« ロックマン4に登場していた「幻の中ボス」が26年ぶりに公開される | トップページ | 埼玉県道303号、263号等旧道走行レポート »

2017/06/29

相次ぐ自滅劇で都議選敗北、そして更なる悪夢のシナリオが・・・・か?

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170629-00000522-san-soci

「豊田真由子様に向かって」や「あるんでちゅかあ!」の赤ちゃん言葉 週刊新潮が新たな罵声、暴言報じる

6/29(木) 12:14配信    

    

産経新聞

 元政策秘書の男性(55)への暴言と暴行が報じられ、自民党に離党届を提出している豊田真由子衆院議員(42)=埼玉4区、当選2回=の同秘書への新たな罵声や暴行の様子が29日発売の「週刊新潮」で報じられた。

 同誌から音声データの提供を受けた民放の情報番組は、豊田氏が発したとみられる新たな罵声、暴言などを放送。7月2日投開票の東京都議選への自民党候補への影響も懸念される。

 『「絶叫暴力』未公開データ40分中の最恐文言」との見出しの同誌の記事では、5月21日の様子が掲載されている。

 「あたしが違うって言ったら違うんだよ!」などの怒声や、運転席の元秘書に足を出した際の様子を紹介。ほかにも豊田氏が「豊田真由子様に向かって」などとの罵声を浴びせたり、「あるんでちゅかあ!」との赤ちゃん言葉の後、「明日は何が起こるのかな~~~~ドキドキ~」と、ミュージカル調で追い詰めたとしている。

 先週、同誌が報じたのは前日の20日に録音された元秘書への豊田氏の暴言、暴行だった。

 豊田氏は自民党で細田派に所属。同派会長の細田博之総務会長は27日の記者会見で、豊田氏の話として、「(秘書の運転する自動車が)高速道路をひとつ早く出て(豊田氏が)怒ったら逆に入った。『人の命を何だと思っているんだ』と、やりとりが始まっている」と説明した。(WEB編集チーム)

引用記事と関係ないじゃないかと思うかもしれないけど、改めて公式HPから見れる自民の改憲草案を目にしてみました。個人的に評価できる点と「?」な点をまとめます。


【評価点】

九条二・・・・国防軍の明記←戦争をする為ではなく、国を自力で守る為という意味で。
二十五条・・・犯罪被害者家族への配慮
五十三条・・・臨時国会召集の期日について
九十四条二・・・公務員の直接選挙について「日本国籍を有する者」の明記
「内閣総理大臣及び全ての国務大臣は現役の軍人であってはならない」←アメリカみたいに退役後何年間かは大臣になれないとかの規定を設ければ尚良し
第九章緊急事態

【?な点】

前文「国と郷土を誇りと気概をもって・・・・・」←趣旨そのものは間違ってはいないけど、態々憲法で明記すべき事?
十二条等「公共及び公の秩序」←為政者の都合の良い様に解釈される危険性あり、「公共の福祉」のままで良いじゃん

二十条「社会的儀礼及び習俗的行為の範囲」←何をもってそう見做すかが分かりづらくて曖昧
二十四条「家族は社会(中略)互いに助け合わなければならない」←理由は前文と同じ。安倍総理夫人なんか夫の足を引っ張りまくっていますが・・・・・・・・・・・
二十六条二「義務教育を無償化する」←ホントにそんな財源ある?小泉次男とかが主張するこども保険なんて反対だよ、やるにしても子供いる人だけ対象にして。と言うか、老後の保障の方をもっと大事にしてほしい。
五十六条二「両議院の議決は(中略)総議員の三分の一以上の出席がなければする事が出来ない」←過半数のままで良いじゃん。野党は確かにアレだけど・・・・・・
六十三条の二「内閣総理大臣の議員出席の権利及び議決」←「職務の遂行上特に必要がある場合は、この限りではない。」って?
現憲法九十七条「基本的人権」の削除←他サイト等でも指摘されているけど、これが一番の問題点。現在の殆どの国では当たり前に自由にあるべき基本的人権の歴史的経緯を否定していて、憲法は本来主権者たる国民が政治家達の暴走を抑止する為のものなのに「日本国民にとって自由な人権」が奪われかねない。自民の独裁を促進させてしまう。
百二条「全て国民はこの憲法を尊重しなければならない」←自民にとって都合が良い改憲案だから?これこそ「押し付け憲法」でしょう。



良い点もあるけど、どちらかと言えば「?」な点の方が目立つ感じです。と言うかそれ以前に・・・・・・・・前者は天皇制ファシズムの亡霊の暴走も表面化し、後者は読売新聞等も使った前川氏への人格攻撃(勿論彼が決してヒーローではない事も分かるけど、だからと言って論点のすり替えをして良い理由にはならない)も却って世間の反発を買った森友・加計学園だけでなく、文民統制とか全く理解していない様である稲田大臣の失言問題や、田中真紀子氏をもっと数段醜くしたような性根が顔に現れているパワハラ豊田氏が残り少ない制限時間下でオウンゴールしたのに加えて、派閥のボス細田氏によるパワハラを公に容認したととれる擁護、平慶翔氏をクビにしたくだりでは「ちょっと見直したかな」だったけど、それをもぶち壊しにしてしまった下村幹事長代行の加計学園献金疑惑、冗談のつもりでも全く笑えない石原長男(これが良純氏が言っていればまだしも・・・・でしたが)の父親擁護ETC・・・・・・・都議選まであと3日しかないのに、政治の疫病神に呪われている様な不祥事のデパートですね。自民党は。

