« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016/05/29

MLBの歴代ワイルドカードチームについて

MLB歴代ワイルドカードチームの1位チームまたはリーグ最高勝率チームとのゲーム差

(それぞれ左、右に表記)※2012年より同チームは2チームとなる。※赤字表記はワールドシリーズに進出した年)

アメリカンリーグ


1995 -7、-21

96 -4、-11

97 ‐2、‐2

98 ‐22、-22

99 ‐4、‐4

00 -0.5、‐4

01 ‐14、‐14

02 ‐4、‐4

03 ‐6、‐6

04 ‐3、‐3

05 0、‐4

06 ‐1、‐2

07 ‐2、‐2

08 ‐2、‐5

09 ‐8、‐8

10 ‐1、‐1

11 ‐6、‐6

12 ‐2・‐1、‐2・‐2

13 ‐1・-5.5、‐5・-5.5

14 ‐1・‐10、‐9・‐10

15 ‐2・‐6、‐8・‐9



ナショナルリーグ


1995 ‐1、‐13

96 ‐1、‐6

97 ‐9、‐9

98 ‐12.5、‐16

99 ‐6.5、‐6.5

00 ‐1、‐3

01 0、0

02 ‐2.5、‐6

03 ‐10、‐10

04 ‐13、‐13

05  ‐11、‐11

06 0、‐9

07 ‐0.5、‐0.5

08 ‐7.5、‐7.5

09 ‐3、‐3

10 ‐6、‐6

11 ‐6、-12

12 ‐4・‐9、‐4・‐10

13 ‐3・‐7、‐3・‐7

14 ‐2・‐6、‐8・‐8

15 ‐2・‐3、‐2・‐3


アメリカンリーグ(以降アと略称)はワールドシリーズにワイルドカードシリーズは4回、ナショナルリーグ(以降ナと略称)は8回進出していて、特に2002年と2014年はワイルドカードシリーズ同士の組み合わせとなりましたが、アは5年に1回、ナは5年に2回の割合での出場です。

ゲーム差はアは同地区の1位とは21年25チームの平均で約4.6差、リーグ最高勝率のチームとは6.8差、ナはそれぞれ約5.1差、7.1差です。しかし、地区ごとにレベルが違い、ア東・ナ東は高いですが、ア中・ナ西は勝率5割少しでも地区優勝したチームの例が出たほどですので、当然ワイルドカードでも他地区の優勝チームより勝率が高いチームの例は全然珍しくありません。

平均勝率はアは21年25チームで1954勝1429敗の勝率.578で、ナは1915勝1471敗の勝率.566です。アは1998年と2001年は地区優勝チームにかなりのゲーム差をつけられましたが、これはそれぞれ伊良部元選手、佐々木元選手&イチロー選手がいたヤンキースとマリナーズがペナントレースで記録的な快進撃を終始続けたが故です。ちなみにNPBで、MLBが地区制を始めた1969年以降で2位チームが勝率.570以上になったのは共に11回に過ぎません。ほぼ4年に1回です。ワイルドカードの最低勝率チームはアはナから移籍してきた(この移籍により両リーグ球団数が奇数となってしまったので、毎週交流戦が組まれる日程となってしまった)2015年のアストロズの.531(非地区優勝チームの最高勝率では同年のヤンキースの.537)で、ナは1995年のロッキーズの.535です。2シーズン制で前期優勝しながらも総合では2位だった1975年の阪急や非リーグ優勝チームながらもCS制度で日本シリーズに出場した2010年のロッテ(ただし、ソフトバンクとのゲーム差は2.5)や2014年の阪神よりは高く、1973年の南海や1982年の西武とも勝率はさほど違いはありません。

そしてワイルドカードでワールドシリーズに出場したチームにもう1度注目すれば、アは延べ4チーム381勝267敗の勝率.588で、地区優勝したチームとのゲーム差は約2.3、リーグ最高勝率チームとのそれは約4.5、ナは延べ8チーム729勝567敗の勝率.563で、それぞれのゲーム差は5.8、7.4です。両リーグ合わせれば1110勝834敗の勝率.571です。NPBで総合非1位ながらもこの勝率を上回った日本シリーズ出場チームは9チーム中1979年の近鉄と2005年のロッテだけです。しかし、勝率は延べ9チームで660勝526敗の勝率.576とMLB歴代ワイルドカードチーム以上なのは意外ですね。(ただし、前述の2チームがかなり平均勝率を上げてもいる)

何故こういうのを調べたのかと言うと、プレーオフの必要性は否定せず、寧ろ肯定的ながらもやはり理論上例えば過去では1978年の日本ハム(勝率.466)や1992年のオリックス(勝率.488)、1993年の巨人(勝率.492)、1997年の広島(勝率.489)、CS制度採用以降は2005年の西武・横浜、2009年のヤクルト、2013年の広島、2015年の阪神みたいに負け越しチームでも日本一になる可能性が理論上あるからで、毎年プレーオフがやりたいのなら、やはりあと4球団は増やす必要があると思うのですが、それはちょっと非現実的だろうし、12球団のままでいくならです。

今現在、ペナントレース1位チームは無条件で韓国シリーズに行ける、2015年より1リーグ10球団制になって、5位チームが4位チームとのワイルドカードプレーオフから4位1勝アドバンテージの2戦2勝制に挑戦でき、その勝者が3位チームとの準プレーオフ。その勝者が2位チームとのプレーオフ(これらは5戦3勝制)を戦い、そのプレーオフの勝者が1位チームと韓国シリーズで戦える韓国のプロ野球制度も参考に、NPBの場合はどういうプレーオフ改善案が良いか考えている所です。それは詳しくはまた日を改めて・・・・・ですが、こうしたMLBワイルドカードの例を見れば、無条件で2位以下チームにプレーオフに参加させるのではなく、日本シリーズももうセ・パ代表同士の対決に拘らず、もう1位チームの内勝率の高いチームは無条件で日本シリーズに出場させ、それ以外のチームはどちらかの1位チームと5ゲーム差以内のチームのみプレーオフ出場権を与える。条件を満たしていない場合ははく奪し、プレーオフは行わず、そのままセパ両リーグ1位同士の日本シリーズだけ行う。そうした改革が必要だと思います。

| | トラックバック (0)

薔薇族の復活は今後も可能性はあるのだろうけど

http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/asahi-20160527-2016052500272/1.htm

後の人間国宝も愛読したゲイ雑誌「薔薇族」 ノンケ編集長の苦労

 

週刊朝日 2016年6月3日号掲載) 2016年5月27日(金)配信

 

4ページ中 1ページ目

前のページ | 1 | 2 | 3 | 4 | 次のページ

 

                               

抜群のネーミングはギリシャ神話から…(※イメージ) [拡大]

 社会風俗・民俗、放浪芸に造詣が深い、朝日新聞編集委員の小泉信一氏が、歴史の表舞台に出てこない昭和史を大衆の視点からひもとく。今回は、著名人も愛したゲイ雑誌「薔薇族」。

*  *  *
 雑誌の名前を聞いただけで、「ああそれは……」と内容を説明できるのは、その雑誌にとって大変な名誉である。男性同性愛誌「薔薇族」もまた然り。創刊号が書店に並んだのは1971(昭和46)年7月。A5判の70ページ。純文学関係の本を発行していた東京の出版社「第二書房」が出した。

 初代編集長を務めた伊藤文学さん(84)は言う。

「僕自身は今も昔もゲイではないが、偏見の目で見られ、社会の中で居心地が悪かった同性愛者の悩みを正面から受け止めるメディアは当時、会員制の小冊子だけだった。書店に置けば多くの人の目に付く。絶対に売れると思った」

 たしかにあのころ、マスターベーションをテーマにした本が出ただけで大きな反響があった。「健康に害がある」という俗説があり、深刻に悩んでいた男性も多かったのだろう。

 それにしても「薔薇族」というのは抜群のネーミングセンスである。「男同士が愛を営む場所は薔薇の木の下」というギリシャ神話から引用したそうだ。「薔薇」という2文字だけだと園芸関係の専門書と間違えられる心配もあるので「族」をつけたという。

 大手の流通ルートに乗せ、全国の書店で買えるようにした。伊藤さんは、書店に並んだ71年7月30日を「同性愛者の独立記念日」と呼ぶ。
だが、当局からは早くもお叱りの声が届いた。男性の裸体写真。陰毛がちらりと見えただけで警視庁の風紀担当に呼ばれた。以来、始末書を書くこと二十数回、発禁処分は4回。華々しい戦歴である。

 その一方で、「心から語り合える友だちがほしい」「ひとりぼっちが寂しい」など切実な思いを訴えた投稿欄が人気を集めた。投稿数は創刊号こそ7通だけだったが、2号は50通、3号になると100通を超え、やがて毎月1千通以上が寄せられるようになる。メールもSNSもない時代。投稿用はがきの文字数は最大130字だったが、そこにはさまざまな人生が投影されていた。

 詩を寄稿してくれたのが劇作家・寺山修司さん。歌手の美輪明宏さんは、伊藤さんが新宿などで開いていたスナック「祭」にも顔を出したという。世界的に有名なデザイナーも、後に人間国宝となった古典芸能の大家も愛読者。イケメンの日本人男性を探しにフランスからやってきた富豪もいて、伊藤さんは高級ホテルのスイートルームに招待されたという。

