« 在りし日の旧SNKCM集 | トップページ | 近年は寒冷化傾向?1991-92年以降のソウル冬平均気温推移 »

2017/08/07

おんな城主直虎第31回「進む弱い者いじめ!!虎松危ない!!井伊はもはや風前の灯火か!?」

前回は29回じゃなくて30回でしたね。失礼しました。さて、今回は31回でどうも・・・・・・・ですが・・・・・・・・・・

大ブレイク中という事で、高橋一生氏演ずる政次が「佞臣に見えて、実は誰よりも主家の存続の為に必死に頑張っている良い人」となっている事自体には全く異存はないのですが、直虎が家臣達に彼の真意を打ち明けたのってあっさり過ぎやしなかったかい?ミョーに勿体ぶっている様な脚色も目立つだけに余計そう思います。こういうのこそ、最後の最後まで取っておくべきだったんじゃないの?ベタでも。勿論全員が「あーそうだったんですか。」とあっさり信じたわけでもなく、いくらかは丸くなった印象もある直之は疑いの態度を隠せなかった様ですが、まあ無理もないよね。そう思うのも。ホントに彼の最期どう解釈するつもりなの?ですが・・・・・・・・・・このままじゃ徳川も悪役みたいになっちゃうよね。

まあ今の悪役は今川家に他ならないのですが・・・・・・・・・前回感想で言及した吉川織部氏も指摘していたけど、氏経も脚本担当曰く「陰湿さを絵に描いた様なキャラ」に見えて・・・・・・・実際マツケン晴信(武田信玄)は祖母の寿桂尼もいなくなって、海に出たくて駿河を狙っているのにそれどころじゃなく、側近として武田の侵攻に備えたいと思っていたのは現実的だったし、「そこまでする事は無いんじゃないか。」と思っていた様なフシもあった?現代の中間管理職ともいくらか重なり合う様なものもあったかもだけど、何だか立ち回りが中途半端ですね。役者の演技で実際よりはキャラ立っている様には見えるけど、良い意味で突き抜けきれてないです。昌景の方がまだキャラ立っているぞだけど、氏真の方は悪い意味で突き抜けていて、彼が今まで例にない様な極悪ぶりを見せてくれたのも余計卑しい気分にさせられるけど、何が何でも井伊をつぶすのが目的みたいになっちゃっていたのは「お前それ違うだろ!?直轄領にしようとしたのも領国体制を引き締めて、武田や徳川に対抗して家を保つ為だろ?」でしたね。

足利義政や明の崇禎帝とかもそうだったけど、跡を継いだ時の状況が悪く、それでも本人なりに盛り返そうとした等酌量の余地もありながらも実際氏真は能力不足だったのは否めず、なのにかっての親父の人質だった家康の庇護をぬくぬくと受けて長生きしたのに対し、彼の方はその家康の手足となって働いた関ヶ原での戦傷が元で、結局親子ほどの年齢差もあった氏真よりも先に死にましたなんて余計皮肉だよね~でしたが・・・・・・・・・

とうとうその後の直政こと虎松が標的となってしまい、さあどうなる?と思いきや、まあ予想通りだったけど、また「高橋一生カッケー!!」で、柳楽優弥氏(龍雲丸)や小林薫氏(南渓和尚)がそのおこぼれに預かったパターンだったし、虎松その人も、寺田心氏の頑張りを否定するわけではないですが、傑山に確か槍を突き付けられて小便漏らしたのもベタならば、能書きも子供時代の直虎同様ステレオタイプなこまっしゃくれた子供そのものの発言では相変わらず訴えかけられるものは無いです。こども店長の二番煎じも通じませんよ。

別の子供を虎松の身代わりとして斬って、疱瘡を患っていたからと尤もらしい理由つけてハッキリ虎松本人と分からない様にして氏経らをペテンにかけたのにはそこそこカタルシスはあったし、史実から察するに既に虎松は家康のいる三河に逃げていたのでしょうが、正直今回は強い不満が残った話でした。尾上氏にも矢島氏にも恨みはないし、大河ドラマってもう天地人以降8年連続で原作無しらしいけど、ただ主人公が女性だけど、マイナーで知名度が低いだけならまだしも、事績もハッキリしなければ性別や没年も異説がある人を実際取り上げた小説も過去に発表されたのにそれも原作にしないで1年も描こうなんてやっぱ無謀だったんですよ。

まあ原作をつけてもいじってもいい所をよくない所との区別もつけないで、監督や脚本家達の世界観みたいな代物になってしまっても本末転倒だし、こちらも少なくともスターダストタレント4人は出ていた様だけど、ついに先日公開開始されたジョジョも絶対そうなるよ、どうしても実写化したかったのならばせめて一部にしろよだけど・・・・・・森下氏の今までの実績も否定するわけでは無いし、実際またJINや天皇の料理番等時代劇にも決して無縁だったわけでもなかったのですが、いずれも一般的に評価が高い原作があるそれらとは勝手が違ったという事でもあるよね。(原作付きでも、三浦春馬&綾瀬はるか両氏コンビのわたしを離さないではイマイチでしたが、まあこれもそもそもTVドラマ向きじゃなかったのかもね。余談ながら天皇の料理番については、同じ原作者の作品では栄光なき天才達を読んで興味を持った島田清次郎を題材とした天才と狂気の間も買って読みました)

視聴率もついに過去最低の10.6%まで落ちてしまって、まあ思ったよりも視聴率が取れないのは近年ではこの直虎に限った事では全然ないし、ヤフコメでも肯定的な意見も多い(まあヤフコメ自体もアレな所はあるが・・・・・)このままでは少なくとも花燃ゆ、平清盛に次いで歴代ワースト3を記録するのは確実でしょう。取りあえず、いつまでもダラダラ氏真&氏経に弱い者いじめなんかさせないでさっさと晴信に駿河に攻めさせちゃってくださいよ。まあそれ以降は彼よりは息子の勝頼の方がホントの宿敵なのですがね。

|

« 在りし日の旧SNKCM集 | トップページ | 近年は寒冷化傾向?1991-92年以降のソウル冬平均気温推移 »

ドラマ・時代劇」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/71358498

この記事へのトラックバック一覧です: おんな城主直虎第31回「進む弱い者いじめ!!虎松危ない!!井伊はもはや風前の灯火か!?」:

« 在りし日の旧SNKCM集 | トップページ | 近年は寒冷化傾向?1991-92年以降のソウル冬平均気温推移 »