« 国連は入院患者の治療もマトモに出来ない病院の様なのか | トップページ | 巨人は今年も優勝できない?絶望的な開幕4連勝以上した後の8連敗 »

2017/06/03

新テニスの王子様第215・216・217話-「脱いでも凄いんです!!しかし、甘くない現実、そして焚きつけられた闘争心!!」

ここまでほぼ順調に勝ってきた日本代表、トリを務めたのはチーム梅だった様ですが、そのメンバーはどれも濃い面々ばかりでしたねwww。

2017067s

ミスターTwwにDQNwwに爽やかイケメンから変貌したヒゲ長髪に國母和宏ww、坊主、老人虐待男とよくもまあここまで揃えたもんだwwwしかもダブルス2試合同時進行!!

2017066s


まずは國母和宏(大曲)が二刀流をいつも通り披露!!キテレツ(木手)も縮地法である意味な仲の良さも見せつけた。しかし、相手のスイスサイドの兄ちゃん、ギザン将軍とアルフレッド・ノーベルが名前の由来であろうアンリも何処かで見た様な顔かと思いきや、80余歳の高齢な監督なんかアルプスの少女ハイジのアルム爺さんじゃんwwwあんたこんな所で何やってんだwww!!ペーターは眼鏡なんかかけちゃってアンリとコンビ組んでたようだけど、ハイジやクララはどうしたww國母和宏は何やらこの一筋縄ではいかないコンビ相手に作戦を考えた様ですが、果たして・・・・・・・・

2017065s

その頃、肌がすっかり黒くなり、髭もはやした前田亘輝さんwwは後ろ姿だけでも部長と分かるドイツ相手に大苦戦を強いられていた様ですが、つくづくかませ犬が似合いますね。

一方、ミスターT&煩悩(石田)のダブルスコンビ、特に後者は裏参拾六式波動球を披露!!もっと凄そうな必殺技も既にいくつか見ているけど、彼の波動球も限界とかとは無縁な様です。
2017064s
対戦相手も自分達の凄さを見せつけようとしましたが・・・・・・・・

2017063s

画像右の兄ちゃんは実際スイス出身な某テニス選手が名前の由来と思われ、このテニス選手は北京五輪でも金メダルを取った事があったらしい。左の兄ちゃんは残念ながら病気で早世した・・・・・・・・だったのでしょうが、アピールの方向が間違っているだろwwwいや、このテニプリではそんなツッコミも野暮にも感じられてしまうけど、ここでだよ。

2017062s

ここでミスターTも特攻野郎Aチームの意地もかけて対抗した!!何いつの間に総合格闘技になってんだよwwもうそういうのはテニスコートじゃなくてリングでやれよwwwでもあったけど、そんなミスターTの張り切りぶりも空回りしてしまった!!応援トリオらが言うまでもなく、ダブルス2試合とも前田さんほど酷くはなくとも負けているのです。日本代表。

2017061s


ここで貴公子アンリよりももっともっと大物が・・・・・・・・・ジャック・スパロウ・・・・・ではなく、アマデウスというらしいですが、名前からしてアトーベ様の破滅への輪舞曲以上に流れる様な芸術的パフォーマンスで相手をねじ伏せるつもりなのか?

2017068o
スイス、つくづくマジモードですが、日本代表もDQN(亜久津)の闘争心に余計火がついてしまった様で選手交代させようとした頼通(平等院)にもこの態度!!全くグレイトだぜ!!負けたら日本に帰る事を条件に要求を認めましたが、さあホントにそれに応える事は出来るのか?今までも浦飯幽助として戸愚呂弟等と死闘を繰り広げてきただけに彼は絶対今度も勝てる筈!!(まあ中の人が同じなだけですが。正直今でも声が変わってしまったのは残念と言うか、違和感を払しょくしきれないでいる。水田版ドラえもんには漸く最近になってドラえもんとのび太の声にも慣れてきたけど・・・・・・・・)


掲載順が低いのは相変わらずですが、今回も色々ネタの宝庫でしたねww。しかし、本編を読み始めた時からそれも「さもありなん」でした。だって、大のテニプリファンである私(全く別の意味でですが)を狂喜乱舞させるこんなアナウンスもなされたのだから!!

4

そうですよ!!皆さん!!これですよ!!これ!!我らが愛すべきギャグバトルの伝道師にして集英社の専属アーティストにも兼任されている許斐剛大尊師がついに4枚目のシングルを発売するんですよ!!しかも発売日が今月14日ってもうすぐじゃん!!

一問一答形式なインタビューも掲載されていましたが、ハッピーサマーバレンタインを定着させたいとの事!!グッドアイディアですよ!!なぜ政治家先生達はこんなテニプリファンファーストでもある大尊師よりも先に思いつかなかったのか?くだらないプレミアムフライデーやキッズウィークよりもずっとずっと皆の心を満タンにする事間違いなしだと言うのに!!

6月14日も平将門(そう言えば彼が死んだのも旧暦だけど、2月14日である)の祖父、高望王が平姓を賜って坂東平氏繁栄の礎を築いたり、アメリカ独立戦争を戦った大陸軍が発足したり、髭の伍長総統閣下がパリを攻め落として22年前のリベンジを果たしたり、マドンナさんが初めて来日公演してくれたりと何度も歴史的な記念日となっているけど、大尊師のこの4枚目のシングル発売も絶対そんな日にしなきゃね!!一部歌詞も載っていてもうこれ以上感激させるなよでもありますが、今度こそ今度こそホントにミュージックステーションで森田一義さんとのスペシャルトークを実現、そして紅白歌合戦にも出場して嵐や乃木坂46にも対抗だ!!

再来年で連載開始20周年を迎えるテニプリ、スクエアではTO LOVEるに代わる美少女エロバーゲンセール枠としてのド級編隊エグゼロス(主人公の兄ちゃんも普通に全裸になっている姿見られるけど)が新たなライバルか?来月号は原作はゲームらしい刀剣乱舞が連載開始予定で、アニメ版も越前王子様役でもある皆川純子氏が出演予定、その他7月号で紹介されたキャストは木村良平氏と、笑ゥせぇるすまんNEWでもマボロシガイシャの話でゲスト出演されていた斉藤壮馬氏以外は知らない人ばかりでしたが・・・・・・・・ふたりぼっち戦争も連載始まったばかりで、創刊10周年迎えるスクエアだけど、大尊師とテニプリの可能性は無限大であり、ギャグバトルの伝道師として、天才アーティストとして大尊師の偉大さはますます今後語り継がれていく事でしょう!!もしこのハッピーサマーバレンタインがヒットしたら今度はこの偉大な大尊師を称える歌を作ろうでありませんか!!ソ連が同志スターリン大元帥、中国が毛沢東主席、北朝鮮が金正日将軍を称える様に!!同志テニプリファン諸君!!私は今提案する!!作詞・作曲するのは勿論同志達だ!!

|

« 国連は入院患者の治療もマトモに出来ない病院の様なのか | トップページ | 巨人は今年も優勝できない?絶望的な開幕4連勝以上した後の8連敗 »

テニプリ・許斐剛」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新テニスの王子様第215・216・217話-「脱いでも凄いんです!!しかし、甘くない現実、そして焚きつけられた闘争心!!」:

« 国連は入院患者の治療もマトモに出来ない病院の様なのか | トップページ | 巨人は今年も優勝できない?絶望的な開幕4連勝以上した後の8連敗 »