« 新テニスの王子様第215・216・217話-「脱いでも凄いんです!!しかし、甘くない現実、そして焚きつけられた闘争心!!」 | トップページ | これまでの笑ゥせぇるすまんNEWの主な話の感想 »

2017/06/03

巨人は今年も優勝できない?絶望的な開幕4連勝以上した後の8連敗

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170603-00000013-spnannex-base

由伸監督「逃げ切らないと」決断裏目8連敗 3日敗れれば優勝確率0%

6/3(土) 5:30配信    

    

スポニチアネックス

 ◇日本生命セ・パ交流戦 巨人5―6オリックス(2017年6月2日 東京ドーム)

 巨人は2日、オリックスに延長11回の末に敗れ、2006年以来11年ぶりの8連敗を喫した。打線強化のため、ルイス・クルーズ内野手(33)が今季初昇格。外国人枠からはじき出される形で、守護神のアルキメデス・カミネロ投手(29)が出場選手登録を外れた。しかし、新守護神のスコット・マシソン投手(33)が9回に3点リードを守れず、逆転負けを喫した。

【写真】8連敗…試合終了後、高橋監督はベンチでしばらく動けず

 連敗脱出まであと1アウトだった。4―1の9回2死。勝利を確信した巨人ファンのボルテージが上がる。ところが、マシソンが代打・ロメロに特大ソロを被弾。さらに3連打を許し、同点に追いつかれた。延長11回には今村が安達に勝ち越しソロを被弾。高橋監督は「現時点で最後を託す投手は彼しかいない。一番抑えられる投手がマシソンなので逃げ切らないといけない」と険しい表情で今季チーム最長の4時間37分の試合を振り返った。

 連敗脱出へ、手は打った。打線に厚みを出すため2軍からイースタン・リーグトップの8本塁打を放っていたクルーズを今季初昇格させ、守護神カミネロと入れ替えた。「(連敗脱出へ)カードを切ったということ」と堤辰佳GM。しかし、8回2死一塁から投入した新守護神のマシソンがリードを守れず「2死からの失投が悪い結果につながってしまった」と唇をかんだ。

 13セーブで防御率1・96を誇るカミネロの出場選手登録を抹消する大胆な策だったが、皮肉にも救援失敗。村田ヘッドコーチは「最後のバトンに入ったんだけど」と嘆いた。打線では5番で起用したクルーズは5打数無安打だったが、2年ぶりの1番に座った坂本勇が3安打。4番の村田は7回に2戦連発で一時逆転の2ランを放った。11回には長野のソロで1点差に迫るなど機能しただけに、指揮官は「必死に何とか流れを変えようというかね。負けているところで必死にやってくれている」と悔やんだ。

 観戦した老川祥一オーナーは「プロ野球はファンで成り立っている。ファンの目を一人一人が意識してもらわないと」と奮起を求めた。高橋監督も「遅くなっても応援してくれる人がたくさんいた。期待に応えないといけない」。1日で計8選手の入れ替えを敢行したが、11年ぶりの8連敗。借金は5に膨らんだ。全員で、1勝をつかみにいくしかない。 (川島 毅洋)

 ≪3日負ければ優勝確率0%≫巨人は5月25日阪神戦から8連敗。巨人の最多連敗は75年の11連敗だが、8連敗以上は06年7月に9連敗して以来11年ぶり9度目になる。過去、8連敗を喫したシーズンで優勝したのは94年だけ。9連敗以上になると前記75年を含め3シーズンで4度あって全て優勝を逃している。交流戦は初戦から4連敗となったが、うち3試合が逆転負け。昨年の交流戦でも巨人は両リーグ最多の逆転負け6試合と2年続けて粘り切れない。なお、交流戦開幕からの最多連敗は10年ヤクルトの9連敗。5連敗は08年横浜、11年ロッテ、12年阪神とあり5連敗以上の4チームは最終順位がオールBクラス。巨人は脱出できるか。

 ☆06年の巨人 原辰徳監督が3年ぶりに復帰。4月は8連勝するなど首位で交流戦を迎えたが、6月6~14日に8連敗、18~30日に10連敗、7月4~14日に9連敗と大失速。後半戦も勢いは戻らず65勝79敗2分け、勝率・451。首位・中日と23・5ゲーム差の4位で球団史上初の2年連続Bクラスに終わった。

http://route-125.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/4-a02d.html

