« 民進も大概だが、いい加減右左いずれかに偏り過ぎ? | トップページ | 巨人を意識するのは良いけど、阪神の2010年代は負け越しの可能性が »

2017/01/04

新テニスの第203・204・205話-「今度の相手は仮面ライダーWのフィリップ?詐欺師の秘策!!そしてバルログ・アトーベ様は・・・・・・」

2017年2月号の表紙を飾ったのは、もうすぐTVアニメ版新シリーズ放送開始という事で青の祓魔師の登場キャラ面々でした。そう言えば、弟役の福山潤氏の、某巨大掲示板でのアンチスレも先日目にしたけど、スクエアでの岡本信彦氏と一緒に受けたインタビュー(今月号も原作者の加藤先生や中井和哉氏と共に応じたインタビューが掲載されている)も「こいつ主役じゃないのに何偉そうな事言ってんだよ。」とか「自分が主役である時とそうでない時とで共演声優に対する態度違くないか?」とか、かって声優グランプリ2007年9月号で上半身ヌードを披露した事等共々叩かれてましたね。確かに、まあ相撲声(特に印象に残った作品ではトッキュウジャーがそんな感じだったかな?)と言うか、やや演技不自然に感じられた作品もないわけではないですが、そんな嫌われるような人なのでしょうかね。まあ例えば松岡禎丞氏などは例の「かんけーし」事件とか内海賢二氏の病死をネタにしたツイートとかはさすがに擁護しかねますが・・・・・・・

まあそれはともかく、今年初の新テニプリ感想です。ラジオでもしっかり母国の敗戦の報を聞いていた様である、美形参謀ノアでしたが、表情と言っている事が一致してなかったですね。対する兄のドルギアスは「使えねぇザコ共」と吐き捨てる様に酷評して、次の出番を待っていたダブルスコンビにコンディションとか確認していた様ですが、その片割れ、どこかで見た様な?

https://twitter.com/LAAAAAAP/status/503789624196476929/photo/1

これは仮面ライダーWという特撮番組でのW主人公だったフィリップ&祥太郎(それぞれ菅田将暉、桐山漣各氏が配役)の画像が載っているあるツィッターでのページですが、対してこれは・・・・・・・・・・

2017021

今度は金髪に染めた様だけど、やっぱフィリップだ!!wwwお前こんな所で何してんだ!!wwwいつからテニス戦士になったんだ!!wwww翔太郎はどうしたんだ!!

日本代表は天才くん(不二)と小泉(仁王)が出る様で、精神統一をしていた様ですが、ドルギアスへの復讐の機会を狙っていたかと思われる我らがバルログ・アトーベ様も「お前ら次の試合・・・・負けるぞ」な不吉な予言をします。

試合が始まり、フィリップはこの人間の姿をしたテニス星人達ばかりの世界ではミルキー・ミルマンと名乗っていて、学年も中学二年らしいけど、まあそんなのはどうでもいい。しかし、やけに「~ス」語尾で話していたけど、フィリップってこんなキャラだったっけ?彼の必殺技はTachyonと言ったらしいけど、これがまあ、特撮戦士としても先輩な月光仮面(越智)のマッハよりも速いらしい。小泉も無策ではなく、後ろ限界まで下がってフィリップの十八番の必殺技を返そうとするも、翔太郎じゃない、ユアン(マック・マクレガー)という相棒が返してゲームはオーストラリアの1-0に。

観客達が歌っていたのはどうやらオーストラリアの国歌だった様で、ますます流れがヤバい事に・・・・・・と思いきや、小泉は誰にもイリュージョンする様子を見せない!!ゴウキ(鬼)や晴信(真田)もそんな彼の様子に驚きを隠せない模様。特に晴信は必死に檄を飛ばすも、あくまでオリジナルで行く様である。それでも3-3と善戦していて、この世界では繰り返し言及する様にユアンという新たな相棒と組んでいるフィリップも心底ゲームを楽しんでいた様である。

シーソーゲームの様相となっていったけど、ここで天才くんも負けじと羆落としを、これがまあカッコ良く決めてくれて、本来の返し技中心のスタイルで大きくアピールしてくれた。さあ、ここで今月のテニプリ語録だ!!

