« そうするにしても、もっと上手い嘘をつこう | トップページ | モスクワの2017年クリスマス寒波と1951-52年以降の冬の平均気温について »

2017/01/08

松屋のクリームシチュー&ご飯定食を食べるのも食べないのも全く個人の自由だろうに

http://www.news-postseven.com/archives/20170108_482420.html

クリームシチュー&ごはんはアリナシ論争に松屋広報驚く

2017.01.08 07:00

 

                                                 
 
                                                                                     
 
                                 

 

                               

                                                                                                                     

 年が明けて、ますます寒さがつのる今日この頃。おせちやおもちも食べ飽きて、温かいシチューが食べたくなってくる。さて、どう食べる?  昨年末、牛丼チェーンの「松屋」で期間限定メニュー『鶏と白菜のクリームシチュー定食』が発売された(近々終売予定

 年が明けて、ますます寒さがつのる今日この頃。おせちやおもちも食べ飽きて、温かいシチューが食べたくなってくる。さて、どう食べる?

 昨年末、牛丼チェーンの「松屋」で期間限定メニュー『鶏と白菜のクリームシチュー定食』が発売された(近々終売予定)。白いシチューにパンではなくご飯を合わせたこのメニューに、ネットやテレビで賛否両論が飛び交う大論争に発展したが、年をまたいでも、「クリームシチューとご飯って、ありえない! クリームとお米は絶対合わない」「いやいや、ドリアやリゾットと一緒でしょ!」 などと「アリ」か「ナシ」か、いまだ白熱中なのだ。

 しかし「論争が起きたこと自体、驚きました」と松屋フーズの広報担当はどこ吹く風。

「もともと、松屋はご飯ありきのお店。だから、開発する時も特に『ナシ』という人はいませんでした。ただ、ご飯と合わせた時においしく食べられるよう、味付けにしょうゆを使ったり工夫しているんですよ」(広報担当)

 シチューの恋しいこの寒さで火がついた「アリナシ論争」は、同じく冬の大定番「おでん」にも飛び火。つまり、おでんをご飯のおかずとして食べるのかそうでないのか。また「シチューにご飯」という組み合わせから、「ラーメンにご飯を浸して食べるか否か」の論争まで巻き起こっている。

 ウチでは当たり前のことが、お隣さんの食卓では非ジョーシキ。食卓を巡る男女400人の「アリナシ」大調査からはそんな現実が浮き彫りになりました!

【結果】
アリ派:62.2%
ナシ派:37.8%

 アリ派からはこのような意見が。

「おかずとして食べたいから、コンソメを入れたりしてご飯と合うような味付けに調整する」(40代男性)

「食べ盛りの子供3人がいるので、パンよりご飯のほうが安く済む。いわばカレーライスのようなものですね」(30代女性)

 テレビ朝日の宇賀なつみアナ(30才)は『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)で、「パンもいいけど、ご飯と合わせるとまた違ったおいしさがある」とあくまで中立を貫いた。

※女性セブン2017年1月19日号

まあこのブログで態々取り上げるほどのネタなのかかなり微妙だけど、せっかくの3連休なのに他にもこれといったネタがなかったのであえて。

長屋王が反対した、聖武天皇生母の藤原宮子の呼称問題も大多数の庶民達にとってはどーでもいい話で、長屋王も藤原氏にも過剰な対抗意識持たないでもっと柔軟に対応していればああいう最期にはならなかったかもしれなかったけど、この所謂シチュー&ご飯有り無し論争で騒いでいる人達って、この定食が販売開始になったせいで、他の期間限定定食が販売終了になって、食べられなくなったのにいじやけているのか?でも違うでしょ?そうじゃないでしょ?

例えば縮小する前の東京チカラめしや天丼てんやは茨城には店舗が無くて、私事で恐縮だけど、前者はたまたま野田まで行った所、帰りにチーズ牛丼買ったけど、後者は同じ千葉県でも市川市の南行徳方面まで行くがてらふもと赤鶏天丼弁当買おうと思ったら道が混んでいてそこまでいけなくて結局買わないまま帰ったオチでしたが、松屋はほぼ全国どこにでも店舗あるし、そんな事ないでしょ?食べたいと思えばすぐ食べに行けるでしょ?

最近も原発いじめとか、電通社員自殺事件とか起きた、特有の歪な同調圧力が見られる日本らしい論争(電通については所謂鬼十則は吉田秀雄が社長だった時はそういう意識を持たなければ生き残れない時代だったのだろうけど、時代が変われば必要なものだって変わるのだし、教条主義でもあるのですよ。)とも言えるし、松屋も吉野家やすき家とかライバル牛丼チェーンとの差別化とか色々企業努力しているのだろうけど、食べたければ食べればいいし、食べたくなければスルーして食べなければいいだけの話でしょう。別に難しい話でも何でもない。

そう言えばまた、ガリガリ君コーンポタージュ味も実際食べてみたら案外イケた味で悪くはなかったとも思いましたが、他人がご飯に甘いクリームアイスをぶっかけようが、パンに唐辛子を塗りたくろうが知ったこっちゃないです。迷惑かけない限りは全く個人の自由です。あともう少しで成立するトランプ政権、トヨタ(個人的にはあまり好きではないけど)も標的にされていて、日本にもどのような形で影響が及ぶのか予断を許さない状況なのに、ホント平和だなあと言うか・・・・・・・・・

「君の名は」とか「シンゴジラ」とかをディスっていた井筒監督とマツコ・デラックス氏の某対談も・・・・・・・後者はまだ鋭く本質をついていた面もありながらも、「ヘンタイさんが後ろ指さされたり、白い目で見られながらもコツコツと築いてきた」とかそのアニメ観には強い偏見も(まあ確かにさあ、「?」な内容の深夜アニメも目立ってないわけでもないけど。「艦これ」もいつの間に劇場版も公開されてしまった様だけど)垣間見られ、まあ所詮その程度の人なんですよと言うか、正直出てきた直後からマスコミや取り巻きが面白がっているだけで、「マトモじゃない」認定していたんで、別に失望とかはしなかったけど、自己中心的で自分の狭い価値観に囚われて、他人の価値観を理解できず、理解しようともせず、過剰に騒ぎ立てたって日本人だろうが外国人だろうがマトモな神経の人には嘲られるだけで何のプラスにもならないです。所謂「サカ豚」とやらもその典型例な様ですが、クリームシチュー&ご飯定食が出たぐらいで、それが一体日本人各々の将来の生活にどう影響するというのか?せいぜい松屋の社員達だけで、大多数には殆ど影響なんてないでしょ?個人的な嗜好の域を出ない話でしょ?もっと関心持って、真剣に議論できる様にもした方が良い話がいくらでもあるでしょ?年金問題とか慰安婦問題とか沖縄の基地問題とか、そういう事ですよ。

|

« そうするにしても、もっと上手い嘘をつこう | トップページ | モスクワの2017年クリスマス寒波と1951-52年以降の冬の平均気温について »

社会」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/69163981

この記事へのトラックバック一覧です: 松屋のクリームシチュー&ご飯定食を食べるのも食べないのも全く個人の自由だろうに:

« そうするにしても、もっと上手い嘘をつこう | トップページ | モスクワの2017年クリスマス寒波と1951-52年以降の冬の平均気温について »