« 七海よ安らかに・・・・・・・・ | トップページ | 嘘だと言ってよ沙耶 »

2016/10/22

ジョジョダイヤモンドは砕けない第三十話-「吉良吉影の新たなる危機!?新手のスタンド使いは猫?そして疑惑は確証に・・・・・・・・」

http://jojo-animation.com/story/30.html

まあ彼らをああいう呼び方で呼んだのは、単に入力する際そういう呼び方だと一発変換出来るから。理由はそれだけで、それを超えた深い意味なんて無いのですがね・・・・・・・・・・某アクションゲームシリーズの事で批判されるのはしょうがない。自分でも偏った意見だなあな自覚はありますが・・・・・・・えっ?お前何について言ってるんだって?いやあ旦那、それは困った事にねえ・・・・・・・・別にジョジョ嫌いなのも露伴嫌いなのも勝手だがね。

まあそれはともかくとして、今回は味方サイド(仗助達)が登場しない、これまでのジョジョのそれでは珍しい話でした。今日たまたま某バレエダンサー(女性である)とかに焦点当てていた番組でもその声を聞いたけど、バッキ―木場氏のDJももはや一種のブラックジョークに感じられる。

相手が別人だとも知らずにますます夫(になりすましていた吉良)にぞっこんになっていたしのぶでしたが、はずみで死なせてしまったにはのどに大きい穴が開いていて、そこから鳴き声も聞こえてきたという。大柳賢にもほっぺたにそういう穴があって、彼もホントにあの後両親にも気味悪がられ、学校でもいじめられるなんて事なかったのかなあ、彼が悪いわけではなかったのにでしたが、この件についても勿論相手の夫の正体だけでなく、スタンドという概念自体知らないしのぶには罪はなかった。

その猫の死体を庭に埋めたと思いきや、勿論話はそれでは終わらず、ストレイキャットとして・・・・・・・そう言えば手塚治虫先生の名作「火の鳥」でも移動できない動物と移動できる植物も登場した部もあったけど、キャットフードを食べて、雀も襲って食べていた一方、自分の意思では移動できず、光合成もしていた等猫と植物の特徴を併せ持っていたスタンド使いとして生まれ変わった(正確には前述の事故時には仮死状態となっていた)のです。

しのぶが自分を襲ったのも覚えていて、殺そうとしたけど、承太郎先輩達にも広がる噂になってしまうのを恐れた吉良とのバトルとなったのですが、キラークイーンですぐに始末できたはずが爆弾のスイッチが作動しない!!どうやら光合成を利用して空気を操作して、防護弾みたいにしたり、鉄砲弾みたいに発射出来たりと色々応用できた様である。キラークイーンとはかなり相性の悪いスタンド!!何とか浩作に成りすましていた吉良、ここでジエンドか?と思いきや、転がってきたボールにストレイキャットがじゃれて、彼への攻撃を止めたので、辛くも引き分けとなった。

ディオ(DIO)と言い、カーズと言い、この吉良と言い、ジョジョのラスボス達ってホント悪運が強いですが、味方にして前述の名前をつけて、屋根裏部屋でひそかに飼う事にした様である。しかし、一難去ってまた一難。そのディオの「人は策を弄すれば弄するほど・・・・・」の名言も改めて「言い得て妙」という事でもあったのでしょう。川尻家での生活に慣れて油断してしまったのもかもしれないけど、浩作が嫌いだったはずの椎茸をいつのまに半分以上平らげてしまっていた!!

しのぶはすっかりぞっこんになっていたので、悪い気分になるはずがなかった様ですが、日頃から監視カメラでその行動を監視していた等怪しんでいた息子の早人はこの「いつもとますます違うパパ」の姿を見逃すはずがなかった!!学校に行ったと見せかけて屋根裏部屋に押しかけたのですが、吉良も他の登校していた児童達が制帽を被っていたのを見て怪しんで家に戻ってきた!!早人はストレイキャットに襲われるも、すぐに彼の能力を見抜きとっさに触れる事も出来た空気を鉛筆(?)で切断した等子供ながらも高い分析力・洞察力を見せたのも流石であった。光がないと活動を止めてしまうストレイキャット、吉良が駆けつけてきた時には早人は隠れていて、空気で操作してキャットフードを食べようとしてぶちまけたのかと吉良はとりあえず安堵した様ですが、早人にはとうとう一緒に生活しているパパが別人である事がバレてしまった!!凄い怖いよね。これ。さあ、どうする?早人?

まあ原作知らない人もいるからあまり先走って言及するのは避けますが、吉良親父が持っていた矢に貫かれたのでしょうね。この猫。噴上も、彼との戦いを通して仗助と露伴が確執を超えた固い友情を築いた・・・・・・なんて事にはならなかった様ですが、矢に貫かれたものはその素質があったのならば誰でもスタンド使いになれてしまう様だし、吉良親父は彼なりにどんどん息子を守ってくれるスタンド使いを増やそうと思って、実際吉良にとってはストレイキャットは味方にすれば心強い存在となるけど、反面早人が抱いていた疑惑が確証となってしまったのも皮肉でした。「どんなに賢くても所詮子供じゃないか。こんな子供に何ができるんだ。」と吉良親父が知ったらそう思うかもしれないけど、スタンドの相性とか不利なスタンド使いもどういう風に相手に知恵もフル活動して勝っていくか?そういう頭脳戦もジョジョの魅力の一つですからね・・・・・・・・・今後早人が物語の大きなキーパーソンになっていくのは間違いない。3クール39話予定らしいから、あと9話!!この先どの様な「真実」にたどり着くドラマが待っているのか?実写映画版は正直不安だが、ジョジョファンも、そうでないけど、このTVアニメ版を見て興味を持った諸氏も皆刮目せよ!!

|

« 七海よ安らかに・・・・・・・・ | トップページ | 嘘だと言ってよ沙耶 »

ジョジョ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/68064003

この記事へのトラックバック一覧です: ジョジョダイヤモンドは砕けない第三十話-「吉良吉影の新たなる危機!?新手のスタンド使いは猫?そして疑惑は確証に・・・・・・・・」:

« 七海よ安らかに・・・・・・・・ | トップページ | 嘘だと言ってよ沙耶 »