« 天使過ぎるかどうかはともあれ・・・・・・橋本環奈には双子の兄がいた!! | トップページ | 何かきな臭いぞ!?冤罪じゃないか?高裁での美濃加茂市市長の逆転有罪判決 »

2016/11/27

新春ワイド時代劇の廃止(中断?)は寂しいが・・・・・・

http://news.livedoor.com/article/detail/12338553/

テレビ東京、正月時代劇の歴史途絶える 来年は『釣りバカ 新入社員SP』

   

                

写真拡大

                             テレビ東京系列の正月恒例の特別番組として、毎年1月2日に放送されてきた大型時代劇の歴史がついに途絶えることになった。27日、東京・六本木の同局で新春ドラマスペシャル『釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助』の会見が行われ、同ドラマが来年1月2日午後9時より放送されることが明らかとなり、恒例の時代劇が放送されないことがわかった。

 1979年、東京12チャンネル(前の社名)の開局15周年記念の一環として映画『人間の條件』を12時間にわたって放送したのを始まりに、80年には映画『宮本武蔵』(中村錦之助版)の一挙放送を経て、81年から12時間超ワイドドラマとして時代劇が制作、放送されてきた。

 2001年以降は放送時間が10時間に短縮され「新春ワイド時代劇」と呼ぶようになり、10年からは7時間に、15年に放送された『大江戸捜査網2015~隠密同心、悪を斬る!』は5時間に縮小。今年1月2日に放送された東山紀之主演の『信長燃ゆ』は3時間で「新春時代劇」に改題したが、時代劇は継続されてきた。

 同局では今年、1985年12月から30年以上にわたって番組を制作・放送してきた東京都港区神谷町(虎ノ門4丁目)から同・六本木3丁目に完成したばかりの新しい高層ビルに本社を移転。社としての大きな節目に、大きな決断が下された。
先日たまたま目にしたけど、某バラエティ番組で草刈正雄氏が娘さん(お姉さんの方。妹さんは、「ぴんとこな」で川島海荷氏の良い友人役を演じられていたのが印象的だったが、有力な芸能事務所に所属しているわけではないので、なかなかブレイクしない様である)と一緒に高級レストランでステーキ等の食事を取りながら自身の事とか色々話していたのが印象的でしたね。「真田丸」で親父の真田昌幸役で起用されたのも、絶対「真田太平記」を意識した起用だろで、草刈氏の全盛期は知らない(昔の一部出演映画を見た事はありますが)けど、今のイケメン俳優達ならば、その中でもトップクラスの人気を誇っていたらしい。しかし、その他色々あった様ですが、変に捻くれたり偉ぶったりとかせず、改めて好印象を持てて、真田丸も改めて見てみようかなあとも思いました。なんせ家康だって実は信繁よりも昌幸の方をホントは恐れていたらしいもんね。

この「釣りバカ日誌」での西田敏行氏の起用もその草刈氏同様やはり過去関連シリーズを意識したものだったのだろうであり、濱田&西田両氏コンビ版は面白かったのかと言うと、正直「?」な点も目立ちましたが、まあ新春ワイド時代劇も「国盗り物語」あたりから一部アレなキャストも見られる様になってきたし、「軍師官兵衛」やその「真田丸」は別にしても、大河みたいに無理に続けて醜態さらすよりはよっぽどマシなのかなあと。大河について言えばまた、2018年の西郷隆盛は、篤姫との恋愛要素やBL要素等林真理子&中園ミホ両氏コンビでも普通に不安だし、その次のクドカンのは、どうやら現代の東京オリンピックが題材となる様だけど、ますます原型をとどめなくなってしまう様なですが・・・・・・・・・・どうも年末に近付いてもあまり明るい話題を耳にしない感もあるけど、笑いで幕開けできる様なドラマを・・・・・・・・ですね。

|

« 天使過ぎるかどうかはともあれ・・・・・・橋本環奈には双子の兄がいた!! | トップページ | 何かきな臭いぞ!?冤罪じゃないか?高裁での美濃加茂市市長の逆転有罪判決 »

ドラマ・時代劇」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/68607210

この記事へのトラックバック一覧です: 新春ワイド時代劇の廃止(中断?)は寂しいが・・・・・・:

« 天使過ぎるかどうかはともあれ・・・・・・橋本環奈には双子の兄がいた!! | トップページ | 何かきな臭いぞ!?冤罪じゃないか?高裁での美濃加茂市市長の逆転有罪判決 »