 誌面では隠語もふんだんに使った。体が太めで毛が濃い人は「クマ系」。そういうタイプが好きな人は「クマ専」。老けた人を好む人は「フケ専」と呼んだ。サウナや公園、映画館は「ハッテンバ」。出会い(発展)の場、という意味が込められている。「薔薇族」に対抗した「百合族」という造語も生まれた。レズビアンの意味である。

 直木賞作家の故・胡桃沢耕史さんは誌面にこんな思い出を書いた。
「僕自身は、この趣味や性癖は根本的には理解できないのだが、作家としてはそうはいっていられない。ホテル、スナック、サウナ、この雑誌の同好者が行く所には、できるだけ取材にとび出すことにしていた。決して楽しい取材ではなかったが、苦痛の中に汲みとったものの中には、やはりそれだけの大きな価値がある」

「薔薇族」はエイズ問題へも積極的に取り組んだ。予防のキャンペーン記事を掲載する一方、感染への不安に駆られている読者を募り、大学病院の協力で100人を検査。5人の感染者が見つかった。米国の有名大学の教授が「同性愛を研究したい」とまとめ買いをしたこともあった。

 伊藤さんに対する強い批判もあった。「お前は(同性愛に対して興味がない)ノンケのくせに、俺たちの気持ちが本当に分かるのか」というのである。

「でも、負けなかった。そうだからこそ見えてくるものがあると居直った」

 苦労したのは男性のモデル探し。ようやく服を脱いでもらっても、女性以上に恥ずかしがってポーズをとるのを拒む人が多かったという。モデルになってくれる確率が高かったのは運動部系の学生。「君の体、すばらしいなあ。見せてくれよ」というのが殺し文句。男性ヌード写真集『脱いだ男たち』を出版した際には、買ってもらいやすいようにと、本の帯に「デッサン用」と大きく文字を刷り込んだそうである。

「薔薇族」には、サウナやアダルトショップ、ホテルなどの広告が入り、全280ページのうち、広告が50ページを占めたこともあった。
愛読者のための旅行イベントや電話相談室、「高校生のための座談会」も開催。90年代には、毎月3万部がほぼ完売する勢いだった。

 競合誌の登場やインターネットの台頭もあり、21世紀に入って部数が急減。取り扱う書店の廃業も相次ぎ、部数は3千部にまで落ち込んだ。

「でも、最大の原因は世の中の変化。若い人たちがいろいろなことについて悩まなくなった。読者が悩んでいなければ、雑誌は売れないんです」

 伊藤さんはそう見ている。

 2004年9月22日、朝日新聞は夕刊の社会面で「発売中の382号を最後に『薔薇族』が廃刊する」と報じた。何を隠そう、これは私の特ダネだったが、反響はすさまじく、新聞や通信社が一斉に追っかけた。イギリスやフランス、スイスの新聞社までが取材に動き、伊藤さんの自宅の電話は一日中鳴りっぱなしだった。

「ラジオの生番組にも電話で出演しました。創刊以来の出来事を一気にしゃべるのですから大変でした」

 読者から激励のメールや手紙が殺到し、その後、復刊と休刊を繰り返したが、現在はその幕を閉じている。伊藤さんはブログ「伊藤文学のひとりごと」で近況などを発信している。

「日本の出版文化の一翼を担ってきた自負が僕にはあります」

 最近、LGBT(同性愛者、両性愛者、心と体の性が一致しない人ら性的少数者)が脚光を浴び、その人権保護が叫ばれている。「薔薇族」が果たしてきた役割も大きい。
薔薇族ですか。あの阿部さんもネットを中心にネタにされている様ですが、自分も後に某事件が起きた場の近くの本屋で目にした事ありますね。勿論そういう趣味はないですが、良くも悪くもディープでした。この引用記事には広告についても言及されていますが、越智貴広氏や戸松甚氏とかの美少年ビデオの広告が載っていたのも何気に印象的でしたね。戸松氏はTO LOVEるのララちゃんや妖怪ウォッチのケータ、それと最近見たアニメでは同性愛でも女性の方を題材とした桜trickにも出演されていた遥さんとも同世代らしく、現在はどうしているのかは知りませんが、越智氏は脇役ながらも芸能活動を続けられている様ですね。今年で30代突入らしいけど、童顔だからか実年齢より若く見えますね。それはともかくとして、現在はまた休刊状態な様ですが、価値観とか多様化(「女性は2人生まなければならない。」とか発言した某校長も、そんな的外れではなかったけど、言い方がちょっと良くなかったと思う)しているし、今後も復活の可能性もあるかも・・・・・ですね。

| | トラックバック (0)

2016/05/28

今更原爆投下の責任を声高に叫んでも詮無いだろうに

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160527-00002128-besttimes-pol&p=2

「原爆投下はアメリカの責任ではなく人類の責任」というオバマの詭弁

BEST TIMES 5月27日(金)21時0分配信    

・オバマ広島訪問にみる、耐え難い違和感 

 オバマが広島を訪問した。オバマは広島に向かう前、在日米軍岩国基地で米兵に向け演説をし、そこから数機の軍用ヘリ(およびオスプレイ)を伴って広島市のヘリポートに到着する。映像を見ていて耐え難い違和感があった。

 米軍基地は日本ではなくて法的にはアメリカの領土と同等であり治外法権であるとまざまざと見せつけられた思いである。仮にドイツの首相やカナダの首相が広島に行くとき、当然だが米軍基地を経由しない。この国がアメリカに隷属している動かしがたい物理的事実に、改めて愕然とする。

 さて、オバマ広島訪問が終始中継されていた。オバマは当初予定にはなかったとされる原爆資料館へ真っ先に向かった。滞在は10分ほどであったが、被爆の実相を少しでも感じたのではないか。さらに被団協(日本原水爆被害者団体協議会)の坪井直理事長をはじめ被爆者との直接の会話を行った。

 オバマは献花の際、わずかだが黙祷の表情を見せた。原爆投下というアメリカの加害性を痛感して、人間として胸が痛まないわけがない。ただ安倍総理が献花の前に頭を下げたのに対し、オバマは頭を下げることはなく、かたくなにアメリカの原爆投下の責任を言外に否定しつづける傲岸な姿勢を感じなくもない。

 ともあれ、オバマが広島に来たこと自体は一定評価できよう。が、蓋をあけてみれば、オバマの「所感」なる演説は、予想された通りのグダグダなものであった。



・広島、長崎原爆は「人類の過ち」ではない

 まずオバマは、広島・長崎原爆を「空から死が降ってきて」と形容して、まるで天変地異か何かのように表現してのっけからアメリカの原爆投下責任、加害者性を希釈化した。オバマの短い演説の中では常に「人類」「人類の」という曖昧な表現を貫徹した。

 広島原爆の悲惨性には触れつつも、「きのこ雲の中に人類の矛盾」という言い方をした。あるいは、「(原爆を含んだ戦争全般を)人類の過ちである」とし、徹底的に原爆投下責任への言及を避けた。きのこ雲の中で繰り広げられた凄惨な歴史事実は人類の矛盾ではない。アメリカの戦争犯罪であり、大きな矛盾である。また、当然、広島・長崎原爆は人類の過ちではなくアメリカの過ちである。

 真珠湾攻撃や満州事変は人類の過ちなのだろうか? いや違う、日本軍と日本の国策の過ちである。そうであるならば、原爆投下は人類の過ちではなくアメリカ軍とアメリカの国策の過ちである。

 だからこそオリバー・ストーン監督ら「まっとうな」米リベラル知識人らは、オバマに対して原爆被爆者に謝罪を要求する書簡を提出(6月23日報道)したのである。こんな当たり前のことをわざわざ指摘しなければならないのはなぜだ? 日本が敗戦国であり、現在でもアメリカとの圧倒的力関係が存在するから(それをあえて”属国”などという陳腐なフレーズで表現したくはないが)、その一点である。

 極めつけは、微妙なニュアンスからうかがえる原爆投下の加害者性の相対化である。広島原爆で死亡したアメリカ軍捕虜の事例を引き合いに出し、「アメリカの犠牲も日本の犠牲も同じ意味を持つ」と続ける。いや全然同じではない。

 被爆当時広島にいたのは墜落・撃墜されたB-29の搭乗員たちである。アメリカの捕虜は皆正規の軍人である。広島で焼き殺されたのは無辜の女や乳児たち、未来ある少年少女たち民間人であった。どこが同じなのか? 詭弁もいい加減にするべきである。

 さらにオバマは、「広島だけが(戦争被害の)特別な場所ではない」という表現も使った。巧妙な嘘である。原爆は特別な兵器と認識されたからこそ、エノラ・ゲイ(広島)とボックス・カー(長崎)は、レーダー爆撃ができたにもかかわらず目視にこだわって原爆を投下している。

 500キロ爆弾が住宅地に落ちると大変なことになるが、急性放射線障害は起こらない。原爆被害はあまりにも特殊であり、であるがゆえに特別に残忍な非人道兵器であることなど自明だ。

 ただ、事前に報道されていた元米兵捕虜の同行が中止されたことについては、沖縄県での米軍属による殺人事件もあり、さすがに配慮したものと思われる。しかしこれを考えてもわかるように、アメリカ政府の基本的考えは、あくまで「原爆投下の責任を希釈化し、日本の戦争犯罪との相殺(真珠湾やバターン死の行進など。よってむしろ日本の戦争犯罪のほうが重い)」することを反復的に強調することであることは間違いはない。

・安倍総理の「繰り返させてはならない」の意味とは

 一方、安倍総理も日米関係に配慮し、氏の「所感」は慎重なものに終始したが、最も注目するべき点は、原爆を含む戦争の惨禍を「繰り返させてはならない」と表現したところである。「繰り返さない」ではなく、「繰り返させてはならない」という表現を使ったところが注目される。

