« 近年は寒冷化傾向?1991-92年以降のソウル冬平均気温推移 | トップページ | フィリピンでも人気を博したボルテスVのOPテーマ »

2017/08/11

マスコミがくだらない事で大騒ぎするのも何処の国でも同じという事

https://news.nifty.com/article/sports/baseball/12133-79328/

イチローの愛称を米メディアがワースト4に選出 「最後の2文字を削っただけ」と指摘

記事まとめ

  • MLBとMLB選手会は8月25~27日背中にニックネームを入れた限定ユニでプレーすると発表
  • イチローは「51・ICHI」を背にすると発表されたが、米メディアはワースト4に選出した
  • 理由は単純明快で、「ICHIRO」から最後の「RO」を取っただけの安直な仕様だ、と訴えた

「ICHI」は「RO」を削っただけ!? 安直なイチロー愛称に米メディアが異議

「プレーヤーズ・ウィークエンド」で愛称入りのユニフォームを着用

 MLBとMLB選手会は8月25~27日(日本時間26~28日)の公式戦を「プレーヤーズ・ウィークエンド」と題して、カラフルで背中にニックネームを入れた限定ユニフォームでプレーすることを発表した。

 マーリンズは本拠地にパドレスを迎える3連戦で、水色とオレンジ色の派手なユニフォームを着用することになり、イチロー外野手は「51・ICHI」を背にすることが発表された。だが、メジャー17年目のベテラン選手が持つニックネームが、意外な理由で米メディアからワースト4に選出されて話題となっている。

 メジャー最年長野手のイチローは、マーリンズでは「ICHI」という愛称で親しまれている。マッティングリー監督は会見でも「イチ」「イッチー」と敬愛の気持ちも込めながら呼んでいる。今回の「プレーヤーズ・ウィークエンド」では、愛称「TAZ」を背につける田澤純一投手とともに、おなじみ「ICHI」の4文字を背にプレーすることになったイチローだが、米メディア「チートシート」では今回のニックネームユニフォームを特集し、メジャー全球団の選手で「ICHI」の愛称をワースト4に選出している。

 その理由は単純明快だ。記事では「すでに普段からユニフォームに名前をつけていることを考えれば、これは単純に最後の2文字を削っただけ」と指摘し、「ICHIRO」から最後の「RO」を取っただけの安直な仕様だ、と訴えた。

 さらに、米データ専門サイト「ベースボール・リファレンス」では、イチローのニックネームは「Wizard(魔法使い)」だと紹介していることを例に挙げ、日本の誇る安打製造機の背中に入るニックネームは「Wizard(魔法使い)」こそ相応しいと提案している。

イチローは「WIZARD」であるべき!?

 イチローは9日(同10日)敵地ナショナルズ戦で今季初の3安打を記録。マルチ安打は通算904度目となり、殿堂選手ジョージ・ブレットの903回を抜いて、歴代単独11位に浮上したばかり。華麗なバット捌きでヒットを生み出す背番号51には「Wizard」というニックネームこそ相応しい、という主張も頷ける。

 記事では「スズキにイチというのは立腹ギリギリのラインだ」と、あまりに安易な設定に“怒り”を示しているほど。確かに「魔法使い 51番」という限定ユニフォームの方が、ファンの購買意欲をさらにそそるものになったかもしれない。

 一方、今回の特集でワースト3に選出されたのは、いずれも若き名手ばかりだった。

 1位はエンゼルスの若きスーパースター、マイク・トラウト外野手の「kiiiiid」だった。「シンプルにKidかThe Kidで行くべきだった」と分析。2位にはカブスのクリス・ブライアント内野手の「KB」が入った。「ニックネームとしては全く問題ないが、他の選手も考えるようなことをすべき選手ではない」と、スター選手であるがゆえに安易な略称にダメ出し。印象的な青い目にちなみ、「ミスター・スパークルはどうか」と推薦した。3位にはロッキーズのノーラン・アレナド内野手。普段の愛称通り「Nado」の文字が背に施されるが、「もっとクリエイティブであるべし」と名前の最後の2文字を選択したことに疑問を呈していた。

 ニックネームを使用することで、子供たちに親しみやすさや親近感を沸かせたいという、この企画。当日を迎える時には、また思わぬ方向からツッコミが入る可能性が高そうだ。(Full-Count編集部)

