえ、この遠藤誉氏についても「チャイナセブン 紅い皇帝 習近平」とかいつか読んでみたいなあと思っていますが、慰安婦問題ですね。

http://www.huffingtonpost.jp/2015/10/28/comfort-women-japan-korea-relation_n_8319014.html

http://www.huffingtonpost.jp/kan-kimura/comfort-women-issue_b_5074477.html
http://www.huffingtonpost.jp/kan-kimura/kono-kato-danwa_b_5102825.html
http://www.huffingtonpost.jp/kan-kimura/cart-off_b_5203365.html


最初は私も大阪市はサンフランシスコ市と姉妹都市提携解消すべきだと思っていました。インドネシアでのスマラン慰安所事件とかはホントにあった話だけど、朝鮮人慰安婦は強制性の証拠なんて無いでしょ、だから先日「安倍晋三 沈黙の仮面」の感想を述べた時も「河野談話は見直しても村山談話は見直すべきでない。」と言って、「慰安婦問題なんて日韓基本条約結んだ時点でもう解決済みだろ。」とかとも思っていて、もっと早くこういう事言っていた人の存在を知るべきだったけど、この木村幹神戸大教授の意見を目にして、そんな自分の認識が浅はかだった事を痛感しました。

1992年1月11日付の朝日新聞の記事、「慰安婦軍関与示す資料」からの翌93年8月までの河野談話までの日本政府の対応も拙劣だったけど、確かに慰安婦の強制性の有無が日韓二国間の問題から連合国による戦後処理の問題にまで拡大してしまっては、東京裁判とか他にも問題点はありながらも締結したサンフランシスコ講和条約を否定する事になってしまう。そしてそのサンフランシスコとか本来「ストライクゾーン」から全然外れていた筈の国でも慰安婦像が建てられる事になってしまっているのも、当然の流れなのかもしれないと言うか、良し悪しはともかく納得せざるを得ないのでしょう。

http://blog.livedoor.jp/gensenseikatsu/archives/15897774.html

じゃあ、どうしたら解決するのかなあと考えていたらこのブログを目にしたのだけど・・・・・・・韓国人がホントに「誠意を見せれば微笑んでくれる」のかは正直甚だ疑問ですが、「日本はアジアの国に対しては威丈高である」はアジアと言っても、中東諸国やカザフスタン、キルギス等一部の旧ソ連構成国も広義のアジアですが、確かにそういう所も無いとは決して言い切れないと思います。

確かに、例えば太平洋戦争は日本がそういう選択に追い込まれた面はあったし、宗主国よりも日本統治の方が良かったと言っていた占領現地住民の証言も珍しくはなかった様だ。戦争後も独立活動に共に参加した日本人は何人かいました。そういうのも無視するわけではないし、特にアメリカとかイギリスとかその後の中東とか世界各地で紛争の種(ロヒンギャ問題もそうなのだろうけど)を蒔き散らしているのも見ると、そう思いたくなる気持ちも分からないわけではないですが、「太平洋戦争=アジア解放の為の聖戦」なんてやっぱ思い上がりですよ。

そもそもどんな大義名分があろうが、やって良い戦争なんかない。「何綺麗事言ってんだよ。」と思うかもしれないけど、近代化に成功したと言ってもそれはアジアの中では優等生になりましたな程度で、判定勝ちしたに過ぎなかった日露戦争の勝利の意味を勘違いしたのが悪いターニングポイントとなってしまったけど、朝鮮併合も結局は大赤字で身の丈に合わなかった。

「戦闘教師ケン」のブログ主の人が言っていた通り、せいぜい外交・軍事権を直接掌握する保護国にとどめるべきだったけど、そんな有様だったのに日中戦争も近衛文麿が却って余計こじらせて、何処を落としどころにすべきか分かっていたかも正直疑問だけど、中国すら屈服させられないでやっと世界大恐慌から立ち直ったばかりだったとはいえ、どうしてアメリカに勝てたと言うのだろうか?