この過去エントリーでは現存12球団と2004年に消滅した近鉄の合わせて13球団ごとに開幕4連勝以上の最終戦績について触れました。述べ78チーム中、優勝(勝率1位という意味で)したのは26チーム。丁度33%の確率で高くはない事が分かりますが、巨人に限れば過去11回中9回優勝(平成初期までなら100%)していて、単純計算して約82%です。それが・・・・・・・・

今度は開幕4連勝以上しながらその後8連敗してしまったチームの最終戦績を改めて調べてみました。古いシーズンから順に以下挙げます。

1960年中日・・・・5位、開幕6連勝するもそこから7連敗、9/21-30にかけても8連敗。9月以降は5勝15敗で、5分で乗り切れていればAクラス入りできた。

1961年大洋・・・・最下位、開幕4連勝から4/13-30にかけて11連敗と大崩れ。初の日本一からの最下位に。

1973年太平洋・・・・4位、稲尾青年監督、赤と青の原色系ユニフォーム、金田ロッテとの遺恨等色々話題は作るが・・・・・・・

1979年近鉄・・・・1位、但し当時2シーズン制で勝率は2位。飛ぶボールを使用した時にヤクルトからマニエル譲ってもらった(一方のヤクルトは神部年男ら3人とも大した活躍が出来ず、日本一からの最下位転落)し、2シーズン制の恩恵にもあずかれて日本シリーズにも出場したし、やっぱ前から何度も指摘している様に西本幸雄が悲運の名将なんて一面的な見方に過ぎないと思います。米田・梶本・足立・石井の投手カルテットだって4人とも彼がコーチ・監督に就任する前から入団し、それなり以上登板してもいたし。

1987年近鉄・・・・最下位、8/8-17にかけて8連敗。阪急には勝ち越すも西武には河内銀行所沢支店状態でリーグ3連覇を大きくアシストし、森監督の胴上げも見せつけられる。1989年には漸くあのブライアントの一発で西武をぎゃふんと言わせるも・・・・・・・・

1990年西武・・・・日本一、ブライアント氏にやられ、昨年はリーグ連覇は4で止まるもロケットスタートに成功。6月に8連敗もしたが、その時点でも首位で、工藤公康は前年からの不調を引きずるも結局4月19日以外は全日首位をキープしたまま優勝。

1993年広島・・・・最下位、5月の神宮でのヤクルト戦での16-17な大乱打戦をモノに出来ず、この年以降本拠地移転まで打高投低に苦しめられる。

2002年阪神・・・・4位、漸くダメ虎からの脱却の兆しが見られる様になるもまだまだ地力不足で原監督の胴上げも見せつけられる。

2009年楽天・・・・2位、阪神では結果が出せなかった野村監督の野球が漸く浸透、得失点差はあわや最下位だった前年(なお、兼任監督時代の1975年にも危うくこの2008年同様「得失点差プラスの最下位チーム」になる所だった)とは逆でマイナスながらも2位浮上。私は野村氏は監督としては過大評価な認識は変わりないけど、あと数年はやらせてあげたかったとも思いますね。

2012年ロッテ・・・・5位、8月末から9月上旬にかけて9連敗。下剋上した2010年の再来は成らず。

2015年西武・・・・4位、24年ぶりの開幕5連勝を飾るも後半戦で球団ワースト記録の13連敗。何とか5割は保つも、翌年まで35年ぶりの3年以上連続Bクラス。


開幕4連勝以上からの7連敗の場合は、Aクラスは1962年西鉄、1964・79・2000年の大洋・横浜、1972年中日ともっといくつか例があって、1948年南海、1962年東映にいたっては優勝しています。開幕4連勝以上してなくても、終盤9連敗した1992年のヤクルトの様な例もあるけど、開幕4連勝からその後8連敗以上したチームで優勝したのは実質1990年西武だけで、しかも過去に4例しかないけど、セリーグ限定ではいずれもAクラスにすらなれなかった。2014年阪神みたいにCS制の後押しでついに得失点差マイナスの日本シリーズ出場チームが出てきてしまったし、開幕2連勝でシーズン終盤に8連敗しながらも何とか10.8決戦で優勝、日本一にもなった1994年の様な例もあるけど、これだけでも巨人にとっては絶望的な連敗だというのが分かるでしょう。単純計算して僅か約9%だけど、前述通り1990年西武は8連敗時点でも首位をキープしていて、今年の巨人とは状況は全然異なります。1979年の近鉄もやや極端な話、半期優勝すればもう半期シーズンは全てプレーオフ戦略の為の消化試合に出来た2シーズンじゃなくてCS制なら果たして出場できたか・・・・・・・・・