 これは、広島原爆死没者慰霊碑に「安らかに眠ってください 過ちは繰り返しませぬから」と打刻されている問題と巧妙にリンクしている。この慰霊碑の文言には、建設当時、「原爆を投下した加害者はアメリカであるのに、まるで被害者が被害者に謝罪している構図はおかしい」という被爆者や世論の疑問の声が集中した。

 結果、文言が修正されることはなかったのだが、安倍総理の「繰り返させてはならない」という表現は加害者性への言及、つまりアメリカによる原爆責任への「揶揄」とも取れるものであり、画期であったように思う。



・謝罪と反省がないのに核廃絶などできるのか

 アメリカはこれまでの対外戦争で、露骨な戦争犯罪や侵略を繰り返してきた。とりわけ、ベトナム戦争でのソンミ村虐殺や枯葉剤の使用などの象徴的非人道的戦争犯罪について、アメリカは謝罪していない。アメリカによる露骨な介入戦争であったパナマ侵攻も、大量破壊兵器があるなどと言って実際には存在しなかった2004年のイラク侵攻も、同様に謝罪していない。

 私は、広島・長崎原爆について未来永劫アメリカに謝罪を求める気など毛頭ない。アメリカの世論が、徐々にではあるが手垢のついた「第二次大戦を早く終わらせた」という都市伝説的歴史観から、原爆の実相を直視し、否定的になっているのは事実である。

 しかし、原爆投下を自国の過ちではなく「人類」などという責任不在の単語に置き換えるのならば、真珠湾も「人類の責任である」といわなければならない。それができないのであれば、少なくとも「原爆投下は必要のないアメリカの間違った国策であった」とアメリカの最高指導者が認めない限り、アメリカは近い将来、また同じような過ちを繰り返し続けるであろう。もしトランプ氏が大統領になったら、そんな危惧はますます現実化する。

 第二次大戦の前哨戦であったスペイン内戦(1936年~1938年)で、フランコ将軍率いる反乱軍側を軍事支援したドイツは、航空義勇部隊・通称コンドル軍団によって共和国側の拠点都市・ゲルニカを盲爆し、町は焼き尽くされて多くの死傷者がでた。

 これに激怒したピカソが大作『ゲルニカ』を描いたのはあまりにも有名である。戦後、ドイツ国会(東西統一後)はコンドル軍団によるゲルニカ爆撃を公式に謝罪した。ゲルニカは現在、観光都市・平和都市として復活している。

 過去の国策の過ちについて、被害者側が謝罪や賠償を延々に求めるのは確かに、あまりにもアンフェアで未来志向ではない。しかし、たった一度たりとも自らの過ちを認めない国が、未来を語る資格があるとも思えない。日本は唯一の被爆国として、そのアメリカにNOと指摘する、道義的責任と義務を有している。

 

文/古谷 経衡

まずさあ、「敬称略すんなよ。氏か大統領か付けろよ。」だけど・・・・・・・流石にいつまでも被害者ぶるのもおかしい事だとも分かってはいる様だし、アメリカで良く聞かれる、「原爆は戦争を早く終わらせるための手段だった」な意見もそれはぶっちゃけ悪い事も良い事に見せようと正当化しているような意見で、実際の被爆者の方々相手に同じ事言えるか?自分は到底無理ですね。

しかし、まあこの人はアンサイクロペディアでも茶化されている様ですが、月並みだけど「勝てば官軍」なんですよ。良い悪いの問題じゃなくて、それは事実であり、現実でもある。勿論繰り返し言うようにだからと言って原爆を投下して良かった理由とかには全くならないけど、それ言うなら日本だって、まあ中東やアフリカとかで現在まで尾を引いてる紛争等の火種を残してきた欧米各国に比べればちょっと迷惑かけた程度じゃないかなかもしれないし、確かにまたアメリカにそういう戦争起こさなければいけない立場に追い込まれた面もいくらかはあったのだろうけど、あの1943年5月の御前会議だって、マライ、ジャワ、ボルネオとかを帝国領土とするとハッキリ明言していて、利権争いの中で無関係の民間人達をも死に追いやってきた等少なくとも無反省は全くあり得ないのだから。

ノーベル平和賞ももらったのだから、広島に来るのは当然だとも言えなくもないのだろうけど、オバマ大統領の今回の訪問の意義は、そんな原爆投下の責任の所在を改めて明らかにする事ではなく、アメリカ国民にもその是非は取りあえず置いといて、被爆者の方々が味わった悲惨な境遇等しっかり認識してもらって、日本国民共々過ぎてしまった事はもう変えられないけど、せめてこれからの未来、同じ様な悲劇を起こさない為には一人一人どうすれば良いのか?一層活かしくいく契機にしなければならないという事です。

それに、勿論広島とは同列に語る事は全く出来ないですが(事前に知っていた様でもあるし)、オバマ大統領に謝罪させれば、「ウチのバラクが行ったのだから、今度はおたくのアベも当然・・・・・」という事で真珠湾に行く話も挙がってきているようですが、安倍総理も謝罪しなければおかしいな流れになってしまう。そうすれば、中国や韓国も、ネトウヨも跋扈している日本はホントに過去を真摯に反省しているのか?南京・慰安婦について謝罪しろとかまた蒸し返してもくる。そうなれば日本はまたまたそうした歴史認識等を巡った確執に苦しめられる。ホリエモンにもフルボッコにされた事もあったらしい古谷氏がアメリカ嫌いなのは勝手だし、この記事も載せた方も載せた方ですが、イデオロギーとかに囚われないでもっと何が大事なのか古谷氏なりに冷静に考えていただきたいとも思います。

| | トラックバック (0)

ロックマンアメリカ新作アニメのキャラデザが公開された様だが

http://www.famitsu.com/news/201605/27106802.html

ロックマン』(Mega Man)新アニメシリーズのキービジュアルが公開。2017年公開予定

DHX Mediaと、電通の米子会社Dentsu Entertainment USAが、カプコンの人気ゲーム『ロックマン』シリーズを題材にした新アニメシリーズの配給契約を発表。キービジュアルなども公開された。

●新キャラ“Mega Mini”の登場なども判明

 DHX Mediaと、日本の電通の米子会社Dentsu Entertainment USAが、カプコンの人気ゲームシリーズ『ロックマン』(英題:Mega Man)を題材にした新アニメシリーズの配給契約を発表。キービジュアルを公開した。

 主人公は普通の明るい生徒ロボ“Aki Light”で、彼が戦闘モードになるとお馴染みのロックバスターを装備したロックマンに変身するというギミックを入れる模様。犬型ロボットのラッシュをはじめとする原作キャラクターに加え、“Mega Mini”なる新キャラクターも登場する(ちびキャラだろうか?)。

 なお作品としては6歳から9歳を対象年齢とし、ゲームをプレイした経験のある親世代の取り込みも狙っているそう。配給権については、DHXとDentsu Entertainment USAの共同でアメリカを担当し、アジア地域は電通が、その他地域をDHXが取り扱うとのこと。公開はシリーズ30周年となる2017年を予定している。

主人公の名はライト博士が制作者だからアキ・ライト?ニヒルと言うか、何だかXに近いキャラデザですね。でも、これはこれでセンス悪くはないかも。昔放送された「mega man」(ロールもカットマンも皆マッチョになってましたが)も目にした事があるけど、日本でも視聴できるのですかね?シリーズ30周年を迎える来年に放送されるらしいですが、子供向けながらも新感覚とも言えるようなアニメシリーズとなれば・・・・・・・ですね。

| | トラックバック (0)

ジョジョダイヤモンドは砕けない第九話-「暴走する由花子の愛!!待っている結末は破滅しかないのか!?」

http://jojo-animation.com/story/09.html

由花子の思い込みの激しさはもう病気レベルで、これじゃあ相手がどんなスーパーマンでも一緒にいるだけでも針の筵に座らされる様なものだわでしたね。

ついに康一は公衆電話(今だったらスマホとかでしょうが、勿論没収なりされていただろう)で仗助と億泰に助けを助けを求めて、それが由花子に感づかれて失敗かと思ったらエコーズを利用して・・・・・・・・・由花子は康一が自分と同じスタンド使いだと知った様ですが、それを自分に隠していた事にはムカついていながらもポジティブで、ますます愛を成就したくなった模様。エコーズの攻撃はこの思い込みの激しさの前には無力で、エコーズ自体ついに・・・・・・・・と思いきや。

原作でも3部なら中ボス格(ダービー弟・ヴァニラアイス)同様に1巻分もこの話割かれていた事からもその重要度がうかがえるというものですが、康一は追い詰められれば追い詰められるほど伸びる少年で、エコーズも死んだわけではなく、ACT2に大脱皮したのです。しかし、何でそんな康一は玉美といい、彼女といい変人にも好かれるのだろうかと言うか、これももう生まれ持った宿命としか言い様がなかったのでしょうが、由花子の執念の強さも並外れていました。自己陶酔の気もあったのか、髪の毛が真っ白になっていよいよますます本性をさらけ出した!!

