« ロックマンアメリカ新作アニメのキャラデザが公開された様だが | トップページ | 薔薇族の復活は今後も可能性はあるのだろうけど »

2016/05/28

今更原爆投下の責任を声高に叫んでも詮無いだろうに

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160527-00002128-besttimes-pol&p=2

「原爆投下はアメリカの責任ではなく人類の責任」というオバマの詭弁

BEST TIMES 5月27日(金)21時0分配信    

・オバマ広島訪問にみる、耐え難い違和感 

 オバマが広島を訪問した。オバマは広島に向かう前、在日米軍岩国基地で米兵に向け演説をし、そこから数機の軍用ヘリ(およびオスプレイ)を伴って広島市のヘリポートに到着する。映像を見ていて耐え難い違和感があった。

 米軍基地は日本ではなくて法的にはアメリカの領土と同等であり治外法権であるとまざまざと見せつけられた思いである。仮にドイツの首相やカナダの首相が広島に行くとき、当然だが米軍基地を経由しない。この国がアメリカに隷属している動かしがたい物理的事実に、改めて愕然とする。

 さて、オバマ広島訪問が終始中継されていた。オバマは当初予定にはなかったとされる原爆資料館へ真っ先に向かった。滞在は10分ほどであったが、被爆の実相を少しでも感じたのではないか。さらに被団協(日本原水爆被害者団体協議会)の坪井直理事長をはじめ被爆者との直接の会話を行った。

 オバマは献花の際、わずかだが黙祷の表情を見せた。原爆投下というアメリカの加害性を痛感して、人間として胸が痛まないわけがない。ただ安倍総理が献花の前に頭を下げたのに対し、オバマは頭を下げることはなく、かたくなにアメリカの原爆投下の責任を言外に否定しつづける傲岸な姿勢を感じなくもない。

 ともあれ、オバマが広島に来たこと自体は一定評価できよう。が、蓋をあけてみれば、オバマの「所感」なる演説は、予想された通りのグダグダなものであった。



・広島、長崎原爆は「人類の過ち」ではない

 まずオバマは、広島・長崎原爆を「空から死が降ってきて」と形容して、まるで天変地異か何かのように表現してのっけからアメリカの原爆投下責任、加害者性を希釈化した。オバマの短い演説の中では常に「人類」「人類の」という曖昧な表現を貫徹した。

 広島原爆の悲惨性には触れつつも、「きのこ雲の中に人類の矛盾」という言い方をした。あるいは、「(原爆を含んだ戦争全般を)人類の過ちである」とし、徹底的に原爆投下責任への言及を避けた。きのこ雲の中で繰り広げられた凄惨な歴史事実は人類の矛盾ではない。アメリカの戦争犯罪であり、大きな矛盾である。また、当然、広島・長崎原爆は人類の過ちではなくアメリカの過ちである。

 真珠湾攻撃や満州事変は人類の過ちなのだろうか? いや違う、日本軍と日本の国策の過ちである。そうであるならば、原爆投下は人類の過ちではなくアメリカ軍とアメリカの国策の過ちである。

 だからこそオリバー・ストーン監督ら「まっとうな」米リベラル知識人らは、オバマに対して原爆被爆者に謝罪を要求する書簡を提出(6月23日報道)したのである。こんな当たり前のことをわざわざ指摘しなければならないのはなぜだ? 日本が敗戦国であり、現在でもアメリカとの圧倒的力関係が存在するから(それをあえて”属国”などという陳腐なフレーズで表現したくはないが)、その一点である。

 極めつけは、微妙なニュアンスからうかがえる原爆投下の加害者性の相対化である。広島原爆で死亡したアメリカ軍捕虜の事例を引き合いに出し、「アメリカの犠牲も日本の犠牲も同じ意味を持つ」と続ける。いや全然同じではない。

 被爆当時広島にいたのは墜落・撃墜されたB-29の搭乗員たちである。アメリカの捕虜は皆正規の軍人である。広島で焼き殺されたのは無辜の女や乳児たち、未来ある少年少女たち民間人であった。どこが同じなのか? 詭弁もいい加減にするべきである。

 さらにオバマは、「広島だけが(戦争被害の)特別な場所ではない」という表現も使った。巧妙な嘘である。原爆は特別な兵器と認識されたからこそ、エノラ・ゲイ(広島)とボックス・カー(長崎)は、レーダー爆撃ができたにもかかわらず目視にこだわって原爆を投下している。

 500キロ爆弾が住宅地に落ちると大変なことになるが、急性放射線障害は起こらない。原爆被害はあまりにも特殊であり、であるがゆえに特別に残忍な非人道兵器であることなど自明だ。

 ただ、事前に報道されていた元米兵捕虜の同行が中止されたことについては、沖縄県での米軍属による殺人事件もあり、さすがに配慮したものと思われる。しかしこれを考えてもわかるように、アメリカ政府の基本的考えは、あくまで「原爆投下の責任を希釈化し、日本の戦争犯罪との相殺(真珠湾やバターン死の行進など。よってむしろ日本の戦争犯罪のほうが重い)」することを反復的に強調することであることは間違いはない。

・安倍総理の「繰り返させてはならない」の意味とは

 一方、安倍総理も日米関係に配慮し、氏の「所感」は慎重なものに終始したが、最も注目するべき点は、原爆を含む戦争の惨禍を「繰り返させてはならない」と表現したところである。「繰り返さない」ではなく、「繰り返させてはならない」という表現を使ったところが注目される。

 これは、広島原爆死没者慰霊碑に「安らかに眠ってください 過ちは繰り返しませぬから」と打刻されている問題と巧妙にリンクしている。この慰霊碑の文言には、建設当時、「原爆を投下した加害者はアメリカであるのに、まるで被害者が被害者に謝罪している構図はおかしい」という被爆者や世論の疑問の声が集中した。

