« 東京都議選での「選択」は虎に翼のトルコや朴槿恵逮捕の韓国も反面教師とすべし(※4/20に追記しています) | トップページ | 日本郵政の損失発覚も「タイムリーで皮肉な失敗」か »

2017/04/20

浅田真央過剰報道VSハライチ岩井発言?

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00000008-jct-ent

浅田真央は「グダグダで辞めていった」 ハライチ岩井発言に「よく言った」

J-CASTニュース 4/20(木) 19:18配信    

 

 お笑いコンビ「ハライチ」の岩井勇気さん(30)がラジオ番組で、フィギュアスケート選手からの現役引退を発表した浅田真央さん(26)について、「グダグダ辞めていったんだね」と感想を漏らした。「国民のアイドル」と言われていることについても「何、国民のアイドルって?」と否定したことが大きな話題になっている。

 発言への批判はあるものの、意外にも「皆が思ってることを言っただけ」という賛同の声の方が大きいようだ。メディアの異常ともいえる浅田さんの持ち上げ方にウンザリしている人も多いことが浮き彫りになった。

■「浅田を批判したり、笑うのがタブーっていう空気の方が怖い」

 この発言は、2017年4月14日未明のTBSラジオ番組「ハライチのターン!」で飛び出した。相方の澤部佑さんが、浅田さんの引退について話を振ると、岩井さんは、

  「1回辞めるみたいなことを言ってなかった?グダグダ辞めていったんだね、じゃぁね」

と返した。あわてた澤部さんが「グダグダ辞めた」事を否定し、「国民のアイドルだよ!」と返すと、

  「何、国民のアイドルって?」

と気のない返事をした。さらにあわてた澤部さんは、そんなことを言うと「炎上」する、と注意したところ、

  「しねぇよ、しねぇから言ってんだよ。察してくれよ」

と語った。しかしこの発言は様々なメディアで取り上げられる事になり、大きな話題に発展した。

 浅田さんは13年4月、翌年のソチオリンピック出場を最後にして引退の意向を表明。同五輪では、金メダルが期待されたが6位に終わった。その後、14年3月に日本で行われた世界選手権で4年ぶり3度目の優勝を果たした。進退についての結論は出ず、14年5月から1年間の休養に入った。そして15年5月、18年2月に行われる平昌オリンピックを目指すと現役復帰したが国内、海外での結果は出せず、16年12月に行われた全日本選手権で12位に終わり、これが引退を決定付けた。

 今回の岩井さんの発言に対し、浅田さんのファンは怒りを露わにし、岩井さんのツイッターへの攻撃が始まり、

  「浅田真央はあなたみたいな三流芸人とは比べ物にならないくらいの努力や実績を残してきた方ですよ。早く謝罪してください」
  「お前みたいな無能なゴミが、アスリートをけなすとかありえんわ。お前は浅田の糞以下の価値しかねーんだよ」

などといったリプライが寄せられ「炎上」するかに思われたが、

  「誰しもが思ってることを言っただけ。気にするなよ」

といった擁護や応援も書き込まれている。そして、ツイッターや掲示板を見ると、「よくぞ言ってくれた!」という賛同がかなり多いのだ。

  「もやもや感じていたことを公に言ってくれた。浅田を批判したり、笑うのがタブーっていう空気の方が怖い」
その他にも、

  「正論だと思うよ。岩井の事見なおした。岩井ありがとね」
  「少なくとも浅田をアイドルだと思ったことも、オリンピックで勝てない悲劇のヒロインだと思ったこともない」
  「いかに浅田真央にヘイトが集まっていたのかを表している」

などといったことが書き込まれている。そして、岩井さんの発言は浅田さんに向けたものではなく、異常に浅田さんを持ち上げるメディアや関係者に対する皮肉だと考えている人もいる。というのも、4月10日の引退発表から12日の記者会見以降にかけネット上で急上昇したワードは「しつこい」「うんざり」だった。