ありったけの罵詈雑言を連発しながら、ついに・・・・・・能登麻美子氏は某ラノベ原作のアニメでも少年役を演じられていたのも最近目にして、そういう役も上手いなあとも改めて認識させられたけど、迫真ものでここらは梶裕貴氏にも全然負けてなかったですね。しかし、崖が崩れて、尖った岩にぶっ刺さって、ディオみたいに人間をやめたわけではないからその時点で万事休す・・・・・・・・かと思いきや。康一がテストで高得点取った事共々漁師のおっさん達にもたまたま目撃されて、ボヨヨーン岬という新たな名所になった、コミカルさも感じられたオチとなりましたが、結果的にエコーズを利用した康一に助けられて改めて感激して、その愛を・・・・・・だったのだからつくづく幸せな女でした。

ここまでで単行本にして四巻分消化した様だけど、次のトニオの話もやっぱアニメ化されるんですね。そしてその次はいよいよ・・・・・・・・ですが・・・・・・・・・

| | トラックバック (0)

2016/05/22

もしプロ野球球団16球団制が実現するとすれば

もうこの話は、他のサイトとかでも散々語られてますが、自分もちょっと述べてみようかと思います。

2004年には球界再編問題で大恥さらした過去もあるし、いきなり4球団増やすのはいくら何でも非現実的でしょう。そこで、取りあえず現在の12球団を3リーグ4チーム制とするのが無難で、10年後あたりを目途に16球団にしていくのが良いかと思われます。そのリーグごとの球団の振り分けは以下の通りです。

セントラル・・・・巨人、ヤクルト、横浜、広島

イースト・・・・日本ハム、楽天、ロッテ、西武

ウエスト・・・・阪神、中日、オリックス、ソフトバンク

セリーグ球団は巨人戦が減るの絶対快く承諾しないだろうから、特にセントラルはこんな感じですね。同一リーグで24回総当たり、違うリーグで9回総当たりで、(24×3)+(9×8)=計144試合制ですね。違うリーグはMLBみたいにホーム6試合・ロード3試合またはその逆になりますが、隔年で入れ替えます。

支配下登録選手とかの問題もあるし、まず2試合球団拡張して、それから5年をめどにもう2球団拡張し、2リーグ東西4地区制と最終的にしていくのです。試合数は同地区で24回総当たり、違う地区で12回総当たり、交流戦でホーム・ロードは去年からのルール同様隔年でホーム・ロードの入れ替えとしての3回総当たりで、(24×3)+(12×4)+(3×8)=144試合制とするのですが、ここで問題となるのはどこを本拠地とするかです。

良く静岡、松山、新潟、富山、鹿児島、沖縄あたりがその候補地に挙げられている様で、どこも都市圏人口がもう少し不足しているのですが、その点は無視するとすれば静岡(草薙総合運動場硬式野球場)と新潟(ハードオフエコスタジアム新潟)は比較的実現の可能性が高いかなあ(静岡は新幹線はのぞみが止まらない様だし、新潟は、富山市民球場アルペンスタジアムも併せて準本拠地球場とすれば?ですが)ですが、残る2球団ですね。

http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1434383675/

松山(松山中央公園野球場、愛称は坊ちゃんスタジアム)は大王製紙あたりに親会社になってもらうのが良いかなあで、やはりアルペンスタジアムと同じく独立リーグも本拠地としている香川県営野球場も準本拠地とするのですが、四国には新幹線がないのが選手移動等交通の面で大きなネックですね。沖縄はもっとで、こちらは熊本地震で巨人中日戦が中止になってしまった鹿児島県立鴨池野球場と熊本の藤崎台県営野球場(1987年6月の、ウォーレン・クロマティ氏の死球騒ぎもこの球場で起きたエピソード)の持ち回りが良いかなあでしたが、収容能力が20000人台前半なのと、想定されるであろうソフトバンクとのシェア争いがネックです。熊本では30000万人収容できる新球場の建設運動もあがっている様ですが、上の某巨大掲示板では否定的なレスも少なくないようで。それなら、ここも巨人が春秋のキャンプに使用しているから、テレビでの視聴率は下がってきているとはいえ巨人人気に対抗できるか否かですが、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎が九州新球団(パリーグはソフトバンクがいるから、当然セリーグ)の球場としてベストかなあです。

新球団の新球場はまとめるならば、

セリーグ東・・・・ハードオフエコスタジアム新潟、準本拠地は富山市民球場アルペンスタジアム、そして年最低1回は長野オリンピックスタジアムで地方主催試合開催だけど、正準本拠地は逆でもいいかも。親会社は三協立山。
セリーグ西・・・・KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎、準本拠地は藤崎台県営野球場、二軍本拠地は大分の大洲総合運動公園硬式野球場または鹿児島県立鴨池野球場。親会社はセイコーエプソン。(子会社に宮崎エプソンがあるから)

パリーグ東・・・・(すでに日本ハム、楽天、西武、ロッテがある為なし。日本ハムが札幌移転前に創業地の四国に移転していればまた話は別だっただろうが)

パリーグ西・・・・2球団あって、1つは静岡の草薙総合運動場硬式野球場で親会社はほごろもフーズまたはヤマハ。もう1つは松山中央公園野球場、準本拠地は香川県営野球場だけど、どうしても難しいようならば岡山県倉敷スポーツ公園野球場を本拠地とし、松山と高松もそれぞれ年に数回は地方主催試合を開催する。親会社は大王製紙またはJXエネルギー。

その他、京都の西京極総合運動公園野球場も良いかなあで、この場合親会社は任天堂ですが、パリーグには既に阪急時代に同球場を準本拠地としていたオリックスがあるから難しいかも。この他既存球団もヤクルトも本社の工場がある福島の県営あづま球場を本拠地とし、神宮球場は一部の平日と土日祝日の巨人戦だけ使用する準本拠地とするのが良いのではで、まあここまで書いてきた事は妄想の域を完全に出るものではないかもしれないけど、いずれにせよ地域密着をもっと前面に押し出した等の改革は必要でしょう。

| | トラックバック (0)

2016/05/21

ジョジョダイヤモンドは砕けない第八話-「モテるのも辛いよ?康一の新たなる受難」

まずジョジョとは関係ないけど、ちびまる子ちゃんのお姉さん役等まだまだご活躍されるはずだったのに天国に旅立たれてしまった、故・水谷優子氏のご冥福をこの場を借りてお祈りさせていただきます。


http://jojo-animation.com/story/08.html

さて、仗助と承太郎先輩は、敏和(間田)を問い詰めましたが、残念ながら音石の正体は電話で連絡しあっていたので知らなかった様です。億泰は兄貴を殺された悔しい気持ちは分かりながらも、拷問したのかって、過激なですが、「本当は知っているのなら今頃消されているだろ。」という様な仗助の弁を聞いてすぐ冷静さを取り戻した模様。

音石は果たして今度はどんなスタンド使いを使って、承太郎先輩や仗助達を・・・・・・ですが、そんな彼の正体がわからない中、カフェで康一と黒髪の美女が・・・・・・・・・いきなり交際等を申し込まれて、戸惑って、ハッキリした答えを出せなかったのにいきなりキレたり、そうかと思えばすぐしおらしくなったりと忙しい女でしたが、コップの中には大量の毛が・・・・・・・

その後もセーターをプレゼントしたりとつくづく思いこみの激しい女でしたが、他の女子生徒にバレて・・・・・・・嫉妬心と独占欲のあまり、「あんたあたしの康一君に手を出すんじゃないわよ。」と警告しましたが、いくらホントに彼女にその気がなかったとしても、康一をディスるまでしたのはマズ過ぎました。たまたま仗助と億泰がいたから、ダニーみたいに火だるまにはならずに済んだけど、これが彼女の・・・・・・と知ったらもう怖くて近づけないでしょうね。

と言うかまた、彼女の声優も、ジャンプ系ではDグレ(連載開始直後はこの漫画も期待していて、最近連載再開されたようで、アニメ版での小林氏の演技も普通にかなり良かったけど、残念ながらバスタードやハンター×ハンターと似た様な道を辿ってしまっているようで。今夏放送されるらしいアニメ新作シリーズも果たして・・・・・ですが)で見事主役を張られた事もあった小林沙苗氏だったなんて随分豪華な起用な事でしたが、この黒髪の美女は山岸由花子と言い、声優は能登麻美子氏、最近も某ファンタジーアニメでも某オレ流GMの倅(演技はまあ標準以上のレベルで、下手ではなかったと思う)とも共演されてましたが、仗助らとも相談して悪い噂を流させたのも全く逆効果で、繰り返し言うように思い込みの激しい彼女は余計康一を自分の理想の男にしようと、金持ちの男の別荘に監禁、英語の勉強の特訓を課す事に・・・・・・・

と言うか、この由花子の話って、原作読み返したら、3部の中ボス格(ダービー弟やヴァニラアイス)等みたいに1巻分丸々費やした話だったんですね。ここまでで単行本3巻半分ぐらいか・・・・・・・・原作未読の人もいるだろうから、ネタバレはしないけど、おそらくの区切りになるであろう「あの話」まで消化できますかね。4部って、6部以前は各部で最も連載期間が長かっただけにちょっと気になります。

| | トラックバック (0)

2016/05/15

メキシカンリーグとキューバリーグについてその1

最近、NPBのプレーオフはどの様に改善されるべきか?を考える参考として、世界の野球リーグにも興味を持っているのですが、ちょっと調べて特に印象に残ったのがメキシカンリーグとキューバ野球リーグですね。(メキシカンリーグは、特に一昔前まではチームによって試合数が若干異なっていた事に注意されたい)

まずは前者ですが、メキシカンリーグは1955年に6球団20回総当たりの120試合制となり、1963年には7球団22回総当たりの132試合制、1964年にはNPBのセリーグ・パリーグ同様、8球団20回総当たりの140試合制となった様です。その後1966年には2シーズン制となった様です。