 結果、文言が修正されることはなかったのだが、安倍総理の「繰り返させてはならない」という表現は加害者性への言及、つまりアメリカによる原爆責任への「揶揄」とも取れるものであり、画期であったように思う。



・謝罪と反省がないのに核廃絶などできるのか

 アメリカはこれまでの対外戦争で、露骨な戦争犯罪や侵略を繰り返してきた。とりわけ、ベトナム戦争でのソンミ村虐殺や枯葉剤の使用などの象徴的非人道的戦争犯罪について、アメリカは謝罪していない。アメリカによる露骨な介入戦争であったパナマ侵攻も、大量破壊兵器があるなどと言って実際には存在しなかった2004年のイラク侵攻も、同様に謝罪していない。

 私は、広島・長崎原爆について未来永劫アメリカに謝罪を求める気など毛頭ない。アメリカの世論が、徐々にではあるが手垢のついた「第二次大戦を早く終わらせた」という都市伝説的歴史観から、原爆の実相を直視し、否定的になっているのは事実である。

 しかし、原爆投下を自国の過ちではなく「人類」などという責任不在の単語に置き換えるのならば、真珠湾も「人類の責任である」といわなければならない。それができないのであれば、少なくとも「原爆投下は必要のないアメリカの間違った国策であった」とアメリカの最高指導者が認めない限り、アメリカは近い将来、また同じような過ちを繰り返し続けるであろう。もしトランプ氏が大統領になったら、そんな危惧はますます現実化する。

 第二次大戦の前哨戦であったスペイン内戦(1936年~1938年)で、フランコ将軍率いる反乱軍側を軍事支援したドイツは、航空義勇部隊・通称コンドル軍団によって共和国側の拠点都市・ゲルニカを盲爆し、町は焼き尽くされて多くの死傷者がでた。

 これに激怒したピカソが大作『ゲルニカ』を描いたのはあまりにも有名である。戦後、ドイツ国会(東西統一後)はコンドル軍団によるゲルニカ爆撃を公式に謝罪した。ゲルニカは現在、観光都市・平和都市として復活している。

 過去の国策の過ちについて、被害者側が謝罪や賠償を延々に求めるのは確かに、あまりにもアンフェアで未来志向ではない。しかし、たった一度たりとも自らの過ちを認めない国が、未来を語る資格があるとも思えない。日本は唯一の被爆国として、そのアメリカにNOと指摘する、道義的責任と義務を有している。

 

文/古谷 経衡

まずさあ、「敬称略すんなよ。氏か大統領か付けろよ。」だけど・・・・・・・流石にいつまでも被害者ぶるのもおかしい事だとも分かってはいる様だし、アメリカで良く聞かれる、「原爆は戦争を早く終わらせるための手段だった」な意見もそれはぶっちゃけ悪い事も良い事に見せようと正当化しているような意見で、実際の被爆者の方々相手に同じ事言えるか?自分は到底無理ですね。

しかし、まあこの人はアンサイクロペディアでも茶化されている様ですが、月並みだけど「勝てば官軍」なんですよ。良い悪いの問題じゃなくて、それは事実であり、現実でもある。勿論繰り返し言うようにだからと言って原爆を投下して良かった理由とかには全くならないけど、それ言うなら日本だって、まあ中東やアフリカとかで現在まで尾を引いてる紛争等の火種を残してきた欧米各国に比べればちょっと迷惑かけた程度じゃないかなかもしれないし、確かにまたアメリカにそういう戦争起こさなければいけない立場に追い込まれた面もいくらかはあったのだろうけど、あの1943年5月の御前会議だって、マライ、ジャワ、ボルネオとかを帝国領土とするとハッキリ明言していて、利権争いの中で無関係の民間人達をも死に追いやってきた等少なくとも無反省は全くあり得ないのだから。

ノーベル平和賞ももらったのだから、広島に来るのは当然だとも言えなくもないのだろうけど、オバマ大統領の今回の訪問の意義は、そんな原爆投下の責任の所在を改めて明らかにする事ではなく、アメリカ国民にもその是非は取りあえず置いといて、被爆者の方々が味わった悲惨な境遇等しっかり認識してもらって、日本国民共々過ぎてしまった事はもう変えられないけど、せめてこれからの未来、同じ様な悲劇を起こさない為には一人一人どうすれば良いのか?一層活かしくいく契機にしなければならないという事です。

それに、勿論広島とは同列に語る事は全く出来ないですが(事前に知っていた様でもあるし)、オバマ大統領に謝罪させれば、「ウチのバラクが行ったのだから、今度はおたくのアベも当然・・・・・」という事で真珠湾に行く話も挙がってきているようですが、安倍総理も謝罪しなければおかしいな流れになってしまう。そうすれば、中国や韓国も、ネトウヨも跋扈している日本はホントに過去を真摯に反省しているのか?南京・慰安婦について謝罪しろとかまた蒸し返してもくる。そうなれば日本はまたまたそうした歴史認識等を巡った確執に苦しめられる。ホリエモンにもフルボッコにされた事もあったらしい古谷氏がアメリカ嫌いなのは勝手だし、この記事も載せた方も載せた方ですが、イデオロギーとかに囚われないでもっと何が大事なのか古谷氏なりに冷静に考えていただきたいとも思います。

|

« ロックマンアメリカ新作アニメのキャラデザが公開された様だが | トップページ | 薔薇族の復活は今後も可能性はあるのだろうけど »

国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/65722635

この記事へのトラックバック一覧です: 今更原爆投下の責任を声高に叫んでも詮無いだろうに:

« ロックマンアメリカ新作アニメのキャラデザが公開された様だが | トップページ | 薔薇族の復活は今後も可能性はあるのだろうけど »