« どっちが勝っても日本の進むべき道は一つ | トップページ | 舐めてかかったら勝てる試合も勝てない »

2016/11/08

台湾、秋の祝日が復活した?

http://holidays-calendar.net/calendar/taiwan_calendar.html

http://holidays-calendar.net/2017/calendar/taiwan_calendar.html

http://ameblo.jp/taiwan7star/entry-12132932927.html(台北在住の人のブログ)


一番下のページのブログでも言及されていた方がいた様で、日本では1992年5月から公務員の完全週休二日制が実施されましたが、台湾では民進党が初めて政権与党になった直後の2001年に、日本に9年遅れてそうなり、今年2016年からは官公庁といくらかの一般企業だけでなく、全国的に適用された代わりに月ごとの時間外の上限時間が上がり(勿論自殺者を出してしまった電通はその基準でも完全にアウトだが)、休日となる祝日も7日も減らされたらしい。祝日を減らされた事については不満の声も聞かれた様ですが、9月28日の孔子の誕生日、10月25日の台湾光復節、10月31日の蒋介石誕生日が民間企業のみの休日として再設定されたらしいですね。孔子の誕生日はともかくとして、台湾光復節と蒋介石誕生日の休日復活は民進党が今年政権与党に返り咲いただけに余計意外に感じられました。確か強権的だった前時代の悪い象徴である・・・・・・・というのがその休日廃止の理由だった筈ですが、官公庁や学校は通常業務日で、政府要人とかは休めるわけでもないですしね。

台湾は祝日は日本と比べて少ない(と言うか、日本より以上に多い国はタイとかコロンビアとか一部な様ですが)代わりに2015年から振替休日が土曜・日曜共に適用されるようになり、さらに祝日が火曜日、木曜日の場合はそれぞれ日曜日、土曜日との間の月曜日、金曜日が、前の週の土曜日を出勤日とする代わりの休日となり、4連休も年何度か発生する様になった様ですが、今回の民間企業限定のこの休日は蔣介石誕生日はたまたま3連休のハッピーマンデーとなったけど、他は完全な飛び石休日でもある様です。

来年は孔子誕生日は木曜日、台湾光復節は水曜日、蒋介石誕生日は火曜日な様ですが、来年以降も祝日を減らしてしまった不満を和らげる為にも適用されるのですかね。もしそうならば、台湾、10月はサラリーマンの休み多くなりますね。来年は中秋節が10月4日、10月10日の双十節が火曜日だから、10月9日も休日(9月30日が振替出勤日)だから10月は休日14日もあるのか。まあサービス業とかはシフト制なのだろうけど、休みが増えるという事は先進国になってきているという証左の一つにもなるし、少なくとも悪い事ではないのでしょうね。

【以下2016年12月3日追記】

https://www.ys-consulting.com.tw/legal/66229.html

そもそも祝日の減少自体、労働時間の確保が目的で、それなら法定労働時間を2週84時間のままにすれば良かったのではな気もしないでもないですが、他にも孫文誕生日の11月12日と憲法記念日の12月25日もお休みみたいですね。まあどちらも土日と重なっていて、あくまで「一時的な復活」らしいから、振替休日は適用されないでしょうが。

|

« どっちが勝っても日本の進むべき道は一つ | トップページ | 舐めてかかったら勝てる試合も勝てない »

国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/68345569

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾、秋の祝日が復活した?:

« どっちが勝っても日本の進むべき道は一つ | トップページ | 舐めてかかったら勝てる試合も勝てない »