« シリーズ30周年を間近に控えたロックマンとブレスオブファイアシリーズのコラボ | トップページ | 新テニスの王子様第192・193・194話-「ゼウスの実力やいかに?そしてそんな彼と戦うのはあの人だ!!」 »

2016/09/03

ジョジョダイヤモンドは砕けない第二十三話-「人間に限界などない!!追い詰められた康一のさらなる『進化・成長』!!」

http://jojo-animation.com/story/23.html

トム・クルーズさんとしても先週・今週とテレビで活躍され、ベストキッド4でも、見事大河出演も果たした億泰と戦っていて、さらにまた、クレヨンしんちゃんでも野原ひろし代理(エシディシでもある藤原啓治氏の一日も早いご回復を願います)を務める等平穏な生活を望んでいた意思とは裏腹に忙しい吉良吉影ですが、重ちーのハーヴェストの最後のあがきで、殺人鬼である自らの存在を知られそうになった。

しかし・・・・・・・・・流石承太郎先輩もDIOとの戦いから10年以上たって、スタープラチナザワールドで時を止められるのもほんのわずかの時間ながらも高い分析力と冷静な判断力を有していて、ボタンの持ち主がどんな人間かをほぼ正確に言い当てたのですが、それは10年以上も殺人を犯しながら自分の望みのままに平穏な生活を続けてきた吉良のことです。

シアーハートアタックという第二の爆弾で先輩と康一の2人を消そうとしたのですが、仕事でも慣れない内は慎重にこなそうとしても慣れてしまうと、慢心してしまい、経験にも囚われて、手順の省略等して失敗してしまうのはありがちな事。康一も、承太郎先輩は若い頃のジョセフとかとは違い、親しみやすい、人当たりの良い青年ではなかった事もあってか、いつまでも自分を子ども扱いして、実力等を認めてくれないと反発してしまった様ですが、そんな彼にさらなる試練が襲い掛かったわけですね。しかし、今までも玉美や由花子に追い詰められて、その度そうした逆境を跳ね返して成長していった康一、シアーハートアタックは、ゲブ神共々近距離パワータイプほどの高威力は発揮できない遠隔操作タイプの例外なスタンド能力だった様ですが、そんな厄介な能力だった故に「どうして俺がこんな殺人鬼のせいで怯えなければいけないの?怯えるべきなのは殺人鬼の方だろ?」とさらに燃えてきたー!!な感じで、エコーズも更なる進化を遂げ、また一つ大きな壁を破った様です。頑張れ!!康一!!承太郎先輩を救い、吉良を倒すのは君しかいない!!多分・・・・・・・・

|

« シリーズ30周年を間近に控えたロックマンとブレスオブファイアシリーズのコラボ | トップページ | 新テニスの王子様第192・193・194話-「ゼウスの実力やいかに?そしてそんな彼と戦うのはあの人だ!!」 »

ジョジョ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/67319483

この記事へのトラックバック一覧です: ジョジョダイヤモンドは砕けない第二十三話-「人間に限界などない!!追い詰められた康一のさらなる『進化・成長』!!」:

« シリーズ30周年を間近に控えたロックマンとブレスオブファイアシリーズのコラボ | トップページ | 新テニスの王子様第192・193・194話-「ゼウスの実力やいかに?そしてそんな彼と戦うのはあの人だ!!」 »