« マスコミ報道の異常性を指摘するのなら・・・・・・・チャンスをモノにできない民進党 | トップページ | 映画「ブルベイカー」と小池劇場 »

2017/02/20

おんな城主直虎第7回感想

視聴率がなかなか上がらないのか、キムタク主演の某ドラマはマスコミは彼の事なんか「何にを演じても・・・・」とか批判できないから、あまりドラマには出ない印象がある浅野忠信氏が代わりに叩かれてしまっている(まあ47RONINは田中泯氏と配役逆だろ、同じ浅野さん演じた方が良かっただろで、ルパンも銭形よりも次元じゃね?でしたが・・・・・・・)様ですが、このおんな城主直虎も、ゆかりの地でもある観光スポットもアクセス良くなく、花燃ゆの二の舞になるのではとまた言われている様ですが・・・・・・・・

性別自体異説もあり、まあそれ自体はまだそこまで大きな問題でもないとも言うか・・・・・・今回は検地の話な様で、この頃義元は父・氏親の遺産とも言える分国法、「今川仮名目録」にいくつか追加を施して、ほぼ完全に戦国大名に脱皮した様ですが、この検地話も確かに直親らにとってはそうした主の脱皮等時流にも逆らう事なく乗り越えなければいけなかった大きな山の一つだったのでしょう。直親と政次の確執も早くも表面化していった様なのも伺えましたが、後者が協力を呼び掛けてきた直虎に「還俗して俺と一緒になるか」と問いかけたあたり、恋愛も絡んでとの事?現代的であると言うか、直後直虎が帰らないでこもっていたのもあっさり状況が変ってしまった感じですが、ここらはもっと葛藤とか感じられる様な脚色が欲しい所だったかもしれません。そして運命の検地の日も・・・・・・・まあ結局直虎がピンチを切り抜けたのに大きく貢献しましたなオチで、特に意外性とかはなかったのですが、今川方の役人役だった木村祐一氏の、冷徹でしかし人間らしい情も感じられる好演技は光りました。役者としても映画を中心に何作も主に脇役で出演されていますが、最初から役者だったとしてももっと良い線行っていたかもしれないですね、と言うかまた、春風亭昇太氏ほどではなかったけど、普段のキャラクターとのギャップで最初誰だか分からなかったです。

そしてこちらも、阿部サダヲ氏も意外性のある配役ですが・・・・・・・・・家康と瀬名(築山殿)もついに結婚した様ですね。しかし、この結婚は1557年(弘治3年)の事だったらしいですが、雪斎の死って描かれましたっけ?まさかこのままスルー?直虎達も、家康もそれぞれキャラクターこそ違えど、今川義元という海道一の弓取りの下で、与えられた運命を受け入れながら今川家の為に働かなければいけなかったと思いきや・・・・・・ですが・・・・・・実際また、この頃は信長もまだまだ尾張一国すら掌握できていなかったのですが、さあこの後どなっていくか。今回一番良かったのは木村氏でしたね。勿論主役3人組も安心して見ていられて、三浦春馬氏はダンサーなある女と付き合っていた写真が流出しちゃったのも記憶に新しい所で、別にあの某声優カップルもダニエル・ラドクリフ氏も吹き替えていた人の方なんか不倫でも2股でも無いだろうし、謝罪する必要なんかないでしょだけど、何だか重なり合うものもいくらかある様な、直親共々恋は成就するか?果たして・・・・・・でもありますが・・・・・・・・

|

« マスコミ報道の異常性を指摘するのなら・・・・・・・チャンスをモノにできない民進党 | トップページ | 映画「ブルベイカー」と小池劇場 »

ドラマ・時代劇」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/69670981

この記事へのトラックバック一覧です: おんな城主直虎第7回感想:

« マスコミ報道の異常性を指摘するのなら・・・・・・・チャンスをモノにできない民進党 | トップページ | 映画「ブルベイカー」と小池劇場 »