 どの局のニュースや情報番組を見ても「電波ジャックかと思われるくらいの横並びっぷり」の放送ばかりだったからだ。特にNHKが槍玉に挙がっていた。その割に、テレビ朝日系緊急特別番組「ありがとう!真央ちゃん」(4月11日放送)の平均視聴率が5・7%。フジテレビ系ドキュメント番組「浅田真央26歳の決断~今夜伝えたいこと~」の平均視聴率は7・3%で、ネット上では「視聴率が核爆死」などと取り沙汰された。

 スポーツジャーナリストの菅谷齊さんは4月20日、J-CASTニュースの取材に対し、人気選手は引退を決意したとき、時期とその明快な理由を提示することが重要なのに、

  「潔さがなかった」

と指摘した。それは浅田さんにではなくメディアや関係者に向けたもので、ターニングポイントは3年前のソチオリンピックだったという。普通に取材しているスポーツ記者ならばあの時点で浅田さんは限界であることを知っていた。金メダルを獲ると臨んだのに結果は6位。

  「負けは負け。期待に応えられない惨敗だった。それをメディアは『悲劇のヒロイン』『感動の演技』にすり替えた。浅田はそのシナリオに乗せられたわけだが、ファンは疑問を抱くようになり気持ちを冷やすこととなった。それは、スポーツは結果が全てだからです」

と菅谷さんは説明した。その後、平昌オリンピックを目指すとしたが惨敗が続き、結局は引退を発表。引退会見も選手が行うようなものではなく、タレントがやるような会見だった。

  「国民的アイドルというのは、全国民に夢を見せたり、与えることができる存在を指すのです。いまの浅田がアイドルだというのなら、アイドルというものの価値はどれだけのものなのか、という気がします。もちろん浅田の実力、人気、功績というのは誰もが認めるものですが、もう周りが作り上げたアイドル状態になっているため、芸人が言ったような話に賛同する人が増えるのも無理はない話だと思います」

と菅谷さんは話していた。

そう言えば、喝が口癖のあの人も浅田元選手の事を「あの娘を嫌いな人はいない」と言っていて、彼女もこの人に褒められても嬉しくないだろう(苦笑)ですが、全然そんな事は無いですよね。(苦笑)

羽生選手も、正直「お前ら彼に親でも殺されたのか?」(苦笑)と言うか、某巨大掲示板ではもう3桁にとうに達しているアンチスレ立っているけど、少なくとも安藤優子氏とこの岩井勇気氏とこの記事を書いたライターは嫌っているよね。(苦笑)特に岩井氏ですが、グダグダねえ・・・・・・・・・確かにグダグダだったでしょう。しかし、それ言ったら、たとえば野球選手なんか喝が口癖の人もそうだったけど、他にも野村、落合、大島、清原、スタルヒン、山本昌、工藤ETC・・・・・・・・・一流選手も多くは晩年グダグダだった(しかも野村氏は女性問題で選手兼監督クビにもなったし、スタルヒン氏は現役最終年はリーグ最多敗戦投手、清原氏なんてもっと給料泥棒だったじゃない)し、古巣マリナーズ戦で本塁打打ったらしいイチロー選手も昨年は持ち直したけど、大リーグでの通算打率は最も高かった2007年に比べ、2分強も落としている(2007年終了時点0.3335→2016年終了時点0.3127)じゃないですか。勿論お笑い芸人も一種の職人仕事で、バラエティ番組はせいぜい爆報THEフライデーとダウンタウンガキ使ぐらいしか見ないんで、岩井氏のお笑い芸人としての能力は知らないし、興味もないですが、人並みに身体が動ければ死ぬまで続けられるお笑い芸人(まあ他にも俳優とか芸能人は大抵そうだけど)の目線で、その立場の違いもロクに酌量しないでスポーツ選手の引き際とかについて語るのがそもそもの間違いな気がしてならない。そういう引き際とか自分の持論を押し付ける奴に限って、スポーツ選手への敬意とか感じられない・・・・・とも思いますが、偏見ですかね?菅谷氏もまた然りですが。