最近不倫報道が花盛りの感があるけど、キンコン西野氏が他人の不倫に怒る神経が理解できないと言ったらしい。確かにこの西野氏の主張もまあ「部分的には」一理あります。文春砲なんかアニメや洋画ファンには有名だけど、他の面々ほどの社会的影響力があるのかと言うと「?」な(だからと言って勿論やって良いわけではないですが)浪川大輔氏までターゲットに(過去には子安武人氏も2001年夏ごろに噂の真相で写真入りの特集記事組まれて、「アニメとかに大して興味ない人なんか顔知らないのを良い事にやりたい放題」という様に批判されてしまった)されてしまって、ついさっき宮迫氏の謝罪会見の一部始終も目にしたけど、何だかそういうマスコミの不倫報道がビジネス化していて、しかもやった人によって態度も違う偏向報道露骨(同じSPEEDメンバーでも上原氏なんか、「『一線超えてない』ってそういう問題じゃないから!!」だった今井氏よりももっと・・・・・な様でしたが)ですものね。確かに私ら当事者じゃない一般人も野次馬根性と義侠心(?)を混同してそんなマスコミ報道に振り回されるのも決して良い事ではないでしょう。

しかし、まあ「変に知ったかぶるよりはマシ」だとも見れなくもなかったのだけど、そもそも自分の地元なのに基地問題についてもロクに自分の言葉で主張すら出来なかった今井氏に政治家の素質があるかは疑問だった。まあ子供の頃からスターになる事だけを考えて、普通の子供らしい親兄弟や友人達との家庭や学校とかでの日常生活も犠牲にして同世代の仲間達共々一時代は築いただから当然と言えば当然だけど、だからこそ彼女はそうした能力不足も他の政治家先生達の何倍も努力してカバーしなければいけなかった。

どれだけ彼女を過大評価しているんだ?歌手としてはともかく、政治家として人並み以上に仕事しながら不倫もできるほど彼女が優秀になったとは個人的にはとても思えない
のですが、有権者はやれ女性だからやれ有名人だからやれイケメンだからとか実務能力とは関係ない要素で選んで、党も党で、それはあくまで自分達の制作を実現する為の手段に過ぎないのに選挙に勝てる人間を担ぎ出して、もっと酷い例ではその為に全くとまでは言わなくとも、大して問題じゃない過去の政策までほじくり返して種を蒔くどころか私怨もある他人が蒔いた種がある畑を荒らしただけの人(この人も何で過去の上司達の悪い所ばかり受け継いでしまったのかねだけど、これほど人気の高さと実務能力の差が大きい人もそうはいないだろう)もいて、やはり悪い象徴となってしまっているけど、その結果、安倍自民政権に代わる受け皿が無いこの国の戦後民主主義の深刻な閉塞に陥っている現状を見ていると「国を良くさえしてくれれば不倫しても問題ない。」も、そんな単純に割り切れる問題なの?なんか違うよね~ですね。改めてこの国の政治が良くならない理由も分かろうというものだ。

そもそも、自分個人には関係ない事件ってそれ言ったら不倫だけじゃなくて殺人や強盗、性犯罪も同じでしょ、まあこれらと違って不倫は犯罪じゃないけど、民事訴訟で慰謝料を請求されるのは十分有り得ると言うか、関係ない事には意見するのもダメなの?糞ブスとかミョーに攻撃的だけど、自身も何か他人に知られちゃ都合の悪い爆弾とかも抱えているのか?少なくとも私個人は、こうした昨今の不倫報道については、怒っているというよりも「ああ、こいつもやっていたのね~」または「つくづく治らない病気なのね~」程度で無関心か呆れているかなのですが・・・・・・・・渡辺謙氏の件も、西郷どん関連では彼の不倫よりもディレクターの暴行事件の方が印象悪いし。

まあこの人って以前にも鈴木おさむ氏とか他人にも喧嘩売って謝罪余儀なくされた事もあったらしいし、中二病(同業者ではオリラジ中田氏の方がもっと重症な様ですが)も患っている様だけど、私とは住んでいる世界が違うのでしょう。TVなんか1日の中でもごく限られた時間しか見ないし、この人の事も良く知らなかったけど、どうやら専門分野以外で一定以上の見識とか期待しちゃいけない人だというのはまあ良く分かりましたよ。と言うか、どうもコメンテーターの草鞋も履いているお笑い芸人達って、ミョーにねじ曲がった考え持っている・・・・・というのは単なる印象論か?