しかし、1年で取りあえず(詳細は後述)廃止され、この時点で8球団存在したのですが、1967年には20回総当たりの140試合制、1969年には1956年のパリーグ同様22回総当たりの154試合制となったのですが、この年が最も試合数が多かったシーズンだった様です。

MLBで東西2地区制が前年導入されたのにインスパイアされたのか、1970年には南北2リーグの10球団制となり、1971年には12球団、1972年には14球団と続けて球団数が増えました。くしくもNPBは巨人が連続日本一を続けていた一方、黒い霧事件で揺れていた時です。

メキシカンリーグの改革はさらに進み、この年はパリーグも2シーズン制を導入しましたが、メキシカンリーグはリーグをさらにそれぞれ2つずつの地区に分け、異なる地区同士の1・2位のたすき掛けプレーオフが開催され、その勝者同士でリーグ優勝を決める様になった様です。1979年には両リーグ20球団、15回総当たり135試合制となり、1980年は、まず100試合程度の予選リーグ戦を行い、基準がわからなかったけど、北部リーグは西地区の1~3位チームと東地区の2位チーム、南部リーグは西地区の1・3位チームの計6チームが40試合弱の決勝リーグ戦を戦った様です。勝率は予選リーグ戦で.525のサルティーヨ・サルペメーカズがリーグ優勝した様ですが、決勝リーグでの28勝11敗の貯金17を上乗せしても22で、南部リーグ東地区1位のプエブラ・パロッツの38には及ばなかったのですが、下位チームへの救済措置とかだったのでしょうか?1952年のパリーグに似ているかと思いきや。

翌1981年には16球団に減らされ、各リーグ18回総当たりの126試合制になりました。そして1983年には地区制が廃止され、17回総当たりの119試合な予選リーグを戦った後、上位4チームが18試合の決勝リーグを戦ったと今度は1952年のパリーグに似たルールとなりました。しかし、やはり下位チームの切り捨てな批判があったのか、1984年からはプレーオフが復活し、上位4チームのトーナメント形式となりました。しかし、北部リーグ3位で勝率.509のシウダド・ホアレスと南部リーグ4位で勝率.560のレオネスデユカタンのリーグ優勝決定戦となり、後者が優勝と、いきなりそのルールの不備さを疑う様な結果となってしまったと言えたかもしれません。

1986年には130試合制、1987年には14球団、18回総当たりの126試合制となりましたが、プレーオフに出られたチーム数は変わらなかったので8/14と、6/12なNPB(2007年以降)よりも緩いです。しかもアドバンテージとかも無いのですが、翌1988年まで4年連続地域リーグ最高勝率チームがリーグ優勝しています。1991年には16球団に戻り、以降現在までこの球団数で定着しているのですが、この年北部リーグ1位のモンテレイサルタンズがリーグ優勝決定戦に勝ち、3年ぶりに地域リーグ1位チームがリーグ優勝しました。1992年もそうで、1993年には2シーズン制が復活しました。しかし、各地域リーグ通年成績上位4チームがプレーオフに進めるのは変わりなく、最高勝率チームは勝率.633のメキシコシティレッドデビルズでしたが、リーグ優勝したのは同じ南部リーグでも3位で勝率.528のタバスコ・キャトルメンでした。1994年には勝ち点制が採用され、通年成績で各地域リーグ勝ち点上位4チームが進出できるようになりました。

さらに1996年には北部6球団・中部・南部各5球団の3地域リーグ制となり、勝ち点は3~8から5~8となり、下位チームでもプレーオフに進出しやすくする様な配慮がなされましたが、パリーグの2地区制以上に緩かったですね。これも。実際勝率では南部リーグ2位.500より低かった.473だったのに勝ち点はわずかに上回っていたカンペチェ・タイガースも負け越しながらプレーオフに進んでしまいました。流石にプレーオフ第1ステージで早々と敗戦したようですが、2005年の西武とかよりも低い勝率です。

2002年には南部・北部の2地域リーグ制に戻り、勝ち点制度も廃止、2004年には2シーズン制も廃止となりましたが、2006年には2シーズン制が復活、勝ち点制度も2007年に復活しました。そして2011年にはまた1シーズン制に戻り、2013年には各地域リーグ上位3チームはそのままプレーオフに進み、4位・5位チームは残りの1枠をそれぞれ争うルールとなりましたが、4チーム中3チームが負け越しチームでした。

結構試合方式が変わっているメキシカンリーグ、以降大きなルール変更はないまま現在に至っている様で、試合数もここ20年間は110試合前後とNPBより少ないですが、CS制度以上に下位チームに有利なプレーオフ制度なのはそれ自体採用されてからほぼ変わらないですね。しかも、NPBもまあそういう点でも問題ないとは言えないけど、メキシカンリーグはチーム毎の戦力差も大きく、勝率6割台後半のチームが出るのも珍しくなく、比較的近年でも7割台のチームの例もあるようです。NPBではこういうチームは確か1955年の巨人・南海が最後で、ドラフト制採用後の最高勝率チームは1983年の西武だったかな?ちょっとNPBのプレーオフ改善案への参考にはならなかったかなあでしたが、メキシカンリーグだけで長くなったので、キューバ野球リーグについてはまた日を改めて。

| | トラックバック (0)

2016/05/14

ジョジョダイヤモンドは砕けない第七話-「叔父さんが2人いる?承太郎先輩危機一髪!!」

http://jojo-animation.com/story/07.html

またそのDJが聞かれましたが、もうバッキー木場氏も立派な準レギュラーな様ですね。そうかと思えば、ラジオを聞いていた少年が突然自分の片目を抉った!!

情報提供したのは、康一にすっかり心酔しても、金貸し業や自己保身(情報提供はしても、一緒に敵スタンドと戦おうとはしなかった)等その性根は変わっていなかった玉美でしたが、冒頭のこのシーンもまたTVアニメ版ならではの脚色も見られましたね。

学校の生徒にも仗助達以外にもスタンド使いがいた様で、前述の事件の元凶は間田敏和(由来はふっくんか)、スタンドはサーフィスと言って、コピーして仗助になってしまいましたが、どうやらテニプリの赤ちゃん(切原)でもある音石が自分が承太郎先輩を脅迫しても杜王町から出ていかなかったから、彼を使って追い出そうとした様である。

仗助・康一と、敏和・偽仗助(サーフィス)どちらが先に駅で落ち合う約束をした承太郎先輩に会えるかが今回のお話のキーポイントだったのですが、結局巻き込まれてしまった形となった玉美は災難でしたね。(苦笑)しかしまた、実際グーグルでもそういう検索候補も挙がっている様ですが、敏和ってよく見ればやや小柄ながらも顔はイケメンなのに根暗な性格でかなり損をしてましたよね。

前述の少年の他にも好きだった女をコピーしても、言われるだけ言われて反論できなかったり、偽仗助にもダメ出しされた事もあったりとつくづく銀魂の神楽(家出少女・アンでもあるが)風に言えばマダオと言うか、惨めな少年だったけど、彼のような男は現実の日本にも必ずいるはずで、何だか自分とは全くの赤の他人だとも思えないんですよね。

もう少しの所で承太郎先輩の息の根を止めると思いきや、最後は買わなくても良い恨みを買ってしまったのが大きな仇となってしまいました。相手が他人の傷をも治せる仗助ならば尚更の事で、今回の彼も、クレイジーダイヤモンドを応用して偽仗助の手を破壊したり、ボコられたライダーのおじさんコンビの怪我も直して、居場所も教えて恩を売ったりと主人公らしい「グレイト」な活躍が光りましたね。

敏和の失敗を見て、音石は次の手を考えていた様ですが、果たして?今回はあまり冒険はしてないけど、負けるな仗助達!!杜王町の平和と正義を守れるのは君たちしかいない!!

| | トラックバック (0)

2016/05/13

金正恩は「永遠の党委員長」にでもなるつもりか

http://www.sankei.com/world/news/160513/wor1605130029-n1.html

金正恩氏が機械展示場視察 党大会後初 「われわれ式に製作したのが気に入った」と評価、指導部同行

 

 

 朝鮮中央通信は13日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が「党大会にささげる贈り物」として製作された機械設備の展示場を視察したと報じた。党大会後、初めて報道された視察活動だが、日時や場所は伝えられていない。

 金党委員長はトラクターなどを見て回り「外国の見本を模倣するのではなく、われわれ式に製作したのが気に入った」と評価。外国に頼らず自国の力で国を強くすることを意味する標語「自強力第一主義」を強調し、「輸入病を根絶するべきだ」と述べた。

 朝鮮人民軍の黄炳瑞総政治局長ら党大会で選出された指導部メンバーが同行した。

 朝鮮中央通信はまた、金党委員長が党大会参加者と共に記念撮影したことも伝えた。(共同)

旧ソ連はスターリンの独裁恐怖政治が行き過ぎたのを反省する意味もあったのか、共産党書記長を筆頭書記、第一書記と変えて、首相に相当した閣僚会議議長や国家元首に相当した最高幹部会議議長とのトロイカ体制を組んだと思ったら、ブレジネフ時代に書記長に戻って、最高幹部会議議長まで兼任(第一書記就任前にも在任した事がある)しちゃった等以前にも話した通り、結局ロシアも一人の権力者にそういう権力が集中してしまうようだけど、北朝鮮の場合は。

