« ジョジョダイヤモンドは砕けない第三十六話-「早人がやらないで誰がやる!?母を救え!!必死のマル秘大作戦!!」 | トップページ | ホントに「シロ」ならばアクション起こすのは早ければ早いほど良い(12/9に追記しています) »

2016/12/04

今オフの巨人補強、これでホントに「大型」なのか?(※12/14に追記しています)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161201-00000003-wordleafs-base

巨人の大型FA補強への賛否が再沸騰!

THE PAGE 12/3(土) 12:00配信    

 V奪回を狙う巨人が大型補強に成功した。先発では横浜DeNAで今季11勝をマークした山口俊(29)、左の中継ぎでは、ソフトバンクの森福允彦(30)をFAで獲得。かつて巨人の“十八番”だったFA補強は、2014年オフにヤクルトの相川亮二、横浜DeNAの金城龍彦の2人を獲得して以来、2年ぶり。

 先日トレードでは、将来の大砲候補と言われ続けた大田泰示(26)を放出して、日ハムの先発、吉川光夫(28)を獲得、菅野智之(27)、田口麗斗(21)、マイコラス(28)の3人にしか計算の立たなかった先発陣をテコ入れした。

 まだ正式発表はされていないが、新外国人として元楽天のケーシー・マギー内野手(34)とも合意。これは、阪神との争奪戦に勝利したもの。昨年オフは、野球賭博問題の影響からか沈黙を守っていた巨人が来季の巻き返しに向けて超本気モードで、このオフに大補強を仕掛けたのである。
 
だが、広島や日ハムという補強に頼らずチーム生え抜きの育成に主眼を置いた両チームがペナントレースを制した球界の流れに逆らうような、その強化手法に対して早くも賛否両論が浮上している。毎年オフの恒例行事だった巨人の強化手法に関する是非論が2年ぶりに再沸騰したのだ。

 元巨人OBでヤクルト、西武で監督、ロッテではGMを務めた“大御所”の広岡達朗氏は一刀両断した。

「巨人の監督、コーチが“うちでは選手を育てることができません”と言っているような補強だ。特に失望したのは、吉川ー大田のトレード。大器と呼ばれた大田を育てきれなかった。昔話で恐縮だが、古き良き時代の巨人は決してこうではなかった。トレードなどの補強はあったが、中心となる選手は走攻守3拍子が揃っていて、しっかりと内側から育て、チーム内に激しい競争の原理があった。
 日ハム、広島の優勝は、育成の重要さを示し、またソフトバンクも、今オフはFA補強に乗り出さなかった。外国人にお金をかけるのは、資金力のある球団の長所としてよしとすべきだが、数年前から3軍を作り、育成の重要さに気がついたのだろう。巨人も3軍制を採用した。生え抜きの育成に目を向けていると思っていたが、また同じことを繰り返している。これでは選手が育たない。FA補強で勝って意味があるのか」

 巨人フロントが聞けば耳の痛い辛辣な意見。昨季はソフトバンクが金満野球の批判を受けたが、巨人が来季V奪回に突き進んでも、金満野球という批判の声が外から乱れ飛ぶことは免れないのかもしれない。

 その一方で元千葉ロッテで評論家の里崎智也氏のような巨人の手法に理解を示す向きもある。

「巨人は勝つことを宿命づけられているチームです。もし来年も優勝を逃すようなことにでもなれば高橋監督へのバッシングの嵐が吹き荒れるでしょう。他チームとは立ち位置が大きく違うと思うんです。そうなると、資本力のあるチームですから、FA補強に乗り出すのは仕方がないのではないでしょうか。フロントも含めて他のチームに比べて負けられないプレッシャーは尋常ではありません。
 どのチームにも主力の力が落ちる転換期があります。巨人は、ほとんどBクラスには落ちていないチームです。そういう転換期をうまく補強で乗り越えることに成功しています。今、巨人は、その転換期に入っています。先発がいないところに山口、吉川の2人が加わり、菅野、マイコラスが開幕から万全で揃えば、田口も含めて先発が5人揃います。また森福の加入で山口鉄への負担も減るでしょう。
 広島から2桁勝った黒田が抜けることを考えると、現時点で巨人が優勝候補でしょう。そう予想させるチームをオフに作ったフロントの仕事は評価しなければならないのでは」