何度も言う様に、日本シリーズで巨人に全く勝てなかった事や江夏の21球とか西本氏の悲運の名将な一面ばかり殊更強調して、既に故人な佐野氏とか一部ファンが神格化するのも「それはちょっと違うでしょ」(名監督であるのは勿論全く否定していない)ですが、アンチ巨人快楽読本シリーズでも1975年の最下位について、手束仁氏に西本氏のそれ以上にそうしたがるファン、マスコミや球団への強い皮肉を込めた「長嶋茂雄の人間宣言」(今年2017年は「イチローの人間宣言」年になると思う。アンチにも最近の成功者は皆憎くてしょうがない様である「あの人」の様な人もいるけど、あくまで今までの功績とか認めた上での進退決断とか述べた豊浦彰太郎氏をあたかも親兄弟の仇みたいに21世紀型ムラ社会とも言えるフェイスブックで過剰に叩いた等一部ファンの異常性も長嶋氏のそれ以上だし)だと評されて、結局引退してすぐ監督にした失敗をした筈なのに・・・・・・・

まだ40年も経っていないのに球団はもうそんな失敗も忘れてしまったのかですが、まあ高橋監督&村田ヘッドコーチ体制のままでは巨人は高い確率で優勝できないと思います。もう遅くとも今シーズン開幕直後以降の戦いぶりを見ると正直そう確信せざるを得ないのですが、菅野投手も楽天(もっと言えばパリーグか)選手を見下していると取られかねない発言する等どうも近年の原一族に対する印象も良くないですしね。前監督の伯父については、「チャンスにポップフライ」とか彼の前に川上、長嶋、王とたまたまレジェンド級が続けて入団して、長嶋にいきなり勝手に監督やらせて、結果失敗して同時期にたまたま王も引退したから、勝手に幻想抱いて勝手に過剰に期待していただけでしょに尽きるだろ(アンチ巨人快楽読本での、他セリーグ5球団のファンが応援する球団への思い入れや巨人批判等を語ったコーナーでは横浜ファンだった人もこの伯父を印象論とかで叩いていたマスコミやファンの見識の無さも批判していた)と言うか、いくらでも擁護はするし、あの一億円がなければ、選手&監督両方の実績合わせてギリギリ野球殿堂入りOKかなあでもありましたが・・・・・・・・・

久しぶりに勝ったらしい斎藤佑投手に実力不相応にチャンスを与えて続けている(栗山監督も一部ネット等で批判されているけど、彼だって球団の意向を汲んでいるにすぎないのでしょう)のもそうですが、プロ野球球団経営はボランティアなどではなく、利益を上げ続けなければいけないし、その結果巨人が得た金を使って補強する事自体はどーだこーだ言うつもりはないです。しかし、周りに色々良いキャストを集めてもらってドラマまたは映画の主演を務めているジャニーズタレント達とも重なり合うものもあるけど、「肩に小錦」とか1997年の様な失敗例もあったし、もっと契約が高騰化しているMLBでもフィルダージュニアとかそんな例になってしまったけど、折角既に獲得した選手達も不良債権にならない様、球団はいい加減「他所で活躍されるよりはウチが飼い殺しになってでも獲得した方が良い」とかな考えも捨てて、賭博問題の幕引きとか一時的なものではなく、長期的な視野に立った調査・育成・起用法等色々一から考え直し、議論し、今年は優勝無理でも来年以降に反映させていく事が不可欠だとも強く思います。また大正義らしく強くなって黄金時代を築いて、V9以降40年以上ない連続日本一にも輝くのか?それとも2005・06年以上の暗黒期に突入してしまうのか?結局今日も負けてこれで9連敗となってしまったけど、今の巨人は大きな正念場を迎えているとも言えるでしょう。

|

« 新テニスの王子様第215・216・217話-「脱いでも凄いんです!!しかし、甘くない現実、そして焚きつけられた闘争心!!」 | トップページ | これまでの笑ゥせぇるすまんNEWの主な話の感想 »

NPB」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/70754432

この記事へのトラックバック一覧です: 巨人は今年も優勝できない?絶望的な開幕4連勝以上した後の8連敗:

« 新テニスの王子様第215・216・217話-「脱いでも凄いんです!!しかし、甘くない現実、そして焚きつけられた闘争心!!」 | トップページ | これまでの笑ゥせぇるすまんNEWの主な話の感想 »