36年ぶりの朝鮮労働党大会も無事(?)閉幕して、総書記に就任するかと思いきや。自分は親父と違って、祖父がぴんぴんしていた間に権力を固めきれた(金日成の晩年は彼よりも正日の側近の方が威張っていたという)わけでは無く、日成それに対する正日以上に、正恩には正日の権威にすがる必要もあった。だから日成も永遠の国家主席になったけど、正日も永遠の国防委員長だけでなく、永遠の党総書記にもした。叔父の張成沢とか目障りな親父の代からの実力者も粛清して、正恩なりの独裁体制を確立したに見えて、ニュースでも指摘していた論者もいたけど、核実験だってホントはアメリカが怖い様で要するに「弱い犬ほど良く吠える」である。経済も餓死者が多発した90年代よりはマシにはなったけど、依然世界最貧国の一つで、韓国と統一したとしても一国二制度の連邦共和制度でしばらくやっていかないと無理らしい。

今回の視察でもスーツを着ていて、もしかしたら今後も晩年の祖父みたい(80年代後半以降はスーツ姿だった。ほぼ)に・・・・・・かもしれないけど、第一書記ではどうしても総書記より格下に見えるし、だからと言って今更ブレジネフ時代のソ連みたいに戻せない。だから今度は無難に党委員長という役職に変えたという事ですか。その内国防第一委員長の名称も適当に変えるのだろうし、不謹慎かもしれないけど、彼自身は死んだら「永遠の党委員長」にでもなるつもりなのでしょうね。そういう体面とかよりももっともっと大事なのがあるだろ、核実験だって何でそんな金があるんならもっと国民の為に有意義に使わないんだよですが、まあクーデターが起きそうで起きない「この国のかたち」を見る限りホントに彼は永遠の党委員長になるのでしょうね。果たしてそうだとしても、じゃあ次の最高指導者は・・・・・・・・でもありますが。

| | トラックバック (0)

2016/05/08

ページシステム方式と世界の野球リーグ

http://set333.net/puro18pureiohu.html#rinku

このページをたまたま目にしてはじめてそういう方式あるのを知ったけど、ページシステムというトーナメントの方式もあるんですね。

このHPの人は、NPBのプレーオフはE案にしろと言っていますが、自分はD案が良いかなと思います。もっと具体的には・・・・・・・

①セ1位VSパ1位(日本シリーズファーストシリーズ)・・・・5戦3勝制

セ2位VSセ3位またはパ2位VSパ3位(プレチャレンジシリーズ)・・・・※2位チームと3位チームのゲーム差が1以内の時のみ3戦2勝制で実施。

③セ2位VSパ2位(チャレンジシリーズ)・・・・5戦3勝制。②が発生した時はその勝者同士。1・2・5戦目は勝率の高い方のチームの本拠地で戦う。

④①の敗者VS③の勝者(クライマックスシリーズ)・・・・7戦4勝制。①の敗者が③の勝者よりも勝率が高い場合は前者に1勝のアドバンテージを与える。1・2・6・7戦目は①の敗者の本拠地で戦う。

⑤①の勝者VS④の勝者(日本シリーズファイナルシリーズ)・・・・7戦4勝制。

オーストラリアのサッカーAリーグでも2011-12シーズンまではこの方式が採られていた様ですが、同年に初めて2位VS3位同士の決勝戦となってしまったためか、2012-13シーズンより方式が変わって、全部で10チームある様ですが、4位VS5位の勝者が1位チームと、3位VS6位の勝者が2位チームと戦って、それぞれの勝者が決勝で戦うようになった様です。

欠点としては、⑤が同じリーグ同士の対戦となってしまい、ペナントレースによっては2位であっても勝率5割そこそこ(.520台以下)または1位とのゲーム差が10ゲーム差以上あるチーム、例えば過去の戦績では以下のチームも日本一になってしまう可能性もある事です。

セリーグ

1959年阪神&中日

1973年阪神

1977年ヤクルト

1990年広島

1992年巨人&阪神

2003年中日

2013年阪神

パリーグ

1967年西鉄

1972年近鉄

1985年ロッテ

1998年日本ハム

2002年近鉄&ダイエー

2011年日本ハム

まあ約10%(延べ132例中13例)の確率で、ソフトボールは2位以下のチームが優勝したのは13年(1994~2006年)中4例で、テニスの九州選手権は3例と、1位チームが優勝するのは70~80%の確率です。欠点も皆無ではないながらも、現行のCS制度より全然合理的で良いんじゃないですかです。

http://set333.net/puro18pureiohu.html#kankoku

その他韓国プロ野球もNPBのCS制度に似たシステムが取られていて、しかし1リーグ制故に1位チームは必ず韓国シリーズに行ける様ですが、折角チーム数が10まで増えたのだから、1999・2000年のマジックリーグ&ドリームリーグ(この時は違うリーグ同士の1・2位でたすき掛け方式でプレーオフを行い、勝者が韓国シリーズに出場)みたいに2リーグ制にして、リーグの同じチームは18回総当たり、違うチームは12回総当たりの18×4+12×5=132試合制にすれば良いのにですが、必ずリーグが違うチーム同士の対戦組み合わせが出てくるので、ちょっと難しい所もあるかも。まあリーグに関係なく現行の16回総当たりの16×9=144試合制のままが日程組みやすいでしょうね。サムスンライオンズが2014年まで4年連続韓国シリーズ制覇、去年まで5年連続ペナントレース1位といずれも韓国プロ野球記録を近年打ち立てた様で、日本でもプレーした事のある李承燁も去年も26本塁打打つ等韓国だけでも史上1位な416本塁打を記録していて、韓国2000本安打までもあと140本らしいですが、果たして達成はなるか。

台湾のプロ野球は1996~2002年にかけて中華職棒の他にも台湾大聯盟という野球リーグが別にあって、日本で13年間プレーした郭泰源がパイプ役として、ナベキュウ等西武の選手と台湾大聯盟の選手が日台両国を行き来しながら活躍していた様ですが、八百長問題に揺れていた中華職棒との台湾シリーズが決定しないまま合併してしまったのは惜しまれますね。そう言えば、日本でも戦後すぐ国民野球連盟という別の野球リーグが存在して、ベースボールマガジン社「日本プロ野球トレード大鑑19362001」で知ったけど、もしセパ両リーグとこの国民野球連盟が併存していたら、それぞれの1位チーム3者と2位チーム中最高勝率のワイルドチーム1者で、アメリカ大リーグみたいなプレーオフ出来たかもですが、まあ夢物語というものでしょうね。

その他の国の野球リーグではメキシカンリーグは16チームを南北に分けて、他の15チームとの総当たり110試合2シーズン制を取っているらしいですが、地区が同じチームとの総当たり回数をX、違うチームとのそれをYとすると、7X+8Y=110ですが、X=10、Y=5で丁度110となるので、同じチームで10回、違うチームで5回総当たりですかね。前後期合計の勝ち点上位5チームとそれ以外の最高チーム6チームのプレーオフが行われるようですが、まあ6/12と6/16でNPBよりはプレーオフへの行ける確率は低いですね。他にも冬にリーガ・メヒカーナ・デル・パシフィコという、秋から冬に開催される別のリーグもある様ですが、いずれも連続優勝は2か3で、戦前・50年代・V9の巨人や70年代の阪急、80~90年代前半の西武とかほど勝ち続けたチームはない様ですね。どうも。

そうかと思えば欧州にも野球リーグがある様で、いずれも試合数は30~40試合程度と少ないのですが、フランス野球リーグDIVISION1は下位リーグとの入れ替え制もある様で、西武の黄金期とほぼ同時期の1982~92年にかけてパリ大学クラブが11連覇、2003~13年にかけてルーアンハスキーズ76が11連覇、チェコでもチェコエキストラリーガではドラッシが1995~2010年にかけて16連覇したらしい。凄いですね。またスペインの1リーグ9球団で構成されているディビシオン・デ・オナーは、かっては日本同様2リーグ12球団だったらしいですが、1982~2002年にかけてビラデカンスが何とリーグ21連覇!!しかし、開催されなかった年もあったらしいですが、プレーオフでスペイン王者になったのはその内1985年、87~93年で、1980年と合わせても9回。スペイン王者最多回数はFCバルセロナの18回で、連続記録は前述通りビラデカンスの1987~93年の7年連続で、2013年からは2005~09年にかけても5年連続スペイン王者だったプエルト・クルーズマーリンズが3年連続王者となっていると言う。しかし、このリーグも試合数少なくて、選手達も本業だけでは生活できず、副業している人も全然珍しくないらしいです。

いずれにせよ、2020年東京五輪も近いですが、もっと他の国の野球のレベルも上がって、もっと白熱した国境を超えたドラマとかが見られればこれに越した事はないですね。

| | トラックバック (0)

2016/05/07

ジョジョダイヤモンドは砕けない第六話-「勇気とは人を信じる事?エコーズの潜在能力が今明らかに」

http://jojo-animation.com/story/06.html

音石明は四部前半の中ボス的なポジションで、しょこたんも一押しな承太郎先輩をも脅迫した等なかなか侮れない男な様ですが、彼の件は取りあえず置いといてまた新たなスタンド使いが登場した様です。

アニメオリジナルのバッキー木場氏DJの地元ラジオはその美声も相まって明るい1日の始まりかと思いきや、少なくとも康一にとってはとんでもない1日になってしまった様です。楽しそうにマウンテンバイクをこいでいたと思ったら袋に入れられた猫をひいてしまった様である。動揺を隠せなかった所に現れたのは小林玉美といういかにもチンピラな男でしたが、ただのチンピラではなかった。錠前の形をしたザ・ロックという様ですが、彼も形兆によってスタンド使いにされたのです。玉美自身の意思以外ではそれを消さないと城前が取れない罪悪感という人の良心に付け込む等その手口は巧妙で、思わずゾッとさせられたものがありました。

