« ガンヴォルトOVAがついに配信決定される!! | トップページ | ジョジョ8部ジョジョリオン感想-第7巻「孫を救え!?ついにベールを脱ぐ、祖父・4代目憲助のスタンド!!」 »

2017/02/06

おんな城主直虎第五回感想

さて、性格もステレオタイプで面白くも何ともなかった直虎を中心とした子役達の「学芸会」も漸く終わりましたが・・・・・・・・

奇しくも直親が帰ってくるか来ないかの時、戦国乱世はこれから本番と言った所だったのですが、同盟を結んだ今川義元、武田晴信(信玄)、そして北条氏康それぞれの領土拡大の様子とかほんの一時ながらも歴史に詳しくない人にも分かりやすく描かれていたのは好印象が持てたポイント。まず。相変わらず我が物顔で振る舞っていた小野政直の、他の一族・家臣達からの評判は芳しいものではありませんでしたが、一気に白髪になってしまいましたね。実際今回の話で彼は死んだのですが、その死を暗示していた変りようでした。そして、あの事件の真相も直虎に語ったと思ったら・・・・・・・彼は最期まで悪人らしい悪人でした。息子の政次(このブログでは道好と呼んでいたが、以降異名の政次で統一する)にもマキャベリストぶりを軽蔑されていた事もとっくにお見通しだった様で、今回ではまだまだ彼と直虎らとの友情は変わりない様にも見えましたが、血は争えないという事なのか。しかし、あまり先走りするのもアレだろうけど、政次の末路をあの世から見てどう思っていたのでしょうね。「どうして家康にうまく取り入らなかったんだ!!だからお前は詰めが甘かったのだ!!」とか叱っていたのでしょうかね。

今川氏はまた、一族達との争いで信長が未だ掌握しきれていなかった尾張まで狙っていた動向も描かれていましたが、雪斎の死には触れられてませんでしたね。「花の乱」とか以前にも大河ドラマにも出演されていた事のある佐野史郎氏ではちょっとイメージが違うかなあ、もっと煮ても焼いても食えぬ様な老獪さが感じられる様なキャストが良かったかなあですが・・・・・・

まあ何度も言っている通り、直虎の父、直盛は1526年が有力生年(直宗ではなく、祖父とされる直平の子ならば話はまた別ですが)なので、直虎は早くても1540年生まれ、直親が信濃に逃亡する前は面識がなかったどころか、生まれてすらいない可能性もあるのですが、ついに再会か?と思わせて、出てきたのは直満?どうやら直虎が見た夢だった様ですが、まあ現代的なじらしと言うか、ゲラゲラ笑えたほどではありません。そしてついに・・・・・・・・柴咲コウ氏のバーターであろう市原隼人氏演ずる傑山は直虎死後の小牧・長久手の戦いで活躍したらしく、秀吉による天下統一まで見れたらしいですが、何のぞき見してんだ(笑)。大器晩成タイプだったのでしょうが、この頃はまだそんな後年の活躍の予感・・・・・・・はないと言うか、直虎の死で終わりにしないで、前半は直虎&直親、後半は直政が主人公でいけば、直政晩年のクライマックスな関ケ原(まあ「徳川家康」、「独眼竜政宗」、「蒼徳川」、「軍師官兵衛」、「真田丸」とかと被りまくるけど)だけでなくここらも面白く描けただろうにと余計思います。まあ菅田将暉氏では演技力の高さは認識していながらも流石にまだ大河の主役は時期早々かなあでもありますが・・・・・・・・・・・

しかし、三浦春馬氏もいよいよ登場して、今回の話はまあまあと言った所でした。メインキャスト3人(柴咲氏はどろろでの演技は正直「一体どうしたんだ?あんたの実力はそんなもんじゃないだろ」でしたが、まあ役作り不足だったのでしょうね)そろって、漸くもっと面白くなりそうかなあです。特に直虎、直親との友情は永遠であるかに見えた政次は何故最終的に敵味方に分かれてしまったのか?高橋一生氏も耳をすませばに出演された頃から知っているけど、実力の見せどころで今年こそホントにブレイクするかもしれないですね。

|

« ガンヴォルトOVAがついに配信決定される!! | トップページ | ジョジョ8部ジョジョリオン感想-第7巻「孫を救え!?ついにベールを脱ぐ、祖父・4代目憲助のスタンド!!」 »

ドラマ・時代劇」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/69507399

この記事へのトラックバック一覧です: おんな城主直虎第五回感想:

« ガンヴォルトOVAがついに配信決定される!! | トップページ | ジョジョ8部ジョジョリオン感想-第7巻「孫を救え!?ついにベールを脱ぐ、祖父・4代目憲助のスタンド!!」 »