« ジョジョ8部ジョジョリオン感想-第4巻「彼は吉良であって吉良でない?そしてホリーも何者?」 | トップページ | おんな城主直虎第二回感想 »

2017/01/15

ジョジョ8部ジョジョリオン感想-第5巻「逃れられぬジョースター家の宿命!?カツアゲロードをめぐる悲しき秘話!!」

明日は井伊直虎第2回の感想予定なので、このジョジョ8部5巻感想も書きます。

カツアゲした相手に定助を使って仕返しするどころか、別の爺さんからカツアゲされてしまった常秀、下手な言い訳も全く通用しなさそうでしたが、いかにもごじゃっぺな兄ちゃんトリオにも絡まれてしまった。胸は確かに爆乳(まあエイケンの連中に比べれば大した事ないがww)ながらもあまり可愛くない姉ちゃんに包みを渡す事を要求したのですが、その中身が何だったのかは誰でも容易に想像できたでしょう。

自分で自分の手を汚さない小賢しさ、姑息さ、卑劣さと常秀と似ていた様ですが、どうやらカツアゲが頻発する原因は道路の落ち葉にあって、彼ら住人はそれを悪用している様である。定助もこの落ち葉を利用して見張っていた警官をぶちのめした様だけど、やはりと言うか、それはオータムリーブスという名のスタンドだった!!そして常秀もずる賢く金を奪って逃げるも、この不良トリオにつかまってジエンドかと思いきや、彼もスタンド能力に目覚めた様である!!ナットキングコールと言って、ネジで対象物を分解し、また取り付ける事とかが出来るようですが、手首が外れたのが元に戻ったと思いきや・・・・・・・両利きだったらまだ良かったのだろうけど、これからの生活不便だろうなあ、まあこの後他の仲間2人と一緒に警察のお世話になる可能性もありそうだけど、ご愁傷様ですね。(苦笑)

DIOばりに「最高にハイってやつだ!!」な気分だったであろう常秀が一番得をしたのか?そうではなかった。彼を拘束していた警官二人組も、まだアバッキオの方がそれらしかったかなあでしたが、ソフトアンドウェットも応用しながら金を回収した等定助が主人公らしく一枚上手だった様である。

ここでこのカツアゲロードもめぐる、ジョースター家と東方家の過去の秘話が明かされて、今までの部は二部がスピードワゴン、三部がジョセフ、四部が承太郎、五部が康一と前の部のレギュラーキャラがその繋ぎ役みたいな役割を担ってきた。六部は承太郎が主人公の保護者、DIOがラスボスの友人として回想でしばしば登場はして、スティールボールランは当初ジョジョ七部と明言されなかったながらもそのラスボス(プッチ)による一巡後の世界である想像は容易ながらも途絶えていたのが、今回また繋ぎ役が復活かと思いきや、それは脇役の、常秀&定助をカツアゲした爺さんだった!!また一味違った変化球みたいでしたが、ジョニィはエリナ、あっ間違えた理那とは大西洋を航行していた客船で知り合ったらしいけど、ディオを倒していたから襲われず、牧場での幸福な生活がいつまでも続くと思いきや・・・・・・・・

何かを得るには何かを犠牲にしなければならないって、ハガレンでも根幹をなした哲学・価値観で、個人的にジョニィはあまり好きではないけど、家族に対する愛情は本物で、特に一人の女性を大切にする、それ故に今度は息子を襲った奇病はまさに一難去ってまた一難で、余計痛々しいものがあったけど、聖なる遺体というパンドラの箱を開けた故の悲劇的な早世と・・・・・・・・・・ジョージ3世やジョセフはまだ分からないし、自身も入院患者なホリーは、夫の方が既に享年45歳、または46歳の故人だったという設定ですが、残念ながら一巡してもジョニィはジョースター家の宿命から逃れられなかった様です。しかし、そんな話を聞いていた内に康穂が新手のスタンド使いに襲われてしまった様ですが、金を取ろうとしたこの爺さん、ちゃっかりしてましたね。と言うかこれ書いている時点ではまだこの5巻までしか読んでないけど、彼は現在も健在なのですかね?次々と新たな謎が明らかになって、普通に面白いです。少なくともここまでは・・・・・・・・・

|

« ジョジョ8部ジョジョリオン感想-第4巻「彼は吉良であって吉良でない?そしてホリーも何者?」 | トップページ | おんな城主直虎第二回感想 »

ジョジョ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/69257099

この記事へのトラックバック一覧です: ジョジョ8部ジョジョリオン感想-第5巻「逃れられぬジョースター家の宿命!?カツアゲロードをめぐる悲しき秘話!!」:

« ジョジョ8部ジョジョリオン感想-第4巻「彼は吉良であって吉良でない?そしてホリーも何者?」 | トップページ | おんな城主直虎第二回感想 »