その時は一緒にいた億泰も玉美の策にはまりそうになった(わざと前歯を折る様にして、罪悪感を増幅させた等)ながらも、仗助のクレイジーダイヤモンドを利用して収集付けたと思いきや。仗助は康一の友人ではあってもボディガードとかではないし、いつも一緒についてあげられるわけでもない。彼自身、承太郎先輩共々いつ音石に襲われるかどうかも分からないのです。

そして玉美もこのまま諦めるような男ではなかった。今度は康一の家に押しかけて言葉巧みに家族をだまして破滅に追い込もうとしたのです。しかし、康一は一見ひ弱で頼りないながらも追い込まれた時の爆発力はジョナサン以上という事でもあったのでしょう。彼のスタンド、エコーズの能力も明らかになったのですが、玉美が人の良心を利用して、しゃぶりつくすつもりならば、康一もそのエコーズで、玉美その人を攻撃しただけでなく、人の良心(家族に対する揺るぎない信頼等)を信じて、家族の罪悪感を今度は仗助に頼らずに解かせたのです。

すっかり玉美は康一の舎弟になってしまった様ですが、やっつけた時の呟きからも察するに、今回は他人に信じてもらえた事がなかったであろう玉美との対比も通して、どんな逆境にあっても自分で自分達家族の事も守る勇気と強さ等康一少年の成長が良く描かれた話でした。そう言えば、残念ながら共和党からの大統領候補して大統領選挙を戦う事になってしまった、ジョセフとも同業者の某不動産王も米軍の基地駐留における日本の負担費用についてまたギャーギャー煩く言っている様で、もういい加減日本もアメリカ抜きでの国防について真剣に考える時期に来ているのかなあでもありますが、奇しくもタイムリーでもあると言うか、そういう「自分達の事は誰にも頼らないで自分達で守る大切さ」とか今回のこのジョジョダイヤモンドの話と重なり合っているとも言えるのかもしれません。この某不動産王がもし大統領になったとしても、アメリカ国民は高い確率で後悔する事になるでしょうが。

| | トラックバック (0)

2016/05/05

もしこの年のプロ野球に前後期制が採られていたら

http://route-125.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/npb2-0d2a.html

(関連過去エントリー「NPBのプレーオフ制度について少し思う事その2」

ある人のブログでも私と少し似た野球のプレーオフ改善案について述べていたのを最近目にしましたが、この過去エントリー通りの改善案を容れた上で、もし史実では1シーズン制だったシーズンが2シーズン制(前後期制)だったとすればです。

今回は1989年のパリーグについて少し語ってみますが、最後まで混戦を演じた近鉄、オリックス、西武の前後期ごとの順位は以下の通りになります。(なお、1期ごとにホームが6試合・ロードが7試合またはその逆もあったけど、「週刊プロ野球セパ60年」を参考とした、1979年シーズンと同じ法則性でのシュミレーションです。)

前期

オリックス 38勝26敗1分

近鉄 35勝26敗4分

西武 30勝29敗6分

後期

西武 39勝24敗2分

近鉄 36勝28敗1分

オリックス 34勝29敗2分

となるのですが、これが実際1973から82年まで採られたルールだと、通年のゲーム差は3チーム0.5差とかなり僅差だったとは言え、オリックスが前期優勝、西武が後期優勝で、プレーオフはこの2チームの対決となり、近鉄は通算1位ながらもリーグ優勝できなかった初めてのチームになってしまう所でした。おそらく。

ところが、過去エントリーで私が提案した改善案を取ると、オリックスVS西武の対決はプレリーグ優勝決定戦で、その勝者が近鉄とリーグ優勝決定戦を争う事になります。まあこれだと、ブライアントがナベキュウから本塁打をかっ飛ばしたあの10.12も何だったんという事になってしまうし、結果的に藤田元司監督が仰木彬監督&中西太コーチに「3連敗4連勝」もそのままお返ししてリベンジ、日本一になった日本シリーズの相手もオリックスか西武になっており、「巨人はロッテより弱い」(実際はマスゴミによる歪曲)発言も出なかったかもしれません。また、1986年も前期は近鉄、後期は西武優勝で、1987年は前期は阪急、後期は西武優勝となります。1988年はまだ調べてないけど、86年とは逆に前期が西武、後期が近鉄優勝かもしれないです。

いずれにせよ、私は現行の、ルールを煮詰めてないCS制度には否定的ですが、プレーオフの必要性自体は否定はしないです。現在ももっと良い改善案がないか考えている所です。

| | トラックバック (0)

2016/05/04

新テニスの王子様第181・182・183話-「ギリシャも強い!!果てしなき熱戦!!ゴキブリとして勝て!!」

例年、GWの時期は連載休んでいた印象がある新テニプリですが、今年は(今年も?)休まないで載っていました。表紙は、私にとってはこの手のジャンルでは例外中の例外なTO LOVEるとらぶるダークネスのララちゃんで、マリリン・モンローの七年目の浮気のパロディな様ですが、TO LOVEると言えばやはり彼女で、キョウリュウジャーとかの他にも妖怪ウォッチでもケータとして大活躍中で、金八先生や真田丸のヒロインとも共演を果たした様です。

まあその話はまた気が向いたら・・・・・・という事で、副部長君(大石)&月光仮面のコンビですが、後者のマッハには流石のギリシャサイドもビビった。「バリヤバ」と舌出しながらつぶやいたゲロス(エヴァゲロス)も、引退も口にしたほどでした。ジョジョでも音石明になって、虹村兄を軽くぬっ殺してきた赤ちゃん(切原)もイケイケムードでしたけど、お前うざいよwww。セカンドに的を絞る事をゲロスは提案したけど、頼通(平等院)はセカンド打った事があったのかも分からなかった模様。他の面々に聞いてもどうやら答えは返ってこなかった様ですが、漸く1-1に持ち込んだ。前者が後者に見とれたのもつかの間、その持ち味を発揮してきたと思ったら、太陽を背に「蜃気楼は語る」をヘラクレスが繰り出し、ギリシャが2-1に。「やっぱ俺らでは勝てないのかなあ・・・・・」と弱気になっていたかと思いきや、世界の三船こと敏郎に「貴様はゴキブリじゃ!!」と酷い罵倒されてしまいましたが、ただの罵倒では終わらず。ここで今月のテニプリ語録。

「獅子や鷹や蛇に真っ向から戦ってどうするんじゃ。ゴキブリにゃゴキブリなりの戦い方があるじゃろ!」

他方、ギリシャの監督はロダンの考える人以上に考えていて、擽られたりしても微動だにしなさそうですが、流石は世界にまで羽ばたいた敏郎という事ですか。

大石もこれで吹っ切れたのか、月光仮面をも「使いっぱ」にして2-2としました。月光仮面も「馴れ合いはしない」と言いながらも、ラケットで軽く尻を叩いた等ある程度の友情も芽生えてきた模様。

しかし、その後もシーソーゲームな展開は続き、ヘラクレスも月光も半ばゲームそのものを楽しんでいた様に見えましたが、さて勝敗はどちらに?


と言うか、ヘラクレスも、ゲロスもギリシャ面々は人物トーンは重ねて張り付けたりしているのですかね?相変わらず大先生お得意の大ゴマも目立ちましたが・・・・・・・・漫画本編以外の今回の話題では、何と言っても今月8日まで開催されているジャンプスクエアフェアでの、大先生が作詞作曲を手掛けられたテーマ曲、「お宝じゃんジャンJUMP」の歌詞が公開された事だったでしょう。アーティストとしての初仕事だったらしいですが、流石大先生!!思わずみんなで一緒に歌ってみたくなるような歌ですが、今年こそはかって語られたネスカフェのCM出演と、ミュージックステーションでの新曲披露&森田一義さんとのスペシャルトークを実現しなきゃね!!矢吹&長谷見両先生や大場&小畑両先生(デスノート東出版はどうかな。東出昌大氏は嫌いじゃないけど、演技下手だからなあ)とかライバル増えているけど、その中でも頂点はやはり許斐大先生しかいない!!これも某不動産王の大統領就任(もうアメリカも終わりかもな)以上に間違いない!!

| | トラックバック (0)

2016/05/03

新世代型ロックマン?「Mighty No.9」の発売日が確定する!!

http://news.ameba.jp/20160503-421/

6月には遊べるぞおおお! 「ロックマン」稲船氏の新作ゲーム「Mighty No.9」の発売日が確定

2016年05月03日 14時33分
提供:ねとらぼ

 「Mighty No.9」の発売日が2016年6月21日(北米・アジア)および6月24日(全世界)に決定しました。今回発売日が確定したのはPS4、PS3、Xbox One、Xbox 360、Wii U、PC(Windows、Mac、Linux)で、PS Vitaと3DSの2機種に関しては後日発売になるとのことです。

【コミュニティサイトより】

 「Mighty No.9」は、「ロックマン」の生みの親であるクリエイター・稲船敬二氏率いるcomceptが開発した新作ゲームで、クラウドファンディングで合計400万ドル以上(=約3億9000万円)の資金を調達したことで話題になりました。

 古き良き2Dスクロールアクションを受け継いだ「Mighty No.9」は、当初PC用ゲームとして開発されていましたが、Kickstarterで目標額を大幅に上回る資金調達を達成したことにより、MacやPS4、3DSなど多くのプラットフォームへの対応が決定、その他オンライン対戦モードの追加などが盛り込まれることとなりました。その後、その“オンラインモードの不具合”が原因で発売日の延期が何度が発表されていましたが、5月2日の公式ニュースにて発売日確定のお知らせとなりました。ホントに開発チームおつかれさまでした……!