 里崎氏の意見のように、巨人が敢行した大型補強は、勝つことを義務づけられたチームの宿命と捉えることもできるし、メジャーのヤンキースやレッドソックス、ドジャースなど資金力のあるチームが堂々と推し進めている強化スタイルのような企業努力の結実とも捉えることもできる。

「金でかき集めたチームに負けたくない」との“アンチ巨人”のモチベーションを高める意味でも巨人が強くなければペナントレースは面白くない。同じく楽天も、星野副会長の号令のもと大補強に動いたが、巨人にだけその補強戦略に賛否両論が沸き起こるのも、巨人ブランドが健在であることの証拠かもしれない。

(文責・駒沢悟/スポーツライター) 

まあ、ちゃんと里崎氏の様な肯定的意見も載せているあたり、少なくともとにかく巨人と自民党を叩きたくてしょうがないゲンダイの記事よりはマシ(ライターの駒沢氏はV9時代から活動しているスポーツ報知OBらしいから当然であるとも言えるのかもしれないけど)で、困った事に最近でもYOU TUBEでの「闘魂こめて」とかでの動画で坊主憎けりゃ袈裟まで憎いと言わんばかりに荒らしているのもいるけど、アンチだってあまり言わないであろう言いがかりでしょう。

そりゃ1970後半~80年代ヤンキースの様に、監督の首をすぐ替えて、挙句の果てにミスターメイとかこき下ろした某大物移籍選手の不利な情報を得ようとしてオーナーが停職(これで却ってマイナーから有望が若手が台頭する様になったのだけど)したり、別所事件や江川事件等の強引な選手獲得もしばしば見られたけど、つい最近までの巨人みたいに手あたり次第4番やエース投手を取りまくるのは考えものでしょう。と言うか、それに比べれば森福投手はともかくとして、山口投手吉川投手はどうしても補強すべきだったのか、疑問符付きだし、他にも狙っているらしい陽選手は、彼は2010年以降は右翼を守っているらしいけど、巨人では大半は長野選手が守ってきて、終盤は亀井選手が右翼で長野選手が中堅守っていた様だけど、やはりどうしても取る必要があるのか?(主軸としては物足りない数字だったギャレット選手の代わりに左翼の方を守らせるとかのつもりならばまた話は別だけど)で、まあマギー選手も来年37歳で同じ三塁の村田選手がいるけど、楽天時代以降の劣化も指摘されている様だし、総じて「巨人にしては」小粒と言うか、もっと大物な選手はメジャーに行っちゃうし、一方で捕手については小林選手は現状の能力では心もとなく、90年代みたいに長く規定打席到達者不在等に陥る可能性もあるけど、どうなのかな?である。補強の方向性についてならまだしも、それ自体あたかも悪い事であるかの様に非難するのはおかしいでしょう。

と言うかまた、西武監督に就任した辻氏についてのコメントも「ロッテGM時にコーチとして誘った事がある」って、その時彼はまだ現役だったでしょで、広岡氏には広岡氏なりのジャイアンツ愛があるのも分かるけど、広岡氏が現役だった頃も、広島でもコーチとして同僚だった関根潤三氏とかONに続く五番打者候補次々と補強していたし、監督時代もヤクルトの時は長く優勝チームの得失点差最少記録を保持していたほど打ち勝つ野球で1978年に日本一になったのは良かったけど、理想を早急に求めすぎて、マニエル放出の失敗トレードもした事あったのはもうお忘れか?西武時代にも権限とかで揉めたのも周知の通りですが、補強に関しても広岡氏はいつまでもご意見番のつもりかどうか知らないけど、あーだこーだ言える立場じゃないでしょう。これじゃあGM時代にホントにコーチとして起用しようとしたらしい「喝!!あっぱれ!!」の某野球解説者や、五輪組織委員会を務めていて、嫌いな某東京都都知事との連携も余儀なくされている某元総理の事も笑えない。巨人と言えばまた、ユニフォームも4年ぶりにビジター用がグレー地に変更された等より1953年式に近いデザインにマイナーチェンジされた様で、まあ来年優勝できるかどうかこれで果たして・・・・・・ですが、去った方の大田選手だって開花する可能性だってあります。巨人に来た方の選手各氏も外野の雑音とかにも惑わされないで、来てくれてよかったなあと思える様な活躍ができる様頑張って下さいですね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161214-00000130-spnannex-base