過半数を取れる勢いだと報道しているマスコミもある様で、今井絵理子氏も「あなたやっぱ政治家には向いてないよ。」だけど、直前でこれではホントに今度の都議選も都民ファーストに負けそうですね。民主党政権の東京版になりそうだけど、2009年より今年の方が自民酷いです。小池劇場もいい加減大概に・・・・・だけど、都議自民にもその小池劇場を引き起こした責任があるのもまた事実でしょうしね。もしホントに負けたら、よりにもよって日本人ですらない説もある小室圭氏と眞子さまの婚約発表予定日も外遊中でもあるらしいけど、安倍総理の責任問題に発展して、国政衆議院選では第一党の座は維持できても来年の総裁選では石破氏あたりに敗北して安倍政権最後の功績がテロ等準備罪の成立、憲法改正だって宙ぶらりんになってしまう可能性が高くなるでしょう。と言うかまた、そもそも・・・・・・・

現行の日本国憲法だって下手したら極東委員会の圧力で天皇制そのものも廃止になる可能性があったから、GHQだってあれだけ新憲法成立を急いだわけで押し付けというより、あの状況ではああいうものとして受け入れなければいけなかったわけでしょ?GHQはまた、明治憲法や憲法研究会の草案とかも参考としたとも聞きましたが。

確かにGHQは日本を骨抜きにするために自分達に都合の良い国家にする為に現在においても良くない影響を及ぼしている施策とか色々やったのも事実でしょう。何人かの皇室ブロガーも主張していますが、粉屋の娘だった美智子妃を、他に御妃候補がいた(これは皇太子も同じで、皇太子の場合は久邇家出身者が候補で、この人は大学はコネ入学、外務省勤務時もコピーしかできなかったらしいなんちゃってキャリアウーマンだった雅子妃とは違い、マジで頭脳明晰で英語も堪能だったという)にも関わらず皇室に嫁がせたのもそうでしょう。意図的な皇室弱体化策じゃなかったとは言い切れないかもしれない。

http://news-worker.hatenablog.com/entry/20130507/1367881891

しかし、伊丹万作だって戦争責任者の問題とかで事の本質を鋭く突いていたじゃないですが、太平洋戦争がアメリカに喧嘩売る様に仕向けられたとしても、結果負けて占領者となったGHQが色々悪い事したとしても、当時の日本人だって、朝鮮統治だって大赤字だったのに自国の国力も過大評価して、大局観を見失い、自分達でもそうした状況に追い込んでしまった責任があったではないかですか。折角明治維新が成功したのにです。

別にアメリカが絶対に正しいとか、中国や韓国に配慮しろとか言っているわけじゃないですよ。寧ろ私はアメリカに安易に追従しないでもっと自主外交・自主防衛も出来る様にすべきだと思っているし、中国・韓国とも歴史認識や慰安婦・領土問題では絶対妥協とかしていけないと信じて疑わないけど、殊更過剰にGHQの被害者である事も強調して、良くない事は全て近隣諸国とか左翼とかのせいにして、自分達も反省し、未来に建設的に活かそうとせず、歪んだナショナリズムに走るのは似非愛国者のする事です。そういうネトウヨとか含む、特に右寄りの人達が死ぬほど嫌いであろう中国人・韓国人と何が違うんですか。そうやって自尊に凝り固まり、自分達に都合の悪い事実はスルーして歴史を直視せず、異民族間の憎しみを過剰に煽る等の点で似た者同士でしょう。

特に姿形は日本人であっても、日本を貶めたり、日本の国益を損ねたりする様な人達が大量発生して、そうした偏向がまた別の偏向を生んだという点では、確かに「GHQはとんでもないものを残していきました」であり、自尊史観は二次発生品とも言えるのですが、結果ブログ「戦闘教師ケン」でも言い得て妙な指摘がされていた通り、「過去から学ばず全肯定するか全否定する人に大きく分かれる」、歪な歴史認識を持つ様になってしまっているのです。

それこそが今なお解き放たれていない「GHQの呪縛」なんじゃないの?であり、憲法改正も私はそれ自体は反対しませんが、梯子をかけないで屋根に上ろうとしているみたいだと言うか、そういう戦後日本人の悪い根っこを正さない限り右翼・保守(私自身も女性宮家反対とか保守の面もあるかもしれないけど)の人が好んで言いたがる「真に『美しい国』」には絶対にならないと軽くですが、断言します。しかし、自民が都議選直前なのにこの体たらくではその道のりはまだまだ遠いと言えるでしょうが・・・・・・・・・まあ仮に何とか都議選で勝ったとしてもです。これに懲りて、例えばですが、女性管理職の比率を20〇〇年までに〇〇%にしようとか、割合ありきな女性社会進出促進策とかなんてもう止めにしましょうよ。どうもわが国は近年そういうダメっぷりが目立つ世界の主要国の中でも群を抜いているのだから困ったものだですが、男もそうだけど、女性を特別視してダメな人にもますます能力不相応なポストを与えるとロクな事にならないとか政治家先生達が一番証明してるじゃない、小池百合子都知事まで稲田大臣を批判したのって何のブラックジョーク?私から見れば小池氏だって[あんたとてもヒドイ女だったよ その分ズルい女だね」ですが!!寺田光男さん風に言えばね!!

|

« ロックマン4に登場していた「幻の中ボス」が26年ぶりに公開される | トップページ | 埼玉県道303号、263号等旧道走行レポート »

国内・世界政治一般」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/71003064

この記事へのトラックバック一覧です: 相次ぐ自滅劇で都議選敗北、そして更なる悪夢のシナリオが・・・・か?:

« ロックマン4に登場していた「幻の中ボス」が26年ぶりに公開される | トップページ | 埼玉県道303号、263号等旧道走行レポート »