« 勝手に続・主要打者通算打率推移 | トップページ | 清原はもう落ちる所まで落ちるしかないのか・・・・・・・・・その3(3月4日に追記しています) »

2016/02/21

朝鮮人民軍総参謀長の意外な後任人事

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160221-00000004-yonh-kr

処刑説の北朝鮮軍総参謀長後任に82歳李明秀氏

聯合ニュース 2月21日(日)15時4分配信    

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮人民軍総参謀長に、李明秀(リ・ミョンス)元人民保安部長(82)が就任したことが正式に確認された。
 朝鮮中央通信は21日、金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の軍事視察を伝える際、李氏に対し「朝鮮人民軍総参謀長の陸軍大将、李明秀同志」と紹介した。
 今月初めに、それまで総参謀長だった李永吉(リ・ヨンギル)氏が処刑され、李明秀氏が就任したとの見方が出ていた。就任が正式に確認されたのは今回が初めて。
 韓国・北韓大学院大の梁茂進(ヤン・ムジン)教授は李明秀氏について、「金正日(キム・ジョンイル)時代の3人の軍側近のうちの1人で、ミサイル分野に詳しい知識を持つとされる」と評した。
csi@yna.co.kr

李明秀は第5軍団長や総参謀部作戦局長等を歴任してきたようですが、英語版のwikiでは1937年生まれとされるので、こちらの説が正しければ昨日2月20日が誕生日なので79歳になったばかりです。2000年に大将(上級大将)に昇進したと思いきや、2010年頃一時上将(大将)に降格させられてもいたらしいですが、いずれにせよ他国軍ならもうとっくに引退していてもおかしくない高齢者です。金正日の信任を得ていたらしいなので、金正恩にとってはどちらかと言えば扱いにくい人の筈なのですが、特定の専門分野に秀でているだけでなく、色々世渡りが上手い人なのでしょうか。甥の李竜男も対外経済大臣を務めている等出世のおこぼれに預かっている様ですが、過去エントリーでも述べた通り、歴代総参謀長って失脚等と無縁だった人はほぼ皆無です。この明秀も前述通り金正日の晩年に一時階級を降格させられていたのですが、竜男共々天寿を全うできるのか。それまでの7軍区から5軍区体制に軍事改革を断行した中国をますます怒らせている北朝鮮、祖父や父よりも正恩酷くないか?で、明るい未来はないだろうですが、まずは「GOOD LUCK!!MR.RI!!」ですね。

|

« 勝手に続・主要打者通算打率推移 | トップページ | 清原はもう落ちる所まで落ちるしかないのか・・・・・・・・・その3(3月4日に追記しています) »

国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/64076014

この記事へのトラックバック一覧です: 朝鮮人民軍総参謀長の意外な後任人事:

« 勝手に続・主要打者通算打率推移 | トップページ | 清原はもう落ちる所まで落ちるしかないのか・・・・・・・・・その3(3月4日に追記しています) »