« ロッテのお家騒動も大概にだけど・・・・・・・・ | トップページ | 常磐道、合計41キロ区間の四車線化決定 »

2016/03/08

結局は幕僚長更迭時から脇の甘さが直っていなかったという事だったのだろうが・・・・・・

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160307-00000533-san-soci

田母神俊雄氏の関係先を業務上横領容疑で捜索 東京地検特捜部

産経新聞 3月7日(月)14時29分配信    

 

 平成26年2月の東京都知事選に出馬した元航空幕僚長、田母神俊雄氏(67)の政治資金の一部が使途不明となっている問題で、東京地検特捜部は7日、業務上横領容疑で田母神氏の資金管理団体の事務所(東京都千代田区)などを家宅捜索した。都知事選で選対本部長を務めたテレビ番組制作・衛星放送会社「日本文化チャンネル桜」の水島総(さとる)社長(66)ら選挙スタッフが昨年12月に告発していた。

 田母神氏は昨年2月に会見し、政治団体「田母神としおの会」には都知事選後に約6千万円の残金があったが、衆院選前には約1千万円に減少しており、調査の結果、会計責任者だった50代男性が横領を認めたと発表していた。

 田母神氏側の説明によると、この男性は高級クラブでの遊興費や生活費などに充てていたという。

 田母神氏は同3月、都知事選と26年12月の衆院選に立候補し落選したが、これらの選挙で寄付などで集まった1億数千万円のうち、男性が約3000万円を遊興費などに流用したとして、この男性に対する業務上横領罪の告訴状を警視庁に送付していた。

 その後、昨年12月、選対本部長を務めた水島社長ら選挙スタッフが、この男性だけでなく、田母神氏と選対事務局長も関わっていたとして業務上横領罪で東京地検特捜部に告発していた。

 水島社長は産経新聞の取材に「選挙に関わったスタッフが勇気をもって内部告発した。不正は許してはいけない。東京地検特捜部には使途不明金の全容を解明してほしい」と話した。

 
【関連記事】
(幕僚長時代の論文等について触れたブログのページ)
http://obiekt.seesaa.net/article/109390325.html
(78日で米空軍参謀総長を更迭されたマイケル・デューガン大将と田母神氏の類似点を指摘したページ)

この人は以前にも不倫とか、故・湯川遥菜氏との関係否定(知らないと言っていたが、ちゃんとツーショットの写真も残っている)とかあまり良くない話題も聞かれましたが、とうとう・・・・・・・ですね。

二番目のHPでも色々激論(?)が交わされてましたが、まあ確かにトンデモ度ではデューガン氏の方が上でしょう。指揮権がない(あるのは、統合軍の一つであるアメリカ中央軍の司令官)のに随分好き勝手言っていた様ですが、越権行為とか非難されてもしょうがないと思います。

それに比べれば田母神氏の論文問題は、政府見解と個人的歴史認識の整合性の問題ですが、そもそもですよ。確かに中国や韓国からもそういうの押し付けられ、やってもいない事までやったと認めるのもおかしいでしょう。太平洋戦争も決して単純な侵略戦争とかではないです。利権争いであり、そうしなければいけない所まで追い詰められてしまった面もあったのでしょう。

しかし、もうこのブログでも今まで何度も言ってきた事であり、少なくともホントにそういうイデオロギーに囚われない歴史認識を持っているのなら、もういつまでも謝る事でもないとも思いますが、当時の日本政府や軍部、国民各々も自分達でそういう利権争いしなければいけない立場に追い込んでしまったわけです。他のアジア諸国殆どが欧米列強の植民地になっていった中、日本は明治維新に成功したのは良かったけど、特に日露戦争以降自分達の国力を過大評価する様になっていった。そして維新の元勲達が昭和天皇践祚時までには殆どいなくなって、ついに・・・・・・だったのですが、問題なのは太平洋戦争とかが侵略戦争だったのかそれともアジア解放の為の聖戦だったのかなんかよりも。確かに今の時代に生きる日本人がいつまでもご先祖様のした事を謝り続ける必要はないのですが、そうやって戦前の悪い事は何でも悪く見せるか何でも良く見せるかばかりに半ばこだわっていて、彼らご先祖様が残したツケの始末はしなければいけないのに未だそれが出来ていない事なのです。田母神氏更迭時点でも既に終戦60数年も経っていたのに。

そういうのも相手の国の立場もあるから、口で言うほど問題解決は容易な事では決してないとも思います。実際慰安婦問題の現状もどうなのかも他でも散々議論されている通りです。今までの日本国政府も確かにだらしなかったかもしれませんが、だからと言って、確かに岩田陸上幕僚長もそういう政治的発言したの聞いた事ないねであり、他のブログでも「お前政府見解もそういう見解なの知らなかったわけじゃないだろ?今まで建前上仕方なく従ってきて、偉くなったら公然と否定なんてする様な手合いを『憂国の士』とか持ち上げるなんておかしいだろ」という様な指摘していた人いましたが、国から給料貰っていた立場なのに下手にただでさえ・・・・・な近隣諸国から標的の材料にされる様な事を言う様では、やはり国から給料貰っているのに国歌斉唱等を拒否している公立学校の先生達の事も批判したりとかは出来ないでしょう。

それでも少なくとも田母神氏とか、櫻井よしこ氏とか一部そういう右派や保守の人達の言動には「彼らには彼らなりの愛国心もあり、思想的には相いれなくてもそういうのも尊重しなければいけないんだ。」とも思ってはいました。東京都知事選挙も、「他の面々を当選させるぐらいなら、相対的ではあるけど、まだこの人が一番良いかなあ」とも思っていましたが・・・・・・・・・

何だか甘利前大臣の不祥事反らしに清原和博氏の逮捕を恣意的に行ったのは良いが、もう1か月強経ってそろそろネタが尽きてきた(野村貴仁氏がまた「薬物使用してもホームラン打てるわけじゃない」とか言っていた様だし、今度5月17日にいよいよ初公判が開かれるらしいが)し、今度はこいつを・・・・・・・という事なのか、これまた恣意的なものも感じられますが・・・・・・・・・たとえホントに自身は不正行為やってなかったとしても、「秘書が悪い。俺は知らん」じゃ済まされる問題じゃないですからね・・・・・・・・・

田母神氏はまた、ガチガチの右派・保守かと思いきや、ユーモアも介してもいた様である。最後更迭されて階級も大将相当から中将相当に降格して退官しながらも幕僚長まで登った人なのですから、優秀なはずなのですが、女性問題と言い、今回の資金問題と言い、肝心な所で自身の社会的評価を落としかねない動向も見られるのも、論文問題から変わっていなかったエリート故にも克服できなかった脇の甘さだったのかもしれません。いよいよ来月から今度は四部がTVアニメ化されますが、ジョジョの荒木飛呂彦先生も言っていたもんね。「人の性格がそう簡単に変わるのなら苦労はしません。」って。田母神氏も「冤罪」はないかなあと言うか、まあ政府見解に逆らってまで投稿した論文の時同様本当の事を早く話した方が良いのでしょうね。

|

« ロッテのお家騒動も大概にだけど・・・・・・・・ | トップページ | 常磐道、合計41キロ区間の四車線化決定 »

国内・世界政治一般」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/64348272

この記事へのトラックバック一覧です: 結局は幕僚長更迭時から脇の甘さが直っていなかったという事だったのだろうが・・・・・・:

« ロッテのお家騒動も大概にだけど・・・・・・・・ | トップページ | 常磐道、合計41キロ区間の四車線化決定 »