« 都民ファーストは2020年東京五輪閉幕まで都政で成果を出し続けるしかない | トップページ | ロックマン版マリオメーカー「MEGA MAKER」登場と改めて浮き彫りになった「限界」の根深さ »

2017/07/10

おんな城主直虎第27回-「ピンチもチャンスに変える?気賀での築城大作戦!!」

高橋一生氏、今度はドコモ25周年記念のCMにも来年の西郷どん出演予定の黒木華氏や仮面ライダー龍玄でもある高杉真宙氏らと共に出演するとの事らしいですが、いやホントに飛ぶ鳥落とす勢いですね。さらに連続TV小説「わろてんか」にも・・・・・・・・・・

小野政次も高橋氏じゃなければ、こんな特異な存在感ある副主人公になっていたかでしたが、井伊家家臣団で一番有能なのは瀬戸方久ですよね。普通に。相変わらず言葉巧みに気賀での築城も井伊家にもメリットが得られる様に今川方とも交渉し、井伊家と龍雲丸の間に入りかけていた亀裂も収めてしまったのは流石だったでしょう。しかしまた、実際に築城を指揮したのはアレだけ嫌がっていた筈の龍雲丸で、少しずつ彼の過去も明かされてきた。

http://taigadorama.net/2017/06/13/naotora-ones-thoughts23/

まあ前回感想でも述べた通り、それ自体は悪く言えば手垢がついていて、あの状況だったら誰でもああいう選択するしかなかっただろうでしたが・・・・・・・・子役の子誰?と思いきや、能浦航太氏と言うらしいけど、彼もスターダストタレントなんですね。他にもいるかもしれないけど、少なくともこの直虎、スターダストから6人も起用されている事になりますね。人材豊富だよね~と言うか、小野寺晃良氏(バーター枠だったのであろう火村英生での好演で、ケータイ捜査官シリーズで先輩かつ共演者の窪田正孝氏に注目した時と同じ様に「彼はきっとこの先もっともっと良い役者さんになる!!」と信じて疑わない魅力を見出した)や板垣瑞生氏(ソロモンの偽証シリーズや手裏剣戦隊ニンニンジャーとかで目にしたが・・・・・・・)と並ぶスターダスト若手の有望株と評して差し支えないでしょうね。話はまたまた先走るけど、これじゃあ実際家康ですらなかなか城を落とせなかったのも無理なかったかもと言うか、一歩間違えれば死だってあり得た、非情な運命に翻弄されながらも何物にも縛られず、戦乱の世も龍の様に自由に飛び回って生きる彼の人生観も反映されていたかの様で、今度こそもう直虎や井伊家には欠かせない強力な味方として定着したかな?でしたね。政次も政次で、井伊の為の特には悪人を演じながらも、あの墓参りシーンも人間としての優しさもにじみ出ていた様な見せ場でしたが、築城にも理解を示し、迷いとかは微塵も感じさせられなかった。

彼らとは対照的に・・・・・・・・・・・一時はやっと本気モードか?と思いきやです。国や家が滅ぶ時って大抵色々頑張っていても何もかも上手くいかず、そうやって頑張ろうとした時には既に決められたレールから脱線できなかったという事だったのでしょう。上杉憲政や一条兼定とかもそうで、貴族大名であり、本来人生で脂の乗っている時期であろう30前後で国を失ってしまったのも共通していたけど、氏真は衰退していく一方だった家を再興させ、群雄割拠レースに生き残るには明らかに能力不足でした。家督を譲られても三河統治にはタッチしない(三河には氏真名義の発給文書が見られない事等がその根拠)まま父が戦死してしまった事等状況も悪かったけど、そんな事したって、領土拡大の為に息子(義信)も死に追いやった武田晴信(信玄)が野望をあきらめる筈もない(信虎も二重スパイ説もあるみたいだし)のに家臣達に当たり散らしたり、遊行にうつつを抜かしたりと今川は末期的な症状にありました。そんな氏真の醜態を目の当たりにした面々の中には、岩倉具視や加山雄三&山下徹大両氏親子、喜多嶋舞氏等子孫にも有名人が何人もいる大沢基胤もいて、配役がただ存在しているだけでも威風堂々(義元もそうだったけど)としていた嶋田久作氏だったのも好ポイントであるとも言うか、これでは最終的に目の前の敵だった筈の家康に投降してしまったのも無理有るまいでしたね。

実際また、次回予告から察するに孫がこんな有様じゃ死んでも死にきれないだろな寿桂尼もついに退場になりそうだけど、氏真と言えばまた、つい最近知った事だけど、あの田代まさし氏も子孫なんですね。氏真には嫡男の範以とかの他にも先に亡くなった西尾安信という息子もいて、彼の系統が庄内藩士の養子になって、田代氏の高祖父の文兵衛が剣術師範の家の婿養子に入ったらしいですが、今川ってもっと遡れば清和天皇だかられっきとした天皇の男系子孫でもありますね!!でも田代氏の転落劇はあまりにも悲惨かつ急転直下過ぎて、氏真ですらまだまだ全然マシに見えるほど(後半生は家康の庇護を受けて、平穏に趣味にも精を出しながら長生きしたしね)だけど、そんな貴い血統なのに何やってんだよあんたはホント。

まあそれはともあれ、茨城県が舞台でもある「ひよっこ」(有村架純氏もお姉さんが変に出しゃばり過ぎと言うか、愚姉賢妹?)でも直虎とのコラボやったらしいけど、先月からずっと視聴率12%台前半で停滞しているから必死なのでしょうね。スターダストタレントも少なくとも6人も出ている(お笑い枠もいつもに増して多いけど)のに・・・・・・・・・・・・・今回の話は氏真無能設定を差し引いても普通に良かったから、次こそはもう少しは上がっていくかな?

|

« 都民ファーストは2020年東京五輪閉幕まで都政で成果を出し続けるしかない | トップページ | ロックマン版マリオメーカー「MEGA MAKER」登場と改めて浮き彫りになった「限界」の根深さ »

ドラマ・時代劇」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/71102183

この記事へのトラックバック一覧です: おんな城主直虎第27回-「ピンチもチャンスに変える?気賀での築城大作戦!!」:

« 都民ファーストは2020年東京五輪閉幕まで都政で成果を出し続けるしかない | トップページ | ロックマン版マリオメーカー「MEGA MAKER」登場と改めて浮き彫りになった「限界」の根深さ »