« ソ連の副首相達その1 | トップページ | おんな城主直虎第12回感想 »

2017/03/26

色々嵐のメンバーに無理させ過ぎだろう

http://dailynewsonline.jp/article/1285004/

嵐・櫻井と小川彩佳アナの熱愛で井上真央との結婚が消滅した松本潤が大激怒!?

2017.03.10 15:15

                     

アサジョ                

 

嵐・櫻井と小川彩佳アナの熱愛で井上真央との結婚が消滅した松本潤が大激怒!?

 

 嵐・櫻井翔と松本潤の「不仲説」を3月2日の「週刊新潮」が報じ、波紋を広げている。記事によると、慶應大卒の櫻井と、ライブのステージ演出を手掛ける松本との間に「微妙な空気が漂っている」とキー局幹部が明かしている。

「楽屋にいても小説や経済本を読んでいる櫻井に対し、松本はケータイ片手に遊びの話をしている。2人の性格は水と油ですよ」(テレビ関係者)

 そんな折、櫻井とテレビ朝日の小川彩佳アナの熱愛が「週刊ポスト」で報じられたことで、いよいよ松本との仲は修復不能になってきているという。

「櫻井と小川アナの交際については、ジャニーズ事務所も『友人』と異例のコメントをだしている。『週刊ポスト』を発行している小学館は、毎年ジャニーズタレントの『カレンダー』を発売しているように、ジャニーズ事務所とは蜜月関係。つまり、ジャニーズが交際を容認しているのと同義で、2人が結婚を前提とした付き合いなのは間違いありません。一方、松本のほうも10年以上交際していた井上真央と結婚するつもりでいた。ところが、自分には事前の連絡もなく櫻井の結婚を認めている対応をされたことで、松本は怒り心頭だったとか」(芸能記者)

 ジャニーズには、「結婚できるのは1グループで1人」という暗黙のルールがあると言われている。櫻井が結婚するなら、自分の結婚の目がなくなったと松本が感じたのは想像に難くない。

「松本は艶系女優との2股疑惑報道でイメージダウン。事務所やグループに迷惑をかけたことで、井上との結婚を延期することでミソギとしたかった。一部では井上とは別れたとの報道もありましたが、今はどっちつかずで、井上も成り行きを見守っている状況のようです。しかし、結婚ができないのであれば、井上も別れるしかないでしょうね」(前出・芸能記者)

 櫻井VS松本はいよいよ「冷戦」ではいられなくなりそうだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1292691/?page=all

嵐・松本潤のCM発表会で騒然?”声がけ禁止令”で怒号飛び交う

2017.03.25 12:38

                     

デイリーニュースオンライン                

 

                                                                         

嵐・松本潤のCM発表会で騒然?”声がけ禁止令”で怒号飛び交う

 

 嵐の松本潤(33)が3月23日、「キッコーマン うちのごはん おそうざいの素」のCM発表会で和風ラタトゥイユ作りに挑戦した。その裏では報道陣に対し、2016年末から女性スキャンダル疑惑が話題になっている松本潤への声がけを禁止するなど、厳戒態勢が敷かれたという。

■イベントで取材陣には松本への”声がけ禁止令”

 ジャニーズの顔となった嵐の一員として各所でひっぱりダコの松本。この日は自身が出演するキッコーマンの新CMの発表会で、PR商品を使った和風ラタトゥイユ作りにチャレンジした。松本が野菜を切り、フライパンをふり……イベントの進行自体は特に変わった様子はなかったというが、報道陣に対して釘が刺されていたようだ。

「スキャンダル報道を受けた芸能人の恒例となっているイベント終了後の声がけ禁止令が敷かれ、メディア関係者には不満が渦巻いた。ジャニーズ側の狙いは『記者の二股スキャンダルに関する質問に無言』といった報道を抑えること。そのため現場は厳戒態勢で積極的にアタックできない状況に。記者控え室からは怒号も飛び交う異様な空気でした」(芸能デスク)

 過去には吉田羊(43)や竹野内豊(46)の爆音BGM、草なぎ剛(42)の看板ガードなど様々な方法によってスキャンダルネタの質問がガードされてきた。松本はそれらを超える報道陣完全シャットアウトを実現したようだ。

 最近の松本潤は、水面下でとかく騒がしい。昨年末『週刊文春』(文藝春秋)に、ウワサの恋人・井上真央(30)とは別にセクシー女優・葵つかさ(26)との4年愛が報じられた。さらに同じ『週刊文春』の3月30日号では、井上・葵との二股関係で生じたストレスを発散するべく「六本木にある風呂付き居酒屋で深夜までCAとの個室合コンに参加していました」と芸能プロ関係者のコメントが報じられたばかり。どうも、松本の女グセの悪さが目立つ。

 一部女性ファンからも「ほんともう無理」「井上真央は別行ったほうがいいよ!」「本当なら松潤は最低すぎる」と顰蹙を買っている。

「松本は女グセの悪さが露呈してきて、イメージが完全に失墜している。女好きで有名な小栗旬(34)とも親友関係があり、2010年冬に美女をホテルに連れ込んだ現場を写真週刊誌『フライデー』(講談社)に押さえられるなど女ネタに事欠かぬ小栗に感化されたのかもしれない。松本の女遊びに対する姿勢はそう簡単に改まりそうもないですね」(前出・芸能デスク)