こういう不倫よりも、例えば豊田氏の離党届は受理されたと思ったら、ほとぼりが冷めたと言わんばかりに小渕優子氏を党の要職に復帰させた方が個人的にはもっと「?」ですが・・・・・・・・小渕氏と言えば、平成おじさん、元総理大臣だった親父は罪の面も全く無かったわけでもなかったながらも「少なくとも平成以降の総理ではトップクラスに有能だったんじゃね?」とも改めて思うけど、この人は容姿の面でも損してたよね~そんなのも実務能力と関係ないのにねえ~でしたね。

何せニューヨークタイムズに「冷めたピザ」なんて評されてしまって、その当時は「おいおい、大丈夫かよ。」だったけど、今から見るとスゲー無礼だったよね。ジョン・ニューファー氏もニューヨークタイムズも。こういう記事にその冷めたピザすら買える金ほどの価値があったのも甚だ疑問で、恵三氏ご本人が独特のユーモアで返しただけに余計悪い意味で際立ったけど。ニューヨークタイムズってまた、彼にも問題ないとは決して言えないながらもトランプ大統領とか最近も偏向報道の酷さが目立って、特に大統領選挙の件では謝罪を余儀なくされた(しないよりはまだマシとも取れるけど)ほどでしたが、漸く引用記事の話に触れるけど、このイチロー選手ニックネームの件も別にファン一人一人がリスペクトとか持っていれば問題ないでしょう。よほどセンスのないものでないかぎりはね。そう言えば日本にも来た事ある、ソ連の大物政治家だったアナスタス・ミコヤンの孫にも本名は同じアナスタスと言うけど、「アナ」だけ削った芸名で活動しているミュージシャンいるのですが、彼の芸名も安直なのですかね?

このブログでも何度も言っている通り、イチロー選手はメジャーでも歴史の1ページを開いたレジェンドであり、殿堂入りも議論の余地すらない見解も変わりはないけど、ピート・ローズ氏の安打世界記録を更新したとされる様になってから礼賛報道がもっと過剰になっていて、道徳教科書でも信仰を押し付けている長嶋氏以上に神格化されている様なのにも正直強い違和感があります。

豊浦彰太郎氏が彼の進退とかについて意見したのも見識浅かったのは否めなかったながらも、誰かさんみたいに口汚く中傷したわけではなく、少なくとも表面的には彼を認めた上での発言だったのにフェイスブックやツイッターでの信者達の過剰な攻撃は酷かったですが、昨今の日本での礼賛報道はそうした豊浦叩き共々イチロー選手が衰え甚だしい事実も含めて何でも良い様に見せる、戦中の大本営発表とかも笑えないバイアスがかかっているのだから。(信者達について言えばまた、セイバーメトリクスについて言及してもWARとか評価が高い指標しか触れないで、あまり高くないその他いくつかの指標はスルーしている様にも見える。そのWARにしても2012年以降は衰えが顕著なのが伺えるのですが)しかし、野球に興味ない人から見れば余計「そんなのどーでも良いじゃん」なこうしたニックネームが安直だとか他にも誰のニックネームがダサいかとか報道しているあたり、アメリカのマスコミも日本のそれと五十歩百歩なレベルなのでしょうね。そういう偽善・独善性こそが欧米の本質だとかまでは言いませんが、とにかく「自分達の価値観こそが全て。イチローもこうでなければいけない。」とか傲慢さも透けて見えます。だから大統領選挙の件でも有権者も自分達の思い通りに世論をリードできるとか馬鹿にした結果しっぺ返し食らって、自分達の望みじゃなかったトランプ政権を誕生させてしまったんだよだけど、北朝鮮も挑発繰り返している中、「おめでたい人達だ」ですね。つくづく。まあイチロー選手もこうなったらもう50までと行かず、アクション映画みたいに今度はサイボーグ化もして、あぶさん並みにもっともっと現役続けなきゃね!!通算打率も3割切ろうが!!マスコミさんにも色々記事ネタを供給し続ける為にもね!!

|

« 近年は寒冷化傾向?1991-92年以降のソウル冬平均気温推移 | トップページ | フィリピンでも人気を博したボルテスVのOPテーマ »

MLB」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/71393344

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミがくだらない事で大騒ぎするのも何処の国でも同じという事:

« 近年は寒冷化傾向?1991-92年以降のソウル冬平均気温推移 | トップページ | フィリピンでも人気を博したボルテスVのOPテーマ »