 今回の稲船さんのお知らせでは「延期を重ね、皆さんに深くご心配をおかけしてしまいましたが、やっと私たちのゲームを皆さんにお届けすることができます」という言葉と共に、「今回発表した発売日は確実なもので、これ以上ずれ込むことはありません」と延期の心配がないことを約束しています。

本当は今年2月に発売予定だった筈らしいですが、ベック=ロックマン、コール=ロール、ホワイト=ライト博士、ブラックウェル=ワイリーなポジションなのですかね?それでボスキャラは、やはりお約束と言うか、8体存在する様ですが、このブラックウェルが巻き散らかしたウィリスに感染して暴走したという設定らしいですが、カットマンらロックマンの兄弟ロボであるライトナンバーズに設定似てますね。

https://www.youtube.com/watch?v=4uBB13ZpHlw

ロックマンも、今更クラシックスコレクションを出すぐらいなら、1万歩譲ってFCグラフィックでもこういうリメイク作れよでもありますが、残念ながら私が散々反感買いながら、批判されながら言ってきた様に、「9」という新FCグラフィックシリーズも一時的な中興に過ぎず、早くも次の「10」で行き詰ってしまった様である。しかし、稲船氏だって、流石にゲームクリエイターとしてもう何年も携わってきた第一人者である。そのノウハウを活かして、ロックマンシリーズじゃないけど、過去の栄光とかにも囚われない、ロックマン系アクションの新世代型エンターテイメントとして今回漸く世に送り出す目途がついたという事だったのでしょう。

これも今までも何度も言ってきた様に、「2」は確かに名作だったけど、カプコンもファンも今までシリーズの中でもあまりにも重きを置きすぎてしまったもう30年近く経ってしまった。それは最近も蒼き雷霆ガンヴォルトシリーズにも悪い影響を及ぼしてきた。しかし、今回のこの「Mighty No.9」の発売で漸くそういう迷走と停滞とかに対する良い答えが示されていくでしょう。多分。PS3はジョジョオールスタープレイの為に買って持っているんで、自分も発売されたら是非プレイしてみたいです。

| | トラックバック (0)

2016/05/01

韓国でも選挙に負けてGWが発生?

http://news.nifty.com/cs/world/chinadetail/rcdc-137200/1.htm

韓国が突然の“4連休”発表、経済効果期待もネットでは冷めた見方=「出勤日を決めるのは大統領じゃなく社長」「支持率上げようと思ってるの?」

2016年5月1日(日)8時0分配信 Record China

 

 

 

28日、韓国・聯合ニュースによると、韓国政府は28日、大統領府で開かれた閣議で5月6日を臨時休日にすることを決めた。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真はソウルの繁華街。 [ 拡大 ]

 

2016年4月28日、韓国・聯合ニュースによると、韓国政府は28日、大統領府で開かれた閣議で5月6日を臨時休日にすることを決めた。

これにより、5月5日から8日まで4日間の連休になった。韓国政府は臨時休日の6日に、民間資本道路を含む全国すべての高速道路の通行料を免除することを決定。また、5~8日、景福宮、昌徳宮、昌慶宮、徳寿宮の4大故宮と宗廟、朝鮮王陵、科学館、休養林、樹木園を無料開放する。韓国政府は今回の4日間の連休による経済的波及効果を約1兆3000億ウォン(約1200億円)になると予測している。

しかし、休日が急に指定されたことで、不満を漏らす市民もいる。仕事を持つ母親は「保育園が休みになるので困っている」と話し、中小企業や自営業者たちは「自分たちとは関係ない話」という自嘲的な反応を見せている。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「どうせ休日出勤になるだけで、出勤することに変わりはない」
「休日になるのは大企業と公務員だけ」
「非正規職には全く関係ない話だ」

「いくら大統領が休日にしても、社長が出勤しろと言ったら休日じゃなくなる」
「前もって臨時休日を発表したら、海外旅行の予約をしてしまうから突然の発表にしたんだ」
「労働者のためというより、国内景気活性化のための休日だな」

「これで支持率を上げようと思っているのかな?」
「休日がうれしいのはお金がある奴だけ」(翻訳・編集/三田)

5月5日はこどもの日ですが、韓国も俗に日帝残滓と言われてもいるようだけど、同じくそうみたいですね。で、2014年から法律が改正されて、このこどもの日と旧正月、秋夕(例年9月中旬ごろだが、日本のお盆に相当する)は振替休日制度が適用される様になり、こどもの日は他の2つとは違い、日曜だけでなく、土曜と重なった時も適用されるという。日本では振替休日は1973年から適用されたので40年も遅れての事でもありましたが、「これはうまく利用できるに違いない」とか思ったのでしょうね。

中国や台湾では前後の土日いずれかまたは両方とも出勤日にして、振替休日をくっつけて3~7連休にするみたいだし、他の国も飛び石祝日は土日どちらかとくっつける国がある様ですが、分かりやすいと言うか、先月13日の国政選挙で与党が負けた(しかも、首都圏が一番負けっぷりが酷かったという)し、ブラジルでも女性大統領ピンチ!!な様ですが、人気取りに必死なのでしょうね。

こういう特別休日を発表するにしても、遅くとも前年末までに発表すべき事でしょう。と言うか、もしかして今後の韓国でもGW発生か?(ロシアでも5月1日のメーデーの他に戦勝記念日な5月9日も土日いずれとも重なったらその前後の日が振替休日となり、存在する)で、またメーデーは韓国でも官公庁や学校は土日と重ならない限り日本同様通常日ながらも一般企業には有給消化日としなければいけないと法律でも定められているらしいですが、正式にこれも中国等同様土日いずれかと重なっても、振替休日が発生する国民の休日とした上で、曜日毎に以下の様にすれば良いのです。(()は近年の該当する年の例)

①月曜日の場合(2008・2014年等)

4/26(土)を振替出勤日として、5/2(金)を振替休日とする→5/1~5まで5連休。

②火曜日の場合(2009・2015年等)

4/25(土)を振替出勤日として、5/4(月)を振替休日とする→①同様。

③水曜日の場合(2004・2010年等)

4/24(土)を振替出勤日、5/4(火)を振替休日とし、5/3(月)も5/1(土)の振替休日とする→①同様。

④木曜日の場合(2005・2011・2016年等)

5/6(金)を5/1(日)の振替休日とする→5/5~8まで4連休。

⑤金曜日の場合(2006年等)

そのままだが、4/29~5/1、5/5~7の3連休が2度発生する。

⑥土曜日の場合(2007・2012年等)

4/28(土)を振替出勤日、4/30(月)を振替休日とし、5/7(月)も振替休日とする→4/29~5/1、5/5~7の3連休。

⑦日曜日の場合(2013年等)

4/20・27(土)を振替出勤日、4/29(月)・30(火)を振替休日とし、5/6(月)も振替休日とする→4/28~5/1の4連休と5/4~6の3連休が発生。


まあ一番分かりやすいのが④で、分かりにくいのが⑦のパターンかと思われますが・・・・・・韓国は官公庁が週休二日となったのは2003年らしく、日本より10年強遅れての事らしい。(中国が1995年で、台湾が2001年に実施されたらしい。モンゴルも現在は同様らしいが、いつからかは知らない)その後企業でも従業員数が少ない企業にも次第に適用される様になったらしいですが、休みが増えるという事は先進国の仲間入りを果たしてきているという証左にもある程度以上にはなるし、どうせならまあ上記の様な振替出勤日までは徹底しなくてもこれをきっかけにいっそ・・・・・・ですが、まあ私がこの様な提案しても政財界のお偉いさん方は反対するでしょうし、サービス業の人も忙しくなるから多分反対するでしょうが・・・・・・・・・・

| | トラックバック (0)

山田うどんのGW大作戦!?

http://www.yamada-udon.co.jp/menu/food/fukatu.html

http://www.yamada-udon.co.jp/menu/food/ramen.html

上はとうふ玉子丼復活のお知らせで、テイクアウトで食べた事ありますが、まあたぬきうどん(そば)の揚げ玉使いまわし企画ですね。パワフルジャンク丼のフライトポテトとかもそうなのでしょうが、味はまあまあと言った所でした。下のお知らせだけど、ざるラーメンの方が良いかもですね。以前も販売した事あったらしく、実際個人ブログや食べログなどでうどん(そば)の代わりにセットメニューとして頼んだ人の投稿も見られますが、ミニカレー丼とかとのセットでまあ丁度良いボリュームでしょうね。通常メニューではかき揚げ丼とかネバとろ丼とかはまだともかく、カツ丼や親子丼とのセットではボリューム有りすぎかもです。まあ比較的安い値段でガッツリ食べられるのが山田うどんのウリの一つなのでしょうが・・・・・・でも、何となく気にはなるんだけど、店内で食事する機会なかなかないですね。山田うどんは。

http://www.arclandservice.co.jp/katsuya/shop/menu/menu01.jpg

またこちらはGW過ぎてからの販売になる様で、以前カツ丼祭りみたいなのやった時も「お互い目と鼻の先に立地している店舗だってあるのに大丈夫なの?」とも指摘したけど、かつやの牛カツ丼も美味しそうですね。

| | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »