« 蓮舫にまたまた標的にされた稲田大臣、何故こんなに打たれ弱い? | トップページ | 心情は理解はできるが、親の擁護は石原良純にはプラスにはならない(※2/8に追記しています) »

2017/02/04

新テニスの王子様第206・207・208話-「仮面ライダーWのフィリップらとのバトルで新境地を開いた天才くん!!そしてアトーベ様の更なる芸術的パフォーマンスを堪能せよ!!」

3月号発売日の昨日は節分で、いつの間に恵方巻とやらがゴリ押し風習になっている様である。セブンイレブンとかのバイトもノルマを課されていて、達成できなかったら買い取らされる等の自爆営業が見られる様ですが、まあ消費者が買わない事とバイトがノルマを課された時点でさっさと辞めるのが、この日本人劣化を象徴しているくだらないゴリ押しへの一番の薬でしょう。由来が由来でもあるし、世界の笑いものになるだけです。

福のはずが胡散臭い鬼になってしまっているとも言える恵方巻ゴリ押し、テニプリでもオーストラリアという、とてもとても強い鬼との戦いはまだまだ続きます。小泉(仁王)が・・・・・・・ではなく、我らがナルシストテニス戦士、バルログ・アトーベ様が彼に成りすましていた。入江は実際彼と戦って、他の誰よりも彼の事を分かるようになったのか、戦っている相手が誰なのかも見抜きかけていた様ですが、さすがのノアもいかつい犬を連れて、駆けつけずにはいられなくなった様です。

仮面ライダーWのフィリップ(ミルマン)が相手でもノリノリのアトーベ様を止めるのはもはや不可能?破滅への輪舞曲をこれがまあ、またまたカッコ良く決めてくれる!!そこに毎回しびれるっ!!あこがれるっ!!タイブレークが延々と続く様相を呈していた様ですが、ここでフィリップらダブルスコンビも「一生分のTachyon」で大勝負に打って出た!!つい先日も、チャールズ・ブロンソンさんやアラン・ドロンさんと夢の共演を果たした某映画も地上波放送されていた敏郎(三船コーチ)も「日本の中学生はもっと面白い」とも言いながらも、彼らの実力の高さを素直に認めていた様です。

そして天才くん(不二)も負けていませんでした。目が、耳が、そして脳が冴えわたってきた様で、本来の防御スタイルに戻ったと思ったら、攻撃技「光風」を繰り出した!!打球に彼がチョー素早く反応する事で球がスロー化して止まっている様に見えるというのがそのメカニズムらしいですが、川上哲治さんもビックリだ!!ここで今月のテニプリ語録だ!!


「そしてボクの時間は動き始める」wwwww


207話のタイトルでもあったけど、テラDIOwwwwwwホントに彼がその気になれば時も支配できそうです。キミ様(君島)も改めて分析していたし、頼通(平等院)やミスターT(デューク渡邊)も彼の今までの、そしてこれからの成長を認めざるを得なかった。天才くん凄い!!アトーベ様も他校キャラを珍しく(?)褒めていたけど、もう一つ大きな見せ場があった!!季節は真夏なのに寒波が襲来して、電灯が割れて、新ではどうも扱いの悪さが目立つwwデータくん(乾)も眼鏡が割れる被害を受けてしまったけど、アトーベ様の強力な必殺技は「氷の皇帝」!!これにはフィリップらもその凄まじさを認めるほかなかった様ですが、ここでもう一つ今月のテニプリ語録だ!!


「ガラスの雨に気を付けな」


アトーベ様カッコ良すぎる!!
日本は連勝!!さらにドルギアスにも最初は「バーカ・・・いちいちテメェみたいな狂犬に嚙み付くかよ」と日本語で話していたのが、流暢な英語で参謀の存在を指摘した。そして最後は・・・・・・・三連発だけど、今月の最後のテニプリ語録だ!!


「俺様のインサイドでスケスケだぜ!」
「直接お前を倒せないのは残念だがな!」

滅茶カッコ良いよ!!中畑清さんよりも断然絶好調!!いくらドルギアスが狼狽えるなと言っても、「くそガキがぁ!!」とブチ切れた直後では全く説得力ありませんww。今度は彼自ら、自分達にとっては外に追い出すべき鬼おじさんを倒す気でいましたが、日本サイドで出たのはナランチャ以上のド低能wwな金太郎だ!!サイヤ人化wwwしてもいましたが、彼の大鬼退治は果たして成るのか?


イベント情報等では目を引いたのは「お望みなら空腹も奪おうか」wwなコラボカフェとミュージカルの不二役の人へのインタビューぐらいでしたが、彼って所属事務所は上戸彩氏や米倉涼子氏らと同じオスカーなんですね。知らない人だったけど、許斐剛大先生からのスペシャルクエスチョンへの回答はいかにも雪国出身者らしかったのが印象的でした。

そう言えばまた、GWに実写映画版が公開予定な帝一の國、フィリップ役でもあった菅田将暉氏と原作者の古屋兎丸先生のトークショーの様子も紹介されていましたが、今回チョー絶好調だったアトーベ様と言えばまた、声優総選挙2017では諏訪部順一氏が14位にランクインされていましたが、凄いですね。声優さん200人が選んだらしいから、どーしてもそれ相応以上の年季と実力を兼ね備えた人が上位に来る想像は難くないですが、ベスト25にランクされた面々の中で1970年代以降生まれの人は他には関智一氏と沢城みゆき氏しかいないから猶更ですね。まあ、若本規夫氏とか藤田叔子氏とか山口勝平氏とか子安武人氏とか他にもランクインされていてもおかしくない人は何人もいますが・・・・・・・肝付兼太氏も入っていたから故人も対象内なのでしょうが、没後20年以上経っている富山敬氏ももっと長生きされていれば間違いなくそうなっていたかもしれません。

それはともあれ、諏訪部氏はまたアトーベ様を「ああ見えて努力家でもある」と評した事もあった等、流石代表作なだけあって良く理解されているですが、諏訪部氏の快挙も祝福したかのような活躍ぶりでしたね。今回のアトーベ様のパフォーマンスは。そう言えばまた、昨日TVスペシャルで某歌舞伎一家の幼年兄弟が舞台「桃太郎」に向けて稽古など頑張っていた姿が見られましたが、金太郎くんも桃太郎なんか某職員張りに「あえて言おう、カスであると!!」とも言える様な、とんでもない活躍を見せてくれるのか?ますます目が離せませんね!!

|

« 蓮舫にまたまた標的にされた稲田大臣、何故こんなに打たれ弱い? | トップページ | 心情は理解はできるが、親の擁護は石原良純にはプラスにはならない(※2/8に追記しています) »

テニプリ・許斐剛」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/69479301

この記事へのトラックバック一覧です: 新テニスの王子様第206・207・208話-「仮面ライダーWのフィリップらとのバトルで新境地を開いた天才くん!!そしてアトーベ様の更なる芸術的パフォーマンスを堪能せよ!!」:

« 蓮舫にまたまた標的にされた稲田大臣、何故こんなに打たれ弱い? | トップページ | 心情は理解はできるが、親の擁護は石原良純にはプラスにはならない(※2/8に追記しています) »