「アンタ等凄ぇースから・・・・・・最後にもっと速いヤツ見せたげるっス!」

そんな事言ったフィリップが繰り出した超必殺技はNeutrinoだ!!しかし・・・・・・・・・・フィリップとユアンは確かに天才くんとは戦っていたが、小泉とは戦っていなかった!!彼らが戦っていたもう一人の男・・・・・・それはアトーベ様?自分を他人にイリュージョンしたのではなく、他人を自分にイリュージョンさせて戦わせていたのか?ゲームは6-6でタイブレークとなったけど、勝負の行方やいかに?

何だかここ最近薄味風味になって、ややテニプリらしさがスポイルされていた様に思えましたが、フィリップの登場にイリュージョンしなかった小泉とアトーベ様の意外性と流石許斐剛大先生!!予想もつかない演出を魅せて、今回は久々にかなり笑えましたね。アトーベ様はストⅤでも、鉄拳7でも登場した豪鬼(デッドオアアライブでもいつの間に?そう言えばまた、不知火舞も今年の大河主人公でもある井伊直虎共々参戦した様ですが)とも戦う様になったけど、ドルギアスへのリベンジ第一章と言った感じですか。

そう言えばまた、4月からは氷帝を主人公としたミュージカルが上演予定らしく、桐山氏もテニプリミュージカルでの共演経験がある一部面々とも仲が良いらしいですが、デビュー時は仮面ライダーシリーズ最年少主人公ながらも彼以上の出世を遂げている菅田氏も暗殺教室に銀魂に、デスノート、そして2月号でも宣伝ページ乗っていたけど、帝一の国もと最近ジャンプ系漫画の実写化作品にも結構縁がありますね。

テニプリにも、ミュージカルか実写映画版続編にでも出演してくれればなおウケるのですが、そうですよ。その調子ですよ!!許斐大先生!!青の祓魔師は前述した通りですが、双星の陰陽師も、アトーベ様も出演されているけど、ジョジョシリーズも記憶に新しい、殿(徳川)でもある小野D氏も新たなキャストに迎えてテーマ曲も一新、ゲームも発売予定な様で、本編でも男女の入浴シーンも見られましたが、TO LOVEるもネメシスが大胆なハーレム計画を公言して、アレも丸見えな定番のエロも交えながら、表紙で着物を着ながら照れ笑いしていたのも普通に可愛かった春菜ちゃんがついにリトに告白した。

どうしても好き嫌いは別れる作風なのは否めないながらも、実生活であの様な酷い目にもあいながらも、こういう漫画を描き続けられる矢吹先生もやはり武士のならぬ漫画家の一分を持ったプロなのだろうけど・・・・・・・・・・・憂国のモリアーティもついにみんな知っているあの人が登場?新連載のBLACKTORCHも画線がやや汚い等雑さも感じられながらも、一定の期待も持てそうでしたが、許斐大先生も負けてられない!!今年は是非紅白歌合戦にも出場して、グダグダになってしまった去年の汚名も挽回してもらいたい所である!!「お前、いつまでそんな妄想垂れ流しているつもりなんだ」と思うかもしれないけど、それは違う!!「テニプリっていいなあ」でもその美声と笑いで全国のファンを感動の渦に引き込んでくれたけど、それぐらいの快挙を成し遂げないと、集英社専属のアーティストになった意味はないっ!!ネスカフェのCM出演ぐらいではまだ足りない!!2017年、しょっぱなから良い意味でエグイ変化球を投じてくれた大先生ですが、今まで以上に「神ってる」ドラマが見られると信じて疑わない!!であります。

|

« 民進も大概だが、いい加減右左いずれかに偏り過ぎ? | トップページ | 巨人を意識するのは良いけど、阪神の2010年代は負け越しの可能性が »

テニプリ・許斐剛」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/69111891

この記事へのトラックバック一覧です: 新テニスの第203・204・205話-「今度の相手は仮面ライダーWのフィリップ?詐欺師の秘策!!そしてバルログ・アトーベ様は・・・・・・」:

« 民進も大概だが、いい加減右左いずれかに偏り過ぎ? | トップページ | 巨人を意識するのは良いけど、阪神の2010年代は負け越しの可能性が »