« MLBの歴代ワイルドカードチームについて | トップページ | 百人一首の歌人達(19)-52番藤原道信朝臣 »

2016/06/04

ジョジョダイヤモンドは砕けない第十話-「杜王町にやってきた新たなる刺客?」

http://jojo-animation.com/story/10.html

このトニオの話は、あの人のアレで一旦2クールで区切るとすれば消化ペースがやや微妙なので果たしてアニメ化されるのかなあでしたが、ジョジョTVアニメシリーズは、端折りまくりでコーラン騒動も起きてしまったOVA(これはこれで面白かったですが。小野D氏も普通に頑張られているけど、承太郎先輩はやはり小杉十郎太氏が一番イメージ通りです)完全アニメ化路線はいささかブレてない様で、やはりアニメ化された様です。

近くには霊園があり、仗助と億泰はその帰りにたまたま見つけて、来店した様で立地条件が良かったのかどうかは微妙でしたが・・・・・・・冒頭からして怪しいオーラ満々で、料理がまずかったら仗助は金払わないで帰るつもりだったけど、まあ歴代ジョジョってジョセフ以降はしばらく不良が続いたし、そんなの今更ドン引きする事でも何でもない。

しかし、実際億泰が料理を食べてみたら・・・・・・・あまりのおいしさに料理評論家になってもしまった様ですが、目の眼球がしぼんだり(睡眠不足解消)、肩に野球のボールよりも大きい垢が出てきたり(肩こり解消)、歯が抜け飛んだり(虫歯治癒)と中華料理でよく聞く医食同源をかなり理想的に体現した様となっていましたが、彼の兄貴、刑兆が音石に殺されたり、音石とコネクトがあった間田にも襲われたり、刑兆にスタンド使いにされたその他面々が次々と出てきたりと周りを取り巻く状況はめまぐるしいものがあったので、仗助がトニオを容易に信じなかったのも無理はなかった。

ついにクレイジーダイヤモンドを利用して、イタリア料理の中でも定番なパスタを・・・・・・・・で、調理場に潜入した。そこでとうとうトニオは本性を現したと思ったら・・・・・・・・・彼は料理については妥協を許さない誇りと拘りがあった様で、思った通りスタンド使いながらも悪い人では無かった様です。スタンド名はパールジャムと言うらしいですが、実際料理を食べれば食べるほど億泰はどんどん体の調子が良くなっていた。裏を返せば、まだ10代なのに普段どれだけ不健康な日常生活送ってんだよでもあって、トニオが怒ったのもスタンド使いなのを暴いた事ではなく、衛生に気を使わないで仗助が調理場に入ってきたからですが、掃除をさせられた等疑い過ぎたのが却って裏目に出てしまった様です。

そしてその頃、承太郎先輩は滞在していたホテルのビーチでスピードワゴン財団の男と接触、ついに歴戦の勇士で仗助の父でもあるジョセフ・ジョースターも杜王町にやってくるとの事!!音石退治にいよいよ本格的乗り出すという事ですか。某5部小説でも彼の弟が登場してきて、彼ら兄弟の生き様は全く違ったものとなってしまいましたが、トニオの料理は実際あったら自分も食べてみたいですね。

|

« MLBの歴代ワイルドカードチームについて | トップページ | 百人一首の歌人達(19)-52番藤原道信朝臣 »

ジョジョ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/65831839

この記事へのトラックバック一覧です: ジョジョダイヤモンドは砕けない第十話-「杜王町にやってきた新たなる刺客?」:

« MLBの歴代ワイルドカードチームについて | トップページ | 百人一首の歌人達(19)-52番藤原道信朝臣 »