« 茨城県知事選でも小泉次男が援護しようがしまいが・・・・・ | トップページ | おんな城主直虎第29回-「強いられる母との非情な別れ?虎松のマル秘(?)大作戦!!」 »

2017/07/23

茨城県道7号(r7石岡筑西線)の上曽トンネル事業も再開された様だが

http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201705/CK2017051702000176.html

桜川-石岡結ぶ「上曽トンネル」建設再開へ 特例債で事業費めど

 

 財政難などから、事実上、工事が中断していた桜川市と石岡市を結ぶ「上曽(うわそ)トンネル」の建設が再開されることになった。合併特例債を活用することなどで、事業費のめどが立った。これまでは県が事業を進めてきたが、今後は市道に変更する予定。十九日、トンネル整備に向け、合意書に調印する。(原田拓哉)

 県道石岡筑西線の上曽トンネルは、筑波山系を貫き、桜川市真壁町山尾と石岡市上曽を結ぶ総延長六・一キロ(トンネル部は三・五キロ)。当初の計画では総事業費は百十億円で、県が百億円、両市が五億円ずつを負担する予定だった。

 一九九〇年度に基礎調査に入り、二〇〇一年七月に着工した。しかし、用地買収が難航した上、東日本大震災で県の土木関連予算が復興事業に充てられたこともあり、本体工事に着手できない状況が続いていた。現在、事業の進捗(しんちょく)率は11%にとどまる。

 両市は一五年五月、事業を再開するため「整備促進勉強会」を設立し、整備手法などを検討してきた。

 県道を市道に変更することで、合併特例債を使えるようにする。難航していた用地取得にも見通しがついたという。二五年度までの完成を目指す。

 筑波山系の上曽峠を越える県道石岡筑西線は、幅員が狭く、冬場は路面が凍結するなど車の通行に支障があることから、地元から早期の整備を求める声が寄せられていた。

 県西と県央地域を直接、結ぶ幹線道路として期待が寄せられており、特に県西地域から茨城空港へのアクセスが格段に良くなる。

先日日立市~高萩市区間の旧陸前浜街道とかを通ってきました。日立市小木津町内はちゃんと「浜街道」の案内標識も建っていたけど、海がすぐ見えて、ホントにそれらしかったですね。6号にぶつかった後、日立電線の横を通ったけど、しばらく車のすれ違いはまず無理な一車線分しか確保されていない狭い道になっていて、「ホントにこんな道もかっての街道だったのか?」でした。旧十王町伊師あたりからそれなりにマシになってきて、しばらくしてr230になり、高萩市に入り、R461に入って、花貫ダムを過ぎた直後農道を通って常陸太田市に出て帰りましたが・・・・・・・前エントリーは結局以前話した事の焼き直しになっていた面もあったので、今日は今更な感あるけど、もう一つはこれで。

http://blog-imgs-104-origin.fc2.com/t/o/i/toita1026/201702251706122af.jpg

建設図は依然土浦土木事務所のHPにも掲載(現在は閲覧不可)されていて、どういうルートだっけと思ったら、戸井田和之県会議員のブログに載っていたけど、さらに東に旧八郷町柿岡の市街地を迂回するルートも計画されているんですね。

http://news.mynavi.jp/articles/2015/08/31/airport/

県西地域というよりはその中の水戸線沿線地域(結城市・筑西市・桜川市)と言った方が正確でしょうが、北関東道は有料道路だし、r42も山道だし、無料かつ山を越えないでアクセスするにはr53やR6等で南に遠回りしなければいけないから、確かにアクセスは便利になりそうです。(古河・境・五霞地区もR125下妻・八千代バイパスや同つくばバイパスの整備が待たれる所である)ただ、上記の記事とかで指摘されている茨城空港が抱えている不利な地理的条件はこの上曽トンネル開通だけでは解消されないだろう、いやそれ以前に道路工事は用地取得で7割方終わるとも言われている様ですが、そもそもホントに2025年度までに完了できるのかなあと。ただ通るだけなら上曽峠よりも朝日峠(旧八郷町・旧新治村境の峠)の方が難所で、朝日峠もトンネル開通して久しいですが、R6の牛久土浦バイパスや千代田石岡バイパスの全線開通とどっちが先が実現するかな?さらに建設後30年間は有料道路として償還するつもりらしいですが、下手すれば無料化実現したころには私はもうこの世にはいないかもね。まあ、どうしても早く実現してほしいというほどではないです。それよりは、土浦バイパスは四車線化して流れ良くなったけど、特に日立、石岡、牛久を中心にしたR6の整備を最優先してほしいです。さらに言えばまた、殆ど県道等に降格されてしまっているR4名取市~仙台市街地までの旧道区間はそのままR6としてほしかったのですが・・・・・・・・・

|

« 茨城県知事選でも小泉次男が援護しようがしまいが・・・・・ | トップページ | おんな城主直虎第29回-「強いられる母との非情な別れ?虎松のマル秘(?)大作戦!!」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茨城県道7号(r7石岡筑西線)の上曽トンネル事業も再開された様だが:

« 茨城県知事選でも小泉次男が援護しようがしまいが・・・・・ | トップページ | おんな城主直虎第29回-「強いられる母との非情な別れ?虎松のマル秘(?)大作戦!!」 »