« 魔法陣グルグルも17年ぶりにアニメ化 | トップページ | 小池劇場も藤井四段フィーバーも「本質」は同じなのだろう(※7/3追記ありです) »

2017/07/02

再考-茨城県道150号月岡真壁線旧八郷町内旧道ルート

過去にも茨城県道150号(r150)の旧道ルートについて少し触れましたが、あの後もう少し突っ込んで考察したので公表します。

R1501s_3

R1502s

上記画像はgoogleマップでの周辺図を編集したものですが、黒線ルート=r150推定旧道ルート(通行可能) 赤線ルート=r150推定旧道ルート(通行不能) 緑線ルート=r150現道 青線ルート=r138旧道ルートです。r138旧道も1983年5月までは県道に指定されていたのですが、小幡交差点(r42との交点)まで殆ど重なっていませんね。

R138
この地点は朝日トンネルを超えて旧八郷町(現石岡市)に入ってすぐの十字路を右に曲がってr138旧道に入った直後での地点ですが、道幅はそこそこあり、小桜郵便局が見えるr138現道との交差点では距離ポストも残っていて、かって県道だった名残も感じさせるものがあります。その交差点直前の所で左に曲がっていよいよr150旧道推定ルートを通るのですが・・・・・・・・
R150os1

道路が舗装されておらず、雑草等がぼうぼうと生えている。自動車が通行できないわけではないのですが、ホントにかって県道だったとしても地元の人も認識できている人が果たしてどれほどいるか。

R150os2s
R150os3s

R150os4s


R150os5

R150os6



上2枚目の画像はr138現道(フルーツライン)との交点で撮影したものですが、フラワーパーク近くまで実際走ってみると全区間自動車同士のすれ違いは不可能なほど狭かった。まあ昭和年間に既に指定解除されていた盆地の県道(と思われる)なので、冷静に見れば不思議でも何でもなく、上4枚目の画像がその時のものだけど、そこそこの広さが確保されている道路にぶつかり、ここを右に曲がるとすぐに一番下の画像の道路にぶつかる。左に曲がっていくのであり、画像向こう側に見えるのがフラワーパークですが、r138旧道との交点付近区間ほど酷くはなかったながらもご覧の通り雑草が生えている。wikiでは廃道になったとかは書かれていないけど、旧道が指定解除になったのが1982~83年にかけてで、フラワーパークが開園したのが1985年6月2日(声優・沢城みゆき氏の誕生日でもある)だから完成に伴ってgoogleマップ上で描いた赤のルートは廃道になったかと思われます。

しかし、下青柳~小幡(小幡交差点)にかけての旧道ルートは既に数年前に走った事あるから今回は改めて走ったりはしませんでしたが、r42と重複していた区間もある。この区間は1982年3月に指定解除になったらしいけど、r42はその直後の同年11月に当時はr60として指定されたらしいから、この区間は一旦八郷町道に降格になったけど、まもなくもっと番号が若い新規県道に指定されたという事になりますね。その当時のr42は現在はr24である土浦境線で、この県道も最近になって土浦市田中~つくば市天久保までの旧道が指定解除となったらしいですが、1995年3月に笠間筑波線からさらに整理番号が若いr42としての笠間つくば線となった様です。(じゃあさらに今のr60十王里美線は当時何番だったのと言うとr104だったらしい)ホントにこのルートだったのかは100パー確信は持てないですが、取りあえずこれで茨城県道旧道にまつわる最大の(?)謎が解けた感じですね。

|

« 魔法陣グルグルも17年ぶりにアニメ化 | トップページ | 小池劇場も藤井四段フィーバーも「本質」は同じなのだろう(※7/3追記ありです) »

旅行・地域」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再考-茨城県道150号月岡真壁線旧八郷町内旧道ルート:

« 魔法陣グルグルも17年ぶりにアニメ化 | トップページ | 小池劇場も藤井四段フィーバーも「本質」は同じなのだろう(※7/3追記ありです) »