陽岱鋼 巨人入り合意 初のFA選手「トリプル獲得」、背番は2

スポニチアネックス 12/14(水) 15:10配信    

 巨人は14日、日本ハムからFA宣言した陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)外野手(29)と合意したと発表した。山口俊、森福に続き、初のFA選手「トリプル獲得」が実現した。

【写真】一足先にFAで巨人入り、高橋監督(中央)と活躍を誓う山口(左)と森福

 今オフ最後のFA選手の去就が決まった。巨人・堤辰佳GM(51)は報道陣に対応し「陽選手ときょう、正式に合意しました。代理人とOKということになったので本人にも連絡した。お互いに“よろしくお願いします”ということだった」と話した。

 出来高などの条件面については最終調整中だが3年総額10億円以上を用意し、背番号は2に決まった。19日に都内で入団会見を行う予定。堤GMは「補強はきちっとしないといけない流れで、センターを守ってもらえる選手をしっかりとれたのはチームにとってはプラスになる」と話した。

「ああ、やっぱりね。」な感じ。外野守備どうするの?と言ったけど、陽選手が中堅守る様ですね。ヤフコメでのコメントは費用対効果が疑問と言った人とかが特に的を得ているかなあでしたが・・・・・・・・これで良くも悪くもいくらかいつもの巨人らしくなってきたかなあですが、やはり彼らのポジションよりも重要なのはリリーフ投手と捕手ですね。前者は164キロ右腕のカミネロ投手を獲得した様で、ゲンダイではノーコンとか叩かれてましたが、マー君&マエケンが確かメジャーの方が日本よりストライクゾーン厳しいと言っていた記憶があるのですが、彼が期待通りの活躍できれば、巨人は来年のV奪還に大きく前進する事になるのかな?その確率はカミネロ投手獲得前が40%だったのが、70%ぐらいにはなっているかなあと。そりゃ、現役引退させてまで監督になってもらった高橋監督を男にしないと球団も体裁よくないでしょうしね。果たして・・・・・・・・ですが・・・・・・・・あと、巨人がオリックス化しているという様な事書いた某記事も目にしたけど、阪神やオリックスが巨人の悪い点まで真似して、巨人以上に失敗が目立っていると言った方が正しいです。まあ阪神は同じ虎でもあるMLBデトロイト同様戦後は15~20年に1・2回優勝しているジンクスがある(CSのおかげで2014年にも日本シリーズ出場は果たしたが)ので、次の優勝は2020年頃でしょうけどね。オリックスは・・・・・・・・ユニフォームも変えた様ですが・・・・・・・・

|

« ジョジョダイヤモンドは砕けない第三十六話-「早人がやらないで誰がやる!?母を救え!!必死のマル秘大作戦!!」 | トップページ | ホントに「シロ」ならばアクション起こすのは早ければ早いほど良い(12/9に追記しています) »

NPB」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/68708152

この記事へのトラックバック一覧です: 今オフの巨人補強、これでホントに「大型」なのか?(※12/14に追記しています):

« ジョジョダイヤモンドは砕けない第三十六話-「早人がやらないで誰がやる!?母を救え!!必死のマル秘大作戦!!」 | トップページ | ホントに「シロ」ならばアクション起こすのは早ければ早いほど良い(12/9に追記しています) »