« 巨人を意識するのは良いけど、阪神の2010年代は負け越しの可能性が | トップページ | 松屋のクリームシチュー&ご飯定食を食べるのも食べないのも全く個人の自由だろうに »

2017/01/07

そうするにしても、もっと上手い嘘をつこう

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170107-00000044-dal-ent

木村拓哉 デビュー直後から笑いのセンスはメンバー随一!“笑いの師匠”明かす

デイリースポーツ 1/7(土) 14:44配信    

 12月末で解散したSMAPの木村拓哉のお笑いの才能は15歳の頃からメンバーの中でもずば抜けていたことを7日、大平サブローが生出演したカンテレ「胸いっぱいサミット!」で明かした。

 SMAPがまだデビューして間もない頃、テレビ番組でトリオ漫才を教える企画があった。メンバー一人ひとりと大平サブロー・シローが組んでトリオ漫才を披露したという。サブローはMCのますだおかだ増田英彦から誰が上手だったかを問われると「木村君」と即答。当時はまだ若かったため、面白いことを言おうとして、ついスベってしまうメンバーもいた。だが木村は別格。「まだ15歳くらいやったけど、素のまま表情変えずにボケるから笑いがドカーンときた」と振り返った。

 そんなエピソードに、共演者から「サブロー・シローさんがSMAPに笑いを教えた?」と問われると、我が意を得たとばかりにニヤリ。「SMAPの笑いの元は俺ら」と胸を張っていた。

大平サブロー氏も故人らしい相方と共に80年代の漫才ブームの代表的な存在となった大物らしく、だからジャニーズ事務所から、うちの木村、解散したばかりだけど今度ドラマにも出るし、イメージ回復の為にもマスコミにフォローしてくれとか頼まれたのでしょうね。しかし、同じお笑い芸人の田村淳氏が中島裕翔氏の痴漢疑惑や七連泊等の不祥事から反らす為にファン公言した以上に苦しいフォローですね。ヤフコメでも言っていた人もいた通り、ツッコミにそこそこ笑えた事はあっても、ギャグセンス随一とまでは思えないです。メンバーの中で一番そういう素質あるのは中居氏でしょう。まあそういう大物芸能人やマスコミを使って、恣意的なイメージ回復作戦やんなくても、「何を演じてもキムタク」とかの殻を破れれば彼に対する評価だって自然と変わっていくとも思いますが、どうかなあ・・・・・・・ガッキー&星野源氏の逃げ恥レベル(平均視聴率14.5%)とまでと言うか、視聴率15%が最低ノルマだよね、でも今のキムタクにはそれすら難しいノルマだろうなあ、下手すれば主演連続ドラマではワーストの安堂ロイド(実際見たら確かに残念ながら駄作認定せざるを得なかった)をも下回ってしまうかも?でもありますが・・・・・・・

|

« 巨人を意識するのは良いけど、阪神の2010年代は負け越しの可能性が | トップページ | 松屋のクリームシチュー&ご飯定食を食べるのも食べないのも全く個人の自由だろうに »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/69154830

この記事へのトラックバック一覧です: そうするにしても、もっと上手い嘘をつこう:

« 巨人を意識するのは良いけど、阪神の2010年代は負け越しの可能性が | トップページ | 松屋のクリームシチュー&ご飯定食を食べるのも食べないのも全く個人の自由だろうに »