山本五十六もホントは日米の国力差を日露戦争的短期決戦論とか口で言うよりももっと分かっていた様ですが、周知の通りな敗戦を経て、平和国家として再スタートした。外敵からの脅威は日米安保、国内のタカ派を主とした政治家の暴走等は憲法9条で防いで軍備にあまりお金をかけないで、戦前の日本が実現できなかった経済大国になったけど・・・・・・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171126-00000063-mai-int

最近のエントリーでもイタリアを見下した発言したヤフコメ民達を皮肉ったけど、私が見たこのブログ、「
厳選生活宣言」の管理人も指摘していた通り、韓国は嫌韓厨とかが言うほど経済どん底なわけではなく、一人当たりGDPは特に購買力平価説ではもう大きな違いなんかない(財閥系等大企業と中小企業では倍以上の賃金格差があり、日本以上に厳しい受験・就職競争の大きな要因になっているのも事実ですが)し、台湾やシンガポールには抜かされています。日本人は決してイタリアの事も笑える立場なんかじゃないですが、なのにそんな思いあがってどうするんだよ、悪くない事まで悪いと言われて悔しい気持ちも分かるけど、いつまでもそんな事言っても進歩しないよと改めて激しく思います。

遠回りしたけど、じゃあ慰安婦問題を解決するにはどうすれば良いか?どうやら80年代後半以降の韓国の民主化も余計こじらせている要因の一つとなっている様だ。韓国の反日行為はいい加減うざいなあと思うし、吉田清治氏吉見義明氏朝日新聞も擁護するつもりなんてさらさら無いのも変わらないけど、他にも当時の宮澤総理や河野官房長官とか売国奴とか罵っても、一時的に気は晴れるかもしれないけど、ドラえもんとかも現実いないし、河野談話まで至った一連の経緯とかがリセットされるわけではない。厳選生活宣言管理人の主張通り、もう日本は韓国とお互い必要最小限な付き合いをしつつ、謝罪も反省もしないで二度とこういう種を蒔かない様過ちを繰り返さない姿勢を一貫し続けるしかないのでしょう。そういう意味では靖国神社参拝も別に誰がいつ参拝しようがそんなのは大して興味なんか無いですが、そうした姿勢と矛盾しない態度、祖国に命を捧げたのではなく、命を奪われた当時の日本国民(台湾人、朝鮮人も含む)だけじゃなくて、戦死した連合国軍の兵士達や巻き込まれた東南アジアの人達の事も考えて参拝すれば良いんじゃないですか。

【以下11月29日追記】

https://twitter.com/Bulldog_noh8
https://twitter.com/i/moments/934749469584715776

これは私が度々そのツィートを目にしているfurukawa1917氏(あの若スターリンの)のツィートから入ったブルドッグ氏のツィートですが、サンフランシスコで慰安婦像が設置される事になったのはなでしこアクションなる連中がサンフランシスコに嫌がらせメールを大量に送ったからで、当初は中立の姿勢だったサンフランシスコ市もついに・・・・・・・となったらしい。確かに韓国の嫌がらせも常軌を逸してはいるけど、我が国のこういう活動家もネトウヨとかと同じだよね。そう、どっちも無能な働き者であると言うか、これではカンポス市議が「恥を知れ!!」とか言いたくなった気持ちも分かる。却って自分達で自国の評判下げてどうする。木村氏が言う様に慰安婦問題が日韓二国間の問題から連合国の戦後処理に関わる話にまで大きくなってしまったのは彼らの責任ではないけど、これでどうして日本や日本人の名誉を保てると言うのか。この自称愛国者なわが国の活動家やネトウヨらのやってる事は左翼マスコミや左翼知識人・文化人等自分達が存在自体認めたくないであろう程嫌っている連中と、思想は違えどベクトル的には同じ、全く本末転倒というものでしょう。

|

« おんな城主直虎第47回「高天神城攻略戦!!さらば勝頼!!そしてようこそ駿河へ!!」 | トップページ | NEWスーパーマリオブラザーズ2コイン稼ぎ記録 »

国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/72328064

この記事へのトラックバック一覧です: 慰安婦問題はどうすれば解決するのか(※11/29追記あり):

« おんな城主直虎第47回「高天神城攻略戦!!さらば勝頼!!そしてようこそ駿河へ!!」 | トップページ | NEWスーパーマリオブラザーズ2コイン稼ぎ記録 »