« クリスマスケーキ等発売は良いとして、誰か忘れてないか? | トップページ | 国道122号埼玉県内旧道走行メモ »

2015/12/12

ジャニーズにいれるだけでも良しとするしか・・・・・なのか?

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151212-00000020-pseven-ent&p=2

少年隊デビュー30周年も近藤真彦とV6の陰で目立った活動なし

NEWS ポストセブン 12月12日(土)16時0分配信    

 今年のジャニーズ事務所は、マッチこと近藤真彦のデビュー35周年、V6のデビュー20周年とアニバーサリー続きだったが、12月12日にデビュー30周年を迎えた超人気グループがいることに、はたしてどれだけの人が気づいているだろうか。         

 35周年を迎えた近藤は7月にアルバム『三十五周年 近藤真彦×伊集院静=二十四曲』、12月9日にシングル『大人の流儀』を発売。全国ツアーも開催するなど活発な芸能活動を展開し、大晦日のNHK紅白歌合戦にも19年ぶりに出場する。20周年となったV6は今年、2年ぶりのツアーを行ない、かつての人気番組『学校へ行こう!』が7年ぶりにスペシャル版として放送され、17.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という高視聴率を獲得。2年連続の紅白出場も決定し、20周年を華々しく飾った。

 

 実は、ジャニーズ事務所にはもう一組、アニバーサリーイヤーを迎えたグループがある。マッチの『スニーカーぶる~す』発売からちょうど5年経った1985年12月12日に『仮面舞踏会』でデビューした少年隊だ。今年は錦織一清、植草克秀、東山紀之の3人にとっても記念すべき30周年だったのだ。芸能記者が話す。

 

「1980年代前半、ジャニーズ事務所は田原俊彦、近藤真彦、シブガキ隊と次々とアイドルを送り込み、成功を収めてきた。そのなかで、1984年にチェッカーズが彗星のごとく現われた。すると、ジャニーズのアイドルたちの人気は落ち込み、レコード売上も下がりました。その流れで、1985年に少年隊がデビュー。彼らが売れるか否かは、ジャニーズ事務所にとって大きな分岐点でした」

 

 今では向かうところ敵なしのジャニーズ事務所も、当時はまだ現在ほどの隆盛を誇ってはいなかった。少年隊の人気が出なければ、1970年代後半の苦境期に逆戻りする可能性すらあったのだ。その危機を救ったのが少年隊だった。

 

 錦織、植草、東山の3人は華麗かつアクロバットな踊りでファンを魅了し、『デカメロン伝説』『バラードのように眠れ』『君だけに』『ABC』『じれったいね』などヒット曲を連発。1980年代後期のジャニーズ事務所を支え、現在の隆盛に至る道筋を作ったグループなのである。

にもかかわらず、30周年を迎えた記念すべき年を先輩(近藤)と後輩(V6)の陰に隠れたまま、目立った活動もなく終わろうとしている。12月2日には、錦織が月一レギュラー出演中のTBSラジオ『たまむすび』で少年隊30周年を振り返ったが、植草と東山の登場はなし。大晦日から元旦にかけての『ジャニーズカウントダウン2015-2016』も東山一人のみの出演で、3人が揃って踊る姿は見られそうにない。古くからの少年隊ファンの一人が話す。

 

「25周年の時も特に動きはなかったですが、今年は30周年なのに何の活動もないなんて、やはり寂しいです。マッチだけでなく、後輩のV6もこれだけメディアに出ているのに……。デビュー年は変えようがないから、35周年や40周年のアニバーサリーもマッチとV6と同じ年になる。ヒット曲は山ほどあるので、また3人揃って歌い踊る姿をぜひ見たいと思っているのですが……」

 

