« 中国人民解放軍の旅長・軍長ポストの階級と新任海軍司令員について | トップページ | おんな城主直虎第7回感想 »

2017/02/20

マスコミ報道の異常性を指摘するのなら・・・・・・・チャンスをモノにできない民進党

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00000518-san-pol

ニュース女子問題で民進党議員と高市総務相がバトル 「政権寄りの番組を守るのか」

産経新聞 2/20(月) 12:51配信    

 沖縄の米軍基地反対運動を扱った東京MXテレビの番組「ニュース女子」に批判が出ている問題で、高市早苗総務相と民進党の本村賢太郎衆院議員が20日午前の衆院予算委員会で応酬を繰り広げた。

 本村氏が「政権に厳しい放送に対しては厳しい姿勢で臨み、政府と同じ方向である(ニュース女子のような)番組は守るようなイメージを与えかねない」と指摘したのに対し、高市氏は「自民党の選挙に有利になる報道をした放送局に対しても行政指導がなされている」などと反論した。

 主なやりとりは以下の通り。



 本村氏「番組は(編集の際の政治的公平などを求めた)放送法4条に抵触するか」

 高市氏「東京MXテレビからは、総務省に対して、『取材や放送での取り扱いに問題がなかったか社内で検証中である』ということで、自発的に報告をいただいた。総務省としては、個別の番組にかかわる問題については、まずは放送事業者における自主的、自律的な取り組みによって適切な対応が行われることが重要だと考えている。なお、当該番組については、2月10日にBPO(放送倫理・番組向上機構)の放送倫理検証委員会が審議入りを決定していると聞いていたので、こういった自主的な取り組みについても見守っていただき、改めてMXテレビからご報告をいただけるものと思っている」

 本村氏「MXテレビから取りまとめの話があった後には、大臣としてさまざまな判断をするか」

 高市氏「放送事業者の、まず自主的、自律的な取り組み、そしてまた、必要があれば、改善をするといったことによって報告を受けるケースはある。その取り組みによって、必要があれば、総務省のほうからも助言をしたりさらなる取り組みを求めるということは想定できるかと思う。現在、まだ報告をお待ちしている状況だ」

 本村氏「大臣はNHK『クローズアップ現代』をめぐって、大臣名で初めて行政指導を行っている。今回の番組も、事実に基づかない報道があったと新聞でも報じられているし、ずいぶん報道が偽りも多いことが社会問題となっている。何らかの対応を検討するつもりはあるのか」

 高市氏「NHKの『クローズアップ現代』のお話があったが、放送事業者から報告も受け、放送事業者側が不適切な点があったことを認め、そして『再発防止策を作ります』ということで長い時間をかけて報告を受け、協議もしてきた。その後に、ずいぶん時間がかかって再発防止策が手元に来たが、それを私自身がすみからすみまで読んで、『だれがいつまでに何をするのか』という具体的な改善策が十分でなかったということによって、さらに具体化するように行政指導をした。ただ、行政指導というのは、法的な行政処分ではなく、あくまでも助言といった類いのものだ。今回の場合は、事実に基づかなかったかどうかということも含めて、現在検証中であると承知しているので、その結果を待ちたいと思っている」

 本村氏「行政指導なども慎重に行っていく必要がある。『クローズアップ現代』をはじめ、テレビ朝日やTBSなど、政権に厳しい放送に対しては厳しい姿勢で臨んでいるにもかかわらず、政府と同じ方向である番組は守るというイメージを与えかねないような感じがする。偏向した二重基準ではないか」

 高市氏「私が総務大臣に就任する以前のことだが、自民党が与党であった時期に、自民党の選挙に有利になる報道をした放送局に対しても行政指導がなされている。今の委員のご質問は『自民党に対して有利な放送をしたところに行政指導を』『自民党に対して有利な放送をしないところに対して行政指導をしない』というように聞こえてしまうが、それはない。法律に基づいて、しっかりと基準を決めてやらせていただいている」

高市大臣は個人的にはあまり好きではないけど、「こんな事で態々説明してあげなければいけないのだからつくづくお疲れ様だね~」ですね。同情したくなってくると言うか、ここまで民進がムキになって嚙み付いているという事は、ニュース女子は見た事すらないから何とも言えない所も多々ありますが、まあ事実なのだろう・・・・・・と言うか、ちょっとそういう話題に関心を持てば、反対派の連中もいかに異常なのかもマトモな神経の持ち主の人ならば分かるのではとも思うけど・・・・・・・・・

そもそも予算委員会で議題として挙げるべきなのか疑問ですが、政府に関するマスコミ報道に一石を投じるつもりならば、ニュース女子の沖縄基地反対運動に関する報道よりも、安倍総理の奥さんが小学校の名誉校長で、学校法人の理事長がガチガチの右翼な日本会議のメンバーである森友学園国有地払い下げ事件を何故かどのTVニュース番組も報じない事の方が何百倍も異常でしょう。たまたま同時期に金正男氏が暗殺されてしまったのも、安倍夫妻的にはラッキーだと思っているのかどうかは知らんけど・・・・・

http://matomame.jp/user/bohetiku/9e30168c896e515139b1
http://mainichi.jp/articles/20170218/k00/00m/040/131000c

