« 金正恩は「永遠の党委員長」にでもなるつもりか | トップページ | メキシカンリーグとキューバリーグについてその1 »

2016/05/14

ジョジョダイヤモンドは砕けない第七話-「叔父さんが2人いる?承太郎先輩危機一髪!!」

http://jojo-animation.com/story/07.html

またそのDJが聞かれましたが、もうバッキー木場氏も立派な準レギュラーな様ですね。そうかと思えば、ラジオを聞いていた少年が突然自分の片目を抉った!!

情報提供したのは、康一にすっかり心酔しても、金貸し業や自己保身(情報提供はしても、一緒に敵スタンドと戦おうとはしなかった)等その性根は変わっていなかった玉美でしたが、冒頭のこのシーンもまたTVアニメ版ならではの脚色も見られましたね。

学校の生徒にも仗助達以外にもスタンド使いがいた様で、前述の事件の元凶は間田敏和(由来はふっくんか)、スタンドはサーフィスと言って、コピーして仗助になってしまいましたが、どうやらテニプリの赤ちゃん(切原)でもある音石が自分が承太郎先輩を脅迫しても杜王町から出ていかなかったから、彼を使って追い出そうとした様である。

仗助・康一と、敏和・偽仗助(サーフィス)どちらが先に駅で落ち合う約束をした承太郎先輩に会えるかが今回のお話のキーポイントだったのですが、結局巻き込まれてしまった形となった玉美は災難でしたね。(苦笑)しかしまた、実際グーグルでもそういう検索候補も挙がっている様ですが、敏和ってよく見ればやや小柄ながらも顔はイケメンなのに根暗な性格でかなり損をしてましたよね。

前述の少年の他にも好きだった女をコピーしても、言われるだけ言われて反論できなかったり、偽仗助にもダメ出しされた事もあったりとつくづく銀魂の神楽(家出少女・アンでもあるが)風に言えばマダオと言うか、惨めな少年だったけど、彼のような男は現実の日本にも必ずいるはずで、何だか自分とは全くの赤の他人だとも思えないんですよね。

もう少しの所で承太郎先輩の息の根を止めると思いきや、最後は買わなくても良い恨みを買ってしまったのが大きな仇となってしまいました。相手が他人の傷をも治せる仗助ならば尚更の事で、今回の彼も、クレイジーダイヤモンドを応用して偽仗助の手を破壊したり、ボコられたライダーのおじさんコンビの怪我も直して、居場所も教えて恩を売ったりと主人公らしい「グレイト」な活躍が光りましたね。

敏和の失敗を見て、音石は次の手を考えていた様ですが、果たして?今回はあまり冒険はしてないけど、負けるな仗助達!!杜王町の平和と正義を守れるのは君たちしかいない!!

|

« 金正恩は「永遠の党委員長」にでもなるつもりか | トップページ | メキシカンリーグとキューバリーグについてその1 »

ジョジョ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/65481573

この記事へのトラックバック一覧です: ジョジョダイヤモンドは砕けない第七話-「叔父さんが2人いる?承太郎先輩危機一髪!!」:

« 金正恩は「永遠の党委員長」にでもなるつもりか | トップページ | メキシカンリーグとキューバリーグについてその1 »