確かにそういうスポーツの名選手は誰しも程度の差はあれど、批判はタブーみたいな空気もいくらかはあるでしょう。イチロー選手なんて、ピート・ローズ氏のそれを更新して世界最多安打数を記録したとされる(実際は両氏それぞれマイナー、二軍での安打数を足した場合、まだローズ氏が上回っている。そういうのも日本のマスコミはまた「都合の悪い事実は報道しない権利」を発動して半ばスルーだから、Aロッドにも「その内彼らは高校時代の安打数も足すんだろうね。」と皮肉られたのである)昨年の報道は、それはそれは浅田選手よりももっと酷かった(苦笑)けど、岩井氏がマジでこの引用記事で指摘された通り、浅田選手ではなくマスコミや彼女の関係者に向けて言ったつもりでも、ヤフコメでも指摘されていた通り、挑戦し続けることまで否定しているみたいです。

そう言えばまた、以前このブログでも数度言及して、入会したかった事もあって移籍を繰り返した加藤英司氏も選手生活の晩年はグダグダ気味でしたが・・・・・・名球会も問題なのは、否定派に標的にされている柴田、駒田、田中幸各氏ら程度の実績でも入会できてしまうわけではなく・・・・・・・・・・・・・・その様な批判は「森を見て木を見ない『言いがかり』」に過ぎず、「川上、別所、杉下各氏も排除した恣意的な昭和生まれOB限定(故・山内一弘氏が自分よりも年上だと知って金田氏は狼狽したという)という入会資格条件の一つと、入会者だけがあたかも名選手であると錯覚しかねない『権威』の存在」ですが、繰り返し言う様にそもそもアスリート達の立場に立った上での発言だったのかも疑問ですが、岩井氏のこの今回の発言も名球会批判同様本質を見誤り、自身の人間性も疑われかねず、プラスになるとは思えません。いくら賛同者も何人も見られてもです。

勿論誰だって嫌いな人の1人や2人ぐらいいるでしょう。別に浅田選手を嫌うのは勝手です。嫌いな選手にも無理して「お疲れ様でした。」とか激励しろなんて言うつもりも全くない。しかし、今度は美談仕立てて自己弁護している様で、正直「ホントにこいつ反省しているのか?」ですが、ノンスタ井上氏をミョーに必死になって擁護していたウーマン村本氏とも悪い意味で重なり合うものもあります。何処の国のテレビ局だか分からない某テレビ局が某ライバル選手の成功プレーを強調した一方、浅田選手は失敗プレーを強調していた印象操作はもう論外ですが、自分とはまた違う畑で活躍する事自体(浅田選手に全く限らず、たとえば羽生選手や宇野選手とかに対しても)に敬意も持てない、または持っていても変に誤解を招く発言をするぐらいなら最初から余計な事は言わず、黙っている方が全く賢明です。安藤氏も、岩井氏も。まあバーニング入りか?それとも政界進出か?そんなのもどーでも良いわ、お前らで勝手に妄想してろだし、月並みですが、浅田選手、お疲れさまでした。しばらくゆっくり休息されて、やがては選手時代の経験をコーチなり何なり活かせれば・・・・・・ですね。

|

« 東京都議選での「選択」は虎に翼のトルコや朴槿恵逮捕の韓国も反面教師とすべし(※4/20に追記しています) | トップページ | 日本郵政の損失発覚も「タイムリーで皮肉な失敗」か »

スポーツ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/70322044

この記事へのトラックバック一覧です: 浅田真央過剰報道VSハライチ岩井発言?:

« 東京都議選での「選択」は虎に翼のトルコや朴槿恵逮捕の韓国も反面教師とすべし(※4/20に追記しています) | トップページ | 日本郵政の損失発覚も「タイムリーで皮肉な失敗」か »