« 敗北にかなり近い勝利だった保守党とイギリスは何がしたい? | トップページ | 異性を見る目も養えなければ謹慎した意味もないだろう »

2017/06/11

千葉県道6号旧道及び篠崎街道走行レポート

R6o1

タイトル通りだけど、まず千葉県道6号市川浦安線(r6)の方ですね。分岐となるr283との交点でもある交差点では新道しか案内表示されていなかったけど、現在も旧道も指定解除されていない?旧道の方を先日通ったけど、住宅地の立ち並ぶ、思ったよりもやや狭い道(普通乗用車同士のすれ違いには支障はない)な感じでした。旧行徳橋もwikiで書かれていた通り、老朽化している様に見えました。旧道は押切交差点を左に曲がって、行徳駅すぐ近くの行徳交差点が終点になっている様だけど、実際は押切交差点をしばらく真っ直ぐ通過して、相之川での交差点を左に曲がって、r50と交差し、市川新井郵便局等の前を通って浦安市に入り、西に見える浦安駅を通過してすぐr10と交差するルートだったと思われます。

上記画像はそのr50との交点に差し掛かった時に撮影したものですが、この交点を過ぎるとさらにいくらか狭くなります。なお、市川市と浦安市の境にはカントリーサインは特に設置されていませんでしたが、旧道はr10との交点でもまだ終わりではなく、そのr10も新道で、旧道がかって存在し、さらに南東に進み、猫実の庚申塔が見えるr10旧道との交点がr6旧道の終点だったのでしょう。(r10新道?旧道?間の道は一方通行)

R6o22

上記画像がそのr10(新道?)との交点に差し掛かった時に撮影した画像でしたが、この交点を右に曲がって東京都江戸川区に入ってしまった。まあ残りの旧道ルートについてはまた機会ある時にでも・・・・・・・

42
32
22


お次は東京都江戸川区内の篠崎街道画像ですね。上一番目は東京都道r451と別れた直後、二番目は柴又街道との交点、一番下はr451との再合流交点に差し掛かった時に撮影した画像です。走って凄い面白かったわけではない、普通の道路でしたが、r451との再合流直前にはキグナスのあまり大きくないセルフが見られたのは印象的でした。江戸川沿いにどんどん北上していったら、三郷駅が見えてきたけど、あとは知っている道を通って帰りました。東京・千葉r10については、また旧道ルートの推定とか改めてやりたい所です。

|

« 敗北にかなり近い勝利だった保守党とイギリスは何がしたい? | トップページ | 異性を見る目も養えなければ謹慎した意味もないだろう »

旅行・地域」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/70825467

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉県道6号旧道及び篠崎街道走行レポート:

« 敗北にかなり近い勝利だった保守党とイギリスは何がしたい? | トップページ | 異性を見る目も養えなければ謹慎した意味もないだろう »