 デビュー30周年という記念の年にもかかわらず、大きな動きのない少年隊。メンバー3人が再び集結し、ファンの前でパフォーマンスを見せる日は来るか。

少年隊ですね。彼らの全盛期は知らないけど、東山紀之氏は言うに及ばず、錦織一清氏は大張餓狼では声優としても頑張ってましたね。流石に1作目こそはややぎごちなかったし、普段は養父(ジェフ)を仇敵(ギース)に殺された悲しい過去なんて感じさせない陽気なアメリカンな原作ゲームのテリーとはややキャラ違っていたのですが、2以降はテリーになりきってましたね。(ジョーは最初から桧山修之氏を起用すべきだったねでもありましたが)劇場版(三石舞のお色気とかちょっとやり過ぎでしたが北斗の拳のオマージュも見られ、やはり今は亡き内海賢二氏もでしたが)の後の、ギースとの決着編も見たかったですけどね・・・・・・ギース役の柴田秀勝氏も重厚な演技が光っただけに・・・・・・

少年隊の声優出演と言えば、植草克秀氏もヴィナス戦記も実際見た事ありますけど、最近彼も元ジャニーズジュニアでもあった息子さんの他にも、2歳2か月になる娘さんもいるらしいですが・・・・・・・まあそれはここまでにしといて。yahoo知恵袋では「同族企業だからそんなのあるはずなんてない。」というような回答も見られますが、同族でもロッテとか大塚家具とかお家騒動有りますもんね。やはり派閥抗争はあるのでしょう。

http://girlschannel.net/show_image/179019/10/0/
http://matome.naver.jp/odai/2142190389066034401

http://www.asagei.com/excerpt/48636

http://sp.starblog.jp/news30/30540.php


ジャニー派・ジュリー派・飯島派、しかし、ジャニー社長は実はホントの生年は1928年ともう今年で87歳の高齢。特に藤島ジュリー景子副社長(ジャニー氏にとっては姪である)VS飯島三智チーフマネージャー両派の抗争が激しい様ですが・・・・・・・・・「噂の真相」にも書かれていたけど、東山氏も本来ならジュリー氏と結婚して次期社長になる可能性がかってはありました。しかし、ジュリ―氏とは性格が合わなかった様で、結局木村佳乃氏と結婚(しかし、不倫もしちゃった様で)もした等どうやらジャニーズの主流からは外れかけてしまっている模様。

そして派閥争いもどうやら次期社長はジュリー氏に決まった模様。先日のFNS歌謡祭でも、マッチは異常に優遇され、他のジャニーズタレントファンからも顰蹙を買う程だったらしいですが、そのジュリー氏のバックにいる実母で、ジャニー氏にとっては実姉であるメリー喜多川氏(と言うか、バカボンのパパと誕生日同じなのね)からかなりの寵愛を受けているらしい。しかし、そんな派閥抗争は純粋にジャニーズアイドル達を応援しているファンの人達には関係ないですよね。少年隊もそんな派閥抗争等「大人の事情」の前には蚊帳の外な様ですが、確かにヤフコメでも言っていた人がいた様に。一時代を築いたスターなのは否定しないけど、マッチのゴリ押しぶりはいくら何でも露骨すぎるでしょう。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1430410629

そう言えば、堂本版金田一でも真壁役(と言っても、原作の様な陰湿さは無く、性格が良くなっており、容姿も佐木に近かった)を好演された佐野瑞樹氏も、最近何か出ているのか?と思いきや、舞台出演が主で、ドラマとかでもゲスト出演もしている様ですが、事務所を退所する事となった田口淳之介氏もこういう派閥抗争を見てどう思っているのですかね。しかし、リーガル・ハイとか、今日は会社休みますとか亀梨和也氏みたいに主役は殆どないながらも脇役としてそれなり以上の存在感は見せていただけに、どんなに女(小嶺麗奈氏)との付き合いも大事にしたくても、派閥抗争に巻き込まれても我慢して事務所にいた方が良いとも思うけど、まあもう決めちゃった事だからしょうがないですよね。少年隊も、記念の年を迎えても何か特別に祝ってもらえなくても、そういう派閥抗争とか変な雑音に惑わされないで、ご自分達なりに活動とか目立たなくても頑張ってくださいです。

|

« クリスマスケーキ等発売は良いとして、誰か忘れてないか? | トップページ | 国道122号埼玉県内旧道走行メモ »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/62933875

この記事へのトラックバック一覧です: ジャニーズにいれるだけでも良しとするしか・・・・・なのか?:

« クリスマスケーキ等発売は良いとして、誰か忘れてないか? | トップページ | 国道122号埼玉県内旧道走行メモ »