 それでも松本は、天下のジャニーズのトップスター。事務所の力で報道陣を押さえつける前に、かつて『花より男子』(TBS系)で見せたピュアな恋愛で我慢する自制心を鍛える必要がありそうだ。

キッコーマンねぇ・・・・・・・社会科見学に行った事もあるけど、良く松潤を起用したねえ。あの2股の件を全くスルーしても、ちょっと想像つかないなあと言うか、嵐のメンバーならまだ二宮氏の方が合ってたんじゃないですか?キッコーマンサイドも都合の悪い質問とかタブーなんて起用しづらいだろうに。その2股の件、井上真央氏は彼を許してあげたらしいけど、惚れた弱みとかだったのか。余計なお世話かもしれないけど、「もう今度こそは彼女を悲しませる事するんじゃないぞ。」ですね。

他にも、嵐にしやがれも視聴率稼ぎの為に態々時間帯を移動したり、フジ月9、30周年でようこそわが家へとは脚本担当も同じな貴族探偵には相葉氏の他にも多数の豪華キャストを起用して、それは製作費用1億もかかるほどだったりと嵐押し最近無理しすぎじゃないですか?嵐のバラエティ番組と言えば、Cの嵐とかは小林清志氏ナレーション目当てで見た事あるし、ようこそわが家へも近年大河ドラマにも出演している竹中直人氏(「秀吉」という有名な代表作もあるが)や山口紗弥加氏等特に脇役どころの好演が光って、良作だったと思う(しかし、原作の池井戸潤氏は本来寺尾聰氏が主人公役だったのを相葉氏に変更されて怒っていたという。池井戸氏ってそんな五月蠅く注文つける様な人ではないらしいのに)けど・・・・・・・・・・

嵐にしやがれは見た事ないから何とも言えないけど、近年はドラマもなかなか視聴率取れないですからね。先日ある私用で待合していた時に読んだ某女性週刊誌でも提灯記事(浅野忠信氏や市原隼人氏とか最近共演した役者さんががヨイショ発言していたとかの内容だったけど、そりゃ彼らが酷評なんかするわけないだろうに。分裂騒動で言い訳とか一切しなかったのは普通にエラいとも思うし、個人的にはそんな彼には悪い印象とかは無いけど)を目にしたけど、ジャニーズの先輩でもあるキムタクのA LIFEですら、平均視聴率はガッキー&星野源氏の逃げ恥とほぼ同じぐらいで主演ドラマではおそらく安堂ロイドの次に低い14.5%だったし、貴族探偵は果たしてこの2作以上の視聴率を稼げるのか?月9と言えば、最近もいつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまうも個人的に一番GJだと思ったのは西島隆弘氏で、直虎にも副主人公格で出演中の高橋一生氏も良い意味で嫌な役柄が絵になっていて面白かったけど、これも10%弱だったらしいし、同じ元SMAPの草彅剛氏の嘘の戦争も11%強でしたからねえ・・・・・・・・・

SMAPは歌手としての歌唱力も俳優としての演技力もずば抜けて高いわけではなく、不祥事とも決して無縁でもなかったけど、個々のメンバーの個性が際立っていて、SMAP×SMAP等当時としては殆ど前例がなかったであろうバラエティもやるアイドルにも果敢に挑戦して、リップサービスとしてある程度は差し引く必要もあるだろうけど、それは故・いかりや長介氏にも「全盛期のドリフもかなわない。」とまで絶賛されたほどで、ファンの人達のハートをガッチリ掴む事に成功し、残念ながら森氏は別のやりたい事を見つけて脱退してしまったけど、彼ら全員そろってこそのSMAPだった。でも嵐にはそこまでの際立った個性とかあるだろうか?ヤフコメでも指摘されていたけど、嵐はたとえルックスや歌唱力等が彼ら以上でもSMAPの後釜にはなれない。決して。そんな現実を無視して変に無理押ししても彼らの為にはならない・・・・・・と言うか、そんな事するぐらいならファンの人達には全く知ったこっちゃない派閥争いなんかに囚われる事無く、確執も超えてSMAPも大事にすべきだった。別にファンではないけど、野球の神様がヤンキースにルース&ゲーリッグを、巨人にONという同時代のスーパースターを与えてくれた様に、アイドルの神様がジャニーズ事務所に一度に彼らを与えてくれたのだから・・・・・・・・

嵐だけじゃなく、Hey!Say!Jumpも山田エドはあまり良い前評判聞かない(山﨑仗助よりはまだマシな程度とかの意見を聞いている)し、伊野尾慧氏も何事も無かったかの様に今度ピーチガールという映画で主役を張るらしいが・・・・・・・・亀梨氏の条件付き(業務提携または傘下)独立を認める旨の報道がなされているのも、彼らの相次ぐ醜聞同様ジャニーズ弱体化を象徴しているとも言えるのだろうし、母や叔父ももう高齢者だけど、次期社長の有力候補であろう藤島ジュリー景子氏の背負うものは決して小さいものではない。今後しばらくは自分達で潰してしまったもののツケを払わなければならなくなるでしょう。それをどうやって乗り越えていくか?少なくとも今までの手法ではもはや限界であります。今まで多数のアイドルを輩出してきた経験と実績があるのだから、分からない筈もないのだけど・・・・・・・

|

« ソ連の副首相達その1 | トップページ | おんな城主直虎第12回感想 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 色々嵐のメンバーに無理させ過ぎだろう:

« ソ連の副首相達その1 | トップページ | おんな城主直虎第12回感想 »