« 百人一首の歌人達(20)-16番中納言行平 | トップページ | おんな城主直虎感想第10回 »

2017/03/12

ソ連(ロシア)カレンダー色々(※6/18に追記あり)

http://img15.shop-pro.jp/PA01156/643/product/85209683_o2.jpg?20141226180611

これたまたまgoogle画像検索で見つけたのですが、1973年ソ連カレンダーです。祝日は1月1日・・・新年、3月8日・・・婦人労働者の日、5月1日・・・インターナショナルの日(メーデー)、5月2日・・・インターナショナルの日翌日の特別休日?、5月9日・・・勝利の日(第二次世界大戦戦勝記念日)、11月7日・・・10月革命記念日、11月8日・・・10月革命記念日翌日の特別休日?、12月5日・・・憲法の日(スターリン憲法の制定日で、ブレジネフ憲法が新たに制定された1977年からは10月7日に移動した)で計8日です。当時の日本の12日(元旦、成人の日、建国記念日、春分の日、天皇誕生日、憲法記念日、こどもの日、敬老の日、秋分の日、体育の日、文化の日、勤労感謝の日)より少ないですね。

日本は公務員はまだ週休二日ではなく、一般企業も完全週休二日を採用していたのは松下やリコー、フルサト工業等ごく一部ながらもこの年から振替休日制度が適用(ただし、日曜と重なった場合のみでこどもの日、敬老の日、文化の日は土曜と重なってしまい、発生しなかった)されたのに対し、ソ連(とその衛星国だった東欧諸国)は1967年から官公共に週休二日となりながらも、現在のロシアみたいな土日どっちとも重なっても発生する振替休日はなかったっぽいですね。

https://meshok.net/item/27748202_%D0%9A%D0%B0%D0%BB%D0%B5%D0%BD%D0%B4%D0%B0%D1%80%D1%8C_%D1%80%D0%B5%D0%BA%D0%BB%D0%B0%D0%BC%D0%B0_%D0%BD%D0%B0_1967_%D0%B3%D0%BE%D0%B4_%D0%A1%D0%A1%D0%A1%D0%A0#gal

共産主義は宗教を否定しているから、スターリン時代からロシア正教のクリスマスにあたる1月7日も祝日ではなくなってしまっていて、この年はいずれの祝日も土日と重ならなかったけど、それでも土日全休として年間休日は112日です。他にも血の日曜日事件が起きた1月22日、専制打倒の3月12日、パリコミューン成立の日の3月18日も祝日だったらしいけど、週休2日となった1967年時点でもカレンダーでは特に休日扱いにはなってなかった様です。

http://colls.ru/users/uksus/collections/98/18290/

ペレストロイカで冷戦終結や民主化には成功しても、経済は全く行き詰ったままだったので、そんな休暇を楽しむ余裕とかはなかったでしょうが、ソ連最後の1991年は3月と10月に3連休、11月に4連休あった様です。
h
ttps://www.delcampe.net/en_GB/collectables/phonecards/russia/russia-khakassia-urmet-calendar-1996-first-issue-25-units-tirage-20000-mint-206685376.html


http://www.nbrkomi.ru/page/962/

http://www.bolshoyvopros.ru/questions/1850598-s-kakim-godom-sovpadaet-kalendar-2017.html

ソ連崩壊後、1996年頃には新年翌日の1月2日、クリスマスの1月7日、ロシアの日の6月12日も祝日となり、1997年には憲法の日が12月12日に移動、2004年には2月23日が祖国防衛の日として新たに祝日になり、2005年からは5月2日と11月7日の10月革命記念日、12月12日の憲法記念日が祝日でなくなってしまった代わりに、11月4日が民族統一の日となり、1月1~5日の5日間が新年休暇とされて、この年以降長い年始休暇を過ごせる様になった模様。プーチン第一次政権下での国力回復とかが背景にあったのでしょう。

http://www.gorinov.spb.ru/200700.htm

そしてこのページは一部文字化けしているけど、2007年から日曜のみ振替休日の制度が適用されるようになって、1月7日のクリスマスと、10月革命記念日に代わって制定された11月4日の民族統一の日がそれぞれ翌日の月曜日に振り替えられた様です。

http://global-shoping.ru/drugoe-18427/goods-2009-god-shablon-vertikalnogo-kalendarya-1.html

そして「形式上は」メドベージェフ大統領・プーチン首相体制となった直後の2009年には土曜日にも振替休日が適用されるようになり、この年ならば新年休暇の1月3・4日が1月5・6日に、5月9日の勝利の日が5月11日に振替となった様ですが、これでロシアでも4月末~5月上旬に3連休以上が2回あるゴールデンウィークが発生した様です。

http://regionsports.ucoz.es/blog/infan_ru_skrinshoty_k_programme_proizvodstvennyj_kalendar/2013-05-21-7

さらに翌2010年からは火曜日か木曜日の飛び石祝日を土日とくっつける為に前後の土曜を出勤日にして代わりに間の平日を休日にする様にしたらしく、この年の場合、2月22日を27日と11月13日を5日と振り替えて4連休とした様です。年始休暇も10連休だった様ですが、これは1月2・3日を6・8日に振り替えたのでしょう。

http://ameblo.jp/lm116416/entry-11382520263.html

http://russianews.jp/archives/7436



そして2013年からは1月6日、年によっては8日も休日となり、おかげで1月5・6日を5月2・3日に、2月23日も5月10日に振り替えられて、5月のゴールデンウィークは5連休・4連休になりました。少なくとも毎年1月1~7日まで7連休となった様です。ソ連時代と比べるとロシアも休日増えている様ですが、プーチン大統領は2014年10月から2016年9月頃まで長い休暇は取らなかった模様、特に2015年はクリミア危機で欧米諸国から制裁を受けて、経済的に苦境に陥ったという事で政府機関関係者に年始休暇返上を訴えたらしい。まあ何かテロとか起きない限りは別に休暇ぐらいとっても良いだろですが・・・・・・ただ、2016年もゼロかマイナス成長見込みでだからこそ日本に来てまで北方領土での経済開発協力を取り付けたのでしょうが、今月初めにはシベリアで2泊3日の休暇を楽しんだらしい。3月でもシベリア(実はノヴォシビルスクは1981~2010年の新平年値が1961~90年の旧平年値より平均気温下回っている様ですが)なんてまだまだクソ寒いだろうに・・・・・・・・

【以下6月18日追記】

https://www.pinterest.jp/pin/466192998907738865/

1970年のカレンダーでは4月22日も祝日扱いで、この日はレーニン誕生日。生誕100周年を記念した特別の祝日となったのでしょうが、前述通りソ連時代は振替休日制度がなく、メーデー翌日、戦勝記念日、革命記念日、憲法記念日と5日も土日と重なった為年間休日はわずか107日でした。5月中旬以降、翌1971年の新年(この年の1/1は金曜日)まで3連休なしなんて今の感覚からではキツイですね。もっとも、日本も年末年始期間の祝日は1/1だけでも実際は官公庁や一般企業は12/29~1/3あたりまで休日にしているけど、ソ連はどうだったのか?そこまでは知りませんが・・・・・・・・・

|

« 百人一首の歌人達(20)-16番中納言行平 | トップページ | おんな城主直虎感想第10回 »

国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/69898923

この記事へのトラックバック一覧です: ソ連(ロシア)カレンダー色々(※6/18に追記あり):

« 百人一首の歌人達(20)-16番中納言行平 | トップページ | おんな城主直虎感想第10回 »