« おんな城主直虎第30回「真の敵は寿桂尼の亡霊?おんな城主を襲う最大のピンチ!!」 | トップページ | おんな城主直虎第31回「進む弱い者いじめ!!虎松危ない!!井伊はもはや風前の灯火か!?」 »

2017/08/06

在りし日の旧SNKCM集

https://www.youtube.com/watch?v=NTytA7F0n_c

今日もこれといったブログネタが無かったですが、広島に原爆が落とされた日ですね。現実はそんな悲劇もあって第二次世界大戦が終わっても、冷戦やテロとの戦い、その他様々な地域紛争が起きる等世界はなかなか平和にならず、北朝鮮も挑発を繰り返している有様(トランプ大統領も批判していた筈のオバマ前大統領の3倍強も休暇取っているけど、またミサイル発射されたらどう対応するのか)ですが、犠牲になられた方々のご冥福といつか実現できるはずの平和をこの場を借りてお祈り申し上げます。自民が政権与党に返り咲いて、近隣諸国との確執にも囚われ右傾化している昨今ですが、こんな時代だからこそこれからの日本や日本人の在り方とか本質を見失ってはならないとも強く思います。たとえ綺麗事だとか言われても・・・・・・・・

さて、買収されたと思ったらいつの間にSNKプレイモアから社名変更したSNK、かっての栄光は取り戻せるのか?ですが、これは在りし日の旧SNKのCM集動画な様です。先日も改めて目にしたけど、餓狼2って試作段階ではアーケード版も三闘士(&クラウザー)も普通にプレイヤー使用できたし、チンの2Pカラーも後のスペシャルのものが採用されていたんですね。スペシャルカラーは後に98UMのクラウザーとかでも採用されていたけど、2の2Pカラーの方がどちらかと言えば好きです。そのスペシャルは大張餓狼2放送時のCMで初めて目にしたけど、主人公3人分のバージョンが用意されていた一方、本編では挑戦時の固有メッセージ、ジョー→ボガード兄弟のはあってもその逆がないんですね。いくらスペシャルが正史ではないと言っても、実際の人間関係も反映される様になったのにお前らの友情ってその程度だったのかよと。代わりにその大張版ではローレンス(一番マシだったのはMONDO恵版のスペシャルか?天獅子版でもギースの死の真相を見抜いたまでは流石だったが、結局はピエロだった)共々かませ犬役に終始したチンとの腐れ縁が見られる様になり、次作3の攻略ビデオでも秘伝書についての情報伝達やホンフゥも交えたやり取りも見られる様になったけど、スペシャルはジョーの主人公枠からの降格及びお笑いキャラ化という意味でもターニングポイント的な作品だったかもしれませんね。

まあジョーに深入りしすぎてしまったけど、次は龍虎の拳ですね。これも2のCMはアニメ版放送時に見て、ユリ役がアニメ本編同様当時B級アイドルだった浜崎あゆみ氏(しかし、それを知ったのは歌手としてデビューしてからさらに何年か経った後の事である)だったのは有名でしょうが、このCMでのリョウは黒色の長髪で、原作とは全然イメージ違いますね。実際浜崎氏と付き合っていたTOKIOの長瀬智也氏に似ていたけど、演じた俳優さん誰だったのですかね?ネットでちょっとググっても分からなかったです。ユリが偶然振り上げた棒にちょっと当たっただけで気絶した不良仲間のおっさん、若本御大風に言えば「弱い!!弱すぎる・・・・・」でしたが。(笑)サムスピは、初代は大張版餓狼2放送時に餓狼スペシャル共々CM流れていたけど、真での千葉麗子氏と地井武男氏が出演したものは見た事なかったです。この2人はネオジオCDのそれでもコンビ組んでいて、こちらではサムスピでのとは違ってコミカルなやり取りを見せていましたが、芸能界引退して、その後色々あってすっかり右寄りになってしまった千葉氏も千葉氏なら、地井氏もつくづく惜しい人を亡くしたであります。武士道列伝はネオジオフリークでも紹介されていたのが印象的でした。出演者へのインタビューとか掲載されていましたが、ガンダムビルドファイターズ(1期だけ見ましたが、特に主人公コンビには好感持て、実際こういう子がいたら友達になりたいと思えたほど)も病気で途中降板を余儀なくされた広瀬正志氏も一日も早いご復帰を願わずにはいられないです。ADKやデータイースト製ゲームのCMも見られましたが、マッドマンはどちらのバージョン(バレエとストリップショー)でも普通に場違いで笑えますね。彼ってソドム同様素顔はイケメンらしいですが・・・・・・・・ファイターズヒストリーは最近溝口もKOFマキシアムシリーズに久々の出演果たしたけど、ナレーションが大張版餓狼でもギース役だった柴田秀勝氏で、柴田氏も最近のSNKキャラなら誰が適役かなあですが・・・・・・・

餓狼2ではまた、ロケ地の風景からして中国または台湾・香港系かと思われるオリジナルキャラのヒロインも出ていたけど、餓狼3を境に旧SNKのCMは演出淡白になってしまっていた印象も受けました。その一方で斬サムは電車乗車客皆丁髷頭していた演出も見られましたが、餓狼3、風雲黙示録、斬サム(この中では個人的に風雲黙示録が一番駄作だったと思う。登場キャラの脚色も空回りしていて、テニプリとかみたいにネタにもならなかった)と不作を続けて出してしまい、短かった黄金期の終焉と衰退が反映されていた様に見えました。一方でまた、ポリサムでは実際の開発風景を映しながら新たな挑戦に意欲を燃やしていた姿をアピールしてもいて、ネオジオポケットも何気に対応ゲーム何作もCM宣伝していた様ですが、残念ながら結果的にそれは旧SNKの寿命を余計縮めてしまっただけだった様です。

表向きは営業担当同士が仲が良かったという事で実現したカプコンとのクロスオーバーものも、それでお互い抱えていた問題が解決したわけでもなく、一時的に盛り上がった程度に過ぎず、旧SNKも周知の通りでしたが・・・・・・・・・KOF14は全然プレイしていません(今一番欲しいハードはwii Uですが。理由?NEWスーパーマリオUとスーパーマリオ3Dワールドをプレイしたいから。3Dランドですら、まだワールド6までしか進めていませんが・・・・)が、遅ればせながら復活おめでとうございます。鉄拳7でもギース参戦するらしいですが、旧SNK時代の失敗も活かして、改めて生まれ変わったつもりで面白いゲームをもっともっと作って下さいです。

|

« おんな城主直虎第30回「真の敵は寿桂尼の亡霊?おんな城主を襲う最大のピンチ!!」 | トップページ | おんな城主直虎第31回「進む弱い者いじめ!!虎松危ない!!井伊はもはや風前の灯火か!?」 »

有名企業CM集」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/71349990

この記事へのトラックバック一覧です: 在りし日の旧SNKCM集:

« おんな城主直虎第30回「真の敵は寿桂尼の亡霊?おんな城主を襲う最大のピンチ!!」 | トップページ | おんな城主直虎第31回「進む弱い者いじめ!!虎松危ない!!井伊はもはや風前の灯火か!?」 »