« 相次ぐ自滅劇で都議選敗北、そして更なる悪夢のシナリオが・・・・か? | トップページ | 魔法陣グルグルも17年ぶりにアニメ化 »

2017/07/01

埼玉県道303号、263号等旧道走行レポート

週末なので記録がまだ残っている内に埼玉r303弥藤吾行田線、r263弁財深谷線等の旧道を先月某日に走ってきたけど、レポートします。

R303o4s
R303o3ss

まずr303、熊谷市下川上付近の旧道区間です。星宮小学校を過ぎてすぐのY字路を右に曲がるのであり、上の画像はその時撮影したものですが、狭い・・・・・・そこから少し進んで右に曲がるのを真っすぐ行ってしまって下の画像は逆方面から撮影したのですが、これまた狭い・・・・・・と同時に制限速度の標識も残っていて、かって県道だった事もある程度は物語っている様に思えました。三島神社付近は二車線分ぐらいの広さは道路確保されていますが、また曲がって狭い道になって何の前触れもなく現道に交差してこの区間は終了です。
R128oss

お次はr128熊谷羽生線の熊谷市上之付近の旧道ですが、こちらも狭かった。生活道路の域を出なかったのですが、R17熊谷バイパスで分断されている様である?

R83o1s
次はr83館林熊谷線の旧道で、熊谷市役所を過ぎてすぐ右に曲がります。バイパスは東に迂回するルートで、肥塚で合流しますが、まあ沿線は普通の市街地・住宅地といった感じで、何か凄い面白かったとかはなかった。

R303o

R303o_jas



次はまたr303旧道です。熊谷市吉野宮付近の区間ですが、常光院が目印になっていて、案内看板が見えたからトレースは難しくありませんでした。その常光院が見えるT字路を左に曲がるとすぐにJAくまがや中条が見えて、下の画像のT字路にまたぶつかりますが、ここは右を曲がります。

R303o2
R303o1s

右に曲がっても生活道路な性格は変わらず、熊谷市荒宿でバイパスと合流しますが、旧妻沼町に入るとまた旧道が見られます。沿線には工場等が見えましたが、二車線分が確保されている程度の広さがありました。

R263o1s
R263o_s
R263o_s_2

r263弁財深谷線旧道はR407方面からトレースしたけど、旧道とバイパスはX字みたいな線形となっていて、熊谷市西条付近でバイパスと交差してすぐ長慶寺が見えたのですが、そこを過ぎるとまた狭くなる。下の画像の昭和橋も一車分程度で車同士のすれ違いはまず無理でしょう。
R60o_s
R60o1s
R60o2s
R60o3s



後はずっと東に進んで帰ったけど、その途中r60羽生外野加須線の、羽生市市街地と加須市外野付近の旧道も通りました。前者は羽生市中央の区間はかってのR122だったと思われますが、中央4丁目付近を右に曲がって、葛西用水を超えて左に曲がって平野病院が見えるT字路までの区間です。後者はバイパスは左を曲がって通るのですが、しばらく真っ直ぐ行った後左に曲がり、旧大利根町の境付近で一旦バイパスと交差した後右に曲がった所をまた下の画像みたいにバイパスと交差して終了です。沿線は小規模の工業団地みたいになっていて、静かな風景でした。帰る途中にはまた、地元の出身者で、近代日本初の女医だった荻野吟子の記念館案内看板も見えたけど、時間が無かったのでまた機会があったら行ってみたいです。

|

« 相次ぐ自滅劇で都議選敗北、そして更なる悪夢のシナリオが・・・・か? | トップページ | 魔法陣グルグルも17年ぶりにアニメ化 »

旅行・地域」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉県道303号、263号等旧道走行レポート:

« 相次ぐ自滅劇で都議選敗北、そして更なる悪夢のシナリオが・・・・か? | トップページ | 魔法陣グルグルも17年ぶりにアニメ化 »