« 新テニスの王子様第195・196・197話-「スイスが敗れる番狂わせ!!そしてオーストラリアの狂えるディンゴな兄を支える参謀役・弟の存在!!」 | トップページ | どうしてこうなった・・・・・・・ »

2016/10/08

ジョジョダイヤモンドは砕けない第二十八話-「子を守る父の執念!!確執を超えた誇り!!あの『名言』も拝聴せよ!!」

http://jojo-animation.com/story/28.html

さあ、仗助と露伴の勝負は続きましたが、ここで小林玉美も登場します。1か月の入院生活を経て、やっと五体満足となった様ですが、今度は露伴に雇われたらしい。売れっ子漫画はやはり違いますね。仗助が如何様しているかどうかも見張っていて、露伴も初対面直後に髪を貶したのも悪かったとはいえボコボコにされたのだから、如何様されて余計頭にきていた様ですが、大柳賢とのジャンケン話からも伺えた様にジョセフにはそれ相応以上の敬意はあった模様。しかし、サイレンの音が聞こえる!!支倉はサイレンの音に異常なアレルギーを持っているのでヤバい!!と思いきや、火元は露伴邸で、虫眼鏡から発火して気づかなかったらしい。

http://kiri550.blog94.fc2.com/blog-entry-2604.html?sp


声優の櫻井孝宏氏の年収は2012年時点で350万程度らしく・・・・・・・故・永井一郎氏がオール読物で「ただいま年収164万」と低待遇ぶりを訴えた頃よりはマシになってきているのかも(しかし、これは1988年時点での数字である)しれないですが、最近は他にもおそ松さんとか有名作品にアレだけ何作も出演している割には少ないですね。被害総額は700万とその倍で、まあ歴代ジョジョってジョナサンは紳士でもあとは皆不良ですが、確かにこれだけ周囲から恨みを買っている主人公もそうはいないかもしれない。

3クール39話予定らしく、今回の話を含めてもあと12話しかないから当然この支倉の話だけで2話も使う余裕なんかない。「仲間割れ」って、仗助と露伴は元々仲良くないからですが、吉良親父は次の自分の息子を守ってくれそうなスタンド使いの素質のある人を探して・・・・・・・・今度はまたまたたまたま仗助と同乗していた露伴がトンネルの中であるはずのない部屋を見つけて・・・・・・今度の敵スタンドはハイウェイスターと言って、標的の養分を奪い取るスタンドらしいけど、露伴の話を信じてなかったと思われた仗助も「言ってる事とやってる事が違う」のはブレてなかったのか彼の跡を追ってやってきた!!ハイウェイスターは仗助を引き込む事を要求する代わりに露伴の命を助ける事を約束しましたが、露伴はどう答えたか?さあ、ここで大いなるジョジョ伝説の確かな一つである露伴先生の名言が来るぞ!!準備は良いかな?1、2、3・・・・・・

「だか断る」

まさにキタァァァァー!!!ですね。恨みがある仗助は嫌いでも自分の信念や誇りは決して曲げない露伴!!カッコ良すぎるぞ!!と言うか、「俺たちが真似できない事をズバッと言ってのけるッ!!そこにしびれるッ!!あこがれるッ!!」ですね。

一方で川尻浩作になりすまし、しのぶからの愛と信頼も勝ち得たに見えた吉良でしたが、佐藤さんでも声優は利奈氏である息子の早人がひそかに部屋にカメラをしかけて、仗助達に対する恨みのつぶやきも聞かれてしまった様ですが、今までとは違うパパ、パパの前で裸になったママ、なにかおかしいぞ?と感づき始めた様である。たとえハイウェイスターが仗助&露伴を倒せても、吉良は本当にこの先の人生ずっと川尻浩作として生きられるのか?

|

« 新テニスの王子様第195・196・197話-「スイスが敗れる番狂わせ!!そしてオーストラリアの狂えるディンゴな兄を支える参謀役・弟の存在!!」 | トップページ | どうしてこうなった・・・・・・・ »

ジョジョ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/67852037

この記事へのトラックバック一覧です: ジョジョダイヤモンドは砕けない第二十八話-「子を守る父の執念!!確執を超えた誇り!!あの『名言』も拝聴せよ!!」:

« 新テニスの王子様第195・196・197話-「スイスが敗れる番狂わせ!!そしてオーストラリアの狂えるディンゴな兄を支える参謀役・弟の存在!!」 | トップページ | どうしてこうなった・・・・・・・ »