« まあ彼女も「人生の師匠」だよ | トップページ | 慰安婦問題はどうすれば解決するのか(※11/29追記あり) »

2017/11/27

おんな城主直虎第47回「高天神城攻略戦!!さらば勝頼!!そしてようこそ駿河へ!!」

柴咲コウ氏、同じ事務所の山田孝之氏も囁かれているけど、これからは実業家活動にシフトして社内独立するらしい?去年の今頃も一時独立して個人事務所設立していたよね。同じ大河で主演経験がある井上真央氏も松潤とあの後上手くいってるかい?と言うか、結局別の事務所に所属する事になった様だけど、悪い事は言わないからマジでもう一度独立したいとか思っているのなら考え直した方が良いと思います。大河ドラマの様なおんな城主にはなかなかなれないでしょう。

と言うか、おんな城主でなくなって久しい・・・・・いやそもそも実質的に主役でなくなっている直虎ですが、第47回ですね。高橋一生氏ももういないし、柳楽優弥氏も自殺未遂しちゃってもうダメかなと思ってたけど、ホント良く立ち直ったよ、今度あの某主演映画も見てみるよだけど、思ったほど使えないと見做されたのか、いつ再登場するんだ?だし、今度は菅田将暉氏で・・・・・・なのはともかく・・・・・・・・・

前回の感想でも述べたけど、信康と瀬名(築山殿)を失って傷心状態にあった家康を激励しようとして却って怒りを買った時点で、ベタでも直政が自分の無力さとかを自覚して、そうした無力さ、ちっぽけさも受け入れながら徳川家臣としてどう生きていくべきか一回り大きくなっていった姿を見せていれば、彼に対する印象は全然違っていたでしょう。ところが、実際はそうした家康の自暴自棄にもめげず、激励して、家康も納得して・・・・・・・って、元服もしていない小姓ごときの出過ぎた激励で立ち直るって、家康どれだけ凡人なんですか?ですけど・・・・・・・・・・・

まあ大河の主人公補正は別に本作から始まった事では無く、寧ろ悪い伝統になりつつあるけど、悪い伝統と言えば、これも今回見られたけど、BLシーンですね・・・・・・・・・菅田氏の突っ走りぶりばかり目立って、良いコントラストなしている様には見えないし、ひねくれている私は彼に限らず、マスコミが過剰に推している人間なんて安易に信用しない様にしていますが、井之脇海氏、そして高嶋兄まで・・・・・・・・・・これも菅田氏のお尻丸出しの褌姿共々強い必然性あったとは思えず、まあ後者も50過ぎにしては締まった身体しているのは流石と言うか、ホントに地元での誘致活動に応えて、直虎よりも忠勝を忠朝共々大河の主人公に取り上げるべきだったんじゃないか?だった。

私は前にも言った通り彼のゆかりの大多喜城にも行った事ありますが、前者もね・・・・・・・・悪く言えばやや地味ながらも演技力あるのは否定しないけど、だからこそこんなイケメン好きホイホイな脚色は「ちょっと違うだろ」ですね。ホントに天皇の料理人とかJINとか何作もヒット作を出した人なのでしょうかね?まさか篤姫や江みたいに代筆だったなんて事はないだろうけど、ともあれ高天神城攻略戦はそれなりには盛り上がりを見せ、成功を収めた。

何だかんだ言っても、直政もこの時点でハタチになるかならないかだったし、流石に以前よりは落ち着いた雰囲気も感じられる様になったけど、そうした成功の一方で、表向きは同盟関係でも実際は徳川が織田に従属し、直接武田と戦ったのは前者だったのに敵への処置について後者の言う事に逆らわず受け入れなければならなかった等信康らを失ってもまだ終わらぬ悲哀も痛感させられました。何だか昨今の日米同盟とも重なり合うものも感じられましたね。トランプ=信長、安倍晋三=家康、金正恩=勝頼だけど、北条氏政はプーチンか習近平か?

既に上杉輝虎(謙信)死後の御館の乱への介入に失敗してから狂った歯車を止められなくなっていた様で、滅ぶ時は大抵そんなものかもしれないけど、あっという間に天目山の合戦も終了して、勝頼は生首姿に。結局この直虎では信長・家康の引き立て役に終始してしまったけど、もう直虎の死まであと半年しかないのか・・・・・・・・・・・・・・

家康にとっては10年以上戦った宿敵との領土争いにケリをつけた形となったけど、特に親父(信玄こと晴信)からは教わった事も多かったから旧臣を召し抱えたのも忘れてはいなかった。まあ一方的に非があったわけでもなかった孕石主水にはしっかり報復して、しかし、本作ではそういうのはスルーされていた様だけど、武田滅亡後の論功行賞でも使者である光秀から知らせを聞いて、忠勝ら家臣達もまるで子供の大学入試の結果を待つ親みたいにそわそわして落ち着かなかった様子からも改めて家康は信長の同盟相手ではなく家臣だった事が伺えましたね。そして今度は神木隆之介氏主演の某映画をもじったタイトルだったのだろうけど、その信長が浜松に来るようで・・・・・・・・・・正直海老蔵信長は怖いと言うよりも変に感じられたけど、まあ「アレはアレでアリかな」と思えてきました。家康は駿河をもらった代わりにとびきりの設定してあげなきゃいけないねと言うか、日本史上最大の謎の一つであるあの事件がすぐ近い未来の出来事であるのも知る由も無いまま、信長は何をしに来たのか・・・・・・・・・・・・


今回は池の水ぜんぶ抜くに視聴率負けちゃったらしいけど、41回以降の視聴率、大河ワーストだった花燃ゆるにも負けているんですよね・・・・・・・・テレ東は結構独創的な人気番組を制作・放送していて、一方で去年まで35年間放送していた新春ワイド時代劇は終了してしまった。代わりに放送された釣りバカ日誌は連続TVドラマ版は面白かったかと言うと正直微妙ではあり、今年は直虎だけど、大河みたいに変に続けて色々矛盾とか露呈するよりは建設的だと思います。時代が変われば求められるものも変わっていくし、昔の良かった時に戻れと言ったってそりゃ無理な相談というものでしょう。だから、前回感想時に正直に吐露した、「ヤフコメとかで直虎面白いなんて言っている人は80年代どころか葵徳川以前の大河見た事ないだろ?」な私の個人的な疑問も偏見というものだろうですが、大河だけでなく、結局は良くある昭和懐古ドラマの一作に過ぎなかったひよっことかの連続TV小説やしつこく安室ちゃんとかにも出演交渉している紅白等NHKは目玉番組の今後のあり方についていい加減真剣に考えなければいけない時期に来ているのもまた確かだと思います。直虎も残りあと3回ですが、少しでもその答えを見つけられるきっかけとか掴んでいければであります。さもないとホントにNHKはこの先もっともっと見捨てられる。日馬富士暴行事件報道でも民放程は酷くないけど、バーニングにも忖度して貴乃花親方や貴ノ岩とか本来被害者なのに悪者扱いする等偏向報道してしているのも褒められた事では無いのだし。

|

« まあ彼女も「人生の師匠」だよ | トップページ | 慰安婦問題はどうすれば解決するのか(※11/29追記あり) »

ドラマ・時代劇」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/72320619

この記事へのトラックバック一覧です: おんな城主直虎第47回「高天神城攻略戦!!さらば勝頼!!そしてようこそ駿河へ!!」:

« まあ彼女も「人生の師匠」だよ | トップページ | 慰安婦問題はどうすれば解決するのか(※11/29追記あり) »