この森友学園のHPもちょっと目にしてみて、まあ教育勅語はアデナウアー西ドイツ初代首相もドイツ語訳したものを執務室に飾っていた様で、それ自体は普通に良い事書かれていますが・・・・・・・別に日本人は皆好きで日本に生まれたわけじゃない。日本会議の連中だって全くそうでしょ?で、そういうのは日常的な生活を過ごしていきながら、色々自分の周りの世界の事とか見聞とかも広げて、「当たり前である事」の大切さも噛み締めながら、引いては各々の視点から各々の人生にも反映させていくべきなのに、過去の反省点(自分もたとえば太平洋戦争はアメリカに戦争しなければいけない立場に追い込まれた面も強いとも思うけど、だからと言ってそれは無反省で良いのだな言い訳には決してならない)もあたかも良い様に見せる偏った愛国心の押し付け(もっと言えば「洗脳」)を公言しているのだから、これだけでも「危険、マトモじゃない」というのも良く分かろうというものです。

http://shiratorijun.blog4.fc2.com/blog-entry-22.html

実際また、運営幼稚園では「中国と韓国が嫌いです。」とも書かれた文書も見られて、流石にこうしたヘイトについては謝罪したらしいですが・・・・・・・・・・その嫌いな国に、おたくと付き合いのある安倍総理が10億も金払った事についてはどう思うのかね?とても愛国心のある人がやる事だとは思えないですが、これでは日本をクソミソにやっつける、児童達の絵を堂々と展示しているその韓国の事も笑えない。程度の違いは有れど、同じヘイトという軽蔑される様な事をこの森友学園はやっているのだから。

実際福島議員やガソリーヌとかも追及している様で、そのガソリーヌが別件で嚙み付いていた保育園での国家・国旗の件も「国旗と国歌に親しむ」って、ガソリーヌの言う事にも決して全面的に同意するわけではないし、別にそこまで強い反対するわけでも無いけど、待機児童解消の方が先だろ・・・・・・愛国心で必ずしも物質的にも精神的にも豊かな生活を送れるとは限らないって、周辺諸国も見れば分かるだろう(むしろソ連なんかそういうイデオロギーに囚われすぎて国自体崩壊しちゃったし、ロシアになっても資源依存を克服できず、クリミア問題で得たもの以上に大きい代償であろう制裁も受けてブレジネフ時代以上な停滞の時代に突入しちゃっている。困った事にお人好しなどこかの国はそういう国にも見返りが望めそうにないのに助け舟を出しちゃっているのだけど)にですが、普段ダメダメなのも相まってどうも攻め手を欠いていますね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00000045-san-pol

民進、自衛隊日報もブーメラン 民主政権時に南スーダン「戦闘」報告

産経新聞 2/20(月) 7:55配信    

 南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に参加している陸上自衛隊の派遣部隊が昨年7月に作成した日報をめぐり、衆院予算委員会で野党による追及が続いている。15日には民進、共産、自由、社民の4野党が稲田朋美防衛相の辞任を求める方針で一致した。

 確かに、当初は「不存在」とされた日報が再調査で見つかった経緯自体は粗末だった。もっとも、再調査を指示したのは稲田氏であり、日報が見つかったのは当初は調査範囲外だった端末なので、隠蔽(いんぺい)との指摘はあたらないだろう。

 民進党は、日報に記載された「戦闘」という文言を問題視している。PKO参加の前提となる紛争当事者間の停戦合意は崩れているという主張だ。

 だが、ここで民進党が触れない事実がある。旧民主党の野田佳彦内閣時代の平成24年春、隣国のスーダン軍が国境を越えて南スーダンを空爆し、他国のPKO部隊に被害が出るなどした。そして当時の報告にも「戦闘」と記されていた。

 それでも野田内閣は自衛隊の派遣を継続した。このとき自民党の佐藤正久参院議員の質問主意書には「主として(PKOの)活動地域外で発生し、規模も限定されている」と答え、武力紛争を否定している。

 いつものブーメラン芸だが、本当に懲りないとしかいいようがない。彼らが安全保障関連法の廃止を要求したときも、同党幹部らがかつて集団的自衛権の必要性を主張していたことが次々と指摘されていた。

 民進党が稲田氏を追及している最中の12日には、北朝鮮が新型の弾道ミサイルを発射した。それでも2日後の国会では防衛相を相手に日報の話ばかり。国民の生命財産に関わる重大事を脇に置く民進党に政権を担う資格があるとはとても思えない。(小野晋史)

http://logmi.jp/93108

産経新聞もそのガソリーヌによる森友学園事件の追及もちゃんと報道していた様で、もう元々全く期待なんかしていなかったけど、「またかよ・・・・・・」ですね。ヤフコメ民のコメントなら特にteb★氏のそれに強く同意ですが、一体ブーメランいくつあるんだ?人間の煩悩なんかも軽く超えてそうとも言うか、確かに凄いですね。全く悪い意味でですが・・・・・・・・どうもこの国は左右どちらかに偏っている人が大半な様で、靖国問題や慰安婦問題も日本人が日本を貶めている「笑えない現実」なのだけど、それが近代以降の歴史認識を歪なものとし、いつまでも戦争でたまったツケを払いきれないである大きな要因となっているのです。報道の自由度が72位(それも去年よりも11位も下がって)なのもそれに大きく拍車をかけているとも言えるのですが、これも何とかしない事には、いつまで経っても健全な野党なども生まれないでしょう。大阪維新が某アナウンサー(この人も、上西氏だけには「有権者なめるな!!」なんて言われたくないだろうけど)を擁立したのもやっぱりと言うか、「ああ市町村政レベルで頑張ってくれると思う人までしか票を入れられないなあ」な自分の判断は間違っていなかったなあとも思ったけど、東京都の小池都政も、都議自民の既得権益はぶっ壊せても、その先にあるべきな東京大改革は絶対実現できないでしょうしね。

|

« 中国人民解放軍の旅長・軍長ポストの階級と新任海軍司令員について | トップページ | おんな城主直虎第7回感想 »

国内・世界政治一般」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/69669981

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミ報道の異常性を指摘するのなら・・・・・・・チャンスをモノにできない民進党:

« 中国人民解放軍の旅長・軍長ポストの階級と新任海軍司令員について | トップページ | おんな城主直虎第7回感想 »