« 新テニスの王子様第173・174話-「果てしなき世界の強豪たち!!そしてバルログ・アトーベ様の復讐劇の序章・・・・・・」 | トップページ | ホリマキ&山本耕史夫婦はゲスの極みの川谷夫婦みたいにならない事を願うが・・・・・・・ »

2016/01/09

マエケンにとっては実力の見せ所な契約なのだろう

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160109-00000014-ykf-spo

マエケンの“異例契約”は屈辱か妥当か 米メディアも関心「とても奇妙」

夕刊フジ 1月9日(土)16時56分配信    

 

 ドジャース入りした前田健太投手(27)の年俸を低く抑えて多額の出来高を払う、という異例の契約は、改めて米メディアの関心を呼んでいる。「本来、年俸は過去の実績を基にはじき出すもので、将来予想される結果ではない」「メジャーリーガーなら絶対にのまない契約だ」というのだ。

 これまでの情報をまとめると契約は8年で、年俸総額は2500万ドル(約29億4000万円)。それに毎年1015万ドル(約11億9000万円)の出来高払い(開幕1軍で15万ドル、32試合に先発したら650万ドル、200イニング投げたら350万ドルなど)が含まれる。

 米スポーツサイトの中には、「とても奇妙な契約だ。選手たちの年俸が高騰する移籍市場で、チームにこれほど有利な契約は非常にまれだ。メジャーの選手なら怒り心頭に発し、絶対拒否するタイプの契約だ」と報じたところもある。

 また、ロサンゼルス・タイムズ紙も入団会見直後の報道で「本来、年俸は過去の実績を基にはじき出すもの。こういうことがトレンドになっては困る」とクギを刺した。

 権利意識の強いメジャー選手相手の交渉では破談になるケースだが、米国での実績がなく、日本での成績がメジャーでどれほどの価値があるのか判定しにくい日本人選手に関しては、今回のドジャース流が今後、適用される可能性がある。

 松坂大輔投手(現ソフトバンク)が3年目から結果が出せなくなり、ヤンキースの田中将大、レンジャーズのダルビッシュ両投手も肘に故障を抱えたことを考えると、メジャーの各球団が「精密だがひ弱」な日本人投手との契約に慎重なのは当然ともいえる。

 前田は4月で28歳。これまでの故障歴から契約最終年の35歳でなお30試合以上に先発し、200イニング以上投げる可能性は少ない。ESPNが報じたようにドジャースが3、4年後には手術が不可避と知りつつ契約したのであれば、「8年約30億円」は決して悪くない。

 ロサンゼルス・タイムズ紙は前田の記者会見後、「彼は自分自身に賭けている。まだメジャーで1球も投げていないが、彼が好きになってきた」とエールを送った。

 いずれにせよ、2016年は日本人投手がそろって「健康」と「頑丈さ」を証明しなければならない年になった。

何だか某女性タレントと某ミュージシャン(と言うか、彼って私よりも・・・・・ですが)の不倫騒動が随分大事になってますが、正直発覚前からいずれについても、特に関心とか無いし、そもそもTV自体あまり見ないんでどうでも良いですが・・・・・・

その某ミュージシャンと同じ27歳でもある彼の契約、確かに異例な契約ですが、「これもアリかな」と言った所ですね。ダルビッシュ投手は去年1年棒に振ってしまったし、田中(マー君)投手は2年連続二桁勝ったとは言え、故障の不安も決して皆無ではなかった。和田毅投手も結局古巣ソフトバンクに復帰となったし、藤川投手もまた然りだった。野手も含めて、「あのまま日本にいた方が良かった」と思える人の方が大部分でしょう。

そういう意味では、アンチとかには所属チームがなかなか勝てない(特に2004年以降)事とかも「呪い」とか揶揄されているイチロー選手が抜けても。マリナーズもなかなか地区優勝すらできない中でローテ守っている岩隈投手や、正直2000年頃時点ではここまで息の長い活躍するとは思っていなかったけど、球速(メジャー時代)はずば抜けて速いわけでもないながらも、ツーシームやシンカー、スライダー等日本時代の経験も活かして、進化させ、投げ分けて全7シーズン防御率3点台(2009年は規定投球回数未満でしたが)及び2010年から5シーズン連続2ケタ勝利していた黒田博樹投手とかは凄いまたは凄かったとも改めて認識させられます。

黒田投手については、広島復帰時はまるで優勝出来そうな程のムードな大盛り上がりを見せてましたが、そこまで彼に期待を抱いてしまった気持ちもそういう意味では分からなくもなかったです。そして前田投手も先輩に余計インスパイアされて、挑戦したい気持ちを抑えられなかったのか、今回メジャー挑戦と相成ったようで、ドジャースは彼が生まれた年以降リーグ優勝からは遠ざかっているままで、特に21世紀以降はライバルのジャイアンツの方が概ね強い。前田投手はダルビッシュ・田中両投手とかとは違い、とうとう日本ではリーグ優勝の美酒を味わう事は出来ませんでしたが、これも早くから日本の球界とも繋がり(あの巨人V9も、ドジャース戦法導入とかの賜物である)もあるドジャースなりの期待の表れなのでしょう。特にファンとかではないですが、頑張ってくださいです。

|

« 新テニスの王子様第173・174話-「果てしなき世界の強豪たち!!そしてバルログ・アトーベ様の復讐劇の序章・・・・・・」 | トップページ | ホリマキ&山本耕史夫婦はゲスの極みの川谷夫婦みたいにならない事を願うが・・・・・・・ »

MLB」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/63387603

この記事へのトラックバック一覧です: マエケンにとっては実力の見せ所な契約なのだろう:

« 新テニスの王子様第173・174話-「果てしなき世界の強豪たち!!そしてバルログ・アトーベ様の復讐劇の序章・・・・・・」 | トップページ | ホリマキ&山本耕史夫婦はゲスの極みの川谷夫婦みたいにならない事を願うが・・・・・・・ »