« 公害防止管理者試験合格証書と私の実体験記 | トップページ | ムキになってまでノンスタ井上擁護してもウーマン村本には絶対プラスにはならない »

2016/12/17

ジョジョダイヤモンドは砕けない第三十八話-「ついに決着か!?殺人鬼の執念とあいつのまさかの復活劇!!」

http://jojo-animation.com/story/38.html

近くの民家に逃げ込んだ仗助・早人、勿論それはほんの一時しのぎに過ぎません。浩作に成りすましていた吉良上司への遅刻の電話もしっかり忘れませんでしたが、仕事の引継ぎとかも円滑になされたのだろうか?まさか自分の正体が知られるのを想定して、何日も前から早人をターゲットにしていたとも考えにくいですが、「能ある鷹は爪を隠す」を地で行ってもいた様だし、これ以上は突っ込まない。その電話を終えた直後に絡んできた男、平日(1999年の7月16日は金曜日。最近の年では2004年や2010年もそう)なのに昼まで寝るつもりだったとは良い御身分な事。サービス業とかなら話は別ですが、見た目からの印象で、フリーターかニートな想像は全然難くなかった。そして相手がスタンド使いとも知らずに、パンティに手を出して、キラークイーンの爆弾により命そのものを失ったのはモラルを無視した快楽の代償としては普通に大きかった。

快楽と言えば、それは吉良もこの男以上の悪行を重ねてきて、しかし「植物の様な平穏な生活」の維持だけを求めてきたこの矛盾、それは自分本位故の矛盾で、運命の悪戯も相まってこの様な状況となってしまっていて、悪役らしい悪役とも言えるのですが、彼は仗助の位置を完全に把握していた!!何故!?固まった血をガラスの破片に閉じ込めて、それを飛ばして背後から吉良に命中させた等一泡吹かせもしましたが、逃げる前から決してノーダメージではなかった仗助の方がダメージが大きい!!クレイジーダイヤモンドは色々応用できながらも、自分の傷は治せない等ご都合主義には陥ってない絶妙なバランスで最終盤においても白熱したやり取りを見せていましたが、そんな仗助は早人にポケットからライターを出させ、彼の上着のポケットに火をつけて近づけた!!早人にはその意図が理解できなかった様ですが、幽霊の吉良親父が出てきた!!

確かにボソボソ声なのもあったのだろうけど、吉良も早く仗助を仕留めるのに必死で、余計彼と親父の声の区別等判断できなかったのでしょう。同じ千葉氏ボイスでは他の側近と違ってベガへの忠誠心厚かったファンも最期はベガ共々死んだらしいですが、裏から息子を守ろうと色々サポートしてきたこの幽霊親父も一足先に退場です。自分の唯一の味方をペテンにかけられて葬ってしまったのでその精神的ダメージは余計大きいものがあったでしょう。いつの間に仗助が目の前に来てしまい、サシでの殴り合いも敗北かと思いきや、彼にはまだストレイキャットという心強い味方がいました。

自分が攻撃されていると思って本能でクレイジーダイヤモンドの攻撃を防いだ、そして空気弾を再び発射!!もう仗助にかわす力も残っていない・・・・・・・と思いきや・・・・・・・・ここで大河・真田丸や元AKBのあっちゃんとの共演作でもあった毒島ゆり子等今年の高木氏はドラマでも大活躍されたけど、億泰が「実は生きてました」発動でまあ美味しい所を持っていった!!夢の中で兄貴・形兆が登場して、弓と矢で何人ものスタンド使いを誕生させてもしまった粗暴な性格だったけど、兄弟愛は本物だった。仗助との友情もまた然りでしたが、他のラスボス達同様悪運が強かった吉良もついにチェックメイトか?それとも、フリードリヒ大王とかの様な奇跡の大逆転がまだ待っているのか?

ロックマンも来年でシリーズ30周年を迎えるけど、連載30年の節目を迎えたジョジョもついに発行部数が一億の大台を突破したのも実にタイムリーな快挙です。このTVアニメ版ダイヤモンドは砕けないの盛り上がりも相まって。まさにグレイトだぜ!ですね。7部の文庫化等当然色々記念イベントも目白押しな様ですが、泣いても笑ってもあと一話ですね。2016年の締めくくりにもふさわしいドラマを・・・・・・・・・・ですね。

|

« 公害防止管理者試験合格証書と私の実体験記 | トップページ | ムキになってまでノンスタ井上擁護してもウーマン村本には絶対プラスにはならない »

ジョジョ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/68878092

この記事へのトラックバック一覧です: ジョジョダイヤモンドは砕けない第三十八話-「ついに決着か!?殺人鬼の執念とあいつのまさかの復活劇!!」:

« 公害防止管理者試験合格証書と私の実体験記 | トップページ | ムキになってまでノンスタ井上擁護してもウーマン村本には絶対プラスにはならない »